<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


リジェ・ベレール LIGER-BELAIR

フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • ヴージョ
  • コート・ド・ニュイ
フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • ヴォーヌ・ロマネ
  • コート・ド・ニュイ
フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • ニュイ・サン・ジョルジュ
  • コート・ド・ニュイ
リジェ・ベレール / LIGER-BELAIR ワインボトル

ロマネ・コンティに並ぶ、ブルゴーニュの最高位

至高のブルゴーニュ・ワインを求めるブルゴーニュ・ラヴァーにとって唯一無二の存在であるリジェ・ベレール。ロマネ・コンティと同様、その名前を知らぬ者はいない程の人気と実力を誇るヴォーヌ・ロマネ最高峰の造り手です。
目次

1815年からの歴史を誇る、ブルゴーニュの偉大な名門ドメーヌ

世界一有名かつ高価なワインを生み出す、ロマネ・コンティが存在する村、ヴォーヌ・ロマネ。リジェ・ベレールが所有するラ・ロマネはロマネ・コンティと肩をならべる、ヴォーヌ・ロマネの偉大なグラン・クリュです。

畑を所有するリジェ・ベレール家は、ナポレオンにも軍人として仕えてきた由緒ある貴族。1815年、ナポレオン政権下の将軍であった初代ルイ・リジェ・ベレール氏がドメーヌを設立し、当時はラ・ターシュやラ・グラン・リュ、シャンベルタン等、約60haを所有する大ドメーヌでした。今でもラ・ターシュの前にそびえる十字架にリジェ・ベレールの銘が刻まれているのはこのためです。
その後、相続問題により所有していた畑は分割され、これらの畑を手放すことになります。ラ・ロマネと一部の優良な一級畑は手元に残ったものの、ブドウの栽培・ワインの醸造・瓶詰をすべてルロワ、アルベール・ビショー、ブシャール・ペール・エ・フィスなどのネゴシアンに一任。

そんな中、現在7代目当主を務めるルイ・ミッシェル・リジェ・ベレール氏は、軍人になる道を選ばず、祖父と同じく自身がヴィニュロン(ブドウ栽培家)となり、ワイン生産者という道を歩むことを決意します。これまで他のドメーヌに任せてきた自社畑を自ら手掛けるようになり、ここにドメーヌ・リジェ・ベレールが誕生しました。

並々ならぬこだわりが生む、果実味と樽香が調和した官能的な味わい

ピノ・ノワールの神様と呼ばれるアンリ・ジャイエ氏やジャン・イヴ・ビゾー氏から指導を受け、2000年にドメーヌ元詰を行いリジェ・ベレールの初ヴィンテージを発表しました。2002年からはグラン・クリュのラ・ロマネをリリース。さらに特級畑のエシェゾー、一級畑のレ・スショ、ブリュレを手掛け、2012年には、ニュイ・サン・ジョルジュの一級畑クロ・デ・グランデ・ヴィーニュを単独所有し、こちらは赤ワインと白ワインの両方を生産しています。

特筆すべきはその丁寧で緻密な作業。畑の耕作は機械を使わず、馬を使用しています。まず、有機農法から開始し、今ではビオディナミを実践。ルイ・ミッシェル氏曰く、「ここ数年でようやく土が生き返るために必要な年数に達した」とのこと。2012年より手掛けるニュイ・サン・ジョルジュの一級畑では、樹齢の若いブドウの樹を取り除き、樹齢60年以上のブドウに限ったワイン造りに取り組み始めています。
前述のように、常に進化し続けているリジェ・ベレールのワイン造り。ルイ・ミッシェル氏が手掛け始めた2000年前半のワインは、還元的な香りが強く硬い印象でしたが、年々まろやかかつ余韻の長いテイストへ。ピノ・ノワール由来の芳醇な果実の香りと樽のニュアンスが美しく調和した、より官能的な味わいに変化しています。

軍人という選択肢もありながら敢えてヴィニュロンを選んだルイ・ミッシェル氏。ワイン造りに並々ならぬこだわりと情熱を傾け、DRC、ルロワ、アンリ・ジャイエ氏が独占していたブルゴーニュワインの最高位の均衡を破るほどに成長しています。

商品一覧

9 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.