ローラン・ラヴァントゥルー
ROLAND LAVANTUREUX

お気に入り追加

フランス

フランス ブルゴーニュ シャブリ

producers_default_title ワインボトル

若手優良生産者にも選ばれた、シャブリの注目ドメーヌ


ローラン・ラヴァントゥルーは1979年からシャブリにてワイン造りを行っているドメーヌ。シャブリのテロワールとヴィンテージを表現することを目標に、人的介入を減らした持続可能なワイン造りを行っています。2010年に世代交代がなされた後は、ブルゴーニュで若手優良生産者に贈られるトロフェ・ジューヌ・タレントを、2016年、2017年と見事2年連続で受賞。シャブリでいま注目を集めている生産者です。

エノテカ・オンライン新規取り扱い開始!シャブリ注目ドメーヌの全8銘柄初入荷。


この度新規取り扱い生産者のローラン・ラヴァントゥルーから、最新2022年ヴィンテージが入荷いたしました!ラインナップは、まずはお試しいただきたい村名シャブリや、ワイナリーを代表する銘柄シャブリ・ヴォプランを筆頭にプルミエ・クリュ、グラン・クリュまでの計8銘柄。2022年は華やかなアロマと凝縮感のある果実味を備え、良質な味わいが期待できる年です。国内外で高評価を獲得する造り手の実力を、この初入荷の機会にぜひお愉しみください。

目次

代々ブドウ栽培を行ってきた家系が始めたワイン造り

ローラン・ラヴァントゥルーの歴史は、前当主のローラン・ラヴァントゥルー氏が自身の名前を冠したワインを瓶詰めしたことから始まります。ラヴァントゥルー家は代々農作物としてブドウ栽培を行っていた家系。彼の祖父母の代からシャブリの典型的な樽(フィエット)を使用してワイン造りを始めましたが、当時はそのほとんどを家族や友人と楽しむために仕立てていました。

ローラン・ラヴァントゥルー氏と妻のブリジット氏

その後1979年にワインの瓶詰めを開始し、ワイナリーを設立。当初所有していた畑は僅か0.5haの区画でしたが年々規模を拡大していき、現在では約20haの土地を所有しています。それに伴い販売経路も拡大。フランス国内でのみ販売されていた彼らのワインは、現在広く流通しています。

フランス国内や評価誌で高評価を獲得する、注目の兄弟

(左から)ローラン氏、ダヴィット氏、アルノー氏

2010年に前当主ローラン氏はワイン事業から引退。彼の息子であるアルノー氏とダヴィット氏がワイナリーを引継ぎ、現在兄弟でワイナリーを運営しています。彼ら兄弟は父から受け継いだワイナリー事業を拡大させるために、様々な改革を実施。2012年にはドメーヌの更なる発展のため、セラーの拡張を行いました。その後2020年に母方祖父母のドメーヌも引き継ぎ、ブルゴーニュ・エピヌイユやブルゴーニュ・トネールもラインナップに追加。更にはシャブリの一級畑ヴォー・ド・ヴェイを新たに購入するなど、ワイン造りの規模を拡大しています。


そんな兄弟が手掛けるワインはフランス国内や世界のワイン評価誌でも高く評価されています。2016年と2017年には、ブルゴーニュの若手優良生産者に贈られるトロフェ・ジューヌ・タレントを、なんと2年連続で受賞。ワイン評価誌のデキャンタでは、シャブリ プルミエ・クリュ ヴォー・ド・ヴェイ 2019年が95点の高評価を獲得し、「間違いなく注目すべきドメーヌである」と称賛されるほど、その実力に注目が集まっています。

持続可能なブドウ栽培から生まれる、フレッシュさと複雑味を兼ね備えた味わい

彼らがワイン造りにおいて最も大切にしていることは、「シャブリのテロワールそのものを表現すること」、そして「各ヴィンテージの特徴を表現すること」です。


ワイナリーが所有する区画には樹齢60年を超える古樹も植えられており、そういったブドウの生産能力を維持するためにも、持続可能なブドウ栽培を実践。ワイン造りに重要なブドウだけでなく、ブドウを取り巻く畑全体の生物多様性を尊重した栽培を行うことで、そのテロワールを表現しかつ健康で熟したブドウが収穫できるという考えのもと、環境に配慮したブドウ造りを行っています。

更には醸造においても、限りなく人的介入を最小限に抑えたワイン造りを行っています。熟成にはステンレスタンクと樽の2種類を使用。ヴィンテージやキュヴェごとに使用する割合を変化させ、その個性を反映させています。こうして造られた彼らのワインは、フレッシュでピュアな果実味を保ちつつも、複雑さと深みを備えたスタイルに仕上がります。

新鮮な果実のアロマと躍動感が魅力の、2022年ヴィンテージ

ブルゴーニュの2022年ヴィンテージは、華やかなアロマと凝縮感のある果実味を備え、良質な味わいが期待できる年となりました。春は霜に見舞われましたが被害は軽く、その後すぐに気温が上がったため、ブドウ樹は急速に成長。夏は猛暑となりましたが、乾燥した気候と適度な降雨があったことにより、果実は順調に成熟しました。


この3年間、天候不順によって質が高くも収量が左右されていましたが、多くの生産者が健全なブドウを収穫。赤ワイン、白ワインどちらにおいても、量、質ともに安定した素晴らしいヴィンテージであることが期待されています。

今回入荷のおすすめワイン

まずは試してほしいおすすめの1本

生産者のスタイルが存分に愉しめるスタンダード・キュヴェ。フレッシュな果実味と張りのあるミネラル感が広がる1本。


NEW

シャブリ

ローラン・ラヴァントゥルー

こちらのキュヴェは、シャブリ地区の複数の村から収穫したブドウを使用。シャブリらしい十分なミネラル感を備えた味わいが魅力です。デキャンタでは2022年ヴィンテージについて「柑橘系の酸味と余韻に広がるミネラル感が、絶妙なコンビネーションを保っている。」と評価されています。シャブリのテロワールがしっかりと表現された、果実味とミネラル感、複雑さを兼ね備えたキュヴェです。

2022

5,500

(税抜価格5,000円)

  • D 91

テロワールの違いを表現した、上級キュヴェ3銘柄

ワイナリーを代表する区画。ピュアでエネルギーに満ちた、フィネスとエレガンスを兼ね備えたスタイル。


NEW

シャブリ・ヴォプラン

ローラン・ラヴァントゥルー

ヴォプランは標高300mに位置する、シャブリの中でも最も高い区画の一つ。寒暖差が激しい生育環境が特徴で、凝縮感のある果実味を備えたブドウが造られます。デキャンタではこちらの2022年について「凝縮感と力強さが魅力」とコメント。更には「豊富なミネラル感によって全体のバランスを保ち、エレガンスも備えている。」と評価された見事な仕上がりです。

2022

7,700

(税抜価格7,000円)

  • D 93

冷涼な気候と豊富な日照時間に恵まれた一級畑。豊かで甘美な果実味と、シャープなミネラル感が魅力。


NEW

シャブリ プルミエ・クリュ ヴォー・ド・ヴェイ

ローラン・ラヴァントゥルー

一級畑ヴォー・ド・ヴェイは、傾斜角50%という急斜面に位置する畑。南東向きに位置し、斜面による豊富な日照時間のおかげで熟したブドウが収穫されることが特徴です。ワインは、シャープなミネラル感と豊かな果実味を備えたスタイルが魅力。デキャンタでは「豊かで甘美な果実味と活き活きとした柑橘系の酸味が長い余韻を導いており、とても良いキュヴェだ」と称賛されています。

2022

9,900

(税抜価格9,000円)

  • D 94

造り手が「完璧なバランスが魅力!」と語る渾身の特級畑。力強い果実味と溢れるミネラル感に魅了される1本。


NEW

シャブリ グラン・クリュ ヴォーデジール

ローラン・ラヴァントゥルー

南、南西向きに位置し粘土石灰岩土壌を備えたヴォーデジール。特級畑の中でも繊細で、洗練されたタイプのワインが造られることが特徴で、彼らはこの地に約0.75haの区画を所有しています。生み出されるワインは、テロワール由来の凝縮感溢れる果実味と豊富なミネラル感が美しく調和したスタイル。「完璧なバランスが魅力!」と生産者が銘打つほどの逸品です。

本数限定

2022

19,800

(税抜価格18,000円)

愛好家必見の新着銘柄が続々入荷!

今回入荷のすべての銘柄

この記事をシェア

商品一覧

8 件

おすすめ順

公式SNS・APP

最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

line お友達登録

お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

公式アプリ

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

ほどよく、楽しく、良いお酒。のんだあとはリサイクル。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。