<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


クロ・デュ・ヴァル CLOS DU VAL

アメリカ
  • アメリカ
  • カリフォルニア
アメリカ
  • アメリカ
  • カリフォルニア
  • ナパ
  • ノース・コースト
アメリカ
  • アメリカ
  • カリフォルニア
  • ナパ
  • ノース・コースト
アメリカ
  • アメリカ
  • カリフォルニア
  • ソノマ
  • ノース・コースト
クロ・デュ・ヴァル / CLOS DU VAL ワインボトル

カリフォルニアワインの栄光を築いた伝説的ワイナリー

1976年にワイン界を震撼させた伝説的なブラインド・テイスティング対決「パリスの審判」以降、プレミアムワインを数々輩出し続けているアメリカ随一の銘醸地、カリフォルニア。その10年後に開かれたリターンマッチにおいてもカリフォルニアワインが1位に輝き、高い熟成ポテンシャルが証明されました。その時、ボルドー格付け第一級シャトーに勝利し見事1位に輝いたワインこそがクロ・デュ・ヴァルです。

目次

世界一に輝きカリフォルニアワインの名声を築いた最高峰ワイナリー

クロ・デュ・ヴァルは、1972年にフランスにルーツを持つアメリカ人実業家ジョン・ゴレ氏と、シャトー・ラフィット・ロスチャイルドの醸造家であった父を持つボルドー出身の醸造家ベルナール・ポーテ氏によって設立されたワイナリー。そんなクロ・デュ・ヴァルの名前を世界に知らしめたのが、かの有名なパリ・テイスティング事件です。

1976年にアカデミー・デュ・ヴァン主催で行われたブラインド・テイスティングにおいて、当時ほぼ無名であったカリフォルニアワインが、ムートン・ロスチャイルドやオー・ブリオンなど、ボルドーの格付け第1級のワインを抑えて勝利。後にパリスの審判と呼ばれるようになる歴史的な出来事です。この時カリフォルニアから出品された5本のうちの1本として、クロ・デュ・ヴァルの初ヴィンテージであるカベルネ・ソーヴィニョン1972年が選ばれたのは、有名な話として語り継がれています。

フランスはその屈辱を果たすため、ワインの熟成能力を品評の視野に入れることを申し出、10年後の1986年に「パリ・テイスティング」のリターンマッチを開催。ワインの真の評価とも言える熟成後の味わいを競うため、1976年のテイスティングと全く同じワインおよびヴィンテージで争われました。そのリターンマッチにて1位になったワインこそ、クロ・デュ・ヴァル カベルネ・ソーヴィニョン1972年。カリフォルニアワインは、熟成能力においても世界のトップにあると証明され、更に評価を高めることとなったのです。

更に2006年に開かれたパリスの審判30周年を記念するメモリアルマッチにおいても、カリフォルニアワインが1位から5位を全て独占。「最高のカリフォルニアワインは、長期の熟成を経てもなお美しく、それは最高のフランスワインをも凌ぎ得る」という事実が明らかになったのです。クロ・デュ・ヴァルはそのメモリアルマッチにおいても5位に選ばれ、最高のカリフォルニアワインの一つであることが改めて証明されました。

ナパ・ヴァレーの傑出した果実味とヨーロッパ伝統の手法が融合

クロ・デュ・ヴァルが位置するのは、カリフォルニア州、ナパ・ヴァレーの小さなエリア、スタッグス・リープ・ディストリクト。日中は温暖ながら、夜は太平洋とサン・パブロ湾からの霧によって冷やされるという、ボルドー品種のブドウ栽培に最適な気候条件が揃っています。ここは、ジョン・ゴレ氏とベルナール・ポーテ氏が「世界最高のワインは最高のブドウから造られる」という信念のもとに探し出した場所です。

ベルナール・ポーテ氏は、理想の新天地を求めて2年間で5つもの大陸をくまなく調査、そして偶然にも車の窓から腕を出しながら運転して回っている時に、ナパ・ヴァレーの類い稀なマイクロ・クライメートを発見。さらに、当時はまだ無名であったスタッグス・リープ・ディストリクトののどかな土地柄に惚れ込み、迷うことなくこの地を世界最高のブドウを生み出す地としてジョン・ゴレ氏に提案しました。


ジョン・ゴレ氏は、すぐさまこの地に60haの土地を購入。そして、ワイナリー名にフランス語で「小さな谷の小さなブドウ畑」を意味するクロ・デュ・ヴァルと名付けました。以来「ナパ・ヴァレーの傑出した果実味」と「ヨーロッパ伝統の手法」の融合を目指し、クロ・デュ・ヴァルのワインスタイルである「バランス、エレガントさ、複雑さ、そして長い余韻」を表現した、世界に通用するワインを生み出し続けているのです。

商品一覧

6 件

新着順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.