<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン


マリー・エ・シルヴィー・クルセル MARIE & SYLVIE COURSELLE

フランス
  • フランス
  • ボルドー
マリー・エ・シルヴィー・クルセル / MARIE & SYLVIE COURSELLE ワインボトル

アントル・ドゥ・メール地区を代表する家族経営シャトー

マリー・エ・シルヴィー・クルセルは、バリュー・ボルドー100選にも選出された女性醸造家姉妹が経営するワイナリー。更にかの著名ワイン評論家ロバート・パーカー氏より「探し出して飲むべきワイン」と称賛された今注目を集めているワインメーカーです。

目次

著名なワイン評論家より賛辞を受け、注目を集める造り手

マリー・エ・シルヴィー・クルセルはアントル・ドゥ・メール地区を代表する家族経営のワインメーカー。その歴史は1950年まで遡ります。アンドレ・クルセル氏が、ボルドーから東へ25km程離れたラ・ソーヴ村にシャトー・テューレイを購入した事から始まりました。


1972年、栽培学の教授も務めていた息子のフランシス・クルセル氏に畑を継承。2代目当主となったフランシス氏は

ブドウ畑の発展に大きく貢献しました。そしてその後ワインの品質は瞬く間に向上。バリュー・ボルドー100選に選出され、更にかの著名ワイン評論家ロバート・パーカー氏より「探し出して飲むべきワイン」と称賛されています。小さなブドウ農家から「アペラシオンの中で最高のシャトーの1つ」とも評されるまでに大きく変貌を遂げた、今注目を集めているワインメーカーなのです。

2005年からは、現在の当主であるフランシス氏の2人娘、マリー女史とシルヴィー女史によってワイン造りが行われています。根っからの情熱家だった二人の娘は、幼い頃からブドウ栽培とワイン造りに親しんで育ちました。そのためごく自然とワイン造りへの道を歩み始めます。。


オーストラリアやカリフォルニア、イタリアでの醸造経験を終えた二人は、フランスに帰国後若くして農業・醸造学の技師として活躍。祖先が造り上げたワイン業としての仕事の質を損なう事のないよう、ありとあらゆる挑戦を続けています。

ハイクオリティなワインを醸すための手間暇かけた栽培、醸造方法

マリー女史、シルヴィー女史の2人は、フランシス氏が掲げていた「土壌の特徴を最大限に活かしたワインを造ること」というモットーを継承し、自然を尊重したリュット・レゾネ農法を採用。畑、そして古いブドウの樹の素直に表現するために手間暇を惜しまないという、ワイン造りに対する真摯な姿勢が伝わってきます。それはブドウの樹の植栽密度から日照量、収穫量の調整など様々な方面から多岐に渡って入念にケアがなされている事からも伺えます。

畑の土壌は主に粘土質と石灰質で、1haあたりに植樹されている本数はおよそ5,500本。高い密度で適度なストレスを与えながら収穫したブドウは凝縮感が高く、またグリーンハーベストやキャノピーマネジメントを実施する事で、高い品質のブドウを収穫することができるのです。


収穫したブドウは選果後、

コールドマセラシオンを実施。これにより、より果皮の成分を抽出する事が出来、しっかりとした色合いと豊潤なアロマ、適度なタンニンがワインに備わります。空圧式圧搾機にて不活性ガスを用いて圧搾することで酸素との接触を防ぎます。そして徹底した温度管理のもとスチールタンクにて発酵させ、伝統的なコンクリートタンクにて熟成。仕上がるワインはまろやかで飲み心地の良く、誰にでも親しまれるようなチャーミングな味わいが備わります。


マリー女史とシルヴィー女史が所有するシャトー、テューレイは、バリュー・ボルドー100選に選出され、かの著名ワイン評論家ロバート・パーカー氏より「探し出して飲むべきワイン」と称賛されるシャトーです。その兄弟的な存在として造られたのが、こちらのプティ・クルセルシリーズ。たくさんの人々と一緒に楽しみたい「幸せなワイン」として、2015年ヴィンテージより生産されているハイクオリティなテーブルワインです。

ラインナップはこの2種類

テーブルワインの域を超えたクオリティ。みずみずしいベリーの果実味が詰まった、飲み飽きしない赤ワイン。


ル・プティ・クルセル・レ・コパン

マリー・エ・シルヴィー・クルセル
4.1 (27)
ライトボディ
4
フルボディ

外観は明るいレッドの色調。グラスに注ぐとチェリーやイチゴを思わせる赤系果実のアロマが感じられます。口に含むとラズベリーやワイルドベリーなどベリー系果実のような味わいと土壌由来の酸、適度なタンニンが見事に調和。なめらかな飲み口で、その心地良さからついつい飲み進めてしまうまろやかな味わいが特徴です。

2019

1,980

(税抜価格1,800円)

テーブルワインの域を超えたクオリティ。華やかなアロマが香る、フードフレンドリーな白ワイン。


ル・プティ・クルセル・レ・コピン

マリー・エ・シルヴィー・クルセル
3.8 (12)
ライトボディ
3
フルボディ

グラスに注ぐと、上品な白い花や熟した白桃、レモンなどを思わせる果実の繊細なアロマが豊かに香り立ちます。パイナップルのようなトロピカルフルーツなどの、フレッシュながらもしっかりとした果実味があり、クリスピーな酸とのバランスが見事。後味もすっきりしており、フレッシュでドライな味わいは合わせる料理を選びません。

2019

1,980

(税抜価格1,800円)

商品一覧

2 件

おすすめ順
この記事をシェア

関連リンク


お買い得情報

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.