0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)

GROS FRERE ET SOEUR
1830年から続くヴォーヌ・ロマネ名門家の系譜

グロ・フレール・エ・スールは、1830年に設立されたヴォーヌ・ロマネの名門、グロ家の血を引くドメーヌの一つ。2015年ヴィンテージまで、銘醸家として名高いジャン・グロ氏の次男ベルナール氏が運営。2016年ヴィンテージより、ベルナール氏の息子ヴァンサン氏が参画し、全行程において酸化防止剤(SO2)無添加を実現するなど、父ベルナール氏のワインのスタイルを踏襲しつつ革新的な試みにも挑戦し続けています。

1830年から続くヴォーヌ・ロマネ名門家の系譜

ヴォーヌ・ロマネのワインを語る時に欠かせない名門中の名門、グロ家。その歴史は、1830年ニュイ・サン・ジョルジュ村近くショー村のアルフォンス・グロ氏により設立されたことに始まります。

1963年、ドメーヌの礎を築いた4代目ルイ・グロの引退時に4人の子供が2組に別れ、グロ家の畑は2つのドメーヌに分割。1つは、ジャン氏とフランソワ氏による「グロ・ペール・エ・フィス」。もう1つが、ギュスターヴ氏とコレット氏によるこちらの「グロ・フレール・エ・スール」。

前者は1973年、2人がそれぞれ独自にワイン造りをすることで再分割され、ジャン氏が設立したドメーヌが「ジャン・グロ」、フランソワ氏が設立したのが「フランソワ・グロ」となりました。「ジャン・グロ」のジャン氏は、ミシェル・グロ氏の父親で、長男のミシェル氏は自身のドメーヌ「ミシェル・グロ」を設立すると同時に、当初「ジャン・グロ」でもワイン造りを行っていました。

銘醸家として名高いジャン・グロの次男ベルナールが、後継者のいない叔父叔母が所有していたグロ・フェール・エ・スールを1980年より継承。1984年に叔父のギュスターヴ氏が亡くなると、叔母のコレット女史を支え、抽出と新樽の強いスタイルを打ち出します。機械好きのベルナール氏は、果汁凝縮機や最新の醸造技術を導入、エキゾチックかつパワフルなスタイルのワインを造り出しました。

世代交代してもなお革新を続ける、新時代のヴォーヌ・ロマネ

       

そんな、グロ・フレール・エ・スールですが、2016年ヴィンテージより30歳代前半の息子、ヴァンサン氏が醸造に加わることで、一気に新世代の風が吹き込みます。2016年、2017年ヴィンテージは、ヴァンサン氏の進言で、父ベルナール氏との話合いの結果、酸化防止剤を使用しないと決断。長年築いてきた父のスタイルである『抽出が強く飲み応えがある、果実ならでは甘みを感じるパワフルなワインのスタイル』を尊重しつつ、新たな試み『全行程において酸化防止剤無添加』に挑みました。

現在所有する25haの畑、特級畑から村名ワイン、A.C.ブルゴーニュまでの白ワインと赤ワイン、全ての畑において2016年、2017年ヴィンテージでは酸化防止剤無添加を貫いています。 そのようなこだわりにより生み出されるワインは、新樽100%ではあるものの、樽の焼き加減が以前より控えめになり、ブドウならではのピュアな果実味、ナチュラルさが前面に出たスタイル。

いわゆる古くからの銘醸地ヴォーヌ・ロマネに、現在の潮流の一つである酸化防止剤を用いないスタイルを持ち込んだのは、新世代のヴォーヌ・ロマネのスタイルと言っても過言ではないでしょう。

No results that match your search.
竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (726 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (330 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (330 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)