MAS BORRASマス・ボラス

スペインのバルセロナの近郊、ペネデス地方でワインを造り続けて140年以上という長い歴史を持つワイナリー、トーレス。 その長年の経験を土台とし、1960年代から国際品種のワイン造りや ステンレスタンクの使用など、積極的に革新的なワイン・メイキングも採用し、 スペインワイン界のリーダーとして世界中のワインラヴァーから称賛を得ています。

1979年には、フランスの権威あるレストランガイド、ゴーミヨ誌主催でパリ開催されたワイン・オリンピックにおいて、 グラン・コロナス・ブラックラベル1970年ヴィンテージ(現マス・ラ・プラナ)がボルドーのメドック格付け第一級 シャトー・ラトゥールやシャトー・オー・ブリオンを超える評価を獲得し、世界の注目を集めました。2002年には世界的に権威あるデキャンタ誌にて当主ミゲル・トーレス氏が「マン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。更に2006年にはワイン・エンスージアスト誌にてヨーロッパ最高のワイナリーに選出されたという、まさにスペインワインを代表する輝かしい実績を有しています。

現在では、カタルーニャをはじめ、リオハ、リベラ・デル・デュエロ、リアス・バイシャス、ルエダなどスペインの主要産地を網羅し、トーレスの定番である、牛のマスコットでおなじみの「サングレ・デ・トロ」から、前述の通りボルドー一級シャトーを超えたカベルネ・ソーヴィニヨン、「マス・ラ・プラナ」まで、スペイン各地においてブドウ品種と土地の個性を最大限にひき出した高品質なワインを生み出しています。
同時にワインを生み出す環境、人に優しいワイン造りを目指し日夜研究に励んでいます。

活躍の場は、スペインにとどまらず、チリやアメリカでもワインを生産。 合計1300ha以上の畑も所有し、世界140ヶ国以上で愛飲されています。 そのワインの多くが各国のワイン・コンペティションで数々の高評価を獲得しており、 トーレスの進化は果てることなく続いています。

「スペインを代表するハイクオリティワインを造る。」ミゲル・トーレス氏のその想いで誕生したのが、トーレス社の30を超えるラインナップの頂点に位置する4つのシングル・ヴィンヤードシリーズ。マス・ラ・プラナ、ミルマンダ、マス・ボラス、グラン・ムラーリェスという4つの最高の畑にそれぞれに最適な品種が選ばれ、スペイン屈指のプレミアムワインを生み出しています。その全てはワイン専門誌で高得点を取得したり、世界のワインコンクールで数々の受賞を受けたりと、世界中で高い評価を受けています

スペイン北東部フランス国境に近いカタルーニャ地方、その沿岸部に位置する高級ワイン産地D.Oペネデスの中でも最も高地に位置する歴史的な単一畑、マス・ボラス。長らくスペインでピノ・ノワールを育てるのは困難とされていましたが、トーレス社はマス・ボラスの標高の高さと海風による冷涼な気候を活かし、世界に通用するピノ・ノワール栽培に成功しました。

1985年にパリで開催されたワイン・オリンピックにおいては国際審査員賞を受賞。すでにカベルネ・ソーヴィニヨン種を使用したマス・ラ・プラナで世界のトップワイナリーの地位を確立したトーレスですが、マス・ボラスの個性的で並外れた実力が証明され、その地位を確固たるものにしました。

ペネデスは全体として温暖で乾燥した地中海性気候ですが、標高の違いにより3つのエリアに分けることができます。地中海沿岸の平野部に広がるバホ・ペネデス、平均海抜200メートルの中間部のメディオ・ペネデス、内陸部の平均海抜700メートルほどの丘陵地ペネデス・スペリオルという3つのゾーンに分かれています。マス・ボラスは、ペネデス・スペリオルの標高520m付近にあり、ペネデスで最も冷涼なエリアと言えます。畑の面積は約10ha。深層の土壌は保湿性が高く、石灰岩を多く含有しています。表層は濃い黄土色をした石灰質で、僅かに砂利を含んでいるため非常に水はけが良いのが特徴です。そこには平均樹齢30年、古くは50年近い樹齢の樹が植えられています。 昼間は地中海の日差しに照らされますが、夏でも夜間は非常に冷涼なため、その寒暖の差が酸味と果実味、タンニンとをバランスよく備えるよう成熟させていきます。その後大規模な収穫は行わずにブドウを厳選し、低収量で行います。

トーレスでは1980年から窒素系肥料の使用をやめ、有機栽培に取り組んでいます。さらに摘房(少ない房に栄養を集中させるよう、一つの樹になる房の数調整する作業)を導入し、より収量を減らすようになりました。醸造面でもスキンコンタクトの期間を2週間から最長5週間と設け、しっかりと要素を抽出できるよう工夫、更に熟成にフレンチオークを導入し始めました。当時最先端と言えるこれらの技術導入で10年ほどでワインの品質が向上。現在では農薬などを使わずに全て有機(オーガニック)栽培。手摘みで収穫されたブドウを、2週間の浸漬後、26-28℃の管理されたステンレスタンクで一次発酵、オーク樽にてマロラクティック発酵を行います。40%の新樽率、フレンチオークで9カ月の熟成を経てようやくリリースされます。

チェリー、カシスなどの果実や皮革、トーストなどのうっとりするような香り。ファーストアタックはフレッシュで、シルキーなタンニンがいきいきと感じられます。時間と共にボディが開いてくると、ヴェルヴェットのような滑らかな舌触りに、溢んばかりに豊かな果実味が感じられ、心地よい余韻が長く続きます。冷涼な気候を感じさせるきめ細やかな酸が全体をまとめ、エレガントな印象。地中海沿岸地域でこれほどのピノ・ノワールの銘品は、そうそう見つけられるものではありません

指定した条件に該当する商品はありませんでした。検索条件を変更の上、再度ご検索ください。

関連リンク

現在の絞り込み条件
  • 生産者:マス・ボラス
さらに絞り込み
戻る(エノテカトップへ)
全てのカテゴリー
↑PAGETOP
お届けについて

●毎日出荷、即日出荷可能!

完全温度・湿度管理のワイン専用倉庫から、毎日出荷しています。 午前9:00までのご注文に限り、即日出荷可能!

お届け日数はこちら

●配送料金

配送料600円 (648円 税込)
クール代200円 (216円 税込)
代引き手数料300円 (324円 税込)
税抜き10,000円以上お買い上げの方は送料無料

お支払い方法について

●クレジットカード払い

ご利用頂けるクレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICANEXPRESS、DINERS CLUBとなります。
VISA/Master Card/JCB/American Express/Diners Club 楽天ペイ
ほか、代金引換、楽天ペイ、ECON、コンビニ後払い、銀行振り込みでのお支払いが可能です。

クラブエノテカVISAカードならとってもお得!
よくあるご質問

エノテカでのお買い物について、よくあるご質問とその答えをご用意しました。

よくあるご質問
お問い合わせ

0120-81-3634
[ 受付時間 10:00-18:00 ] (年中無休)

メールでのお問い合わせ