0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)

E.GUIGAL
妥協なきワイン造りを継承する、ローヌワインの帝王。

ワイン評価誌にて100点を連発する、
世界屈指のローヌワイン、ギガル。

コート・ロティ、コンドリュー、エルミタージュなど北部ローヌを代表する多数のアペラシオンを所有し、名実共にローヌワインを代表する生産者としてトップを走り続けるギガル。その歴史は意外にも浅く、メゾン創設からわずか半世紀にて圧倒的な地位を築いています

初代当主、エティエンヌ・ギガル氏は1924年、14歳の時にローヌ最古の老舗メゾン、ヴィダル・フルーリィ社に入りワイン造りを修業しました。後、1946年にエティエンヌ氏は独立。コート・ロティのアペラシオンの発祥地であるアンピュイという小さな村でギガルの歴史が始まりました。1961年にエティエンヌ氏の後を継いだ2代目のマルセル氏は、80年代になって父がかつて奉公していたヴィダル・フルーリィ社を傘下に収めました。
1966年には傑出したテロワールを持つコート・ロティ「ラ・ムーリンヌ」を、初めて自社畑として購入。単一畑コート・ロティの先駆けとなるワインを世に送り出し、コート・ロティのポテンシャルを知らしめました。続いて1978年に「ラ・ランドンヌ」、1985年に「ラ・テュルク」をリリース。これらコート・ロティの畑は、「ギガルの3つ子の兄弟」と称され、ワイン・アドヴォケイト誌にて100点を連発し、ギガルの名声を確固たるものへと押し上げたのです。

その後、1995年にはコート・ロティの歴史的なドメーヌである「シャトー・ダンピュイ」を入手。2001年にジャン・ルイ・グリッパとドメーヌ・ド・ヴァルーイの両ドメーヌを吸収し、サン・ジョゼフの「ヴィーニュ・ド・ロスピス」や「リュー・ディ・サン・ジョゼフ」、エルミタージュの「エクス・ヴォト」など新しいアイテムを生み出しました。さらに2006年には、ドメーヌ・ド・ボンスリーヌに資本参加。こちらは独立したブランドとして醸造、販売されています。

今日、メゾンにおいてワイン造りの全権を担うのは、3代目のフィリップ氏。 ローヌ全体におよそ60haもの自社畑を所有し、年間生産量600万本という巨大メゾンの発展を牽引しています。

年間およそ800ものオーク樽を自製。
ブドウ栽培から醸造まで、徹底した妥協なきワイン造り。

ローヌ全体に60haという広大な自社畑を所有しているギガルですが、そのワイン造りの管理については妥協を許さない徹底したもの。ブドウ栽培については、元々、選りすぐりのアペラシオンの中から特に優れた区画のみを購入しているため、テロワールのポテンシャルが十分高いことに加え、リュット・レゾネ(減農薬法)を実践し、収量を厳しく制限しています。

醸造については、コート・ロティは実に40ヵ月もの長期に渡って新樽で熟成させる為、オーク樽の良し悪しが非常に重要となります。そこで、ギガルでは2003年以来、シャトー・ダンピュイに樽工房を設え、職人の手によって、年間に必要となるおよそ800ものオーク樽を自製しています。

こうしてブドウ栽培から熟成まで、一切の妥協なく徹底した品質管理のもと造り出されるギガルのワインは、ローヌの各アペラシオンの魅力を素直にそして丁寧に表現した、まさに教科書的な仕上がり。そのクオリティの高さは、自社畑とネゴシアンもの問わず一貫しており、ヴィンテージに左右されない安定した仕上がりはプロのソムリエにも重宝され、多くのレストランでオンリストされています。

特に、自社畑のキュヴェに関しては、愛好家垂涎の的として世界のワインラヴァーを虜にしています。ましてや今回のように高評価獲得のバックヴィンテージが揃うのは非常に稀です。完全数量限定入荷となるこの機会を、是非お見逃しなく。


No results that match your search.
竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (726 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (330 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (330 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)