0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)

SASSICAIA(TENUTA SAN GUIDO)
圧倒的存在感を放つ、「イタリアワインの至宝」

最新ヴィンテージ全3銘柄が待望の初入荷!

元祖スーパータスカンとして30年以上にも渡り圧倒的な存在感を放ち続ける「イタリアワインの至宝」サッシカイア。最近では2016年ヴィンテージが、ワイン・アドヴォケイト誌において34年ぶりの100点満点獲得の快挙を成し遂げるなど、世界のワイン史に強烈な影響を与え続けている、イタリアワイン界の偉大な造り手です。

今回そのサッシカイアから、トップ・キュヴェであるサッシカイアの最新2017年を筆頭に、グイダルベルトとレ・ディフェーゼの最新2018年全3銘柄が初入荷いたしました。サッシカイアの2017年は、高い技術力でヴィンテージの魅力が引き出され、親しみやすさと熟成ポテンシャルを兼備したエレガンス極まる出来栄え。また、グイダルベルト、レ・ディフェーゼの2018年も、各ワイン評価誌にて90点以上を獲得している素晴らしい仕上がりです。

待望の最新ヴィンテージ初リリースのこの機会を、是非お見逃しなく!

進化し続ける唯一無二のスーパータスカン。

2016年ヴィンテージにおいて1985年以来、実に34年ぶりとなるワイン・アドヴォケイト誌にて100点を獲得したことに沸いたサッシカイアですが、その歴史は一筋縄ではいきませんでした。リリースされた当時、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率が85%を超えるワインはイタリアのD.O.C.G法上、トスカーナで認められている原産地呼称を名乗ることはできなかったものの、そのクオリティは突出。トスカーナの規定を超越したという意味でスーパータスカンと称され、1980年代には熱狂的なブームが全世界へ広がりました。1985年ヴィンテージには、イタリアワインで初めてワイン・アドヴォケイト誌にて100点を獲得。そして、1994年にはついにボルゲリ・サッシカイアとしてイタリアでは唯一、単独ワイナリーでのD.O.C昇格を果たしましたことからも、まさにサッシカイアは法律さえも変えてしまう程偉大な銘柄と言えます。

近年では2013年に、イタリアで最も権威あるワインガイド、ガンベロ・ロッソ誌において最優秀赤ワインに選出。2018年にはワイン・スペクテーター年間トップ100において、フラッグシップ・キュヴェのサッシカイアが見事世界第1位を獲得するなど、他の追随を許さず実に30年以上もの間圧倒的な存在感を放ち、トスカーナワインのみならずボルドーワインにいたるまで強烈な影響を与え続けています。

圧倒的存在感を放つ、
「イタリアワインの至宝」。

イタリアワイン好きなら知らない人はいない、イタリアワインの至宝サッシカイア。トスカーナ州の西寄り地中海に面するボルゲリの地に根付くワイナリー、テヌータ・サン・グイドが生み出したスーパータスカンです。オーナーであるインチーザ・デッラ・ロケッタ家は、先代のマリオ・インチーザ侯爵がボルゲリの領主ゲラルデスカ家の娘と結婚したことで、広大な土地を引き継ぎました。無類のワイン好きであったマリオ・インチーザ侯爵はボルドーワインを好んで飲んでいましたが、第二次世界大戦でフランスからのワインの輸入が滞ってしまいました。そこで、1944年にボルドーのシャトー・ラフィット・ロスチャイルドからカベルネ・ソーヴィニヨンの苗木を手に入れ作付。自家消費用にワインを造り始めたのがサッシカイアのはじまりです。

「サッシ=石、カイア=~な場所」と名前が表すとおり、その土地はまさにボルドー、メドック地区に似た石ころだらけの畑であり、カベルネ・ソーヴィニヨンに最適の地質。1960年代、元々自家消費用のためだけに造られていたワインが大変評判になり生産を拡大、1970年代になると徐々に世界的な販売を開始しました。その実力を決定づけたのが、1978年のイギリスで最も権威あるワイン雑誌、デキャンタ誌が主催するブラインド・テイスティング。11ヵ国33種類のワインが競い合う中、かのシャトー・マルゴーさえも抑え、サッシカイアがベスト・カベルネの座を獲得し、一躍世界のトップワインへ名乗りを上げたのです。

イタリアワインらしい明瞭さと、
堂々たる品格を備えた偉大なワインを生む
入り組んだミクロクリマが形成されるボルゲリの土地。

トスカーナの中心地シエナから、真っ直ぐ西へ横断するように進んだ海沿いのエリアが、サッシカイアが造られているボルゲリ地区です。南北に細長くひろがったマレンマと呼ばれる地域にあり、同じトスカーナにある銘醸地、キャンティやブルネッロ・ディ・モンタルチーノとは異なる地中海性の温暖な気候が特徴。常に海からの風を受けるため乾燥し、日中は年間を通してさんさんと降り注ぐ陽光のおかげで暖かい一方、夜は冷え込みます。この温度差が、しっかりと酸を備えながら肉厚でジューシーな凝縮した果実を育てます。雨量が少ないため収穫前の雨によって果実が不作となる心配もあまりなく、キャンティやブルネッロ・ディ・モンタルチーノのサンジョヴェーゼよりも、2週間ほど早く収穫ができます。

所有する畑は約90ha。もともとは湿地帯だったマレンマの土地は砂質、石灰質、粘土質が入り組んでおり、海に近いことによりミネラル分も豊富。緩やかながら非常に起伏がある地形で、標高200〜300mの斜面もあれば80mほどの平地も存在し、とてつもなく入り組んだミクロクリマを形成しています。サッシカイアのブドウ畑は広い敷地の中に点在していますが、それは様々な土壌の中で最適な場所を選んでブドウが植えられているから。土地に適したブドウ品種を植えることで、サッシカイアの洗練されたクオリティーを実現しています。

そんなサッシカイアの目指すスタイルとは、フィネス、バランス、酸を備えた古き良きボルドーの味わい。それでいて、厳格なボルドーのグラン・ヴァンとはどこか違った、イタリアワインらしい明瞭さと優雅で堂々たる品格を感じることができます。

サッシカイアを栄光へと導いた二人のエノロゴ。

これほどまでにサッシカイアを世界的地位に押し上げた功労者として二人の醸造家(エノロゴ)の存在があります。

その一人が、2016年2月に惜しまれつつも82歳で亡くなった故ジャコモ・タキス氏。イタリアの老舗ワイナリー、アンティノリの醸造家であった彼は、60年代からサッシカイアの醸造に関わり、高密度の栽培や低収量での収穫、マロラクティック発酵やオーク樽による熟成など、現代的なイタリアワインの技術を他に先駆けて取り入れました。彼がサッシカイアと他のワイナリーに与えた影響は大きく、その後もティニャネロやソライアを生み出し、スーパータスカンの生みの親といっても過言ではない人物です。

もう一人の立役者が2000年代以降、サッシカイアで醸造を務めたセバスチャーノ・ローザ氏。カリフォルニア大学デイビス校で醸造を学んだ後、カリフォルニアのジョーダン・ワイナリーやシャトー・ラフィット・ロスチャイルドなどで経験を積み、2002年からテヌータ・サン・グイドでワインメーカー兼マーケティングディレクターとして参画。ローザ氏はサッシカイアの魅力をより多くの人に伝えるべく、より早くから楽しめるグイダルベルトをリリース。新たなファンを増やしました。

今回入荷の全3銘柄はこちら

圧倒的存在感を放つ「イタリアワインの至宝」。
親しみやすさと長期熟成ポテンシャルを兼ね備える、
エレガンス極まる最新ヴィンテージ。

2017年 サッシカイア

27,500 円 (税込)

この商品はこちら >

元祖スーパータスカンとして30年以上にも渡り圧倒的な存在感を放ち続ける「イタリアワインの至宝」サッシカイア。現在までのトスカーナワインやボルドーワインまでにも強烈な影響を与え続けている、イタリアワイン界の頂点とも言える至極の1本です。

サッシカイアの2017年は、2010年以降で最も暑く乾燥したヴィンテージのひとつです。開花期の遅霜と強い海風によって収量が20%低下した分、凝縮度の高いブドウに成長。また、8月中旬から9月末までの昼夜の寒暖差によって、フレッシュな果実味と上質な酸を備えたブドウの収穫に成功しています。2017年は、イタリアの多くの地域で猛暑となり、生産者たちにとって簡単な年ではありませんでしたが、サッシカイアにおいてはヴィンテージの魅力を見事に引き出すことに成功。ワイン・アドヴォケイト誌をして「2016年はヴィンテージの勝利だったが、2017年はサッシカイアという造り手がヴィンテージに勝利した。気候に対して造り手が上回る実力を発揮した。」と言わしめるほど、その技術力が高く評価された年となりました。

グラスに注ぐと、野イチゴやプラムなどの爽やかな果実のアロマに、森の下草やバラ、ハーブなどのニュアンス。多層で深みのある香りがグラスから溢れ出します。口の中に広がっていく、凝縮した果実味と力強くもしなやかなタンニンが印象的。ボルゲリらしいミネラル感もしっかりと感じることができます。エネルギッシュながらも、全体のバランスに優れたエレガントなスタイル。ミネラルとほのかな苦みを帯びた美しい余韻も魅力です。ワインが空気に触れていくとよりボリューム感のあるリッチな味わいへと変化していきます。2017年ヴィンテージは若いうちからでも既に愉しめる親しみやすい味わいですが、力強い骨格が備わっているため、長期熟成によって真のポテンシャルが引き出される1本です。

明るくエネルギーに満ちた果実味に溢れる、
「早くから飲めるサッシカイア」。
優れた骨格とエレガントな酸が魅力。

2018年 グイダルベルト

7,150 円 (税込)

この商品はこちら >

「早くから飲めるサッシカイア」というコンセプトで2000年からリリースされているグイダルベルト。そのコンセプトの通り、引き締まった良質な酸、ふくよかな旨味がたっぷり詰まったワインです。

2018年のトスカーナは、冬の寒さが厳しかったことで土壌の保水性が高まり、ブドウは良好に成長。夏の終わりにかけて気温が低く、ブドウは長い期間をかけて成熟することができました。恵まれた気候のなかで生み出されたワインは、豊かな香りと程よい酸味、優れた骨格を備えたエレガントな仕上がりが特徴です。

黒・赤系果実のアロマに、バニラやスミレ、スパイス、なめし革などのニュアンスが折り重なった複雑な香り。口に含むとジューシーな果実味に、しなやかなタンニンが感じられます。バランス良く溶け込んでいながらもしっかりと感じられる酸味が、味わいにフレッシュさを演出。芳醇な風味を帯びた余韻が長く続いていきます。華やかなアロマを備えた、生き生きとして力強いスタイルをぜひご堪能ください。

サッシカイアの美学が詰め込まれた、
トスカーナらしい気品に溢れる1本。
滑らかな質感がもたらす優美なスタイル。

2018年 レ・ディフェーゼ

4,290 円 (税込)

この商品はこちら >

こちらのレ・ディフェーゼは、2002年の初リリース以来、瞬く間に世に知れ渡った人気の1本。骨格のしっかりとしたカベルネ・ソーヴィニヨンに、柔らかみのあるサンジョヴェーゼを絶妙なバランスでブレンド。トスカーナらしさを感じさせる気品ある上品な仕上がりです。

外観はやや明るめのルビーレッドの色調。グラスに注ぐと、ダークベリーやプルーンを思わせる華やかな果実の香りが豊かに感じられます。口に含むと、しなやかさもありながら骨格のある力強い味わいが特徴。たっぷりとした果実味でクセが少ないため、親しみやすく料理に合わせやすいスタイルです。飲み頃が早く、偉大なサッシカイアに比べ早くから楽しめる親しみやすさを備えています。



No results that match your search.
竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (726 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (330 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (330 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)