0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)

VEGA SICILIA

スペインを代表するトップワイナリーのひとつ、ベガ・シシリア。マドリッドの北方に広がる高級ワイン産地リベラ・デル・ドゥエロに位置しています。1864年、フランス・ボルドーでワイン造りを学んだリビオ・ルカンダ氏が、 フランスから3種の外来種カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、マルベックの苗を持ち込み、リベラ・デル・ドゥエロの土地に植えたことがワイナリーのはじまり。その後1868年、息子のエロイ・レカンダ氏が「ボデガス・ベガ・シシリア」としてワイナリーを創設しました。

3種の外来種にテンプラニーリョ(別称 ティント・ フィノ)を加えた独自のブレンドのワインは、当初友人のためだけにごく少量生産されていましたが、1929年、バルセロナで行われた万国博覧会で金賞を獲得したことにより、ベガ・ シシリアの名声は一挙に世に広がりました。1950年代には初めて、リベラ・デル・ドゥエロの原産地呼称のワインに認定され、近代スペインワインをリードする存在となりました。1982年、マドリードを本拠とする企業グルポ・エウレンの創業者、ダビド・アルバレス・ディアス氏がこのワイナリーを買い取り、当時27歳だった息子のパブロ・アルバレス氏(右写真)を責任者に据えました。アルバレス・ディアス氏は資本を投入し、畑を拡大、新設備を備えた醸造設備を用意し、品質を向上させることに成功。近代的なワイン造りの技術を取り入れながらも、パブロ・アルバレス氏は、あくまでもクラシックな古き良きスペインワインの味わいを守り続けています。
現在、ベガ・シシリアでは異なる土地に5つのワイナリーを構えています。パブロ・アルバレス氏の信頼が厚いハビエル・アウサス氏が醸造責任者としてベガ・シシリアグループの全てのワインを統括。伝統的なワイン造りを尊重しながらも、常にワインのより良い進化を目指し、新しい感性をもってワイン造りに取り組んでいます


ベガ・シシリアのワイン造りのうち、特に注目すべき点は『過酷な環境』、『収量の低さ』そして『熟成の長さ』です。リベラ・デル・ドゥエロはスペインの中でも高級なワインが多く産出される地域ですが、「荒野」と呼ぶにふさわしいほどの風景が広がり、その気候は寒暖の差が大きい非常に過酷なものです。畑は主に緩やかな丘陵に集中しており、その海抜は700~800mとフランスやイタリアでは類を見ないほどの高地にあります。土壌は主に石灰石で、鉄分が乏しく肥沃とは正反対の土壌です。この激しい気温の差と痩せた土地が、ブドウの樹をたくましく育て、素晴らしく凝縮した果実を実らせます。

そして250ヘクタールもの広大な自社畑で獲れたブドウの中から良質な果実だけを厳しく選果。しかもその平均収量は1haあたり20hl。これはボルドーの格付けシャトーと比べても、半分以下の少なさ。この収量を守るため、40%の果実は切り落とされてしまうと言います。
そしてスペシャルキュヴェ、ウニコにおいては、まず大樽で1年間、続いて小樽の新樽で2年熟成させます。さらに古樽に移して4年。これだけで熟成期間はすでに7年ですが、ヴィンテージによってはもっと長い熟成をさせることもあります。 しかもこの熟成用のオーク樽はベガ・シシリア専門の樽職人による自家製。自社で樽を作っている造り手と言えば、シャトー・ラフィットやシャトー・マルゴーなど超一流の造り手だけです。

この熟成の間に計10回もの清澄が行われることで、ワインは研ぎ澄まされているため、瓶詰め時のフィルターは最小限に抑えられています。 さらに、ボトルに移した後、3~4年は瓶内熟成が行われるためウニコが日の目を見るには優に10年もの月日が掛ります

そうして出来上がるワインは、色合いからして強烈に濃厚で、凝縮した果実のアロマと蜂蜜の様な刺激的で甘みのある独特なスタイル。そして途方もなく長い余韻は、スペインワインの王と呼ぶに相応しい風格と威厳を備えています。その堂々とした佇まいから、ときに「スペインのラトゥール」と称されることもあり、国内外からスペインワインの頂点と称えられる逸品です。


ベガ・シシリアが、メドック格付け第一級シャトー・ラフィット・ロスチャイルドを擁するロスチャイルド家の一員、ベンジャミン・ド・ロスチャイルド氏と起こしたジョイントベンチャー。彼らは現在、リオハに75haの畑を所有。リオハと言えば、1,000年あまりの伝統を持ち、世界中にその名を轟かすスペイン随一の銘醸地。北と南を2つの山脈に挟まれた標高300~700mの高地に位置し、大西洋気候と地中海気候の2つの気候が混ざり合うため、気温は年間を通して温暖で、ブドウ栽培に大変適しています。
リオハではヨーロッパでは珍しくアメリカンオークの樽を用い、バニラのような甘い樽香のニュアンスがワインに溶け込んだしなやかなスタイルが伝統的とされてきました。しかし1980年以降は、若い醸造家たちがボルドーから伝わったフレンチオークの小樽での熟成を取り入れ、骨格と力強さを備えたモダンなスタイルが流行しました。
ボデガス・ベンジャミン・ド・ロスチャイルド&ベガ・シシリアが目指すスタイルは、1950~60年代に造られていたようなクラシックなリオハワイン。フレンチオークを用いモダンな造りを取り込みながらも、食事に合わせて楽しめる洗練された味わいに仕上げています。

2006年から試験を重ね、2009年ヴィンテージが初のリリース。ワイン名になっている「マカン」の名は、畑の8割が属する村名サン・ビセンテ・デ・ラ・ソン・シエラに住んでいた人のことを「マカネス」と呼ぶことから由来しています。テンプラニーリョのタンニンと酸味を柔らかな樽のニュアンスが包み込み、タンニンの強さだけが主張しないしなやかな印象。ピュアな赤い果実と酸味の存在感、滑らかなタンニンが渾然一体となった肉厚な仕上がりは、現代リオハのスタイルを見事に体現しています。

ベガ・シシリアが2001年に世に送り出した、トロの地で唯一造られるワインが「ピンティア」。生産地の原産地呼称「トロ」は、スペイン北部の「ドゥエロ河」流域にあり、「ベガ・シシリア」が位置するリベラ・デル・ドゥエルより60km程下流に位置し、ポルトガル国境にも近い地域。「トロ」は、夏暑く冬寒い典型的な大陸性気候で、ブドウは日中の強い日照を受けて成熟し、夜は気温が下がるため凝縮度を増していきます。また、この地域の土壌は表土層に石ころが積み重なり、その下に粘土質土壌が拡がっているため、表面の石が日光を反射して熱を持つことでブドウの成熟を助長。下層の粘土質土壌は、少ない降雨量を補う保水効果があり、ブドウ樹に適度な水分を与えます。乾燥した気候により病害も少ないため収穫年による差が少なく、常に完熟したブドウを収穫でき、濃厚な色、凝縮された果実味、そしてアルコール度数の高いワインが出来上がります。

トロは高級ワインは造られていない無名の小さな産地でしたが、ベガ・シシリアは、その土地が持つ潜在的な高いポテンシャルにいち早く着目し、1990年代後半に、サン・ロマン・デ・オルニハ村にブドウ畑を 購入。ともすれば、アルコールの高さや力強さだけが目立つ、粗野で飲み飽きしてしまいがちなワインも多い中、凝縮感、力強さはそのままに、洗練されたエレガントで高品質なワインを造りだすべくプロジェクトに取り掛かりました。
そして、満を持してリリースされた「ピンティア」。2001年の初ヴィンテージに、ロバート・パーカー氏はいきなり95点の高評価を与えました。続く2002年にも94点、2004年、2005年は2年連続95点を獲得という快挙。まさにスーパースパニッシュと呼ぶにふさわしいワインとなりました

ワイン造りにおいては、手摘みで収穫したブドウを直ちに冷蔵室に運びフレッシュなアロマを守ります。5~6日間は発酵させずに低温浸漬し、発酵後新樽にて12~14ヵ月間熟成。その後、リリースまで2年間の瓶内熟成が行われます。
そのような行程で造られるワインは、見るからに濃縮感のある非常に濃い色合いで、凝縮したフルーツの香りが印象的。濃密でボリューム感のある果実味、上品できめ細かいタンニンはボルドーのグラン・ヴァンを連想させ、ミネラルと複雑性、奥深い甘みに加えて、ビターチョコのようなほろ苦さも感じます。独自のテロワールの表現に挑んだ名門「ベガ・シシリア」の熱い想いが込められている最高の一本です。


ボデガス・オレムスは、「世界最高品質の白ワイン造り」を目指したベガ・シシリアがハンガリーで手掛けるワイナリーです。「トカイにはユニークな個性があり、世界最高品質という意味でベガ・シシリアに共通する」という理由から、1993年にボデガス・オレムスと契約が成立。「オレムス」とは、ハンガリーのトカイ地方で初めて貴腐ブドウが収穫されたとされる畑の名前。トカイの地に最高の畑を所有し古い歴史を誇る由緒あるブドウ園で、1772年に世界で初めてグラン・クリュに格付された畑を、現在115ha所有しています。日照条件など、最高の条件が揃う畑を7つ所有しており、気候の悪い年でも、良いブドウの収穫ができるように管理されています。



現在醸造責任者は、地元トカイ出身のアンドラ・バソ氏。ブダペスト大学で醸造学を学んだ後、1993年にオレムスに迎えられるまで、トカイワインの復興と普及に中心となって尽力してきた人物です。 その古い歴史と、高いポテンシャルを持つハンガリーのワイナリーに、ベガ・シシリアは新しいセラーを設立。溶岩を削り造られたワインカーヴの中は、夏も冬も10~12℃、95%の湿度が一定に保たれるという最高のコンディション。スペインで培った技術でベガ・シシリアグループ唯一の白ワインを手掛けています。栽培するブドウ「フルミント」は、ハンガリーの中でもトカイ地方のみで栽培されている土着の白ブドウ品種。 この地方で最も重要であり、世界3大甘口貴腐ワインのひとつにも数えられる"アスー"を生み出す高貴品種でもあります。 そのブドウは、ローコルド(40~45cmの低い木)で一本の木から4房程度しかできないようにコントロールすることで、最高の品質を保持しています。

一般的にトカイワインは、「トカイ・アスー」(通常のブドウに貴腐ブドウを加えて造る甘口ワイン)と呼ばれます。アスーとは「糖蜜のような」「シロップの ような」の意味。 フランス王ルイ14世が「王様のワイン、ワインの王様」と称賛し、愛したという芳醇な甘口白ワインで、フランスのソーテルヌ、ドイツのトロッケン・ベーレン・アウスレーゼと並び、世界三大貴腐ワインと称されます。
「プットニョス」とは、貴腐ブドウ約26kgの単位(1プットニョス=貴腐ブドウ約26kg)のことで、ゲンツィと呼ばれる136L入りの樽に、何杯分の貴腐ブドウの果粒を加えたかによって甘味の度合いが増していきます。通常は3~6杯分加えられ、それぞれ3プットニョシュや、6プットニョシュと呼ばれ、ラベルにも表記されます。ワインが出来上がった時の糖分含有量により、3~6の数字で表示され、数字が大きいほど甘くなります。

No results that match your search.
竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (726 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (330 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (330 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)