0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)

RENATO RATTI

バローロの基礎を築いた名門「レナート・ラッティ」

イタリアワインの父、レナート・ラッティ氏。

レナート・ラッティ ワイナリーレナート・ラッティはバローロ5大産地の1つとして知られるラ・モッラ村に本拠地を構える家族経営のワイナリー。ワイナリーを設立したレナート・ラッティ氏は、アルバで醸造学を学び、ブラジルでスパークリングワインとヴェルモットの生産に携わった後、ピエモンテに戻り畑を購入。あらゆるバローロ生産地域を調査した結果、単一のテロワールがそれぞれ異なった特徴を持っていることを発見し、1965年にマルチェナスコの単一畑で収穫されたブドウを使用して最初のワイン造りを行いました。レナート氏が生み出したバローロは、従来の長期熟成を経たタンニンの強いバローロとは異なり、樽での熟成を短縮し、瓶での熟成をより長くしたエレガントで洗練された味わい。モダンな造りで親しみやすいバローロは、イタリア国内のみならず世界中で大きな注目を集めました。

レナート・ラッティまた、レナート氏は、自らのワイナリーだけでなく、バローロ協同組合長、アスティ協同組合長としても活躍。ピエモンテやイタリア国内の原産地呼称(D.O.C.、D.O.C.G.)の制定にも関わる他、作家としてピエモンテワインの歴史やワインテイスティング、イタリアワインに関する著書を10冊以上出し、イタリア貿易協会と共に世界中でイタリアワインの啓蒙活動を行う等、ピエモンテワインだけでなくイタリアワインの発展にも大きく貢献しました。このように、伝道者、リーダーとして活躍したレナート氏は、今世紀のイタリアワインビジネスの中で最も重要な人物の1人に挙げられます

中でも、クリュの概念の確立とヴィンテージ・チャートの導入、そして「アルベイサ・ボトル」の復活といった、レナート氏が残した3つの功績は、現在のバローロに大きな影響を与えています。

レナート・ラッティ バローロ・クリュ・マップクリュの概念の確立
ブルゴーニュのグラン・クリュやプルミエ・クリュのように、今では広く浸透している単一畑バローロ、クリュ・バローロの概念ですが、その概念を確立したのがレナート氏です。1960年代よりバローロ生産地域の土壌の調査、整理を開始し、膨大な時間と調査を重ね、バローロ・クリュ・マップを作成。クリュ毎のテロワールや、そこから生まれるワインの個性の違いをいち早く認識し、44のクリュと、私的見解に基づいた格付けを制定しました。

ヴィンテージ・チャートの導入
レナート・ラッティ ヴィンテージ・チャートボルドーやブルゴーニュでは当たり前となっているヴィンテージ・チャートですが、以前のピエモンテでは古ければ古いほど良いワインとされていました。そこでレナート氏はバローロにこのヴィンテージの概念を持ち込み、各ヴィンテージ毎の特徴や評価を記した独自のヴィンテージ・チャートを作成。現在バローロでは、彼の功績により、ヴィンテージの概念が深く根付いています。

「アルベイサ・ボトル」の復活
レナート・ラッティ アルベイサ・ボトルいかり肩のボルドー型ボトルでも、なで肩のブルゴーニュ型ボトルでもない、ピエモンテ地方独自のボトル「アルベイサ・ボトル」。18世紀末、アルバの生産者たちの要望から1本1本手作業により造られたこのボトルは、ピエモンテ地方の偉大なワインに相応しい独自のボトルとして広く使用されていましたが、ボトル製造の工業化に伴い、徐々に姿を消していきました。レナート氏は、1973年、アルベイサ・グロワーズ・アソシエーションを設立し、「アルベイサ・ボトル」を復活させ、今では多くの生産者が、このボトルを使用するようになっています。

レナート・ラッティ ワイナリーレナート・ラッティはバローロ5大産地の1つとして知られるラ・モッラ村に本拠地を構える家族経営のワイナリー。ワイナリーを設立したレナート・ラッティ氏は、アルバで醸造学を学び、ブラジルでスパークリングワインとヴェルモットの生産に携わった後、ピエモンテに戻り畑を購入。あらゆるバローロ生産地域を調査した結果、単一のテロワールがそれぞれ異なった特徴を持っていることを発見し、1965年にマルチェナスコの単一畑で収穫されたブドウを使用して最初のワイン造りを行いました。レナート氏が生み出したバローロは、従来の長期熟成を経たタンニンの強いバローロとは異なり、樽での熟成を短縮し、瓶での熟成をより長くしたエレガントで洗練された味わい。モダンな造りで親しみやすいバローロは、イタリア国内のみならず世界中で大きな注目を集めました。

レナート・ラッティまた、レナート氏は、自らのワイナリーだけでなく、バローロ協同組合長、アスティ協同組合長としても活躍。ピエモンテやイタリア国内の原産地呼称(D.O.C.、D.O.C.G.)の制定にも関わる他、作家としてピエモンテワインの歴史やワインテイスティング、イタリアワインに関する著書を10冊以上出し、イタリア貿易協会と共に世界中でイタリアワインの啓蒙活動を行う等、ピエモンテワインだけでなくイタリアワインの発展にも大きく貢献しました。このように、伝道者、リーダーとして活躍したレナート氏は、今世紀のイタリアワインビジネスの中で最も重要な人物の1人に挙げられます

中でも、クリュの概念の確立とヴィンテージ・チャートの導入、そして「アルベイサ・ボトル」の復活といった、レナート氏が残した3つの功績は、現在のバローロに大きな影響を与えています。

クリュの概念の確立
ブルゴーニュのグラン・クリュやプルミエ・クリュのように、今では広く浸透している単一畑バローロ、クリュ・バローロの概念ですが、その概念を確立したのがレナート氏です。1960年代よりバローロ生産地域の土壌の調査、整理を開始し、膨大な時間と調査を重ね、バローロ・クリュ・マップを作成。クリュ毎のテロワールや、そこから生まれるワインの個性の違いをいち早く認識し、44のクリュと、私的見解に基づいた格付けを制定しました。 バローロ・クリュ・マップはこちら≫
ヴィンテージ・チャートの導入
ボルドーやブルゴーニュでは当たり前となっているヴィンテージ・チャートですが、以前のピエモンテでは古ければ古いほど良いワインとされていました。そこでレナート氏はバローロにこのヴィンテージの概念を持ち込み、各ヴィンテージ毎の特徴や評価を記した独自のヴィンテージ・チャートを作成。現在バローロでは、彼の功績により、ヴィンテージの概念が深く根付いています。 レナート氏が作成したヴィンテージチャートはこちら≫
「アルベイサ・ボトル」の復活
レナート・ラッティ アルベイサ・ボトルいかり肩のボルドー型ボトルでも、なで肩のブルゴーニュ型ボトルでもない、ピエモンテ地方独自のボトル「アルベイサ・ボトル」。18世紀末、アルバの生産者たちの要望から1本1本手作業により造られたこのボトルは、ピエモンテ地方の偉大なワインに相応しい独自のボトルとして広く使用されていましたが、ボトル製造の工業化に伴い、徐々に姿を消していきました。レナート氏は、1973年、アルベイサ・グロワーズ・アソシエーションを設立し、「アルベイサ・ボトル」を復活させ、今では多くの生産者が、このボトルを使用するようになっています。

偉大な父の意志を継ぎ、更なる品質向上を目指すピエトロ・ラッティ氏。

レナート・ラッティ ピエトロ・ラッティ1988年、バローロに大きな影響を与えたレナート・ラッティ氏が急逝。当時20歳でアルバ醸造学校を卒業間近だった息子のピエトロ氏が、父の甥であるマッシモ・マルティネッリ氏と共にレナート氏の遺志を継ぎ、ワイナリーで働き始めはじめました。父のように歴史やテロワールを尊重しながらも、更なる品質向上を目指し、畑の購入や賃貸を進め、栽培農家より購入していたブドウを、自社ブドウへと変更。栽培から醸造まで一貫して行うブルゴーニュのワイン造りのようなドメーヌ型のワイン生産を行っています。

また、20年前には、ラ・モッラ村にあるアヌンチャータ修道院を、ラッティ・ワインズ・オブ・アルバ・ミュージアムへと改装。さらに、バローロ生産者協会の副会長や、ピエモンテ州エノロジスト委員会のメンバーを務めるなど、父と同じく、地域の活動にも力を入れ、バローロやピエモンテワインの普及に大きく貢献しています。

バローロ5大産地のひとつ、ラ・モッラ村から生み出される、
エレガンス、フィネス、熟成ポテンシャルを備えた偉大なワイン。

ワイナリーが位置するのは、バローロD.O.C.G.に認定されているラ・モッラ村のアヌンチャータ地区。バローロの中でも、東側の村が厳格でスパイシーな男性的バローロを生むのに対し、西側のラ・モッラ村はマグネシウムやマンガンが豊富に含まれる土壌。その地で造られるバローロは、香り高く優美で、エレガントな味わいが特徴です。

レナート・ラッティ ワイナリーレナート・ラッティが目指すのは、そんなラ・モッラ村のテロワールの個性を最大限引き出すエレガントなワイン造り。醸造に関しては、キュヴェに応じて、伝統的な木桶の発酵槽とモダンなロータリー・ファーメンター(回転発酵槽)を使い分け、熟成には大樽とフレンチオークバリックを使い分けるなど、伝統的な醸造技術に近代的な醸造技術を取り入れたワイン造りを行っています。こうして生み出されるワインは、エレガンス、フィネス、熟成ポテンシャルを備えた味わいラ・モッラ村のベンチマークとして世界的な評価を獲得しています。



新着ヴィンテージ続々入荷中!
全100銘柄以上の充実のラインナップ



No results that match your search.
竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (726 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (330 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (330 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)