0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)
クリスマス福袋
フランシス・コッポラ・ソフィア ロゼ フランシス・コッポラ・ソフィア ロゼ フランシス・コッポラ・ソフィア ロゼ
※ 一部ワインショップでは商品のお取扱いがある場合もございます。
FRANCIS COPPOLA SOFIA ROSE

FRANCIS COPPOLA SOFIA ROSE

2017  750ml[Full]
3,680 Yen (4,048 Yen (Tax included))
110 Points!

総合評価:

4.0

Quantity: 
  • 01

    2017 750ml[Full]

    3,680 Yen (4,048 Yen (Tax included))

    110 Points!

    About Vintage

    Quantity:

ナパ・ヴァレーの歴史ある畑を所有する、フランシス・フォード・コッポラ。
愛情の祝福から生まれた「ソフィア」シリーズ。
しっかりとした旨味が詰まったふくよかなドライロゼ。


映画監督のフランシス・フォード・コッポラは、
1975年にナパ・ヴァレーの歴史あるニーバム・エステートの
(現イングルヌック)一部を購入
して以来、
カリフォルニアワインの歴史に敬意を払いながら高品質なワイン造りを続けてきました。
ワイン造りは数世代続くコッポラ家の生活の一部で、
フランシスの祖父アゴスティーノはニューヨークの自宅の地下で
自家製のコンクリート発酵槽を使って日常消費用ワインを造っていました。
現在フランシスが造っているワインはその頃のワインとは異なりますが、 スピリットは同じです。

2006年、彼はソノマ・カウンティに新しいワイナリーを購入し、
フランシス・フォード・コッポラワイナリーをオープンしました。
そこで昔と変わらないスピリットと情熱で、
家族や友人と楽しめるワインを造り続けています。
ここからコッポラ監督の新しいカリフォルニア・ワインの物語が再び始まります。

フランシス・フォード・コッポラは、
エレノア、ロッソ&ビアンコ、ダイヤモンド・コレクション、
ヴォトル・サンテ、ディレクターズ・カット、ソフィアの
現在全6ブランドをリリース。
それぞれにコッポラ氏の物語や愛情が込められています。

愛情の祝福から生まれたこちらの「ソフィア」は、
コッポラ氏の愛娘の名前からとったもの。

自由奔放でエネルギッシュ、かつ魅惑的な娘ソフィアと交わした
「大きくなったら、君の為にワインを造ろう!」と言う約束を
十数年後、彼女が結婚するときの記念に造られたワイン
なのです。
ラベルの端には父である監督からみた娘を表現した数々の形容詞が書き連ねてあり、
細部にまで親の愛情溢れる結婚式のギフトである事が感じられます。

ソフィアシリーズのワインは、
もともとはフランシス・フォード・コッポラが愛娘ソフィアに贈った
ブラン・ド・ブランから始まりました。
ソフィア自身が大好きなワインにインスパイアされ、
数年をかけて他の品種を増やしてきました。

こちらは冷涼な天候のモントレー・カウンティで収獲されたブドウを使用しています。
この畑は生育期が長い典型的な気候で、
鉱物のようなミネラルの香りと火打石のニュアンスが特徴。
モントレーはとても海岸に近いため、朝晩には気温が下がり、
夕方には畑は霧に覆われます。
このようなコンディションがブドウの自然な酸味を保ち、
様々な料理との相性が良いワインとなるのです。


ロゼは、より食事と合わせやすいテイストに仕上がるよう
ワインの甘さを抑えるために、ブドウの糖度が
上がりきる前に収穫
しました。
ブドウは収穫されるとすぐにワイナリーへ運ばれ、除梗し破砕されます。
鮮やかな赤色を抽出するために、
マセレーションは冷やした状態(コールドソーク)で
通常のおよそ2倍、 48時間
かけて行っています。
これによって、このロゼの色彩が生まれるのです。
その後はこのワインのスタイルに重要な爽やかな酸味を保つため、低温で発酵されます。

2014年は降水量が少なく、
過去のヴィンテージの中でも最も品質の高い年の1つとされています。
この乾燥した環境の中で育ったブドウは、
非常に高い凝縮感とアロマを持った高品質のブドウに仕上がりました。

こちらは愛らしいピンク色の美しい色調。
使用されているブドウは比較的低い糖度で収穫されるため、
お食事に合わせやすい辛口のスタイルに仕上がります。
摘みたてのいちごやバラの花のような華やかなアロマが魅力的。
ブドウのふくよかな旨味を、フレッシュな酸が包み込み
全体的にエレガントなスタイルに仕上がっています。

※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

ナパ・ヴァレーの歴史ある畑を所有する、フランシス・フォード・コッポラ。
愛情の祝福から生まれた「ソフィア」シリーズ。
しっかりとした旨味が詰まったふくよかなドライロゼ。


映画監督のフランシス・フォード・コッポラは、
1975年にナパ・ヴァレーの歴史あるニーバム・エステートの
(現イングルヌック)一部を購入
して以来、
カリフォルニアワインの歴史に敬意を払いながら高品質なワイン造りを続けてきました。
ワイン造りは数世代続くコッポラ家の生活の一部で、
フランシスの祖父アゴスティーノはニューヨークの自宅の地下で
自家製のコンクリート発酵槽を使って日常消費用ワインを造っていました。
現在フランシスが造っているワインはその頃のワインとは異なりますが、 スピリットは同じです。

2006年、彼はソノマ・カウンティに新しいワイナリーを購入し、
フランシス・フォード・コッポラワイナリーをオープンしました。
そこで昔と変わらないスピリットと情熱で、
家族や友人と楽しめるワインを造り続けています。
ここからコッポラ監督の新しいカリフォルニア・ワインの物語が再び始まります。

フランシス・フォード・コッポラは、
エレノア、ロッソ&ビアンコ、ダイヤモンド・コレクション、
ヴォトル・サンテ、ディレクターズ・カット、ソフィアの
現在全6ブランドをリリース。
それぞれにコッポラ氏の物語や愛情が込められています。

愛情の祝福から生まれたこちらの「ソフィア」は、
コッポラ氏の愛娘の名前からとったもの。

自由奔放でエネルギッシュ、かつ魅惑的な娘ソフィアと交わした
「大きくなったら、君の為にワインを造ろう!」と言う約束を
十数年後、彼女が結婚するときの記念に造られたワイン
なのです。
ラベルの端には父である監督からみた娘を表現した数々の形容詞が書き連ねてあり、
細部にまで親の愛情溢れる結婚式のギフトである事が感じられます。

ソフィアシリーズのワインは、
もともとはフランシス・フォード・コッポラが愛娘ソフィアに贈った
ブラン・ド・ブランから始まりました。
ソフィア自身が大好きなワインにインスパイアされ、
数年をかけて他の品種を増やしてきました。

こちらは冷涼な天候のモントレー・カウンティで収獲されたブドウを使用しています。
この畑は生育期が長い典型的な気候で、
鉱物のようなミネラルの香りと火打石のニュアンスが特徴。
モントレーはとても海岸に近いため、朝晩には気温が下がり、
夕方には畑は霧に覆われます。
このようなコンディションがブドウの自然な酸味を保ち、
様々な料理との相性が良いワインとなるのです。


ロゼは、より食事と合わせやすいテイストに仕上がるよう
ワインの甘さを抑えるために、ブドウの糖度が
上がりきる前に収穫
しました。
ブドウは収穫されるとすぐにワイナリーへ運ばれ、除梗し破砕されます。
鮮やかな赤色を抽出するために、
マセレーションは冷やした状態(コールドソーク)で
通常のおよそ2倍、 48時間
かけて行っています。
これによって、このロゼの色彩が生まれるのです。
その後はこのワインのスタイルに重要な爽やかな酸味を保つため、低温で発酵されます。

2014年は降水量が少なく、
過去のヴィンテージの中でも最も品質の高い年の1つとされています。
この乾燥した環境の中で育ったブドウは、
非常に高い凝縮感とアロマを持った高品質のブドウに仕上がりました。

こちらは愛らしいピンク色の美しい色調。
使用されているブドウは比較的低い糖度で収穫されるため、
お食事に合わせやすい辛口のスタイルに仕上がります。
摘みたてのいちごやバラの花のような華やかなアロマが魅力的。
ブドウのふくよかな旨味を、フレッシュな酸が包み込み
全体的にエレガントなスタイルに仕上がっています。

※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

フランシス・コッポラ・ソフィア ロゼ
FRANCIS COPPOLA SOFIA ROSE

2017   750ml[Full]   3,680 Yen (4,048 Yen (Tax included))
Quantity: 
買い物カゴ_2

PAGE TOP

竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (726 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (330 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (330 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)