0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)
2019年ボジョレー・ヌーヴォー
リースリング・ソノマ・カウンティ リースリング・ソノマ・カウンティ リースリング・ソノマ・カウンティ
※ 一部ワインショップでは商品のお取扱いがある場合もございます。
RIESLING SONOMA COUNTY

RIESLING SONOMA COUNTY

2016  750ml[Full]
5,500 Yen (6,050 Yen (Tax included))
55 Points!

総合評価:

Out of stock
  • 01

    2016 750ml[Full]

    5,500 Yen (6,050 Yen (Tax included))

    55 Points!

    About Vintage

    Out of stock

「カリフォルニアのニューウェーヴ」と称され、
多くのメディアにも取り上げられる注目ワイナリー。
冷涼なテロワールが生むフレッシュでエネルギッシュなシラー。

カリフォルニア、ソノマ南部に位置するスクライブは、
ナッツを栽培している農家出身の若いマリアーニ兄弟が設立した、
カリフォルニアのニュー・ウェイヴと呼ばれる、
少量生産でアーティスティックな感性を基に、自然を意識して造られるワイナリー
です。

畑は全て有機栽培で、強い樽香や高いアルコール度を避け、
「ワイン造りは農業」と言う信念の下、
天然酵母による発酵を行うなど、
その土地に根付いた個性あるワイン造りを実践しています
有機野菜を使うカリフォルニア・クイジーンの先駆け
「シェ・パニース」のアリス・ウォーターとの繋がりも強く、
敷地内の養鶏エリアや野菜畑からの素材を使ったホームメードの料理でもてなしたり
新進気鋭の若手シェフらとのワインディナーも注目を浴びています。

スクライブの歴史は、ドレッセル・ワイン・カンパニーの功績と深い繋がりがあります。
1858年、エミル・ドレッセル氏(Emil Dresel)が富を求めてドイツからカリフォルニアにやってきました。
ドイツ人の3人の仲間と共に、ソノマに400エーカー(およそ160ヘクター)の畑を購入し、
ドレッセル・ワイン・カンパニーを設立します。
この畑にドイツから密輸したブドウの樹を植えるのですが、
これが後に、歴史上始めてアメリカに輸入された
リースリングとシルヴァナーの樹であると判明しました。

1878年にフィロキセラがカリフォルニアを襲い、
カリフォルニアで始めてフィロキセラに免疫を持つ
台木(ヴィティス・リパリア)に接ぎ木をしたと言われています。
また、ワインのラベルにセミヨンやカベルネ・ソーヴィニヨン等の品種を記載するという、
現在のカリフォルニアワインでは当たり前の事も、
ドレッセル・ワイン・カンパニーが始めたと言われています。
特に、シルヴァーナー、リースリングなどのドイツ系品種の注力し、
コンクールでも功績を残しています。

スクライブのワインのラベルにある「D&CO」は
このドレッセル・ワイン・カンパニーの頭文字を表しています。


その後禁酒法により、ドレッセル・ワイン・カンパニーは衰退。
半世紀近くにおよび大手の養鶏場として存在したのちは、
今のスクライブ・ワイナリーからは想像できない程、
土地も建物も荒れ果てた状態であり、
誰もがここにワイナリーを設立することを考えもしない、酷い状態でした。

2007年にこの地を訪れたマリアーニ兄弟は、
最初に見た物件だったんだが、一目惚れしてね、真っ先にここに決めたんだ。」と語ります。

マリアーニ兄弟はまず、土地の生態系を取り戻すことから手をつけ、
全面的に消毒が必要だった養鶏場の残骸を撤去し、
丘の斜面と傾きが一目見ただけで分かるまで原型を取り戻すことに成功しました。
その後、たんぽぽやコスモス、その他野菜を植え、
健全な生態系に欠かせない昆虫が好む環境を作ります。


スクライブの畑は全て有機農法で栽培され、
この土地が生み出す天然酵母
から造られます。
ワインは土地の個性を最大に反映させ、
強い樽香や高いアルコール度を避け、ピュアなワインに仕上がります。
ドレッセル・ワイン・カンパニーの歴史を重んじ、
シャルドネ、ピノ・ノワールのみでなく、
リースリングやジルヴァーナーのドイツ系品種にも注力しています。

そんなスクライブは、有機野菜を使うカリフォルニア・クイジーンの先駆け
「シェ・パニース」のアリス・ウォーターとの繋がりも強く、
新進気鋭の若手シェフらとのワインディナーも注目を浴びています

ワイン造りは農業であると考える彼らが、スクライブに求めている事は、
彼らのワインが人々の出会いを演出すること。
それから、この場所が、ワインを造る場所だけで終わらず、
禁酒法時代のスピークイージーのような、人々が繋がるステージになること。
100年前にドレッセル家の住居として使われていたこの場所は、
現在ではワイナリーのテイスティング・ルーム、そして著名人やアーティストが集い、
スクライブのワインを通じて人々が繋がることができるイベント会場として生まれ変わり、
新しい歴史を刻んでいるのです。

こちらは、スティーヴン・ベイカー氏が手掛けるベイカー・レーン・ヴィンヤードの
シラーを使用して特別に仕立てられた1本。
ベイカー・レーン・ヴィンヤードは、セバストポルの南西にある丘陵地帯に位置します。
海の影響を受けることによる冷涼な気候は、ブドウはゆっくりと成熟させ、
複雑な風味やフレッシュなニュアンスのある、エネルギッシュな味わいをもたらします。

リースリング・ソノマ・カウンティ
RIESLING SONOMA COUNTY

2016   750ml[Full]   5,500 Yen (6,050 Yen (Tax included))
Quantity: 
買い物カゴ_2

PAGE TOP

竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (726 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (330 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (330 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)