<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
モンテスキャンペーン
ソラリス 小諸シャルドネ ヴィエイユ・ヴィーニュ-0
ソラリス 小諸シャルドネ ヴィエイユ・ヴィーニュ-1

ソラリス 小諸シャルドネ ヴィエイユ・ヴィーニュ SOLARIS KOMORO CHARDONNAY VIEILLES VIGNES

750ml

2019年

日本の風土で育まれたブドウの可能性を最大限に引き出すワインブランド。樹齢30年以上の古樹から造られるリッチな果実味が魅力の1本。

11,000

(税抜価格10,000円)

100pt

進呈

変更・返品について

長野県の小諸と山梨県の勝沼にワイナリーを構えるワインブランド、マンズワイン。そんなマンズワインが「日本の風土で、世界の銘醸ワインと肩を並べるプレミアムワインをつくる」という想いとともに手掛けるのがソラリスシリーズです。こちらのワインは、小諸ワイナリー内の小区画から収穫されるブドウのみで造る1本。厳しい収量制限で管理し、ソラリスのフラッグシップとしてふさわしいと判断したヴィンテージのみリリース。古樹由来の、果実の深みと凝縮感を備えたワインです。

商品情報

カテゴリ

タイプ

生産地

容量

750ml

ボディ

2

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

滑らかな口当たりのフルーティな白ワイン



在庫一覧

  • 在庫僅か

    残りあと5本

    2019

    11,000

    (税抜価格10,000円)


    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2019年は台風19号の襲来により、夏の不安定な天候、雹害、自然からの影響を強く受けた試練のヴィンテージとなりました。しかし幸運にも台風の直前に収穫を行う事ができ、ブドウへの影響を最小限に抑える事に成功。収穫時の丁寧な選果により収穫量は少なくなりましたが、糖度と酸のバランスが良く、小諸シャルドネらしい凝縮感のある味わいになりました。

    味わい

    外観は輝きのある黄金色。グラスに注ぐと広がる、熟した洋ナシや、黄桃の酸味がありながらもボリューム感のある果実の香り、木樽由来のバニラのアロマが魅力。ワインからは滑らかなテクスチャーが感じられ、厚みがありリッチな印象です。白身魚やチキンを使った料理と好相性。フラッグシップキュヴェらしい、ふくよかかかつ上品な味わいです。

    アルコール度数

    13.1%

    コルク

    品種

    • シャルドネ(100%)

商品の紹介

長野県の小諸と山梨県の勝沼にて、日本の土地や気候に合わせたワイン造りをモットーに、こだわりのブドウ栽培とワイン醸造を行うブランド、マンズワイン。そんなマンズワインが「日本の風土で、世界の銘醸ワインと肩を並べるプレミアムワインをつくる」という想いとともに立ち上げたのが、ソラリスシリーズです。


マンズワインの挑戦として始まったソラリスには、最高品質のワインをつくるためのたゆまない努力と研究が注ぎ込まれ、今では様々な栄誉や賞を獲得。2016年の伊勢志摩サミットや2017年のトランプ前アメリカ大統領来日時の、内閣総理大臣主催の会食にソラリスのワインが採用されるなど、輝かしい実績を持っています。


こちらは1981年に植え付けが開始された当時から育つ、樹齢30年以上の古樹のブドウから造られるソラリスのトップキュヴェ。ブドウは小諸ワイナリー内にある限られた小さな区画から収穫され、厳しい収量制限によって極限まで質を高めています。フラッグシップとしてふさわしいと判断されたヴィンテージにのみリリースされ、古樹由来のブドウ果実の深みや凝縮感、心地よい木樽の風味が上品に感じられる特別な1本です。

生産者について

マンズワイン

マンズワイン MANNS WINES

日本の風土で育まれたブドウの可能性を最大限に引き出すワインブランド

マンズワインは、長野県の小諸と山梨県の勝沼にワイナリーを持つ日本のワインブランド。その歴史は半世紀以上前の1962年にまで遡り、「食文化の国際交流」を理念としていたキッコーマンの社内で、1人の研究者が発した「本物のワインづくりは、しょうゆ醸造を仕事とするわが社こそがやるべき」という言葉から始まりました。

1962年に誕生したマンズワイン勝沼ワイナリーは、日本を代表する固有品種、甲州種とマスカット・ベーリーA種を中心に高品質なワイン造りに取り組んでいます。その後気候、⾵⼟がブドウ作りの適地として、近年熱い注⽬を浴びる長野県千曲川ワインバレーでいち早くブドウ栽培を始め、1973年に⼩諸ワイナリーを設⽴。この2つのワイナリーで日本ワインの魅力を発信しています。

生産地について

日本 長野県

日本 長野県

新しいワイナリーが増える日本ワインの代表産地

ワイン生産量が年々伸び、山梨に追随する勢いの長野。年間降水量が少なく、昼夜の気温差が大きく、日照時間が長いというブドウ栽培とって好条件の風土をいかし、高品質なブドウを使ったワインが生まれています。桔梗ヶ原産のメルロが、リュブリアーナ国際ワインコンクールで最高位の大金賞を勝ち取ったのを皮切りに、長野ワインの注目度は急上昇。県が推進する「信州ワインバレー構想」の後押しもあり、千曲川バレーなどの4つの特区でワイン生産者が増加傾向にあり、各ワイナリーこだわりの個性溢れるワインが誕生しています。


クチコミ

クチコミ投稿がありません。

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

  • 木箱:1本用 1,320円(税込) / 2本用 1,650円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.