<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン

ウィーナー・ゲミシュター・サッツ-0
ウィーナー・ゲミシュター・サッツ-1

ウィーナー・ゲミシュター・サッツ WIENER GEMISCHTER SATZ

750ml

2019年

ベートベンが住み第9の作曲をした家を所有するウィーンの歴史あるワイナリー。混植混醸で造られる、エレガントでフレッシュな1本。

2,475

(税抜価格2,250円)

22pt

進呈

4.3

(3)

音楽の都、ウィーンで古くからワインを仕立てる造り手。こちらはオーストリアを代表する品種で仕立てる白ワインです。複数の品種を一緒に植え、そして一緒に醸造する珍しい手法で仕立てる味わいは、テロワールを純粋に表現できるといわれています。エレガントでフレッシュな味わいをお楽しみください。

5

爽やか 食前酒にピッタリ

ちょっとだけミントの感じがしました。かんきつや白いお花と相乗して、とてもフレッシュ。普段そんなに飲まないのですが、気づいたら2/3位飲んでいました。こんなフレッシュで飲みやすいワインは初めて。またリピします。

商品情報

ボディ

1

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

酸味が抑えめで軽快な白ワイン

  • 果実味

  • コク

  • 酸味



在庫一覧

  • 2019

    2,475

    (税抜価格2,250円)


    詳しく見る

    味わい

    グリーンがかった淡いレモンイエローの外観。レモンやライム、グレープフルーツなどの柑橘系果実に、ドライハーブや石灰のようなミネラル感が感じられます。口当たりは溌剌としており、爽やかな酸がアタックから余韻にまで一貫して感じられるフレッシュな味わい。後味にはグリューナーらしいスパイシーな風味が漂います。しっかりと冷やして夏に愉しみたい1本です。

    熟成方法

    オーク樽にて2ヵ月間、ステンレスタンクにて3ヵ月間熟成

    スクリューキャップ

商品の紹介

こちらは、オーストリアを代表とする品種、グリュナー・ヴェルトリーナーとリースリングをメインとして、オーストリアの土着品種であるツィアファンドラー、ロートギプラーなどの混植混醸で造られるウィーナー・ゲミシュター・サッツ。レモンや洋ナシなどを思わせる繊細なアロマに、エレガントで生き生きとした味わいが魅力です。

生産者について

ヴァイングート・マイヤー・アム・プァールプラッツ

ヴァイングート・マイヤー・アム・プァールプラッツ WEINGUT MAYER AM PFARRPLATZ

ベートヴェンが第九を生み出した地で仕立てるワイン。

ヴァイングート・マイヤー・アム・プァールプラッツは、オーストリアの首都ウィーンにある、1683年設立の歴史あるワイナリー。立地に恵まれた畑を所有していることに加え、最新技術の導入など品質向上に努める彼らのワインは、国内で数々の賞を獲得するなどその高品質が高く評価されています。また、ベートーヴェンが住み、あの第九を作曲した家屋「ベートーヴェンハウス」がワイナリーの敷地内にあり、世界各国からの観光客で賑わっているワイナリーでもあります。


クチコミ

全て見る

4.3

3 件のクチコミ

  • まきこさん

    2018年

    爽やか 食前酒にピッタリ

    ちょっとだけミントの感じがしました。かんきつや白いお花と相乗して、とてもフレッシュ。普段そんなに飲まないのですが、気づいたら2/3位飲んでいました。こんなフレッシュで飲みやすいワインは初めて。またリピします。

    2020.09.29

  • 3catspapaさん

    2018年

    すっきり飲みやすい

    様々な品種が入っているワインは普段あまり飲まないので、嫌な後味とかがあるのかなと少しドキドキしつつ飲んでみました。 一口目、すっきり、さっぱり、飲みやすい辛口で、とても好みの味! 二口目以降じっくり味わうと、大好きなリースリング的な部分を感じてから、甘味や華やかさ、ドライな感じもあり、様々な品種が入っているというのはこういうことかと実感。それもまた良かったです。

    2021.02.24

  • Francescoさん

    2018年

    香味の強い食事向き

    2018は微発泡。マリアージュというよりはリセットタイプ。香味の強い食べ物の余韻を洗い流してくれるので味わいの異なる少量多品種な食事向き。中華にも合うだろう。コースの内容によっては1本で通すことも可能。複数品種のアサンブラージュからくるのか軽く凝縮間があり表示よりも度数が高く感じられる。余韻も比較的長い。シャープではないが後から舌を軽く刺激する酸が来る。ブラインドで一口飲んでオーストリアをイメージできない一方で他に思い当たる産地もなく、オーストリアワインのもう一つの個性を発見したのかもしれない。WIENINGERのゲミシュター・サッツと比較するのもおもしろいだろう。

    2020.10.17

ギフトサービスについて


紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.