<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
よりどり3本11,000円 2021年12月
ピノ・グリ・バリック-0
ピノ・グリ・バリック-1

ピノ・グリ・バリック PINOT GRIS BARRIQUES

750ml

2014年

アルザス地方の革新的ドメーヌの手腕が十分に発揮されたピノ・グリ。フレッシュかつ芳醇な果実味に樽香が綺麗に溶け込んだ、調和の取れた味わい。

オンライン限定商品

5,390

(税抜価格4,900円)

49pt

進呈

4

(1)

現代アルザスワインの旗手と呼ばれる、アンドレ・オステルタグ氏。アルザスのテロワールを最大限表現する徹底した自然なワイン造りで注目を集めています。アルザスではピノ・グリは貴腐がつくまで成熟させることが一般的ですが、こちらのピノ・グリは非常に早く収穫、完璧な辛口に仕立てている1本。華美を避けた研ぎ澄まされた味わいで、活気のある酸が全体を綺麗にまとめます。ポークソテーなどのお肉料理と相性抜群の1本です。

4

コクのあるワイン

2014を飲みました。 初めはブリオッシュのような香りと深い樽香に驚かされました。しばらく独特な深い香りに酔いしれた後、2日目は落ち着いてしっとり穏やかにいただきました。

商品情報

カテゴリ

タイプ

白ワイン

容量

750ml

おすすめ料理

ポークソテー、シュークルート

ボディ

2

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

滑らかな口当たりのフルーティな白ワイン

  • 酸味

  • 果実味

  • コク



在庫一覧

  • 2014

    5,390

    (税抜価格4,900円)

    • WE 91
    • WS 91

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2014年のアルザス地方は、冬は穏やかな気候だったため、霜の被害もほとんどなくブドウは無事結実。しかし、夏が雨の多い冷涼な気候だったため、ブドウの成熟までには時間がかかりました。また、9月に入ると暑すぎない乾燥した気候だったためゆっくりと成長し、高い酸と熟度のあるブドウからフレッシュかつフルーティーなワインが造られました。

    味わい

    グラスに注ぐと、アプリコットやレモンなどの果実のアロマと、シュール・リー由来のビスケットのような香ばしくスモーキーな香りが漂います。厚みがあるクリーミーな口当たり。グレープフルーツや洋梨などのピュアな果実味が広がり、活気のある酸が全体を綺麗にまとめます。ポークソテーなどのお肉料理と相性抜群の1本です。

    熟成方法

    新樽比率25%の樽で11ヵ月間熟成

    飲み頃

    ~2028年

商品の紹介

こちらのピノ・グリ・バリックは、4つの区画から収穫されたピノ・グリを使用。アルザスでは少し貴腐が付くまでハング・タイムを長くとり、やや甘みを残したピノ・グリが伝統的ですが、ドメーヌ・オステルタッグではこれとは対照的に大変早く収穫し、完璧に辛口に仕立てています。ブドウを圧搾・発酵後、ヴォ―ジュ産の228L、新樽比率25%の樽内でバトナージュは行わずに、澱とともに11ヵ月熟成(シュール・リー)。アルザスでは異例ですがMLFを行うのもオステルタッグの特徴です。「厚みや力強さが過剰なワインは私のスタイルではありません。過剰なものを厳しく抑圧する、日本人の研ぎ澄まされた美意識は、私の目指すところをよく理解して頂けると思っています。」と語る通り、彼のワインは非常に調和がとれていて、樽香は残っていますが、果実やイーストの香りとともに十分溶け込んでいます。

生産者について

ドメーヌ・オステルタグ

ドメーヌ・オステルタグ DOMAINE OSTERTAG

アルザスのテロワールを最大限表現する徹底した自然派ドメーヌ。

現在のアルザスワインの旗手と呼ばれる、アンドレ・オステルタグ氏。オステルタグ家はライン河に沿った、アルザス地方・エプフィグ村で長い歴史を持つ一族であり、苗字のオステルタグは昔の言葉で「復活祭」を意味しています。復活祭にちなんだ羊が家紋、そしてドメーヌのロゴとなっています。美しいラベルデザインはアンドレ氏の奥様によるもの。ワインの美味しさと共に、ラベルデザインの美しさも楽しめるのも魅力です。ワイナリーの歴史が300年を超えることの珍しくないアルザス地方において、ドメーヌ・オステルタグは1966年設立の気鋭の造り手。ビオディナミを実践している他、アンドレ氏が「伝統のない分だけ、自分の好きなようにワインが造れる」と語り、1982年にはグラン・クリュ ミュンヒベルグの一部の「A360P」と呼ばれる畑において、シルヴァネールを引き抜いてピノ・グリを植樹すると、それをバリックで醸造するという大胆な挑戦を始めました。理由について、アンドレ氏は「私は伝統的な甘みの残ったピノ・グリが好みではありませんでした。でも、私が3年間ムルソーのコント・ラフォンで研修した際、ピノ・ブーロ(ブルゴーニュにおけるピノ・グリの古い名前)がコルトン・シャルルマーニュやクロ・デ・ムシュで樽醸造されていることを知りました。バリックで醸造することで新しいピノ・グリの形を模索したかったのです。」と語っています。
ドメーヌ・オステルタグのカーヴは、ストラスブールの南の村、エピフィグに所在し、ブドウ栽培面積は14ha。5つの村に全部で120もの区画から構成され、品種、土壌や立地条件の組み合わせを考え栽培しています。代表的な畑はグラン・クリュのミュンヒベルグ、東向きの斜面で個性的なワインを生み出すフロノルツ、そしてリースリングを生産する真南向きのアイセンベルグです。栽培品種はシルヴァーナ15%、ピノ・グリ20%、ピノ・ノワール5%、リースリング30%、ゲヴュルツトラミネール18%、ミュスカ2%、ピノ・ブラン10%。ブドウの樹齢は最高77年と非常に古く、地中深く入り込んだ根が土から養分を吸収し、ミネラル感豊かな果実を生み出します。1996年より部分的に、そして1998年より全区画で自然環境に配慮したビオディナミ農法を実施し、作柄やテロワールの特徴を最大限に発揮させるようにしています。畑はふかふかとした土にたくさんの草が生えており、土壌の健全さを表しています。

生産地について

フランス アルザス

フランス アルザス

多様な地形と品種が織りなす、独自の発展を遂げた産地。

フランス北部、ヴォージュ山脈の裾野に110Km以上にもわたりワイン街道を擁するアルザス地方。ドイツとスイスとの国境に近いという土地柄、さまざまな文化が融合し、食文化においても独自の発展を遂げた街として知られています。造られるワインの90%以上は白ワインです。リースリング、ピノ・グリ、ピノ・ブラン、ゲヴェルツトラミネールなどが栽培されており、自然派の生産者が多く、天然酵母を使用し、発酵・熟成にはステンレスタンクや長年使用された大樽を用いるなど、豊かな酸とフレッシュな果実味を活かしたワインが特徴です。


クチコミ

全て見る

4

1 件のクチコミ

  • マンゴーさん

    2014年

    コクのあるワイン

    2014を飲みました。 初めはブリオッシュのような香りと深い樽香に驚かされました。しばらく独特な深い香りに酔いしれた後、2日目は落ち着いてしっとり穏やかにいただきました。

    2021.02.28

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

  • 木箱:1本用 1,320円(税込) / 2本用 1,650円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.