<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
よりどり5本11,000円 2022年5月③
ゲヴュルツトラミネール ヴァンダンジュ・タルディヴ [ハーフボトル]-0
ゲヴュルツトラミネール ヴァンダンジュ・タルディヴ [ハーフボトル]-1

ゲヴュルツトラミネール ヴァンダンジュ・タルディヴ [ハーフボトル] GEWURZTRAMINER VENDANGE TARDIVE [HALF BOTTLE]

375ml

2017年

星付きレストランに支持されるアルザスの名門が、遅摘みのブドウで造る高貴な甘口ワイン。ゴージャスな香りとうっとりするような甘味が魅力。

5,170

(税抜価格4,700円)

47pt

進呈

4.3

(3)

1626年に創業し、4世紀13代に渡って歴史と伝統を育んできたアルザスきっての名門。こちらは、良年に優れた畑からのみ収穫される遅摘みのゲヴェルツトラミネールから造られた甘口ワイン。ブドウが極限まで成熟し、一部貴腐化することで、複雑でゴージャスな香りと深みのある味わいをを生み出します。甘口ワインの中でも爽やかな果実味も備えているため、食後にフルーツや少し酸味のあるチーズと合わせるのもおススメです。

4

エレガントな甘口ワイン

高貴で複雑、非常に優雅な甘口ワイン。

商品情報

カテゴリ

タイプ

容量

375ml

原産地呼称

AOC. ALSACE

甘口度合い

2

やや甘口

甘口

極甘口


ボディ

5

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

豊かな果実味が主役の濃厚な甘口ワイン

  • 酸味

  • コク

  • 果実味



在庫一覧

  • 2017

    5,170

    (税抜価格4,700円)

    • JS 94
    • V 94

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2017年のアルザス地方は、4月中旬の霜による被害が大きかったため、収量は少ないものの、霜の被害を逃れた地域では優れたヴィンテージとなりました。夏の気候は乾燥していましたが、数日に渡る集中的な雨が早い成熟をもたらし、収穫期は例年より早く、また収穫期を迎えてからは日中は高温、夜は涼しい日々が続いたため、酸と果実味をしっかりと維持した高品質なブドウを収穫することができました。

    味わい

    黄金色に輝く外観。グラスからはライチや黄桃など果実の濃密な香りと、蜂蜜やバラの香水のような香りが漂います。口に含むと、甘みに次いで繊細でフレッシュな酸も感じられる印象。ゲヴェルツトラミネールの特徴であるスパイシーなアロマがワイン全体をエレガントに仕上げており、余韻は非常に長く、いつまでも味わっていたくなるような甘美な味わいです。10年以上の熟成ポテンシャルを持ち、時間が経つにつれてトロッとした舌触りへとより変化。香りや味わいは更に複雑性を増していくことでしょう。

    飲み頃

    ~2032年

    コルク

商品の紹介

良年に優れた畑からのみ収穫される遅摘みのゲヴェルツトラミネールから造られた甘口ワイン。ヴァンダンジュ・タルディヴとは、高貴品種であるゲヴェルツトラミネール、ピノ・グリ、リースリング、ミュスカの品種のみに許された呼称。一般的な収穫が開始後してなお、ブドウを数週間もの間パスリヤージュ(*)することで自然に生み出された残糖は、アルザス特有のヴィヴィッドな酸と相まって、ワインに見事な調和を生み出します。また、ブドウは極限まで成熟し、一部貴腐化することで、ワインに品種特有の個性を表現させるとともに、複雑味や力強さを付与。凝縮感と新鮮さという相反する要素を兼備した味わいを生み出します。 *パスリヤージュ:収穫を控えることでブドウを樹上で凝縮させる技術 手摘みで収穫されたブドウは、穏やかに圧搾され、グラヴィティシステムで醸造所へ移動。フレッシュな果実味を損なわないよう収穫翌年の春に瓶詰めした後、一定期間の瓶内熟成で品質を安定させたのちリリースされます。白桃、煮詰めた梨などの熟れた果実に燻製の肉、マッシュルーム、ムスク、マジパンのブーケが折り重なる複雑でゴージャスな香り。オイリーな口当たりで、はちみつ、ココア、ジビエ、ナッツなどのニュアンスに富んでおり、トリンバックらしい深みのある味わいを愉しめる1本です。 こちらのワイン(※掲載は2014年のハーフボトル)は、2017年12月16日(土)日本経済新聞土曜版の「NIKKEIプラス1 何でもランキング」の特集「デザートワイン 甘美な琥珀」にて、第2位に選ばれました!

生産者について

トリンバック

トリンバック TRIMBACH

世界最高峰のリースリングを生み出す、アルザスの名門

1626年に創業し、4世紀13代にわたって歴史と伝統を家族経営で育んできた、アルザスきっての名門ワイナリー、トリンバック。ワイン造りの歴史は1626年に遡ります。現在に至るまで12世代ものワインメーカーたちが最上のアルザスワインを完成させるべく努力を重ね、確固たる信頼を築き上げました。1898年には、8代目フレデリック・エミール氏の造ったワインが、ブリュッセルで行われた国際ワインコンクールで最高位の賞を獲得。トリンバックは一躍国際的な脚光を浴びることになりました。現在ユベール・トリンバック氏と彼の2人の甥ピエール氏とジャン氏、そして13世代目にあたるピエールの娘アン女史の4人で運営されています。彼ら4人の情熱に支えられて、トリンバック家の伝統や妥協なきスタイル、そして揺るぎないノウハウといったものが現在でもしっかりと守られています。

トリンバックの輝かしい成功を支えるものの1つが、特にアルザスのロマネ・コンティとも呼ばれるクロ・サンテューヌの単一畑。トリンバック家が200年にわたり管理を行ってきた1.67haの畑で、造られるのは年産僅か8,000本程度と大変稀少性の高いワインです。1989年に世界最優秀ソムリエに選ばれたセルジュ・デュブス氏は「世界中にワインラヴァーが飲んでみたいと思うリースリングがこの世に一つあるとすれば、それはクロ・サンテューヌだろう」と語るほどです。

生産地について

フランス アルザス

フランス アルザス

多様な地形と品種が織りなす、独自の発展を遂げた産地。

フランス北部、ヴォージュ山脈の裾野に110Km以上にもわたりワイン街道を擁するアルザス地方。ドイツとスイスとの国境に近いという土地柄、さまざまな文化が融合し、食文化においても独自の発展を遂げた街として知られています。造られるワインの90%以上は白ワインです。リースリング、ピノ・グリ、ピノ・ブラン、ゲヴュルツトラミネールなどが栽培されており、自然派の生産者が多く、天然酵母を使用し、発酵・熟成にはステンレスタンクや長年使用された大樽を用いるなど、豊かな酸とフレッシュな果実味を活かしたワインが特徴です。


クチコミ

全て見る

4.3

3 件のクチコミ

  • 2015年

    爽やかな香りと甘さ

    0人の役に立ちました

    2020.05.06

  • 2015年

    楽しめました

    0人の役に立ちました

    2019.11.22

  • エレガントな甘口ワイン

    0人の役に立ちました

    2017.06.19


スタッフレビュー

全て見る
  • 高貴で複雑、非常に優雅な甘口ワイン。

    桃や杏、ゲヴュルツトラミネールらしい華やかなライチや鼻をくすぐるスパイシー感。非常にアロマティックで繊細、かつ口に含むとゴージャスという言葉がぴったりの甘美で芳醇な果実感が存分に飲み手を魅了します。今飲んでも十分に美味しいのですが、数年の熟成を経るとよりオイリーな質感に変化していくと思うので、その点も楽しみです。食後にスイーツなどと一緒に合わせても良いですし、甘さとバランスを取るフレッシュな酸味はワイン単体で飲んでも飲み疲れしません!私は少しずつ口に運び、とても優雅な寝る前のひと時を楽しむことができました!

    レビュー全文を見る
    • ゴージャス系
    • ワインだけでも楽しめる
    • ゆっくり楽しみたい

    2022.03.03

ギフトサービスについて


ギフトボックス

こちらは特殊な形状のためギフトボックス、およびラッピング(リボン・熨斗)をご指定いただけません。

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.