0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)
よりどり3本1万円
シャトーヌフ・デュ・パプ ピエロン シャトーヌフ・デュ・パプ ピエロン シャトーヌフ・デュ・パプ ピエロン
※ 一部ワインショップでは商品のお取扱いがない場合もございます。
CHATEAUNEUF DU PAPE PIEDLONG

CHATEAUNEUF DU PAPE PIEDLONG

Price:7,000 Yen (7,560 Yen (Tax included)) ~

総合評価:

4.0
  • 01

    2014 750ml[Full]

    7,000 Yen (7,560 Yen (Tax included))

    WA 91WS 90

    70 Points!

    About Vintage

    Quantity:
  • 02

    2013 750ml[Full]

    7,000 Yen (7,560 Yen (Tax included))

    WA 90WS 92

    70 Points!

    About Vintage

    Quantity:
  • 03

    2012 750ml[Full]

    7,000 Yen (7,560 Yen (Tax included))

    WA 92WS 92

    70 Points!

    About Vintage

    Quantity:

南フランスで今最も注目を集める造り手が造る
「古樹のグルナッシュへのオマージュ」。
旨味溢れるエレガンスに満ちた仕上がり。

シャトー・ヌフ・デュ・パプの名手、ヴュー・テレグラフが所有する、
単一畑から生み出される初リリースのワイン。
古樹がもたらすグルナッシュの旨みが溢れるエレガントなキュヴェ。

南フランスで今最も注目度の高い造り手といえば、ヴュー・テレグラフ。
よく評価誌で目にするブルニエ兄弟とはヴュー・テレグラフを所有する彼らのことです。

2代目のジュール氏、3代目のアンリ氏が、ブドウ畑を55haまで拡大し、
1898年、一番初めのワイナリーとなる「ヴュー・テレグラフ」を設立。
1990年代には、畑を少しずつ増やしてきた一家の4代目に当たる、
現当主のダニエルとフレデリック兄弟が、「ドメーヌ・ラ・ロケット」を設立しました。
その他にもジゴンダス、ヴァン・ド・ペイのワインも生産。
そして、遠く中東レバノンでもワイン造りを行っています。

彼らの名前が一躍世界に広まったのは、
「2005年 シャトーヌフ・デュ・パプ ラ・クラウ ルージュ」が、
ワインスペクテーター誌の「2008年 年間TOP100」において
見事世界第5位にランクインしたことがきっかけでした。
その後、2007年ヴィンテージでは、「2009年 年間TOP100」で世界第3位に選ばれ、
その地位を不動のものとしました


元々フランス国内での信頼は厚く、タイユヴァンやピエール・ガニエールをはじめ、
あらゆるミシュラン星付きレストランのワインリストの常連で、
現地の高級レストラン御用達の実力派の生産者ですが、
数多くの世界的な評価を獲得したことで
今や南仏きっての名門ワイナリーとしての地位を確固たるものにしています

こちらは、2011年ヴィンテージから新しくリリースされた、
ラ・ロケットの単一畑、シャトー・ヌフ・デュ・パプ・ピエロン。
畑はシャトーヌフ・デュ・パプの中で最も標高の高い標高130m付近に位置しています。

石&砂&粘土質がミックスされた複雑な土壌で、
9haの区画「ピエロン」には平均樹齢70年という古樹のグルナッシュが、
世界でも非常に珍しい砂質土壌が地表に見られる3haの「ピニャン」には
平均樹齢50年のムールヴェードルが植えられています。
このピエロンの畑は、あのシャトー・ラヤスの畑に隣接し
シャトーヌフデュパプの中でも特に優れた土地として知られており、
ロバート・パーカー氏に「まるでブルゴーニュのグラン・クリュ“ミュジニー”のよう」
と形容されたこともある、素晴らしいテロワールを誇ります。


この新作のコンセプトは「古樹のグルナッシュへのオマージュ」。
グルナッシュ本来の旨みを引き出すことに着目したワインを目指し、
あえてバリックを使用せず、フードル(大樽)で2年間の熟成。
過剰な成分抽出を抑えて昔ながらのスタイルを表現し、ワインの色が濃くなり過ぎることなく、
アルコール度数も一般的なワインと同程度に保たれています。
そして樹齢70年という古樹だからこそ深くまで張り巡らされた根から吸収された
土壌中のミネラルも余すことなく表現され、フィネスが感じられる味わい
が特徴です。

2011年のローヌ地方は、天候に恵まれ、収穫量も多い年でした。
多くの生産者はブドウが最高の熟度に達するまで収穫を待ち、
個性が存分に表れたワインを生み出すことに成功しました。
果実味が豊かで、バランスの取れた味わいは、
グレートヴィンテージであった2009年と似た特徴を持っています。

ストロベリー、サワーチェリー、花束、そしてかすかに赤身肉のニュアンス。
グルナッシュの典型的な旨みが見事に詰まった、ピュアな味わい。
後味には長い余韻とミネラルを感じることができます。
一般的なスパイシーなシャトーヌフ・デュ・パプとは一線を画した、シルキーかつエレガントな1本。
ブルゴーニュのグランクリュを連想させるフィネスを備えた、
ワインを飲みなれた方にこそ飲んでいただきたい、奥深い魅力を備えたシャトーヌフ・デュ・パプです。


飲み頃:~2023年
評価:ワインアドヴォケイト誌(パーカーポイント)にて91点を獲得
    ワインスペクテーター誌にて92点を獲得



※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。


PAGE TOP

竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (712 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (324 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (324 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)