0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)
ゴールデンウィーク福袋
ビン407・カベルネ・ソーヴィニヨン ビン407・カベルネ・ソーヴィニヨン ビン407・カベルネ・ソーヴィニヨン
※ 一部ワインショップでは商品のお取扱いがない場合もございます。
BIN407 CABERNET SAUVIGNON

BIN407 CABERNET SAUVIGNON

2011  750ml[Full]
10,000 Yen (10,800 Yen (Tax included))
100 Points!

総合評価:

4.0

WA 91+WS 91

Out of stock
  • 01

    2011 750ml[Full]

    10,000 Yen (10,800 Yen (Tax included))

    WA 91+WS 91

    100 Points!

    About Vintage

    Out of stock

オーストラリアワインの最高峰、ペンフォールズ。
4つの地域のカベルネをブレンドした、
ペンフォールズの真骨頂であり、 カベルネの規範となるワイン。

1844年、イギリスから移住してきた医師クリストファー・ローソン・ペンフォールズ氏が
南オーストラリア州マギルの地で、患者向けの酒精強化ワイン造りを開始したのが ペンフォールズの始まりです。
1950年代に、消費者の嗜好変化を反映してスティルワインにフォーカスしたワイン造りに転向。
当時のチーフ・ワインメーカー、マックス・シューバート氏を中心に
シラーを主体にしたワイン「グランジ」を生み出し

ペンフォールズの名が世界に知れ渡ることとなりました。

熟成ボルドーのグラン・ヴァンの感銘を受け生まれたグランジは、
長期熟成を前提に造られており、
リリース当初はオーストラリアのワイン評論家から酷評され、
一時は生産中止という事態にまでなりました。
しかしシューバート氏はグランジのポテンシャルを信じ、
オーナーに隠れて密かにワインを造り続けます。
数年後、熟成したグランジを飲んだペンフォールズのオーナー達は、
その素晴らしい味わいに考えを改め、生産の再開を指示するのです。

そのワインは評判を呼び、今日の華々しい名声を獲得することになりました。
『ワイン&スピリッツ』誌では、世界中のワイナリーの中でペンフォールズが初となる
「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」を通算23回獲得。

2013年『ワインエンスージアスト』誌では「ニューワールドワイン・オブ・ザ・イヤー」にも選ばれています。
ロンドンの高級ワイン専門の取引所Liv-Exでは、
ペトリュスやDRCといった銘柄と並び、グランジが「最もスコアが高い銘柄の一つ」として知られており、
グランジが誕生して63年、現在もその魅力は衰えることなく世界中にコレクターを増やし続けています。

ペンフォールズの基本理念は、
「様々な畑や地域からブドウを寄せ集めてブレンドして、最上のワインを造る」
ということ。
ワイン界でもてはやされている「ドメーヌ方式=ブドウの栽培からワインの生産まで一貫して行うこと」にこだわらず、
様々な区画で多種のブドウを栽培することに重きを置いています。

南オーストラリアのバロッサ・ヴァレー、イーデン・ヴァレー、
マクラーレン・ヴェイル、クナワラなどを始め、複数の場所に畑を所有。
代表的な畑は、カリムナ・ヴィンヤード標高340mの緩やかな斜面に位置し
砂地やローム層、粘土などの異なる土壌を持つ、
オーストラリア最高の赤ワインヴィンヤードの一つです

その他には、独立したブドウ農家からブドウの買い入れや、
農家に畑を貸し出してブドウ栽培を行い、
畑やブドウのグレードなどによって選別したブドウを別々に醸造。
毎年ブラインドテイスティングを経て
そのワインのスタイルに合ったブレンドを決めています。


現在は主に4人のチーフワインメーカーが醸造を担当。
ペンフォールズの伝統あるワイン造りの技術を継承し
唯一無二のスタイルを守り続けています。

「ビン・シリーズ」は、様々な畑のブドウをブレンドするペンフォールズの基本スタイルはそのままに、
気軽に楽しめるよう造られたベーシックライン

ビン・シリーズのそれぞれに付けられた番号は、
瓶詰めを経たボトルが最初に保管されていたセラー番号を表しています。

1990ヴィンテージがファーストリリースのビン407は、
高品質のカベルネ·ソーヴィニヨンの果実味を増幅させた仕上がり。
マクラーレン・ヴェイル、バロッサ・ヴァレー、ローブ、クナワラにある畑のブドウを
ブレンド。その際フレンチオークとアメリカンオークを使い分けて熟成させ、
それぞれの風味を最大限引き出します。


2011年は、例年と比べて冬の降雨が平均以上だったことに加えて
春季に渡り涼気が続いたことで、ブドウの成熟が遅れていたために
最近の注意と管理が必要になった年でした。
ですが、涼気の中で栽培されたブドウは思えないほどに良好なブドウに仕上がりました。
4つの地域で栽培されたカベルネをブレンドしたビン407は、
“ペンフォールズの真骨頂、カベルネの規範”と呼ばれています。

色調は濃厚なダークレッドで、ミントやセージ、ローズマリーなどの
ドライハーブの爽やかな香りに、濃縮された赤系果実の味わい。
しっかりとしたタンニンとフレッシュな酸味が感じられます。
噛みごたえのあるタンニンは、カベルネ・ソーヴィニヨンの個性を
ストレートに、溌剌と表現。非常に魅力的な味わいです。

飲み頃:現在~2025年
評価:ワインアドヴォケイト誌(パーカーポイント)にて91+点を獲得
    ワインスペクテーター誌にて91点獲得
   ジェームズ・サックリング92点、ジャンシス・ロビンソン17点、マシュー・ジュークス18++点

※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

ビン407・カベルネ・ソーヴィニヨン
BIN407 CABERNET SAUVIGNON

2011   750ml[Full]   10,000 Yen (10,800 Yen (Tax included))
Quantity: 
買い物カゴ_2

PAGE TOP

竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (712 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (324 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (324 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)