<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
862・リースリング・トロッケン-0
862・リースリング・トロッケン-1

862・リースリング・トロッケン 862 RIESLING TROCKEN

750ml

2018年

モーゼルリースリングのスペシャリストが、ワイナリー設立1150年を記念して造る特別キュヴェ。古樹のブドウが生む奥深い旨味とミネラル感が魅力。

3,300

(税抜価格3,000円)

30pt

進呈

4.2

(6)

シュタッフェルター・ホフは、862年に創業された、ドイツ最古とも言われる歴史を持つモーゼルを代表する生産者。近年はオーガニックへの取り組みにも注力し、認証も獲得しています。こちらはワイナリー設立から1150年を記念して造られたスペシャルエディション。辛口ですがほのかな甘みもあり、奥深く優しい味わいが魅力。豚肉や鶏肉のローストなどお肉料理とも好相性です。

5

優しい口当たりのワイン!リピート決定!

白桃や小さい花の香りがふわっとして、飲むと優しい飲み心地でした。 フレッシュな果実味とピュアなミネラルが、優しく広がっていくようなイメージ。 後味には自然な果実の甘みがあり、ゆったりとした気分になります。 かっこいいボトルですが、中身は優しいワインです!

海を感じるワイン

海のワインと言えば、多くの方がイタリアのヴェルメンティーノやスペインのアルバリーニョ、フランスのシャブリ等を思い浮かべると思いますが、このリースリングを一口飲めば、海、しかも古代の海が感じられます。 シャブリに劣らない硬質なミネラル感と旨味、鋼のようなキレのある酸がたまりません。このミネラルと酸が寿司や天麩羅などの繊細な和食にマッチします。 モーゼルは海底に堆積した泥が圧縮されて岩石となった粘板岩と言うタイル状の土壌が有名で、そんな岩がゴロゴロと転がっている急斜面の畑の風景や「魚類の時代」として知られるデヴォン紀の海を想像しながら飲むのがとても楽しいんです(楽しみ方が独特なのは認識しています)。

商品情報

カテゴリ

タイプ

白ワイン

栽培・醸造について

ビオロジック

[認証機関 GfRS(ドイツ)]

容量

750ml

原産地呼称

gU. MOSEL

おすすめ料理

サーモンのムニエル、シュークルート

ボディ

1

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

上品な果実味と伸びやかな酸を備えたエレガントな白ワイン

  • コク

  • 酸味

  • 果実味



在庫一覧

  • 2018

    3,300

    (税抜価格3,000円)


    詳しく見る

    味わい

    グラスに注ぐと桃やグレープフルーツなどの果実のアロマが広がり、ほのかにオレンジの皮や干し草、ハーブなどのニュアンスも漂います。口に含むと感じられるフレッシュな果実味とミネラル感が魅力。熟した白桃やリンゴ、繊細なハーブやミネラルの風味を帯びながら深みのある余韻が続いていきます。

    スクリューキャップ

商品の紹介

こちらの862・リースリング・トロッケンは、ワイナリー設立1150年を記念して造られたスペシャルエディション。古樹からとれるブドウを使用しています。全て手摘みで収穫され、6時間のスキンコンタクトを行い圧搾。香り高いアロマと複雑さのある味わいを引き出すために低温でゆっくりと発酵を行っています。


フルーティでフレッシュな印象ながらも古樹のブドウが生む深みのある味わいが魅力の辛口スタイルです。

生産者について

シュタッフェルター・ホフ

シュタッフェルター・ホフ STAFFELTER HOF

862年創立された、モーゼルリースリングのスペシャリスト。

862年の創立以来、実に1155年という歴史を誇るドイツ最古の老舗ワイナリーの一つ、シュタッフェルター・ホフ。モーゼルの急勾配の恵まれた畑が生むオーガニックブドウから、活き活きとした果実味とミネラル感溢れる上質なワインを仕立てる、モーゼルリースリングのスペシャリストです。その歴史はカール大帝のひ孫であるロタール2世が、モーゼル川から130km離れたベルギーの小さな町にあるスタヴェッロ修道院(ワイン醸造所)にワイナリーを寄付したことから始まりました。フランス革命時、ナポレオン皇帝によって領地が没収されてしまいますが、その後1805年にピーター・シュナイデル氏がワイナリーを購入。それ以降、代々家族によって受け継がれ、 2015年には37歳と言う若さでヤン・マティアス・クライン氏が当主に就任しました。近年シュタッフェルターホフではオーガニックへの取り組みに注力し、ドイツの認証団体「GfRS」よりオーガニック認証を取得。ブドウ本来のポテンシャルを最大限に引き出した旨み溢れるワインを仕立てています。

生産地について

ドイツ モーゼル

ドイツ モーゼル

繊細なリースリングを生む銘醸地。

モーゼルは、モーゼル川とその支流のザール川、ルーヴァー川の流域に広がるドイツ最古のワイン産地で、4割が斜度30%を超える急斜面に石垣を築いて造ったテラッセンモーゼルと称されるテラス状のブドウ畑が有名です。標高の高さに由来する冷涼な気候で、エレガントな酸味と余韻の長い気品に満ちたリースリングを生み出しています。


クチコミ

全て見る

4.2

6 件のクチコミ

  • モルペコさん

    2016年

    優しい口当たりのワイン!リピート決定!

    白桃や小さい花の香りがふわっとして、飲むと優しい飲み心地でした。 フレッシュな果実味とピュアなミネラルが、優しく広がっていくようなイメージ。 後味には自然な果実の甘みがあり、ゆったりとした気分になります。 かっこいいボトルですが、中身は優しいワインです!

    2020.02.17

  • コブレンツ酒場さん

    2017年

    食中でも単独でもOK

    モーゼルならではの芳醇な味わい深いリースリング。後に残る爽やかな酸味が病みつきになりそう。クセのあるチーズや野菜の煮込み、ブドウなどなんでも合うなあ

    2020.12.26

  • 双子ママさん

    2016年

    スクリューキャップなのにこの芳醇な香り

    今までスクリューキャップのワインは、安物=それなり、と決めつけておりましたが、そんな印象を吹き飛ばすクオリティ。スッキリとした舌触りに香りを供えた極上の逸品でした。

    2020.04.18

  • パンゲア加藤さん

    2018年

    2018年と2016年

    昨年、2016年を飲んで、たいそう美味かったので、リピートしたが2018年のものだった。香りは、青リンゴ、グレープフルーツ。2016年は白い花的な香りがあったが、それはあまりしない。味わいは、グレープフルーツが強い。2016年に比べると、リースリングの華やかさが感じられないが、品は良く、やはりスッと飲める美味さがある。生産年で比べるのも楽しい。

    2021.05.07


スタッフレビュー

全て見る
  • 海を感じるワイン

    海のワインと言えば、多くの方がイタリアのヴェルメンティーノやスペインのアルバリーニョ、フランスのシャブリ等を思い浮かべると思いますが、このリースリングを一口飲めば、海、しかも古代の海が感じられます。 シャブリに劣らない硬質なミネラル感と旨味、鋼のようなキレのある酸がたまりません。このミネラルと酸が寿司や天麩羅などの繊細な和食にマッチします。 モーゼルは海底に堆積した泥が圧縮されて岩石となった粘板岩と言うタイル状の土壌が有名で、そんな岩がゴロゴロと転がっている急斜面の畑の風景や「魚類の時代」として知られるデヴォン紀の海を想像しながら飲むのがとても楽しいんです(楽しみ方が独特なのは認識しています)。

    レビュー全文を見る
    • ミネラル
    • 和食のテッパン
    • 魚ワイン

    2021.10.11

  • フルーティーだけどスッキリ、辛口リースリング

    よく冷やして温度の変化も楽しみながら飲みました。 桃のような香りと、柑橘系のキリッとした後味、少し苦味も感じられます。 和食やご家庭のお食事にぴったりの白ワインです!

    レビュー全文を見る
    • 溢れる透明感
    • 今飲んで美味しい
    • ちょっと冷やし目で

    2021.08.19

  • 暑い日にもピッタリな、これぞリースリング!

    見た目もオシャレなこちらのリースリングは、ジューシーな果実味がとても美味しいです! 辛口で柑橘、リンゴ、そしてオイリーなアロマは、これぞリースリング!というべきお手本のよう。 味わいはリースリングの中でも濃いめでジューシーでしっかり旨味があり、とても美味しいです! 生姜焼きやローストポークのリンゴソースなど、お肉に合わせても美味しいので、是非お試し下さい!

    レビュー全文を見る
    • 酸がたまらない
    • 今飲んで美味しい
    • キンキンに冷やして

    2021.06.04

  • 春野菜のほろ苦さに寄り添う繊細白ワイン。

    冬を耐え、芽がほころんだやわらかな春野菜。 その繊細さに、ワイン選びもつい慎重になってしまいがちですよね。 そんな時にこちらのワインはいかがでしょうか。 ドイツの老舗ワイナリーが手掛けるリースリングは、醸造過程でスキンコンタクトを行うことにより、柑橘類の皮のようなほろ苦さと香り高さがプラスされ、まさに春野菜を思わせる瑞々しく繊細な味わいに。 旬の新ごぼうやそら豆、新玉ねぎをサクッと揚げたかき揚げと一緒に食べると、ワインの心地よい酸味が油を適度に落とし、甘みが春野菜の旨味を引き立たせてくれます。 季節ごとの和食に寄り添う、繊細な白ワインは、ストックしておくと安心です。

    レビュー全文を見る
    • 溢れる透明感
    • 開けたてからおいしい
    • 和食のテッパン

    2021.05.07

ギフトサービスについて


ギフトボックス

こちらは特殊な形状のためギフトボックス、およびラッピング(リボン・熨斗)をご指定いただけません。

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.