<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
モンテスキャンペーン
アルトゥーラ・マルベック-0
アルトゥーラ・マルベック-1

アルトゥーラ・マルベック ALTURA MALBEC

750ml

2019年

世界60ヵ国以上で愛されるノートンが、標高の高い畑で仕立てるシリーズ。黒系果実と豊かなミネラル感、調和の取れた味わいが魅力。

2,750

(税抜価格2,500円)

25pt

進呈

4.5

(11)

変更・返品について

その品質の高さから、安定の人気を誇るアルゼンチンのワイナリー、ボデガ・ノートン。標高の高い畑で仕立てるこちらのワインは、驚くほど濃厚でフルーティーな香りと豊かなミネラル感、バランスに長けた味わいが特徴です。この価格では考えられない上質な味わいをぜひお愉しみください。

5

上品系コクうま赤ワイン!

ただの濃いワインではありません

商品情報

カテゴリ

タイプ

容量

750ml

おすすめ料理

グリルチキン、スペアリブ、ステーキ

ボディ

4

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

豊かな果実味が主役の濃厚な赤ワイン

  • 酸味

  • 渋味

  • 果実味



在庫一覧

  • 2019

    2,750

    (税抜価格2,500円)

    • D 92
    • V 91
    • WA 91+

    詳しく見る

    味わい

    グラスに注ぐと、カシスやブラックベリーなどの黒系果実のアロマに、オリーブやユーカリ、ブラックペッパー、シナモン、ダークチョコレートと、ニュアンスに富んだ香りが立ち上ります。口に含むと感じられる、甘やかなタンニンが溶け込んだ濃厚な果実味が魅力。フィニッシュには豊かなミネラル感と心地よい苦味を纏った余韻が広がる、複雑でマイルドなスタイルの1本です。

    熟成方法

    フレンチオーク古樽で12ヵ月間熟成

    アルコール度数

    14.5%

    飲み頃

    ~2034年

    コルク

商品の紹介

日本語で「高さ」という意味を持つアルトゥーラは、その名の通り標高の高い場所に位置する畑で採れたブドウを使用したシリーズです。こちらのアルトゥーラ・マルベックは、標高1300mのロス・チャカイェスの畑で栽培される、平均樹齢20年の樹から採れたマルベックを100%使用。3日間低温浸漬した後、フレンチオークで最低6ヵ月の熟成を経てリリースされるワインは、驚くほど鮮明な果実のアロマとミネラル感に富み、洗練されたスタイルに仕上がります。

生産者について

ボデガ・ノートン

ボデガ・ノートン BODEGA NORTON

スワロフスキー社がアルゼンチンに所有するボデガ・ノートン。

クリスタル・ガラスで有名なスワロフスキー社が所有し、ハイクオリティなワインを造る、ボデガ・ノートン。アンデス山脈の麓、「太陽とワインの州」メンドーサ地区で「アルゼンチンで優れた品質のワインを造る」ことをモットーにワイン造りを行っています。彼らは「できるだけ多くの人にワインを楽しんで欲しい!」という思いから、どのワインも控えめな値段ながら、そのクオリティはすべて価格以上。2010年にはアルゼンチンでの新聞クラリンにおいて、No.1ワインブランドに選出。2011年にはベスト・ニューワールド・ワイナリー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされ、「アルゼンチンのワイン造りをリードする存在」、「親しみやすく賞賛すべきワインを造っている」と世界的に評価されています。現在ではアルゼンチンワインの中で日本への輸入量上位のブランドであり、今や世界60ヵ国以上に輸出され、アルゼンチン国内でも屈指の実力派です。

2012年には、元チーフワインメーカーであるホルヘ・リッチテッリ氏が、アメリカの著名な専門誌ワイン・エンスージアストのワインメーカー・オブ・ザ・イヤーを受賞。南米出身のワインメーカーとしては初めての快挙でした。そんな伝説の前ワインメーカー、ホルヘ・リッチテッリ氏の右腕を務め、現在チーフ・ワインメーカーを務めるのがダヴィド・ボノミ氏。イギリスの『デキャンタ』2017年10月号では「南アメリカのワインメーカートップ10」に選出され、2020年には、英国を代表するワイン評論家ティム・アトキンMW の『アルゼンチン・2020・スペシャル・レポート』にて、見事ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、革新的なワインメーカーとして国内外の注目を集めています。

生産地について

アルゼンチン メンドーサ

アルゼンチン メンドーサ

アルゼンチンきっての銘醸地かつ、世界10大ワイン首都の1つ

メンドーサは世界10大ワイン首都の1つに認められ、2016年には世界最優秀ソムリエコンクールが開催された産地。典型的な大陸性気候で、遅霜と雹のリスクが高い反面、降水量が非常に少なく病害のリスクが低くなっているのが利点となって、マルベックの赤やトロンテスの白を中心に良質なワインを生み出しています。


クチコミ

全て見る

4.5

11 件のクチコミ

  • 2019年

    幅広い層に受け入れられそう

    0人の役に立ちました

    2022.05.22

  • 2018年

    リピ3回目

    0人の役に立ちました

    2021.09.29

  • 2018年

    新大陸エレガント系

    0人の役に立ちました

    2021.07.01

  • 2018年

    コスパ最高のマルベック。

    0人の役に立ちました

    2020.11.19


スタッフレビュー

全て見る
  • ただの濃いワインではありません

    ニューワールドのマルベック、そう聞くと「濃い」というイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。確かにマルベックという品種はタンニンが豊富で力強く、ボディがしっかりとしているのが特徴です。しかしこちらのワインは全体的にきれいな酸味が感じられます。マルベックの「濃さ」と「酸味」が絶妙にマッチしており、洗練された味わいをお楽しみいただけます。こちらはぜひゆっくりと時間をかけてお召し上がりください。

    レビュー全文を見る
    • 後引く美味しさ
    • ゆっくり楽しみたい
    • 肉ワイン

    2022.04.18

  • 職業ソムリエとして今期最高点をつけました。

    仕事上でワインに向き合うときは「価格に対して納得感があるか」という視点を優先してテイスティングするように心がけています。 有難いことにエノテカに在籍していると偉大なワインにも携わらせて頂く機会を頂くことも少なくないですが、一人のワインファンとしては自宅に帰って気軽に愉しめる価格帯のワインも同様に大切な存在だと思うわけです。 私事ですが、嗜好としては実はあまり南米ワインは得意ではありません。だからこそ、飛びぬけて良い銘柄に出くわすと、なんというかこう、この辺りがぐっとくるわけです。(左胸に手を当てながら) マルベック種ですしアタックもボディももちろん強いです。果実味の充実感も文句なし。けれど、けれども美しい。標高由来の酸なのか、難易度の高い技でもピッチリとまとめ上げるセンスを感じます。 というわけで、職業ソムリエとして「今期最高点」のワインでした。

    レビュー全文を見る
    • 今飲んで美味しい
    • 翌日も楽しめる
    • 旨味の塊

    2020.12.22

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

  • 木箱:1本用 1,320円(税込) / 2本用 1,650円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.