<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
よりどり3本11,000円 2021年12月
アルマヴィーヴァ-0
アルマヴィーヴァ-1

アルマヴィーヴァ ALMAVIVA

750ml

シャトー・ムートン・ロスチャイルド、オーパス・ワンと同じコンセプトで造られるチリ最高峰のプレミアムワイン。力強くフィネスに溢れるスタイル。

26,400

(税抜価格24,000円)

240pt

進呈

4.5

(21)

オーパス・ワンに続く豪華コラボレーションによって生み出された、まさにチリのオーパス・ワンというべき偉大なワイン、アルマヴィーヴァ。ボルドー最高峰の技術とチリ最高のテロワールの融合によって生み出されるワインは、パワフルさに加えて、エレガンスも感じる味わい。熟成のポテンシャルにも秀でた珠玉の1本です。

5

納得の美味しさです!

ワイン好きの方にはもちろん、普段あまりワインを飲まれない方にもお薦めできる赤だと思います。お手頃価格とは言えないかもしれませんが、評判どおり、期待を裏切らないワインだと思います。昨年に続き、今年も購入したいと思います!

圧倒的エレガンス×王者

流石と言うべき圧倒的エレガンスは、否が応でも言葉を失くし気分を高揚させました。 本当に、素晴らしいの一言です!ミント、スミレ、アニス、クローヴ、カカオなどあげたらきりのない、めくるめくアロマは一流のオーケストラのように圧倒的な感動を生み、なのに味わいは濃厚ながら柔らかい。ボルドーグランヴァンにも引けを取らない素晴らしさでした! ただ、私の頂いた2017年は若すぎて今あけるには早すぎました。今から飲む場合、開けてから2日以上かけ尚且つ、グラスに入れ1時間しないと開きません。 開けた日に楽しみたい場合はデキャンタ必須です!

商品情報

味わい

  • 酸味

  • 渋味

  • 果実味



在庫一覧

  • 2018

    26,400

    (税抜価格24,000円)

    • D 96
    • JS 98
    • WA 96
    • WS 93

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2018年のチリは、ワイン・アドヴォケイト誌のヴィンテージチャートにおいて、過去最高の96点の高得点を獲得。冬の間の例年より多い降雨により、土壌は水分を十分に保持。生育期、収穫期にかけては乾燥していた気候のため、ブドウは極めて健康的に成長。チリにとって素晴らしいヴィンテージとなりました。

    <br>アルマヴィーヴァの位置するプエンテ・アルトでは、冬に例年より多い雨が降り、土壌に水分が豊富に蓄えられました。春先から夏にかけて徐々に気温が上がり、秋に入っても温かい気候が持続。その結果、ブドウはじっくりと成熟し、バランスの取れた、質の高いブドウが収穫できました。

    味わい

    外観は鮮やかな深紅の色調。グラスに注ぐと西洋スグリにプラム、ブラックベリーなど果実のアロマが優しく立ち上ります。時間が経過するごとに、カカオやコーヒーなどの香ばしい香りと、黒オリーブやスモークといった複雑なニュアンスが絡み合い、何層にも奥行きがある印象に変化。口に含むと、丸みさえ感じられるほど滑らかな舌触り共に、味わいが広がります。シルキーなタンニンが成熟感のある果実味と相まって、甘やかな濃密さを演出。綺麗な線を伴った酸味が緩やかに溶け合い、深い余韻へと誘います。余韻では熟したカシスやバニラ、モカの風味が長く続く印象。今飲んでも美味しくいただけますが、長期熟成させることによってより洗練された味わいに昇華する1本でしょう。

    熟成方法

    新樽100%のフレンチオークで約18ヵ月間

    飲み頃

    ~2042年

    コルク

  • ジェームス・サックリング「トップ100チリワイン2019」において第1位

    2017

    26,400

    (税抜価格24,000円)

    • D 97
    • JS 100
    • V 94
    • WA 94+
    • WE 94
    • WS 93

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2017年のチリは、ワイン・アドヴォケイト誌のヴィンテージチャートにて91点の高得点を獲得。一年を通して非常に暖かく、特別乾燥した気候となりました。カルメネール由来の、濃密で凝縮したアロマと、カベルネ・ソーヴィニヨンのバランスに優れた果実味を備えたワインが多く生み出されました。

    味わい

    外観は深みのある鮮やかなルビーレッドの色合い。グラスに注ぐと、熟したカシスやブラックベリーのアロマが力強く立ち上り、ミネラルやバニラ、コーヒー、黒胡椒などの複雑なニュアンスが何層にも折り重なっています。円みのある口当たりは、非常に柔らか。甘やかな果実味ときめ細かいタンニンに綺麗な酸が溶け合い、見事に調和しています。アルマヴィーヴァらしいパワフルさに加えて、エレガンスも感じるその味わいは、卓越した熟成ポテンシャルを感じずにはいられません。

    飲み頃

    ~2035年

    受賞情報

    ジェームス・サックリング「トップ100ワイン2019」において世界第15位<br> ジェームス・サックリング「トップ100チリワイン2019」において第1位

    コルク

商品の紹介

アルマヴィーヴァ
背景

アルマヴィーヴァ

ALMAVIVA

アルマヴィーヴァ (コンチャ・イ・トロ&バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド)

チリ
  • チリ
  • セントラル・ヴァレー
  • マイポ・ヴァレー
ジェームス・サックリングの「トップ100ワイン2017」において2015年ヴィンテージが世界第一位を獲得し、一躍注目を浴びたチリワインの最高峰、アルマヴィーヴァ。エノテカ・オンラインにおいても、最新ヴィンテージ入荷の度に大好評を博し、プレミアムワインの確固たる地位を確立しています。 現在、そんなアルマヴィーヴァの最新2018年ヴィンテージが入荷中。2018年は、ワイン・アドヴォケイトにて過去最高の96点を獲得!さらに、同誌のヴィンテージチャートにてチリの2018年は過去最高評価となる96点を獲得しており、グレート・ヴィンテージとして注目を集めています。アルマヴィーヴァらしいパワフルさと、エレガントさを兼ね備えた味わいは、今すぐ飲んでも美味しく、数十年の熟成にも期待できます。これだけの高評価を受けながらも、同じくプレミアムワインとして知られるオーパス・ワンの半分以下の価格で手に入る点も魅力の一つです。 チリワインの真髄ともいえる2018年ヴィンテージを、ぜひこの機会に手に入れてお愉しみ下さい。

全ての気候条件が揃った、チリのグレートヴィンテージ2018年

2018年のチリはバランスの取れた、レベルの高いブドウが収穫できた年。ワイン・アドヴォケイトでは過去最高となる96点をマーク。ワイン・エンスージアストにおいても、アルマヴィーヴァが位置するマイポ・ヴァレーが92点と10年ぶりの高得点となりました。
アルマヴィーヴァでは、南半球の冬である5月から10月にかけて、例年より多く雨が降ったため、土壌は水分を豊潤に保持。気温は例年より低く、カベルネ・ソーヴィニヨンの萌芽は前年より9~13日間ほど遅かったため、収穫するまでに時間がかかるかと思われました。しかし、その後徐々に気温が上がり始め、平均的な水準に推移。夏にはアンデス山脈から乾燥したクリーンな空気が流れ込み、ブドウは健康的にすくすくと成長しました。収穫期である4月に入っても温かい気温が続き、ブドウはじっくりと成熟。結果、当初の予想を覆す、理想的な収穫となりました。

ボルドー最高峰の技術とチリ最高のテロワールの融合

アルマヴィーヴァは、ボルドーワインの頂点の一つ、シャトー・ムートン・ロスチャイルドを所有するバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社と、チリ最大かつ最高のワイナリー、コンチャ・イ・トロ社とのジョイント・ベンチャーにより、1998年に誕生しました。同じくバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社がロバート・モンダヴィと手を組んだ、世界的に入手困難なカリフォルニアワイン、オーパス・ワンに続く豪華コラボレーションとして注目されています。まさにチリのオーパス・ワンというべき、プレミアムワインです。
チリにはフランスのように「格付け」というシステムがないものの、 アルマヴィーヴァの存在によって「一級ワイン」と呼べるようなワインを造ろう、という意識がより高まったことは事実。ブドウに対する徹底した品質管理はもちろん、充実した醸造施設、 有能なテクニカル・チームなど、アルマヴィーヴァのワイン造りにはフランスの技術や伝統が息づいています。

徹底的な区画管理により引き出された、格別のテロワール

ワイナリーが位置するのは、標高630mに広がるボルドー品種の栽培が盛んなチリワインの中心的エリア、マイポ・ヴァレー。さらにその小さな区画にあたるマイポ川北岸、プエンテ・アルト地区に約85haの畑が広がります。この地は何世紀にも渡り、アンデス山脈からの堆積物が蓄積し形成された、プエンテ・アルトの中でも特に古く複雑な土壌。火山質、粘土質、石や砂利などが多く入り混じっており、中には約70%が石という構成の区画もあるため、カベルネ・ソーヴィニヨンにとって最適な土壌となっています。
そして気候は、ヨーロッパの銘醸地にも似た地中海性気候。チリと言えば、とにかく暑い気候が想像されがちですが、実際には真夏である1月の場合、最高気温は29℃、最低気温が11℃程。真冬の7月となれば最高気温は14℃、最低気温は3℃程と日本とさほど変わらず、昼の暑さに対して夜は20℃も気温が下がるという寒暖差が特徴です。アルマヴィーヴァの畑はアンデス山脈から吹きこむ冷風により気温が特に下がり、その冷たい空気と乾燥した気候によってブドウの樹が常に清潔に保たれます。
このような、チリの恵まれたテロワールとフランス流の技術の融合を目指して着実に進化をつづけてきたアルマヴィーヴァですが、ワイン造りの点で大きな転機となったのは2005年。「マイクロゾーン」と言われる、栽培から醸造まで細かな区画ごとに管理を行う手法を徹底したことにより、アルマヴィーヴァが所有する優良な畑ならではのテロワールが最大限に引き出され、ワインに備わるフィネスが格段に高められました。2005年以前は、パワフルで凝縮感のあるチリワイン然としたスタイルであったのに対し、2005年以降は、ポイヤックを思わせるようなアロマティックで奥行きのあるスタイルに変化。また、区画ごとの適正をより的確に把握できたことによって品種の幅も増え、2006年よりメルロ、2010年よりプティ・ヴェルドの栽培も強化。これらの品種が少量ブレンドされるようになり、ワインにより深みと複雑さを与えています。

長期熟成ポテンシャルの高い、エレガントな仕上がり

外観は鮮やかな深紅の色調。グラスに注ぐと西洋スグリにプラム、ブラックベリーなど果実のアロマが優しく立ち上ります。時間が経過するごとに、カカオやコーヒーなどの香ばしい香りと、黒オリーブやスモークといった複雑なニュアンスが絡み合い、何層にも奥行きがある印象に変化。口に含むと、丸みさえ感じられるほど滑らかな舌触り共に、味わいが広がります。シルキーなタンニンが成熟感のある果実味と相まって、甘やかな濃密さを演出。綺麗な線を伴った酸味が緩やかに溶け合い、深い余韻へと誘います。余韻には熟したカシスやバニラ、モカの風味が長く続く印象。カベルネ・ソーヴィニヨンの比率が例年よりも高いことで、熟成のポテンシャルも高いことが2018年の特徴です。今飲んでも間違いなく美味しくお飲みいただけますが、長期熟成させることでより洗練された味わいへと昇華する事でしょう。 近年、地球温暖化の影響により、降雨量が減少しているチリ。そんな中、素晴らしい気候条件が揃った2018年はまさしく、奇跡のヴィンテージと言っても過言ではありません。チリが過去最高評価を獲得した超優良ヴィンテージをぜひお愉しみください。




クチコミ

全て見る

4.5

21 件のクチコミ

  • よちさん

    2017年

    アルマヴィーヴァ恐るべし

    これまで2016年と2017年を購入し、2016年を楽しみました。カルメネールの凝縮感と力強さ、カベルネ・ソーヴィニョンのバランスに優れた果実味など、全体として調和がとれ、美的なセンスに溢れています。最近は少しお高くなっていますが、未だオーパス・ワンの半分以下の価格で買えるのでお得かもしれません。もっと、高く評価されても良いワインだと思います。

    2020.11.30

  • ハロルドさん

    2013年

    素晴らしい仕上がりです

    重厚なボトルが期待を持たせます。 とても美味しい、深みのある仕上がりになっていました。 長期熟成させたものも飲みたいなと思い、セラー預けにもしました。

    2016.02.12

  • baronkさん

    2013年

    凄い!

    あと数年寝かしておくべきだった、というのが正直な想いです。 が、これは凄い! 深み、余韻! 味も香りも、素晴らしいです。この値段でこれは凄いです。

    2015.10.28

  • くまねこせんせいさん

    2013年

    コスパ最高

    年間輸入本数がフランスを超えたことで話題のチリワイン最高峰です。リリースされるたびにじわじわ価格が上昇している人気のワインですがまだ手が届く範囲です。完売必至なので今のうちに。

    2016.04.15


スタッフレビュー

全て見る
  • 圧倒的エレガンス×王者

    流石と言うべき圧倒的エレガンスは、否が応でも言葉を失くし気分を高揚させました。 本当に、素晴らしいの一言です!ミント、スミレ、アニス、クローヴ、カカオなどあげたらきりのない、めくるめくアロマは一流のオーケストラのように圧倒的な感動を生み、なのに味わいは濃厚ながら柔らかい。ボルドーグランヴァンにも引けを取らない素晴らしさでした! ただ、私の頂いた2017年は若すぎて今あけるには早すぎました。今から飲む場合、開けてから2日以上かけ尚且つ、グラスに入れ1時間しないと開きません。 開けた日に楽しみたい場合はデキャンタ必須です!

    レビュー全文を見る
    • ボルドー好き必見
    • 熟成させたい
    • デキャンタ必須

    2021.05.11

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

  • 木箱:1本用 1,320円(税込) / 2本用 1,650円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.