<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
ブラックフライデー
モンテス・アルファ・スペシャル・キュヴェ・ピノ・ノワール-0
モンテス・アルファ・スペシャル・キュヴェ・ピノ・ノワール-1

モンテス・アルファ・スペシャル・キュヴェ・ピノ・ノワール MONTES ALPHA SPECIAL CUVEE PINOT NOIR

750ml

2019年

低収量の厳選ブドウから生まれる、ブルゴーニュに通じるエレガンス。洗練されたスタイルの稀少キュヴェ。

5,060

(税抜価格4,600円)

46pt

進呈

4.4

(26)

チリのクオリティワインの先駆けモンテス社。こちらは、南米チリで「ブルゴーニュのようなピノ・ノワール」に挑戦した特別なワイン。すでにモンテスラヴァーの方も、未体験の方も、ぜひこのアウレリオ・モンテス氏渾身のエレガントなピノ・ノワールをお愉しみください。

5

やっとブルゴーニュに肩を並べるピノを見つけた!

美味しいピノを飲みたい・・・でもブルゴーニュは高い・・・清水の舞台から飛び降りるつもりで購入したがガッカリ・・・というワインラバーは多いと思います。 ずっと新世界産でブルゴーニュに肩を並べるピノを探してきましたが、やっと見つけました。チリ産としては少々お値段が張りますが、素晴らしい果実味、香り、酸味で、カリピノのように甘くは無く、優れたブルゴーニュに感じられる「静かな泉からそよぐ風」が感じられ、生産者の気合を感じました。モンテスのSpecial cuveeは、カベルネも試してみましたが、こちらは高品質ながら一本調子で☆4でした。

ブルゴーニュに匹敵するチリのピノノワール!

こちらのピノノワールは、さまざまな顔を見せる深みのある香りが印象的。満足感たっぷりの果実味とその中に感じる活き活きとした酸。そしていつまでも続いてほしいと願ってしまうほどの贅沢な余韻。私はグリルチキンのトマトソースがけと共に楽しんでいたはずが、いつの間にか何杯もこちらのワインだけを飲み続けてしまいました。それくらいの深みがこちらのワインにはあります!チリワインのレベルの高さを実感すること間違いなしです!

商品情報

カテゴリ

タイプ

赤ワイン

容量

750ml

原産地呼称

DO. ZAPALLAR

おすすめ料理

仔牛の煮込み、トマト系パスタ

ボディ

2

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

豊かな果実味が主役の濃厚な赤ワイン

  • 渋味

  • 酸味

  • 果実味



在庫一覧

  • 2019

    5,060

    (税抜価格4,600円)

    • JS 94

    詳しく見る

    味わい

    グラスに注ぐとラズベリーやブルーベリー、サワーチェリーなどの赤・黒系果実のアロマが広がり、ハーブや野花、雨上がりの森を思わせるようなニュアンスも漂います。また樽由来のバニラや甘草の香りも含んでおり、複雑で深みのある印象。飲みやすく爽やかな口当たりで、ジューシーな果実味とシルクのようなタンニン、活き活きした酸が魅力です。芳醇なアロマと共に長い余韻へと続いていきます。フレッシュさとエレガンスを兼ね備えた仕上がりです。

    コルク

商品の紹介

モンテス・アルファ・スペシャル・キュヴェ・ピノ・ノワール
背景

モンテス・アルファ・スペシャル・キュヴェ・ピノ・ノワール

MONTES ALPHA SPECIAL CUVEE PINOT NOIR

モンテス S.A.

チリ
  • チリ
  • アコンカグア

チリ随一のプレミアムワインの造り手、モンテス。

モンテスは、1988年11月「チリ発、チリ人だけのチリワインカンパニー」として、醸造家のアウレリオ・モンテス氏を中心に4人のワイン・ビジネスのスペシャリスト達が造ったワイナリー。創業当時から、常に革新的なことを追求。チリの豊穣な大地に、ヨーロッパ式の醸造技術を持ち込み「世界最高峰のチリワインを造る」という信念のもとワイン造りをスタートしました。 チリは太平洋やアンデス山脈に囲まれた地形が特徴で、雨が少ないため日照時間は長くブドウ栽培に最適なテロワール。また乾燥し害虫がいないため、農薬をほとんど使う必要がありません。モンテスでは、そのポテンシャルを最大限に引き出すべく栽培も醸造にも徹底的にこだわり、それまでのチリワインとは一線を画す、世界各国に輸出されるワインを生み出します。著名なワイン評論家ロバート・パーカー氏は著書の中で、『チリワインが到達できる最も高いレベルに位置している。エントリーレベルのワインは驚くほど良心的な価格で初心者向けのチリワインとして完璧であると同時に、プレミアムワインは長期熟成に値するクオリティを誇る。』と絶賛しています。

革新的な挑戦を続け生み出される、他のチリワインとは一線を画すワイン。

モンテスは、1988年にこれまでのチリワインでは考えられらない高価格帯の「モンテス・アルファシリーズ」をリリースします。このリリースは、モンテスが手掛けた大いなる第1歩、まさに最初に挑戦した大きな革新です。今ではモンテスのフラグシップシリーズとして世界中で知られていますが、栽培から醸造まで徹底的にこだわわった、それまでのチリワインとは一線を画すアルファシリーズは、チリワインの歴史を大きく塗り替えたという点で、とても重要な意味合いを持っています。

モンテスが行った次なる革新的な出来事は、1991年のアパルタの開墾です。当時、創業者の一人であり、ワインメーカーでもあるアウレリオ・モンテス氏は新たな土地を求めていました。パイロットでもあるアウレリオ氏は自身の操縦する飛行機に乗り、上空から土地を探していた際、アパルタの土地を見つけます。山の麓にあり、近くに川が流れているため水にも困らない、ブドウ栽培に最適とその土地に惚れ込み、購入を決意。森のように木が生い茂り大きな石もたくさんあったアパルタの土地を、大変な労力をかけて整備し開墾。当時、平面な土地にしかブドウ畑のなかったチリで、斜面にもブドウを植えることを決意します。フランス・ローヌ地方のシラーがとても好きだったアウレリオ氏は、急な斜面と焼けつくような強い日差しのあるアパルタの地に、ローヌ地方と共通したテロワールを見出します。フランスから持ち込んだシラーの苗を植え、様々な苦労の末完成したのがチリ初のシラーを用いたアイコンワイン、「モンテス・フォリー・シラー」の誕生です。フォリー・シラーの成功に続くように、アパルタのあるコルチャグア・ヴァレーにおいて、今では多くの生産者が急斜面で栽培されたブドウを用い、彼らのアイコンワインを生産するようになりました。 その後モンテスは、1996年にボルドーの五大シャトーをライバルに見据えたトップキュヴェ「モンテス・アルファ・エム」を生み出し一世を風靡。また、近年ではチリのマルチグエやサパジャールといった未開のワイン産地、またアンデス山脈を越えてアルゼンチンの地でもワイナリー、カイケンを設立し次々とワイン産地を開拓。さらに温暖化を見据えてドライファーミング農法を取り入れるなど、アウレリオ氏の革新は未だ留まることを知りません。

海からわずか7km。アウレリオ氏が惚れ込み、開墾した特異なテロワール。

モンテス・アルファ・ピノ・ノワール・スペシャル・キュヴェに使用されるピノ・ノワールが生産されるのは、アコンカグア・ヴァレーにあるサパジャール・ヴィンヤード。モンテスの設立以来、チリワイン界をリードするワインメーカーとして、プレミアムワインの生産やカリフォルニアへの進出など、常に挑戦を行ってきたアウレリオ・モンテス氏は、何年もの間、まだ誰もワイン造りをしたことのない、卓越した要素を持つ素晴らしい土地を探し求めていました。セスナに乗っている際に上空からサパジャール・ヴィンヤードを見下ろした時に、「この土地は、ブドウ栽培に適したポテンシャルを持ち合わせているに違いない」と閃き、これまで誰にも開拓されてこなかった土地に、モンテスが初めてブドウ畑を造ることに挑戦したのです。 その土地は四方を山に囲まれ、沿岸からわずか7㎞という、ブドウを造るにはあまりにも過酷な環境。しかし開墾を始めると、この地域特有の花崗岩や粘土質の土壌、太平洋から吹き付ける冷涼な風が気温が上昇しすぎることを防いでくれることなど、ブドウ栽培に理想的な環境であることが分かったのです。アウレリオ氏は2010年より、この地で造られたワインをアウター・リミッツ・シリーズとして生産。チリにおけるブドウ栽培極限の地という想いを「OUTER LIMITS=ぎりぎりの限界」という名に込めました。その後、この素晴らしいテロワールは2013年にD.O認定され、現在でも唯一モンテスだけが畑を所有しています。

自社畑、超低収量にこだわり、年間生産本数わずか6,000本。目指すはブルゴーニュスタイルのピノ・ノワール。

モンテス・アルファ・ピノ・ノワール・スペシャル・キュヴェの初リリースは2012年ヴィンテージ。 同じサパジャール・ヴィンヤードで造られている、アウター・リミッツ・シリーズ、スタンダードなモンテス・アルファ・ピノ・ノワールの畑より、冷涼な区画にある特別な畑で育ったブドウだけを厳選して造られます。アウター・リミッツ・シリーズの畑が約15haに対し、スペシャル・キュヴェの場合、さらに少ない僅か5haの畑。さらに1haあたりの収量も、3~4トンとボルドーの一級シャトー並みに厳しく制限。この数字からも選びに選び抜かれた稀少なピノ・ノワールが使用されていることがお分かりいただけるでしょう。そのため、年間生産本数はわずか6000本、言うなればD.R.Cのロマネ・コンティにも匹敵するほどの少なさなのです。

醸造においては、スタンダードなモンテス・アルファ・ピノ・ノワールよりも、新樽比率が高く、40%をフレンチオークの新樽で12ヶ月間熟成されます。樽由来のトーストのニュアンスはあくまでもエレガントで、チェリーなど赤系果実とフローラルなアロマが広がり、白コショウの風味がアクセントに。繊細なタンニンと程よい酸味が心地よく、雑味のないクリーンで溌剌とした味わい。余韻まで充分にミネラルが感じられ、アウレリオ・モンテス氏が求めるブルゴーニュスタイルのピノ・ノワールの味わいが表現されています。完成後、1年の瓶熟成を経て、ようやくリリースされます。

ジューシーな果実味とシルクのようなタンニン、ブルゴーニュに通じるエレガンス。

グラスに注ぐとラズベリーやブルーベリー、サワーチェリーなどの赤・黒系果実のアロマが広がり、ハーブや野花、雨上がりの森を思わせるようなニュアンスも漂います。また樽由来のバニラや甘草の香りも含んでおり、複雑で深みのある印象。口に含むと、力強くジューシーな果実味とシルクのようなタンニンが感じられ、活き活きとした酸が魅力です。芳醇なアロマと共に長い余韻へと続いていきます。フレッシュさとエレガンスを兼ね備えた仕上がりです。お料理と合わせるなら仔牛の煮込みやトマト系パスタがおすすめ。アウレリオ・モンテス氏渾身のエレガントなピノ・ノワールをお愉しみください。



クチコミ

全て見る

4.4

26 件のクチコミ

  • Mr.Kiteさん

    2018年

    濃いピノはいかが。

    どのヴィンテージも外れがありません。ブルゴーニュとはスタイルの 違う濃厚なピノは洗練と云う点ではマイナスですが、間違いなく美味 しいです。お試し下さい。

    2021.04.17

  • 風の色さん

    2018年

    美味しいです!

    モンテスのセットに入っていた中で一番単価が高かった一本になります。生ハムやチーズ、ボロネーゼと共に飲みましたが、ぐいぐいすすんでしまい、2日に分けて飲む予定が1日で全て飲み干してしまいました。渋みがあるワインが好きなのですけど、これはこれでとても良い感じ。家内も2杯分は飲んでいましたね。エノテカがおすすめするモンテスだけあるなという感じです。

    2020.07.31

  • なっちゃむさん

    2014年

    上品なピノ

    モンテスアルファのピノが好きなので、さらにワンランク上のこちらは迷わず購入。アルファよりも上品で、なめらかな口当たりです。酸味、果実味、余韻とバランスがとれており、 ワインだけで楽しみました。 モンテスとうと濃い味、フルボディのイメージがありますが、こちらは濃厚ながらも上品で綺麗にまとまっており、ニューワールドワインのが苦手な方にもオススメです。

    2015.04.13

  • ワイン小太郎さん

    2018年

    安定の美味しさ

    口当たり良く、美味しいワインです。肉料理と合わせましたが、期待通りの美味しさで満足いくものでした。リピート対象です。

    2021.05.23


スタッフレビュー

全て見る

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

  • 木箱:1本用 1,320円(税込) / 2本用 1,650円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.