<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
ランゲ・フレイザ-0
ランゲ・フレイザ-1

ランゲ・フレイザ LANGHE FREISA

750ml

2018年

ロバート・パーカー氏が絶賛するバローロの名手。赤系果実のフレッシュなアロマが特徴の土着品種で仕立てる、明るくフルーティーな赤ワイン。

本数限定

3,520

(税抜価格3,200円)

32pt

進呈

優れた自社畑と創業当時と変わらぬ製法を引き継ぎ、家族経営を貫き続ける生産者カヴァロット。こちらはネッビオーロに似た力強いタンニンを備えた土着品種、フレイザを使用した1本。イチゴなどの赤系果実のアロマと活気に満ちた酸を備えた、フルーティーなスタイルが魅力です。

力強くてチャーミングな味わい

こちらはフレイザというあまり聞き慣れない品種が使われていますが、バローロに使われるネッビオーロを彷彿させるタンニンが魅力のワインです。バローロのような力強い味わいというよりかは、親しみやすいイチゴなどの明るい果実味を感じます。しかしタンニンはしっかりとしているので、ただ軽いだけではなく飲みごたえのあるワインとなっています。少し時間が経つとより華やかなニュアンスやナッツ、ミネラル感が溢れだします。ぜひ2日、3日かけて楽しみたいワインです。普段はネッビオーロのピエモンテラヴァーの方にも満足頂けると思います。

商品情報

カテゴリ

タイプ

容量

750ml

原産地呼称

DOC. LANGHE

おすすめ料理

生ハム、サラミ、ピザ

ボディ

4

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

果実味と酸を兼ね備えた上品な赤ワイン

  • 果実味

  • 渋味

  • 酸味



在庫一覧

  • 本数限定
    在庫僅か

    残りあと4本

    2018

    3,520

    (税抜価格3,200円)


    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2018年のピエモンテはブドウの品質と収量共に恵まれ、素晴らしい出来栄えとなったヴィンテージ。冬から春の穏やかな気候を経て、夏は気温の高い日が続きました。また7~8月にかけて、降水量が多かった事も特徴。9月上旬には高品質なブドウの収穫に成功し、凝縮した果実味とフレッシュな酸を備えたワインが造られました。

    味わい

    グラスに注ぐと、ラズベリーやチェリー、レッドカラントなどの赤系果実のアロマに、バラやナツメグ、鉱物を思わせるミネラルの複雑なニュアンスが広がります。口当たりはしっかりとしたタンニンが感じられるミディアムボディ。チャーミングな果実味にフレッシュな酸が調和し、明るく生き生きとした印象を与えます。若くいうちから愉しめる、活気に満ちたフルーティーなスタイルの1本です。

商品の紹介

こちらのキュヴェは気品あるアロマを生み出す秀逸な区画、ブリッコ・ボスキスの西向き斜面で採れたフレイザ種を使用しています。フレイザは、フランス語のイチゴ(fraise)に由来している通り、生き生きとしたイチゴなどの赤系果実のアロマ、そして野性的なキャラクターを持っている品種で、ネッビオーロに似たタンニンを備えた力強い味わいが特徴の土着品種です。 100%除梗したブドウを発酵槽で、自然酵母のみを用いて発酵。3~5日間のマセラシオン後、セメントタンクでのマロラクティック発酵を経て、スラヴォニアンオーク樽で12~15ヵ月間かけて熟成させます。その後、更に6ヵ月間の瓶内熟成を経てようやくリリース。造られるワインは、活気に満ちたフルーティーなスタイルが魅力です。生ハムやサラミ、ピザなどと好相性で、日常のお料理と合わせてお愉しみいただけます。

生産者について

カヴァロット

カヴァロット CAVALLOTTO

ナチュラルなワイン造りを実践する、真のクラシック・バローロの名手

カヴァロットは1928年にバローロの5大産地であるカスティリオーネ・ファレット地区で創業したワイナリー。現在では、オリヴィオ氏から4代目にあたるアルフィオ氏、ジュゼッペ氏、ローラ氏に優れた自社畑と創業当時と変わらぬ製法が引き継がれています。家族経営を貫き続けるカヴァロットは、そのこだわりゆえに生産量が極少。ピエモンテに深い造詣をもつ評論家であるアントニオ・ガローニ氏が予てより「あまり知られていないが最も偉大なバローロの生産者の1人。」と賛辞を贈り、ロバート・パーカー氏も「伝統製法にこだわる非凡な造り手。」と絶賛するバローロの名手です。

彼らのワインメイキングの根底にあるのは、自然を敬う心。テロワールを表現したワインを生み出すため、そして4世代に渡って継承してきた土地を次世代へと受け継いでゆくために持続可能な栽培に力を入れています。環境に配慮して特別に調合したボルドー液や植物由来成分のもの以外は一切農薬を不使用。その上で害虫に対しては捕食昆虫を畑で繁殖させ、草刈も年に2~4回行う程度に抑える不耕作を行うなど、自然の力を利用した農業を重視しています。カヴァロットのブドウ樹は古いもので70年以上と樹齢が高く、結果として38hL/haという低い平均収量を実現。土壌深くに根を張り、滋味を吸収した古樹から複雑な風味と凝縮感を備えたブドウが収穫されます。醸造は、時間と手間を掛けた非常に丁寧で緻密なスタイル。自然のままゆえに要する苦労と時間、そしてカヴァロットが培った伝統をなくしては表現できない深遠さと落ち着きのある世界観を備えたワインを造り上げています。

生産地について

イタリア ピエモンテ

イタリア ピエモンテ

イタリアきっての美酒と美食の地。

イタリア最北部の山岳地帯に位置するピエモンテ州。 北はスイス、西はフランスと国境を接する同州は「山の麓」という名が示す通り、 アルプスの険しい山々の麓に広がり、ワインに加え、乳製品やヘーゼルナッツ、ジビエ、そして白トリュフが特産という食材の宝庫。 イタリア内でも人口の少ない州にも関わらず星付レストランが多い美食の郷としても有名です。トスカーナと同様高級ワインを生み出す銘醸地であり、名品バローロ、バルバレスコは、どちらもネッビオーロというブドウから造られます。バルベラ、ドルチェット、コルテーゼなどを使用した単一品種を使用したワインが多く、ブルゴーニュと同じく、単一畑からワインを造る文化も根付いています。


クチコミ

クチコミ投稿がありません。


スタッフレビュー

全て見る
  • 力強くてチャーミングな味わい

    こちらはフレイザというあまり聞き慣れない品種が使われていますが、バローロに使われるネッビオーロを彷彿させるタンニンが魅力のワインです。バローロのような力強い味わいというよりかは、親しみやすいイチゴなどの明るい果実味を感じます。しかしタンニンはしっかりとしているので、ただ軽いだけではなく飲みごたえのあるワインとなっています。少し時間が経つとより華やかなニュアンスやナッツ、ミネラル感が溢れだします。ぜひ2日、3日かけて楽しみたいワインです。普段はネッビオーロのピエモンテラヴァーの方にも満足頂けると思います。

    レビュー全文を見る
    • 飲みごたえあり
    • 翌日も楽しめる
    • 後引く美味しさ

    2021.10.12

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

  • 木箱:1本用 1,320円(税込) / 2本用 1,650円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.