<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
キャンティ・クラシコ・グラン・セレツィオーネ・ヴィニェート・ラ・カズッチャ[ボックス付] [マグナムボトル]-0
キャンティ・クラシコ・グラン・セレツィオーネ・ヴィニェート・ラ・カズッチャ[ボックス付] [マグナムボトル]-1
キャンティ・クラシコ・グラン・セレツィオーネ・ヴィニェート・ラ・カズッチャ[ボックス付] [マグナムボトル]-2

キャンティ・クラシコ・グラン・セレツィオーネ・ヴィニェート・ラ・カズッチャ[ボックス付] [マグナムボトル] CHIANTI CLASSICO GRAN SELEZIONE VIGNETO LA CASUCCIA [BOX] [MAGNUM BOTTLE]

1500ml

2011年

キャンティ・クラシコ最高の生産者が手掛ける単一畑キュヴェ。サンジョヴェーゼとメルロをブレンドした、秀逸なバランスを誇る1本。

61,600

(税抜価格56,000円)

560pt

進呈

3

(1)

キャンティ・クラシコの名門が手掛ける単一畑キュヴェ。こちらは標高480mに位置する畑カズッチャのサンジョヴェーゼとメルロをブレンドしています。優良年に少数だけ生産されるワインで、重厚ながらもシルキーな口当たりと驚くほど柔らかいタンニンが際立ち、並外れた熟成ポテンシャルを備えています。

商品情報

カテゴリ

タイプ

容量

1500ml

原産地呼称

DOCG. CHIANTI CLASSICO

味わい

  • 渋味

  • 果実味

  • 酸味



在庫一覧

  • 在庫僅か

    残りあと3本

    2011

    61,600

    (税抜価格56,000円)

    • V 95
    • WA 93
    • WE 90
    • WS 94

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2011年は、暖かく穏やかな春を迎えたことで、芽吹き、花つきは例年よりも早く、5月6月の恵まれた天候によりブドウは健全な成長期を迎えました。しかし、8月から9月初めまでの熱波の影響で、小粒で成熟することが難しく、9月終わりに、ようやく涼しい夜を向えることで、昼夜の気温差がブドウを成熟へと導きました。

    2011年は、2007年から4年ぶりとなる待望のリリース。2011年のトスカーナ地方はとにかく暑い年で、8月にはアフリカからの熱波が押し寄せて気温が上昇したことでブドウが早く熟しました。 カステッロ・ディ・アマの畑は、キャンティ・クラシコエリアにおいて、最も標高の高い標高約500メートル。このような高地は平地と比べて夏場も冷涼で気温が上がりにくく、昼間に上がった気温も、夜にはぐっと下がります。この気温差により、2011年という難しい猛暑の年でも、カステッロ・ディ・アマの畑のブドウは例年以上によく熟し、素晴らしい出来栄えのワインが生まれました。

    味わい

    カズッチャは非常にしっかりとした骨格を持つワインで、驚くべき柔らかさのタンニンと、桁外れの長命さを特徴としています。深いルビーレッドの色合いで、ワイルドチェリーや花束、タバコの葉、リコリスにミントのニュアンス。また、焼いたハーブやブラック・トリュフといった重層的な香りがグラス中に広がります。口当たりは驚くほどリッチでエレガント、シルキーなタンニンがあり、深みのある味わいの中にも、素晴らしいバランスを保っています。

    飲み頃

    ~2031年

商品の紹介

こちらは単一畑シリーズである、ラ・カズッチャ。各ヴィンテージ5,000~7,000本と、ごく少数しか造られていない稀少なシリーズです。カズッチャの畑はワイナリーから2~3km離れた場所に位置しており、標高は480~526m。小石が少なく粘土質の土壌で造られるワインは、ベラヴィスタよりも花のような香りがあるのが特徴です。また、カズッチャの畑にはサンジョヴェーゼとメルロが植えられ、それらがブレンドされているのも重要なポイント。ファーストヴィンテージの1985年には、キャンティ・クラシコ地区内で初めてサンジョヴェーゼとメルロをブレンドし、大絶賛を浴びました。 サンジョヴェーゼの凝縮感や繊細さに加え、メルロを補助品種として用いることで柔かさが加わり、ワインはより深くエレガントなスタイルとなっています。

生産者について

カステッロ・ディ・アマ

カステッロ・ディ・アマ CASTELLO DI AMA

キャンティ・クラシコの頂点を極めた、イタリアワイン界の名門

キャンティ・クラシコの名門カステッロ・ディ・アマは、独特のスタイルや一貫性、そして故郷への深い愛情に導かれたマルコ・パランティ氏と妻のロレンツァ・セバスティ女史によって世界最高レベルのワイン造りを行っています。現在のオーナー兼醸造家であるマルコ氏は、長年キャンティ・クラシコ協会の会長を務め、キャンティ・クラシコの地位を復活させた、イタリアが誇る名生産者。マルコ氏は、キャンティ・クラシコが早く飲める安ワインという存在だった時代に、「5年経っても美味しく飲める=熟成するキャンティ・クラシコを造る」と目標を掲げ、収量を約50%に制限し、畑の特徴を活かすため、ブルゴーニュ的なクリュごとに収穫・醸造する方法を取り入れました。

彼が目指したのは、「キャンティ・クラシコ」のワインを造るのではなく、 あくまで「カステッロ・ディ・アマ」のワインを造ること。キャンティ・クラシコの名に頼らず、自身の名に恥じない品質のワインを作ることを目指しました。 このような努力により、ワインの品質は劇的に向上し、アマのキャンティ・クラシコは世界的に高い評価を獲得するようになりました。

やがてクリュごとに仕立てる方法から、所有地全体の中からそれぞれに育ったブドウを集め、ブレンドすることで最上のワインを仕立てる方法へと移っていきます。 そのためそれまで1つのクリュとしてリリースされていたサン・ロレンツォ、ベルティンガという2つの区画のワインを廃止して、カステッロ・ディ・アマ・キャンティ・クラシコに統合。選び抜かれたブドウを使用することで、質の高いスタンダード・キュヴェを造ることができるようになりました。

生産地について

イタリア トスカーナ キャンティエリア

イタリア トスカーナ キャンティエリア

イタリアワインの代名詞キャンティを生む地。

キャンティエリアは、イタリアワインの顔とも言えるキャンティ、そしてカルミニャーノとポミーノを擁するトスカーナ州のシエナを中心とする幅広い地域。イタリア全土で栽培が盛んなブドウ品種サンジョヴェーゼを主体とした、美しい酸とイタリアらしい朗らかなキャラクターがもつ親しみやすさが魅力です。


クチコミ

全て見る

3

1 件のクチコミ

  • タゴタハウスさん

    2006年

    熟成ワインの醍醐味??

    梅干し、出汁、干し草。 とても黄昏モードですが、ピチピチした酸がありありなので、ピークアウトしたか逆に今からなのか、判断が難しいところ。

    2021.11.28

ギフトサービスについて


ギフトボックス

この商品は専用箱入りです。ボックスをご購入いただく必要がありません。

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.