<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
キャンティ・クラシコ・グラン・セレツィオーネ・ヴィニェート・ラ・カズッチャ [ボックス付]-0
キャンティ・クラシコ・グラン・セレツィオーネ・ヴィニェート・ラ・カズッチャ [ボックス付]-1

キャンティ・クラシコ・グラン・セレツィオーネ・ヴィニェート・ラ・カズッチャ [ボックス付] CHIANTI CLASSICO GRAN SELEZIONE VIGNETO LA CASUCCIA [BOX]

750ml

キャンティ・クラシコ最高の生産者が手掛ける単一畑キュヴェ。サンジョヴェーゼとメルロをブレンドした、秀逸なバランスを誇る1本。

30,800~

(税抜価格28,000円)

280pt

進呈

3

(1)

キャンティ・クラシコの名門が手掛ける単一畑キュヴェ。こちらは標高480mに位置する畑カズッチャのサンジョヴェーゼとメルロをブレンドしています。重厚ながらもシルキーな口当たりと驚くほど柔らかいタンニンが際立ち、並外れた熟成ポテンシャルを備えています。優良年に少数だけ生産される稀少なワインです。

商品情報

カテゴリ

タイプ

赤ワイン

容量

750ml

原産地呼称

DOCG. CHIANTI CLASSICO

ボディ

4

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

果実味と酸を兼ね備えた上品な赤ワイン



在庫一覧

  • 在庫僅か

    残りあと3本

    2015

    30,800

    (税抜価格28,000円)

    • JS 98
    • V 95+
    • WA 95+
    • WS 95

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2015年のトスカーナは、ワイン・アドヴォケイト誌のヴィンテージチャートで95点、ワイン・スペクテーター誌のヴィンテージ・チャートではキャンティ・クラシコが97点を獲得したグレートヴィンテージ。冬が寒く、続いて春に雨が多く降ったことで、土壌中に十分な水量が保たれたと共に、病害リスクも減少。夏の間の暑さにもブドウ樹はしっかりと耐え、ブドウの選別の必要も最小限で済み、果実の凝縮感と酸味に富んだ上質なブドウを収穫できました。造られたワインは、力強く濃縮した旨みを備え、純度と優雅さを備えた熟成ポテンシャルのある素晴らしい仕上がりとなりました。

    味わい

    ブラックベリーやカシスなどの熟した果実のアロマにバニラやスパイス、ミネラルのニュアンス。口に含むと、豊潤な果実味としっかりとしたタンニンが広がり、長い余韻へと続きます。素晴らしいバランス感とエネルギーが感じられる仕上がりです。

  • 2006

    38,500

    (税抜価格35,000円)

    • V 92
    • WA 96
    • WE 91
    • WS 92

    詳しく見る

    味わい

    深紅の美しい色調。グラスに注ぐと、ブラックベリーやブラックベリーなどの黒系果実のアロマに、スミレやリコリス、ハーブ、シナモンのような甘いスパイス、チョコレート、革、タールの豊かなニュアンスが折り重なります。アタックは緻密なタンニンによりシルキーな印象。ほのかな甘みを帯びた果実味はリッチで、透明感のある酸と綺麗に調和します。フィニッシュにはクリーミーなテクスチャーを備えた余韻が長く愉しめる、豊かさと優雅さを備えた1本です。 ※こちらのヴィンテージの名称は「キャンティ・クラシコ ヴィニェート・ラ・カズッチャ」となりますが「キャンティ・クラシコ・グラン・セレツィオーネ・ヴィニェート・ラ・カズッチャ」と同一商品です。

    エチケット

    エチケット

    熟成方法

    小樽で13~14ヵ月以上熟成後、18~24ヵ月間瓶内熟成。

    アルコール度数

    13%

    飲み頃

    ~2026年

商品の紹介

こちらは単一畑シリーズである、ラ・カズッチャ。各ヴィンテージ5,000~7,000本と、極少数しか造られていない稀少なシリーズです。カズッチャの畑はワイナリーから2~3km離れた場所に位置しており、標高は480~526m。小石が少ない粘土質の土壌で造られるワインは、ベラヴィスタより花のような香りがあるのが特徴です。また、カズッチャの畑にはサンジョヴェーゼとメルロが植えられ、それらがブレンドされているのも重要なポイント。ファーストヴィンテージの1985年は、キャンティ・クラシコ地区内で初めてサンジョヴェーゼとメルロをブレンドしたとし、その素晴らしい出来栄えと共に大絶賛を浴びました。サンジョヴェーゼの凝縮感や繊細さに、メルロを補助品種として用いることで柔かさが加わり、ワインはより深くエレガントなスタイルに仕上がっています。

生産者について

カステッロ・ディ・アマ

カステッロ・ディ・アマ CASTELLO DI AMA

キャンティ・クラシコの頂点を極めた、イタリアワイン界の名門

キャンティ・クラシコの名門カステッロ・ディ・アマは、独特のスタイルや一貫性、そして故郷への深い愛情に導かれたマルコ・パランティ氏と妻のロレンツァ・セバスティ女史によって世界最高レベルのワイン造りを行っています。現在のオーナー兼醸造家であるマルコ氏は、長年キャンティ・クラシコ協会の会長を務め、キャンティ・クラシコの地位を復活させた、イタリアが誇る名生産者。マルコ氏は、キャンティ・クラシコが早く飲める安ワインという存在だった時代に、「5年経っても美味しく飲める=熟成するキャンティ・クラシコを造る」と目標を掲げ、収量を約50%に制限し、畑の特徴を活かすため、ブルゴーニュ的なクリュごとに収穫・醸造する方法を取り入れました。

彼が目指したのは、「キャンティ・クラシコ」のワインを造るのではなく、 あくまで「カステッロ・ディ・アマ」のワインを造ること。キャンティ・クラシコの名に頼らず、自身の名に恥じない品質のワインを作ることを目指しました。 このような努力により、ワインの品質は劇的に向上し、アマのキャンティ・クラシコは世界的に高い評価を獲得するようになりました。

やがてクリュごとに仕立てる方法から、所有地全体の中からそれぞれに育ったブドウを集め、ブレンドすることで最上のワインを仕立てる方法へと移っていきます。 そのためそれまで1つのクリュとしてリリースされていたサン・ロレンツォ、ベルティンガという2つの区画のワインを廃止して、カステッロ・ディ・アマ・キャンティ・クラシコに統合。選び抜かれたブドウを使用することで、質の高いスタンダード・キュヴェを造ることができるようになりました。

生産地について

イタリア トスカーナ キャンティエリア

イタリア トスカーナ キャンティエリア

イタリアワインの代名詞キャンティを生む地。

キャンティエリアは、イタリアワインの顔とも言えるキャンティ、そしてカルミニャーノとポミーノを擁するトスカーナ州のシエナを中心とする幅広い地域。イタリア全土で栽培が盛んなブドウ品種サンジョヴェーゼを主体とした、美しい酸とイタリアらしい朗らかなキャラクターがもつ親しみやすさが魅力です。

オールドヴィンテージをお楽しみいただくために

詳しく見る

コルクにカビが生えているワインは保管の良い証

ワインの理想的な保管条件は温度が15℃前後、湿度が75%前後です。この条件はカビが発生しやすい状態で、ワインセラーで長期間保管していると、キャッ プシールの中、コルクの上部にカビがつくことが多くあります。もしコルクにカビがついていた場合はしっかり拭き取っていただければ問題はありませんのでご 安心下さい。

ラベルの汚れはオールド・ヴィンテージならば避けられないもの

長く保管されればされるほど、外見は完全な状態ではなくなります。長期間理想的な状態で保管されていたワインの多くは、高い湿度によってラベルにシワやシミができます。 シャトーによっては、蔵出し直前にラベルを張り付ける場合があり、オールド・ヴィンテージのワインでも綺麗なラベルのワインもありますが、シワ・シミがあるからといって、保管状態をご心配される必要はありません。

液面が下がっているのは、熟成の結果です

オールド・ヴィンテージのワインには、しばしば漏れた形跡が無いにも関わらず、ワインの量が目減する不思議な現象が起きます。これはコルクの絶妙な気密性が関係しています。コルク栓で閉めたワインボトルは完全密閉ではなく、僅かに空気を通すため、ワインは常に空気と触れ合い、少しずつ科学変化が起き、ゆっくりと熟成して いきます。 このような熟成中の変化を指して、ワインは呼吸していると表現されています。

コルクはゆっくり丁寧に抜きます

熟成を重ねると、コルクが柔らかく脆くなります。そのため若いワインのように勢いよく抜くのではなく、ゆっくりと丁寧に引き上げるように抜栓します。もしコルクが折れてボトルの中に落ちてしまったら、デキャンタに移して飲む方法がベストです。

ゆっくり丁寧にグラスに注ぎます

オールド・ヴィンテージのワインを飲む時は、勢いよく注がずに澱が舞いあがらないようにゆっくりと注ぎます。
そうすることで、最後までボトルの底に澱をためておくことができます。ためておいた澱は勿体ないですが、飲まずに捨ててしまいましょう。目安として瓶底1cm残しておくと良いとされています。

一本丸ごと味わいましょう

ボトルを立てておいたオールド・ヴィンテージのワインは、同じ1本でも上部と下部では味わいが異なります。
ボトルの下部ほど濃度が濃くなります。一本のワインで違った味わいを楽しみたい場合にはボトルから直接グラスに注ぎ、味を均一化するにはデキャンタに移すことをおすすめします。

コルクにカビが生えているワインは保管の良い証

ワインの理想的な保管条件は温度が15℃前後、湿度が75%前後です。この条件はカビが発生しやすい状態で、ワインセラーで長期間保管していると、キャッ プシールの中、コルクの上部にカビがつくことが多くあります。もしコルクにカビがついていた場合はしっかり拭き取っていただければ問題はありませんのでご 安心下さい。




クチコミ

全て見る

3

1 件のクチコミ

  • タゴタハウスさん

    2006年

    熟成ワインの醍醐味??

    梅干し、出汁、干し草。 とても黄昏モードですが、ピチピチした酸がありありなので、ピークアウトしたか逆に今からなのか、判断が難しいところ。

    2021.11.28

ギフトサービスについて


ギフトボックス

この商品は専用箱入りです。ボックスをご購入いただく必要がありません。

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.