<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
よりどり5本11,000円 2022年8月
グイダルベルト-0
グイダルベルト-1

グイダルベルト GUIDALBERTO

750ml

イタリアの至宝“サッシカイア”のセカンドラベル。早くから飲めるサッシカイアと言われる、フレッシュかつ、飲みごたえ十分の赤ワイン。

7,150

(税抜価格6,500円)

65pt

進呈

4.3

(70)

変更・返品について

※画像はイメージのため、実際の商品と若干異なる場合がございます。

2018年のワイン・スペクテーター年間トップ100において、見事世界第1位を獲得し、世界のワイン史に強烈な影響を与え続けている、イタリアワイン界の偉大な造り手サッシカイア。こちらは「早くから飲めるサッシカイア」というコンセプトのもと、造りだされるセカンド的存在の1本です。

5

8000円以下では過去イチ

上品で親しみやすい優等生

商品情報

ボディ

5

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

豊かな果実味が主役の濃厚な赤ワイン

  • 酸味

  • 渋味

  • 果実味



在庫一覧

  • 2020

    7,150

    (税抜価格6,500円)

    • JS 92
    • V 92

    詳しく見る

    味わい

    レッドチェリーやプラムの甘く爽やかな酸味のある果実のアロマに、ミントやバラ、杉のニュアンスが漂います。きめ細やかなタンニンがフレッシュな果実味と相まって、心地よいミディアムボディの味わい。余韻にはきのこやタバコのヒントが現れ、若いうちからももちろん愉しめますが、熟成も大いに期待できます。

    飲み頃

    ~2032年

    コルク

    品種

    • カベルネ・ソーヴィニヨン(50%)
    • メルロ(50%)
  • 2019

    7,150

    (税抜価格6,500円)

    • JS 93
    • WE 95
    • WS 90

    詳しく見る

    味わい

    深みのあるルビー色の外観。カシスやブラックチェリー、ブラッドオレンジの濃密な果実香に加えて、西洋杉や甘草、楠、シガーのニュアンスがグラスの中から立ち上ります。力強いテクスチャーが感じられつつも、エレガントな仕上がり。綺麗な酸と滑らかなタンニン、豊富な果実味が絶妙なバランスをみせ、しっかりとした骨格を形成しています。上品な果実の旨味を是非お愉しみ下さい。

    コルク

商品の紹介

グイダルベルト
背景

グイダルベルト

GUIDALBERTO

テヌータ・サン・グイド(サッシカイア)

イタリア
  • イタリア
  • トスカーナ
  • ボルゲリエリア

進化し続ける唯一無二のスーパータスカン

2016年ヴィンテージにおいて1985年以来、実に34年ぶりとなるワイン・アドヴォケイトにて100点を獲得したことに沸いたサッシカイアですが、その歴史は一筋縄ではいきませんでした。


リリースされた当時、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率が85%を超えるワインはイタリアのD.O.C.G法上、トスカーナで認められている原産地呼称を名乗ることはできなかったものの、そのクオリティは突出。トスカーナの規定を超越したという意味でスーパータスカンと称され、1980年代には熱狂的なブームが全世界へ広がりました。


1985年ヴィンテージには、イタリアワインで初めてワイン・アドヴォケイトにて100点を獲得。そして、1994年にはついにボルゲリ・サッシカイアとしてイタリアでは唯一、単独ワイナリーでのD.O.C昇格を果たしたことからも、まさにサッシカイアは法律さえも変えてしまう程偉大な銘柄と言えます。

近年では、2018年にワイン・スペクテーター年間トップ100において、フラッグシップ・キュヴェのサッシカイアが見事世界第1位を獲得。他の追随を許さず実に30年以上もの間圧倒的な存在感を放ち、トスカーナワインのみならずボルドーワインにいたるまで強烈な影響を与え続けています。

圧倒的存在感を放つ、「イタリアワインの至宝」

ニコロ・インチーザ・デッラ・ロケッタ氏

先代のマリオ・インチーザ侯爵のボルドーワイン好きが高じて、1944年にボルドーのシャトー・ラフィットから持ち込んだカベルネ・ソーヴィニヨンの苗を作付けしたのがサッシカイアのはじまりです。「サッシ=石、カイア=~な場所」と名前が表すとおり、その土地はまさにボルドー、メドック地区に似た石ころだらけの畑であり、カベルネ・ソーヴィニヨンに最適の地質でした。


1960年代、元々自家消費用のためだけに造られていたワインが大変な評判になり生産を拡大、1970年代になると徐々に世界的な販売を開始しました。その当時、85%を超えるカベルネ・ソーヴィニヨン主体のワインは、ワイン法上、格の高い原産地呼称D.O.C.Gを名乗ることができませんでしたが、サッシカイアはその味わいで1990年代から全世界で熱狂的なブームへ。IGTトスカーナ=テーブルワインという格下の呼称でありながら、卓越した品質を誇ったためスーパータスカンと呼ばれ、賞賛されるようになりました。


そこから30年以上、サッシカイアは元祖スーパータスカンとして圧倒的な存在感を放ち、現在までのトスカーナワインやボルドーワインまでにも強烈な影響を与え続けています。

トスカーナにしてトスカーナにあらず、ボルゲリのテロワール

サッシカイアが造られているボルゲリ地区は、トスカーナ州の中心地シエナから真っ直ぐ西へ、州を横断するように進んだ海沿いのエリア。南北に細長くひろがったマレンマと呼ばれる地域にあり、同じトスカーナにある銘醸地、キャンティやブルネッロ・ディ・モンタルチーノとは異なる地中海性の温暖な気候が特徴です。


年間を通して温暖で、常にさんさんと降り注ぐ陽光のおかげで日中は暖かく、夜は海風の影響で冷え込みます。この温度差が日々ブドウの凝縮感を高めながら、肉厚でジューシーな果実を育てるのです。また雨が少ないため、収穫前の雨によって果実が不作となる心配もあまりなく、他の地区よりも2週間ほど早く収穫ができるのもこのエリアならではの特徴です。


さらに土壌にも特徴があり、もともとは湿地帯だったマレンマの土地は砂質、石灰質、粘土質が入り組んでおり、海に近いことによりミネラル分も豊富。ゆるやかながら起伏があり、日当たり、水はけなどを考え合わせると、とてつもなく入り組んだミクロ・クリマとなります。実は、サッシカイアのブドウ畑は広い敷地の中に点在。それは様々な土壌の中で最適な場所を選んで植えられているからです。このミクロ・クリマが多様な国際品種の適正も受け止め、トスカーナの他のエリアとは違った自由なワイン造りを実現させています。

サッシカイアの目指すスタイルとは、フィネス、バランス、酸を備えた古き良きボルドーの味わい。それでいて、厳格なボルドーのグラン・ヴァンとはどこか違った、イタリアワインらしい肩の力の抜けた優雅で堂々たる品格を感じることができます。壮大な構造の中に溌剌とした酸、それと同じくらい感じられる果実の甘味と旨みが、力強いタンニンに溶け込み一体となるのです。


リリース当初、イタリアのD.O.C法に則った製法ではなかったため原産地呼称を名乗れなかったサッシカイアですが、自らのワインの味わいでボルゲリが他のエリアとは異なるテロワールの偉大なワイン産地であることを証明し、ボルゲリ・サッシカイアとして、イタリアでは唯一、単独ワイナリーでのD.O.C昇格を果たしました。サッシカイアの後を追うように、ボルゲリには多くの生産者が参入し、いまや高得点を誇るスーパータスカンのメッカとなっています。

豊かな香りを備えた「早くから飲めるサッシカイア」

「早くから飲めるサッシカイア」というコンセプトで2000年からリリースされているグイダルベルト。そのコンセプトの通り、引き締まった良質な酸、ふくよかな旨味がたっぷり詰まったワインです。畑は標高100~300mに位置し、石灰岩を多く含み様々なタイプの土壌が混ざり合った区画でブドウは生育され、手摘みで収穫。醸造は外部の酵母を一切添加せず、約76℃~29°Cに管理されたステンレスタンクで実施しています。

2020年ヴィンテージについては、マセラシオン(醸し)をメルロは約12~14日、カベルネ・ソーヴィニヨンは約13~16日実施。バランスの良い香りを抽出し繊細なタンニンを得るため、ルモンタージュとデレスタージュを頻繁に行いました。そしてマロラクティック発酵をステンレスタンク行った後、フレンチオークとアメリカンオークで15ヵ月間熟成。その後、リリース前に瓶内で3ヵ月間ワインを落ち着かせてからリリースしています。



クチコミ

全て見る

4.3

70 件のクチコミ


スタッフレビュー

全て見る
  • 上品で親しみやすい優等生

    サッシカイアのセカンド的存在という肩書きもさることながら、多くのワインラヴァーを虜にしてやまない濃厚さと気品、親しみやすさを持ち合わせたこちらは、贈り物にもおすすめの1本です。 ブラックチェリーやカシスなどの黒系果実に、ヴァニラやチョコレート、ナツメグなどの複雑で上品な香り。濃厚な果実味がありますが、綺麗な酸味、緻密で溶け込んだタンニンが抜群のバランスを発揮し、過度な重さを感じさせない洗練されたスタイルです。 私は大好物のハンバーグと合わせて、贅沢気分を噛み締めながら頂きました。じっくり時間をかけてお楽しみください。

    レビュー全文を見る
    • 飲みごたえあり
    • 今飲んで美味しい
    • ゆっくり楽しみたい

    2022.07.06

  • じっくり腰を据えて臨みたい。

    黒色果実にシナモンなどの甘い香りのスパイス。ナツメグやリコリス、ヴァニラなどのニュアンス。また、樽からカカオの印象も。 しっかりタニックな骨格をしており、チェリーなどの赤系果実とカシスなどの黒色果実を同時に感じます。余韻にはチョコレート、シナモン、クローヴなどの要素があり、複雑で素晴らしい出来栄えです。 時間とともに変化するので、時間をかけて楽しみたいですね。 炭火焼の鹿かイノシシがオススメです。

    レビュー全文を見る
    • 後引く美味しさ
    • ゆっくり楽しみたい
    • 飲みごたえあり

    2022.06.02

  • 様々な人々の心を掴む味わい

    普段ワインを飲まない友人たちとたまにはワインを飲むことになったのだが、その時飲んだのがこのワイン。全員がうまいといいながらあっという間に空になってしまいました。このワインには初心者からワインラヴァーまで幅広い人の心を掴む魅力があるのでしょう。カシス、ブラックベリー、プラム、バニラ、シナモン、リコリスなどの香り。熟した果実香はとても華やかです。味わいは全体のバランスが良く、綺麗にまとまっています。ジューシーな果実味に中程度の酸、タンニンは滑らかで若いうちから楽しむことができるスタイルに仕上がっています。あの有名なサッシカイアのセカンドワインでもあるので、プレゼントにおススメです。

    レビュー全文を見る
    • グッドバランス
    • ボルドー好き必見
    • 開けたてからおいしい

    2022.05.27

  • 「サッシカイアのセカンド」というよりも「グイダルベルト」

    こちらは元祖スーパータスカン、重厚感のあるサッシカイアよりも、メルロの比率を高めることでよりまろやかに、滑らかな印象の赤ワイン。早くから飲めるサッシカイアというコンセプトですが、スタイリッシュな印象のこちらのグイダルベルトは果実の旨味がしっかり感じられつつもエレガントな酸とバランスがうまく取れており、熟成を待たずして美味しく飲むことができます。サッシカイアのエッセンスを存分に味わえるワインではございますが、個人的には「サッシカイアのセカンド」よりも「グイダルベルト」として味わっていただきたいような、また一味違う赤ワインです!

    レビュー全文を見る
    • ボルドー好き必見
    • 今飲んで美味しい
    • 後引く美味しさ

    2021.09.23

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

  • 木箱:1本用 1,320円(税込) / 2本用 1,650円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.