<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
よりどり3本11,000円 2021年12月
サッシカイア [ハーフボトル]-0
サッシカイア [ハーフボトル]-1

サッシカイア [ハーフボトル] SASSICAIA [HALF BOTTLE]

375ml

圧倒的な存在感を放つ、「イタリアワインの至宝」。進化し続ける唯一無二のスーパータスカン。

14,300

(税抜価格13,000円)

390pt

進呈

ポイントアップ3%付与中(12月14日0:59まで)

4.7

(39)

元祖スーパータスカンとして30年以上にも渡り圧倒的な存在感を放ち続ける「イタリアワインの至宝」サッシカイア。彼らの目指すスタイルとは、フィネス、バランス、酸を備えた古き良きボルドーの味わい。パワフルさとエレガンスを兼ね備えた、イタリアワインを代表する逸品をぜひお楽しみください。

5

熟成させてこそ

毎ビンテージ購入。 若いビンテージでも十分においしいですが、 長期熟成させることをおススメします。

商品情報

味わい

  • 酸味

  • 渋味

  • 果実味



在庫一覧

  • 2018

    14,300

    (税抜価格13,000円)

    • D 97
    • JS 97
    • V 97
    • WA 97+
    • WE 98
    • WS 96

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2018年のトスカーナ州ボルゲリエリアは、春先から雨が多く降り、例年のような暑く乾燥した初夏を迎えられませんでした。しかし、7月から徐々に天候が回復、寒さと暖かさの両方を経験した年になりました。ワインは、フィネスを備えた果実味と上品な酸味を備えた、エレガントなスタイルに仕上がっています。

    味わい

    外観は輝きのあるダークルビー。グラスに注ぐと、ワイルドベリーやフランボワーズ、カシスなどの果実のアロマに、ミントやたばこ、リコリス、なめし革などの複雑に折り重なったニュアンスが立ち上ります。口に含むと、濃縮感のある果実味が口いっぱいに広がり、ベルベットのように上品なタンニンが滑らかな舌触りを演出。透明感のある酸味がエレガントなフィニッシュへと導き、余韻にはフローラルな風味が長く続きます。しっかりとしたストラクチャーを備えつつも、エレガンスが際立つサッシカイアらしいクラシックな仕上がりです。

    飲み頃

    ~2045年

    コルク

  • 2017

    14,300

    (税抜価格13,000円)

    • GR トレ・ビッキエリ
    • JS 96
    • V 93-96
    • WA 94

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2017年のトスカーナ州ボルゲリは、ワイン・スペクテーター誌のヴィンテージチャートにて93点を獲得した優良年。例年に比べて春と夏が温暖で乾燥した気候だったため、ブドウは健全に成長。理想的な成熟を遂げ、バランスに優れた上質なブドウから、濃密な仕上がりの赤ワインが造られました。

    <br><br>サッシカイアの2017年は、2010年以降で最も暑く乾燥したヴィンテージのひとつです。開花期の遅霜と強い海風によって収量が20%低下した分、凝縮度の高いブドウに成長。また、8月中旬から9月末までの昼夜の寒暖差によって、フレッシュな果実味と上質な酸を備えたブドウの収穫に成功しています。

    味わい

    野イチゴやプラムなどの爽やかな果実のアロマに、森の下草やバラ、ハーブなどのニュアンス。多層で深みのある香りがグラスからあふれ出します。口の中に広がっていく、凝縮した果実味と力強くもしなやかなタンニンが印象的。ボルゲリらしいミネラル感もしっかりと感じることができます。エネルギッシュながらも、全体のバランスに優れたエレガントなスタイル。ミネラルとほのかな苦みを帯びた美しい余韻も魅力です。ワインが空気に触れていくとよりボリューム感のあるリッチな味わいへと変化していきます。

    アルコール度数

    14%

    飲み頃

    ~2040年

    コルク

商品の紹介

サッシカイア [ハーフボトル]
背景

サッシカイア [ハーフボトル]

SASSICAIA [HALF BOTTLE]

サッシカイア(テヌータ・サン・グイド)

イタリア
  • イタリア
  • トスカーナ
  • ボルゲリエリア

進化し続ける唯一無二のスーパータスカン

2016年ヴィンテージにおいて1985年以来、実に34年ぶりとなるワイン・アドヴォケイト誌にて100点を獲得したことに沸いたサッシカイアですが、その歴史は一筋縄ではいきませんでした。リリースされた当時、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率が85%を超えるワインはイタリアのD.O.C.G法上、トスカーナで認められている原産地呼称を名乗ることはできなかったものの、そのクオリティは突出。トスカーナの規定を超越したという意味でスーパータスカンと称され、1980年代には熱狂的なブームが全世界へ広がりました。1985年ヴィンテージには、イタリアワインで初めてワイン・アドヴォケイト誌にて100点を獲得。そして、1994年にはついにボルゲリ・サッシカイアとしてイタリアでは唯一、単独ワイナリーでのD.O.C昇格を果たしましたことからも、まさにサッシカイアは法律さえも変えてしまう程偉大な銘柄と言えます。
近年では2013年に、イタリアで最も権威あるワインガイド、ガンベロ・ロッソ誌において最優秀赤ワインに選出。2018年にはワイン・スペクテーター年間トップ100において、フラッグシップ・キュヴェのサッシカイアが見事世界第1位を獲得するなど、他の追随を許さず実に30年以上もの間圧倒的な存在感を放ち、トスカーナワインのみならずボルドーワインにいたるまで強烈な影響を与え続けています。

圧倒的存在感を放つ、「イタリアワインの至宝」

先代のマリオ・インチーザ侯爵のボルドーワイン好きが高じて、1944年にボルドーのシャトー・ラフィットから持ち込んだカベルネ・ソーヴィニヨンの苗を作付したのがサッシカイアのはじまりです。「サッシ=石、カイア=~な場所」と名前が表すとおり、その土地はまさにボルドー、メドック地区に似た石ころだらけの畑であり、カベルネ・ソーヴィニヨンに最適の地質でした。
1960年代、元々自家消費用のためだけに造られていたワインが大変な評判になり生産を拡大、1970年代になると徐々に世界的な販売を開始しました。その当時、85%を超えるカベルネ・ソーヴィニヨン主体のワインは、ワイン法上、格の高い原産地呼称D.O.C.Gを名乗ることができませんでしたが、サッシカイアはその味わいで1990年代から全世界で熱狂的なブームへ。IGTトスカーナ=テーブルワインという格下の呼称でありながら、卓越した品質を誇ったためスーパータスカンと呼ばれ、賞賛されるようになりました。そこから30年以上、サッシカイアは元祖スーパータスカンとして圧倒的な存在感を放ち、現在までのトスカーナワインやボルドーワインまでにも強烈な影響を与え続けています。

トスカーナにしてトスカーナにあらず、ボルゲリのテロワール

サッシカイアが造られているボルゲリ地区はトスカーナ州の中心地シエナから、真っ直ぐ西へ、州を横断するように進んだ海沿いのエリア。南北に細長くひろがったマレンマと呼ばれる地域にあり、同じトスカーナにある銘醸地、キャンティやブルネッロ・ディ・モンタルチーノとは異なる地中海性の温暖な気候が特徴です。年間を通して温暖で常にさんさんと降り注ぐ陽光のおかげで日中は暖かく、夜は海風の影響で冷え込みます。この温度差が日々ブドウの凝縮感を高めながら、肉厚でジューシーな果実を育てるのです。また雨が少ないため、収穫前の雨によって果実が不作となる心配もあまりなく、キャンティやブルネッロのサンジョヴェーゼよりも、2週間ほど早く収穫ができるのもこのエリアならではの特徴です。
さらに土壌にも特徴があり、もともとは湿地帯だったマレンマの土地は砂質、石灰質、粘土質が入り組んでおり、海に近いことによりミネラル分も豊富。ゆるやかながら起伏があり、日当たり、水はけなどを考え合わせると、とてつもなく入り組んだミクロ・クリマとなります。実は、サッシカイアのブドウ畑は広い敷地の中に点在しています。それは様々な土壌の中で最適な場所を選んでブドウが植えられているから。このミクロ・クリマが、多様な国際品種の適正も受け止め、トスカーナの他のエリアとは違った自由なワイン造りを実現させています。
そんなサッシカイアの目指すスタイルとは、フィネス、バランス、酸を備えた古き良きボルドーの味わい。それでいて、厳格なボルドーのグラン・ヴァンとはどこか違った、イタリアワインらしい肩の力の抜けた優雅で堂々たる品格を感じることができます。壮大な構造の中に溌剌とした酸、それと同じくらい感じられる果実の甘味と旨みが、力強いタンニンに溶け込み一体となるのです。 リリース当初、イタリアのD.O.C法に則った製法ではなかったため原産地呼称を名乗れなかったサッシカイアですが、自らのワインの味わいでボルゲリが他のエリアとは異なるテロワールの偉大なワイン産地であることを証明し、ボルゲリ・サッシカイアとして、イタリアでは唯一、単独ワイナリーでのD.O.C昇格を果たしました。サッシカイアの後を追うように、ボルゲリには多くの生産者が参入し、いまや高得点を誇るスーパータスカンのメッカとなっています。

サッシカイアらしいエレガンスと長期熟成に秀でた仕上がり

サッシカイアの2017年は、2010年以降で最も暑く乾燥したヴィンテージのひとつです。2017年は、イタリアの多くの地域で猛暑となり、生産者たちにとって簡単な年ではありませんでしたが、サッシカイアにおいてはヴィンテージの魅力を見事に引き出すことに成功。ワイン・アドヴォケイト誌をして「2016年はヴィンテージの勝利だったが、2017年はサッシカイアという造り手がヴィンテージに勝利した。気候に対して造り手が上回る実力を発揮した。」と言わしめるほど、その技術力が高く評価された年となりました。
グラスに注ぐと、野イチゴやプラムなどの爽やかな果実のアロマに、森の下草やバラ、ハーブなどのニュアンス。多層で深みのある香りがグラスから溢れ出します。口の中に広がっていく、凝縮した果実味と力強くもしなやかなタンニンが印象的。ボルゲリらしいミネラル感もしっかりと感じることができます。エネルギッシュながらも、全体のバランスに優れたエレガントなスタイル。ミネラルとほのかな苦みを帯びた美しい余韻も魅力です。ワインが空気に触れていくとよりボリューム感のあるリッチな味わいへと変化していきます。 サッシカイアの魅力の1つは飲み頃の長さ。2017年ヴィンテージは若いうちからでも既に愉しめる親しみやすい味わいですが、長期熟成によって真のポテンシャルが引き出される力強い骨格を備えています。バックヴィンテージが出回ることの少ないイタリアワインを確実に入手出来るのはリリース直後の今!ぜひこの機会に、まとめて買っておくことをお勧めします。




クチコミ

全て見る

4.7

39 件のクチコミ

  • カズさん

    2016年

    スーパータスカン

    スーパータスカンと言えばこのワインと言われるほど、有名なサッシカイア。2015 年を飲みました。当然まだ早いと思ってましたが、今飲んでもパワフルな果実のアロマと丸みのある口当たりに十二分に楽しめました。熟成したらどうなるのか 興味大です。

    2020.03.07

  • エマニュエル・ルジェの大ファンさん

    2016年

    最高のヴィンテージの熟成後の味が楽しみ

    前回購入した時には若いままを飲んだので、今回はしっかり熟成させた後に飲むことにします。ロバートパーカーのサイトを見ると熟成の進み方がヴィンテージ毎に全く異なるので飲み頃を見極めるのが難しそう。だけど、それも楽しみの一つ。機会があれば是非買い足したいと思います。

    2020.04.22

  • absoluteさん

    2012年

    イタリアの代表的ワイン

    イタリアワインとして有名なブランドですが、それにふさわしい味わいです。 しっかりとした果実味と余韻があり今飲んでも十分楽しめます。

    2016.01.24

  • easygoerさん

    優雅で感傷的な余韻。

    カベルネ・ソーヴィニヨンを見事に昇華させたトスカーナ・ワインの傑作ではないでしょうか。香り豊かでエロティックな余韻。素晴らしいワインです。

    2016.12.20

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.