<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
よりどり5本11,000円 2022年8月
シト・モレスコ [マグナムボトル]-0
シト・モレスコ [マグナムボトル]-1

シト・モレスコ [マグナムボトル] SITO MORESCO [MAGNUM BOTTLE]

1500ml

イタリアワイン界の帝王と称されるガヤ。土着品種と国際品種の美点が見事に調和。ピュアな果実の旨みが詰まった、今飲んで素直に楽しめるスタイル。

13,200

(税抜価格12,000円)

120pt

進呈

4.1

(46)

変更・返品について

※画像はイメージのため、実際の商品と若干異なる場合がございます。

イタリアワインの地位の向上に最も貢献し、世界中の生産者の中でもトップクラスのガヤ。こちらのキュヴェはイタリアの土着品種ネッビオーロとバルベラに、国際品種のメルロをブレンドした、イタリアワインの中でも革新的な1本。優美さと複雑さを兼ね備えた、熟成のポテンシャルを持つ洗練された味わいです。

商品情報

カテゴリ

タイプ

生産者

容量

1500ml

原産地呼称

おすすめ料理

牛肉とマカロニのトマト煮、ラムチョップにキノコの付け合わせ



在庫一覧

  • 2017

    13,200

    (税抜価格12,000円)


    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    暖かな乾燥した冬により、例年より早めの発芽となった2017年のピエモンテ。4月に降ったあられの影響で、ピエモンテ全体の生産量が60%に減少してしまいました。しかし夏になると、再び暖かく安定した気候が収穫期まで続き、昼夜の寒暖差が激しかったことで、フルーティーなアロマに新鮮な果実味を備えたブドウが成熟しました。

    味わい

    ラズベリーやチェリーなどの赤系果実のピュアなアロマが前面に出ており、加えてオレンジやスパイスのヒントが複雑に重なり合うブーケが感じられます。味わいは、優美さと複雑さを兼ね備えた印象。ラズベリーのような赤い果実のチャーミングな風味とフレッシュな酸味が口いっぱいに広がり、続いて甘草やタールのニュアンスが味わいに複雑さを与えています。そして滑らかなタンニンと豊かなミネラルが優美な余韻を演出します。土着品種と国際品種のブレンドが織り成す、優れた個性が魅力です。

    熟成方法

    バリック樽で12ヵ月間熟成、その後瓶内で最低6ヵ月間熟成

    コルク

  • 在庫僅か

    残りあと2本

    2016

    13,200

    (税抜価格12,000円)


    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2016年のピエモンテは、ワイン・アドヴォケイトのヴィンテージチャートにおいて、バローロが97点、バルバレスコが95点と、双方にとって素晴らしい出来となったグレートヴィンテージ。例年よりも涼しく乾燥しており、全体として穏やかな気候でした。激しい雨などが降ることもありましたが、ブドウはゆっくりと順調に成熟。特に9月の天候は素晴らしく、長い成育期間を確保することができたため、晩熟型のネッビオーロにとって素晴らしい年となりました。「エレガンス、フィネス、力強さ、どれをとっても完璧なヴィンテージ」「ピエモンテにとって最重要となるヴィンテージ」「間違いなく近年でベストなヴィンテージ」と多くの造り手が声を揃えてコメントしています。

    味わい

    グラスに注ぐと、明るいルビーレッドの色調。ラズベリーやチェリーなど赤系果実のピュアなアロマや白胡椒、ハーブ、フローラルの複雑性のあるニュアンスが香水のように力強く立ち上がります。口に含むと、豊かな果実味が前面に感じるフルーティーな味わいで、余韻は長く、シルクのように滑らかなタンニンが魅力。ネッビオーロのエレガンスとメルロのしなやかさ、バルベラの華やかさが三位一体となって溶け合う洗練されたスタイルです。

    熟成方法

    バリック樽で12ヵ月間熟成、その後瓶内熟成を最低6ヵ月間

    コルク

商品の紹介

シト・モレスコ [マグナムボトル]
背景

シト・モレスコ [マグナムボトル]

SITO MORESCO [MAGNUM BOTTLE]

ガヤ

イタリア
  • イタリア
  • ピエモンテ

"イタリアワインの帝王"と讃えられる、カリスマ的な存在

イタリアワインの生産者として、間違いなくトップクラスの地位を不動ものとしているガヤ。ガヤの歴史は17世紀半ば、ガヤ・ファミリーの初代、ジョヴァンニ・ガヤ氏がスペインのカタルーニャ地方からピエモンテに移住してきたことから始まりました。ジョヴァンニ氏は1859年にワイナリーを創設、2代目の時代には現当主であるアンジェロ氏の祖母、クロチルド・レイ女史もワイン造りに参加し、徹底して品質にこだわるガヤスタイルのワイン造りの基礎を造り上げました。

ガヤファミリー

そして3代目、アンジェロ氏の父にあたるジョヴァンニ氏の代に、現在もガヤのフラッグシップであるキュヴェ、バルバレスコが高い評価を受けたことによってイタリアワイン界のトップとしての地位を確立。同時に「ソリ・サン・ロレンツォ」や「コスタ・ルッシ」などの畑を購入し、ワイナリーを拡大しました。


そして4代目、現当主のアンジェロ氏の時代。1961年からワイナリーに携わっていたアンジェロ氏は、バリック樽の導入や、単一畑のワインの生産など、様々な改革を実施。ピエモンテの伝統的なワイン造りを守りながら、革新的な設備や技術を取り入れ、世界中から認められる存在となりました。現在は、5代目を担う3人の子供たちとともにワイン造りを行っています。


また1990年代には本拠地のピエモンテだけではなく、トスカーナ州にも二つのワイナリーを購入。現在、ピエモンテには250エーカー、トスカーナには67エーカーの畑を持ち、両方の産地から世界的高評価受けるワインを数多く造り出しています。

イタリアワイン界に大きな影響を与えた、現当主アンジェロ・ガヤ氏の功績

ガヤがイタリアワインの帝王と呼ばれる所以は、初代から続く徹底した品質主義のワイン造りはもちろん、それに加え、現当主であるアンジェロ氏の行った様々な革新的な改革によってイタリアワイン界に大きな影響を与え、現在もイタリアワイン界を牽引する存在であり続けていることによります。アンジェロ氏は「最高のワインにしか興味がない」と断言し、一切の妥協を許さない独自の哲学を持って臨み、イタリアワインの地位の向上に最も貢献した人物の一人とされているのです。

バリックの使用

かつて、バローロとバルバレスコで造られるネッビオーロ種のワインは、強固なタンニンと強い酸があり、長期熟成を必要とした堅牢なワインでした。ガヤはこのネッビオーロに、バリック(小樽)による熟成によってタンニンを柔らかくする方法を採用。発酵温度を管理し余分なタンニンの抽出を抑えることで、早くからでも愉しめ、バランスの取れた味わいのワインを造ることに成功しました。


昔からのやり方を守り続ける伝統派とバリック派の対立もありましたが、それを乗り越え、バルバレスコやバローロの新しいスタイルは受け入れられ、ガヤはイタリア最高峰と賞賛を浴びることとなりました。

単一畑の概念

アンジェロ氏は、バルバレスコにある最高の区画からブルゴーニュのグラン・クリュ、プルミエ・クリュのワインように、単一畑のワインを造り始めました。1967年に初めて、バルバレスコ最高の区画から単一畑のソリ・サン・ロレンツォをリリース。続いてソリ・ティルディン、コスタ・ルッシと3種類の単一畑を造り始めました。その後、バローロでも同様、コンテイザとスペルスという2種類の単一畑キュヴェをリリース。ブルゴーニュのようなガヤの単一畑のワインは世界中で大人気となり、大変高い評判を得ました。

国際品種の栽培

「ブドウが何であれ、土壌が良ければ質の高いブドウが育つ。世間の目をバルバレスコに向かせるためには、まず、よく知られているカベルネ・ソーヴィニヨンで注目させねばならない。」との考えの下、アンジェロ氏はネッビオーロが植えられていたピエモンテの優良な畑でカベルネ・ソーヴィニヨンをはじめとする国際品種のブドウを育て始めます。その目論見は見事成功し、「ダルマジ」が高い評価を受けたことで、ガヤの世界的名声を高めることとなりました。

女性的なニュアンスと男性的な味わいが融合した、ガヤの入門編とも言える1本

こちらのシト・モレスコは、ピエモンテの土着品種ネッビオーロとバルベラに、国際品種のメルロをブレンドした、イタリアワインの革新的な存在の一つ。「モレスコさんの場所」という意味の「シト・モレスコ」は、1979年にアンジエロ・ガア氏が買い取った畑の一つの、以前のオーナーファミリーの名前に由来しており、約25年前に造られるようになりました。バルバレスコ地区のトレイゾ、スペルスが造られているバローロ地区のセッラルンガの畑で栽培されたブドウを使用しています。


トレイゾで造られるワインは酸が豊富で、繊細かつエレガントなニュアンスを持ち、熟成させると甘みが増すのが特徴。一方のセッラルンガは、引き締ったボディと酸、トレイゾと比較すると骨格のある味わいのワインが多く造られています。女性的なトレイゾの気品溢れる風味と、男性的なセッラルンガの力強い味わいが見事に融合した仕上がりです。


また、コスタ・ルッシなどの単一畑シリーズが、これまで10%ほどブレンドしていたバルベラを廃止しネッビオーロ100%になったのに伴い、2015年ヴィンテージからは、そのバルベラを全てこちらのシト・モレスコに使用するようになり、格段に品質が向上しています。

ブドウは収穫後、それぞれ品種毎に温度管理されたステンレスタンクで約3週間発酵を行い、マロラクティック発酵を実施した後に品種をブレンド。その後2年目と3年目のバリックで12ヵ月間熟成し、瓶詰めした後、最低6ヵ月間の熟成を経てリリースされます。こうして造られるワインは、ネッビオーロの上品さに、バルベラの華やかさとメルロの柔らかさが見事に調和した味わい。またオークの古樽を使用することで、果実のピュアな旨味を引き出し、そこにほのかなスパイスの風味が溶け込みます。


外観は深みのあるルビー色。グラスに注ぐと、熟したラズベリーやプラムなどの果実のアロマと、バラやラベンダーの華やかな香りがエレガンスを演出。口に含むと、ブドウの旨味とネッビオーロ由来のしっかりとしたタンニンが広がります。綺麗な酸とバニラやナツメグなどのほのかなスパイスの風味を伴う、上品な余韻が長く続きます。


優美さと複雑さを兼ね備えた、熟成ポテンシャルを持つ洗練されたスタイル。イタリアの土着品種と国際品種が見事に調和した、ガヤが手掛ける上質な赤ワインです。若いうちから愉しめる、イタリアワインの帝王ガヤの入門編。まだガヤのワインを飲んだ事の無い方や贈り物にもぴったりな1本です。



クチコミ

全て見る

4.1

46 件のクチコミ

  • 2019年

    残念かも。

    0人の役に立ちました

    2022.06.13

  • 2019年

    リピートしたいワイン

    0人の役に立ちました

    2022.04.24

  • 2018年

    上品な味

    0人の役に立ちました

    2022.03.08

  • 2018年

    苺が香るチャーミングなワイン

    0人の役に立ちました

    2022.01.31

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.