0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)
よりどり5本1万円
バルバレスコ バルバレスコ バルバレスコ
※ 一部ワインショップでは商品のお取扱いがない場合もございます。
BARBARESCO

BARBARESCO

Price:22,000 Yen (23,760 Yen (Tax included)) ~

総合評価:

5.0
  • 01

    2015 750ml[Full]

    22,000 Yen (23,760 Yen (Tax included))

    WA 93WS 95

    220 Points!

    About Vintage

    Quantity:
  • 02

    2008 750ml[Full]

    40,000 Yen (43,200 Yen (Tax included))

    WA 93WS 90

    400 Points!

    About Vintage

    Quantity:
  • 03

    1995 750ml[Full]

    49,000 Yen (52,920 Yen (Tax included))

    WA 90WS 94

    490 Points!

    About Vintage

    Quantity:

綺麗にまとまった熟成香と力強いストラクチャーが魅力。
ガヤの真価が発揮された深遠な味わい。

バルバレスコ

44,000円(47,520円 税込)

-->

ゴージャスかつ純粋な果実味が魅力。
90年依頼、最高と称される出来。

バルバレスコ

50,000円(54,000円 税込)

-->

不定期入荷の稀少な蔵出しバックヴィンテージ!

「イタリアワインの帝王」との異名を持つ、ガヤ。イタリアのソムリエのバイブルとも言われる評価誌ガンベロ・ロッソにおいて、最新2016年版では過去10年間で50以上という史上一番多くのトレ・ビッキエリ(最高賞)を獲得し、名実ともにイタリアでは他を寄せ付けない圧倒的な地位を確立。さらに世界の名だたる評論家が、
「イタリアワインにとどまらず世界最高峰のワインに数えられる。」 /ワイン評論家 マット・クレイマー
「一貫して傑出しており、深遠である。」 /ワイン評論家 ロバート・パーカー
と賛辞を贈っています。
今回は、ネッビオーロの美しさと帝王の品格を完璧に体現したフラッグシップワイン、「バルバレスコ」の蔵出しバックヴィンテージ1995年、1996年、2000年が入荷いたしました。バルバレスコはインディペンデント紙にも「シャトー・ラフィットあるいはクリュッグと同じくステータス・シンボルである」と賞される至高の逸品。しかも、今回入荷したのは1996年から2001年まで続いた1990年代黄金のヴィンテージを含む、いずれも入手困難な稀少品となっております。不定期入荷の貴重な蔵出しバックヴィンテージは入荷の度に即完売しておりますので、気になる銘柄はお早目にお求めください。


イタリアワインの帝王、ガヤの原点

常にイタリアワインを牽引する存在であり世界のトップワインに挙げられる、ガヤ。1859年に創業したガヤは、もともとトラットリア(タベルナ)を営んでいた創業者ジョヴァンニ・ガヤがお店でサービスするためのワインを造っていたのが歴史の始まりです。ジョヴァンニはワイナリー設立当初から、当時では分業制であったブドウ栽培と醸造及びネゴシアンの全てを自社で一貫して行い、自社畑を買い増ししていったため、ガヤ家は今日バルバレスコ随一の素晴らしい立地の古い畑を広く所有することになりました。
そして二代目アンジェロ・ガヤの妻クロチルド・レイは、ガヤ家に嫁いだ時の持参金を畑やワイン醸造用の樽を購入するなど、一族の将来に投資。さらには「ワイナリーを常に清潔に」、「組織立てたワイナリー経営を」、「良いブドウだけを使うこと」といった精神性を息子である3代目ジョバンニ・ガヤに叩き込みました。バルバレスコ市長を25年務めた3代目のジョヴァンニ・ガヤは、母クロチルド・レイの影響を大いに受け、ガヤ・ワインのブランド価値を高めることに成功します。ジョヴァンニは良いブドウを生産できる畑を選別し、新たな畑を次々と購入したことに加え「不作の年にはワインを造らない」というポリシーを貫き「最高のワインしか造らない」というガヤの名声を高めました。
そして現当主、5代目のアンジェロ・ガヤの時代。アンジェロは、初めて発酵にバリックを使用し、また、グリーンハーベストや発酵時の温度コントロールも導入し、それまで以上にワインの品質を高めました。そして1964年には世界で初めて単一畑のバルバレスコをリリースし、そのワインは世界を席巻することとなります。
こうして創立当初より、ガヤ・ファミリーの偉大な祖先達の先見の明によって少しずつ集めてきた素晴らしい畑の集大成がバルバレスコなのです。だからこそ、バルバレスコは、ガヤ・ファミリーの原点であり、彼らが最も大切にしているワインであり続けるのです。

伝統的な3つの単一畑

こうして5世代にわたって続くガヤ・ファミリーが大切に守り続けるバルバレスコの畑。その広大な畑の中には、明確な個性をもつ畑があることに気が付いた4代目のアンジェロ・ガヤは、1960年代以降、特に個性的な3つの畑「ソリ・サン・ロレンツォ」「ソリ・ティルディン」「コスタ・ルッシ」をそれぞれ単一畑としてリリースします。これらのワインは世界で初めて単一畑としてリリースされたバルバレスコであり、その圧倒的なクオリティの高さは世界中で熱狂的に支持されることとなりました。

【3つのバルバレスコ単一畑】
ソリ・サン・ロレンツォ・・この地区にあるアルバ大聖堂の守護聖人にちなんで命名されたワイン。バルバレスコの中央に位置する畑で、標高260mの泥灰質の土壌で造られるワインは、単一畑の中で一番力強い造りとなっており、豊富なミネラルのある奥深い味わいが特徴です。
ソリ・ティルディン・・単一畑の中で最も暖かい場所にあり、「ソリ」は太陽が降り注ぐ南向きの斜面、ティルディンはアンジェロ氏の祖母の名を取って名づけられています。標高270mの9haの、コスタ・ルッシに隣接する畑で、バランスがとれた秀逸な出来となります。
コスタ・ルッシ・・標高約230mに位置する南西向きの5haの畑。主に粘土、沈泥、石灰が混ざり合った土壌。ガヤが造るバルバレスコの単一畑の中では最も標高が低く、最もエレガントなスタイルとなります。ビロードのような質感が特徴です。

しかし、単一畑のワインがもてはやされ、スタンダードのバルバレスコが軽んじられることを憂慮したアンジェロ・ガヤは、1995年に3つの単一畑をD.O.C.ランゲに格下げし、リリースする唯一のバルバレスコを1銘柄に定めるという決断をします。
14区画の畑のブドウをブレンドすることで「バルバレスコ」のテロワールを体現した、ガヤが唯一リリースするこちらのバルバレスコは、ガヤの妥協のないワイン造りの姿勢が見事に表現された、ガヤの原点にして「真のバルバレスコ」と言える逸品なのです。

2000年のバルバレスコは、8月まで続いた熱波の影響で果実が完璧に成熟したグレートヴィンテージです。ガヤのバルバレスコも熱波の影響を受け、美しい酸と強靭なタンニンを兼備した筋肉質なスタイル。このストラクチャーは熟成によって衰えるどころか、より洗練され、燻製香、シガー、ドライチェリー、杉などのアロマと一体となり飲み手を包み込むような、見事な熟成を遂げています。ガヤの真価が発揮された深遠な味わいを愉しめる逸品です。

1996年のバルバレスコは1990年に比肩する、パーフェクトイヤーです。ガヤは本年から唯一のD.O.C.Gとしてバルバレスコをリリースしており、ロバート・パーカー氏から「1990年代のガヤにおいて、最も秀逸な出来だろうと思われる」と絶賛されています。キルシュ、森の下草、トリュフ、スパイス・ボックスなどのゴージャスなアロマ。フルボディながらも清純な果実味としなやかなタンニンが見事に調和した、今まさに飲み頃のバルバレスコです。

スパイスやドライフラワーなどが複雑に絡み合う香りに、
あのパーカー氏もセクシーと唸る1本。

バルバレスコ

49,000円(52,920円 税込)

1995年のバルバレスコは雹の影響で生産量は少ないながらも初秋の素晴らしい天候の恩恵を受け、申し分ない品質となっております。ガヤのバルバレスコは、ヴァニラや丁子などのスパイス、ドライフルーツ、杉、紅茶、ドライフラワー、ジビエなどのアロマが絡み合い、ビロードの様に非常にきめ細やかなタンニンと美しい酸を備えており、あのパーカーも「セクシー」と唸る出来となっています。生産量が少なく、かつ品質の高い稀少品です。


イタリアワインの生産者として、間違いなくトップクラスの地位を不動ものとしているガヤ。ガヤの歴史は、17世紀半ば、ガヤ・ファミリーの初代、ジョヴァンニ・ガヤ氏がスペインのカタルーニャ地方からピエモンテに移住してきたことから始まりました。ジョヴァンニ氏は1859年にワイナリーを創設、2代目の時代には、現当主であるアンジェロ氏の祖母、クロチルド・レイ女史もワイン造りに参加し、徹底して品質にこだわるガヤスタイルのワイン造りの基礎を造り上げました。そして3代目、アンジェロ氏の父にあたるジョヴァンニ氏の代に、現在もガヤのフラッグシップであるキュヴェ、バルバレスコが高い評価を受けたことによってイタリアワイン界のトップとしての地位を確立、同時に「ソリ・サン・ロレンツォ」や「コスタ・ルッシ」などの畑を購入し、ワイナリーを拡大しました。そして4代目、現当主のアンジェロ氏の時代。1961年からワイナリーに携わっていたアンジェロ氏は、バリック樽の導入や、単一畑のワインの生産など、様々な改革を実施。ピエモンテの伝統的なワイン造りを守りながら、革新的な設備や技術を取り入れ、世界中から認められる存在となりました。現在は、5代目を担う3人の子供たちとともにワイン造りを行っています。
また、1990年代には本拠地のピエモンテだけではなく、トスカーナ州にも二つのワイナリーを購入。現在、ピエモンテには250エーカー、トスカーナには67エーカーの畑を持ち、両方の産地から世界的高評価受けるワインを数多く造り出しています。

ガヤがイタリアワインの帝王と呼ばれる所以は、初代から続く徹底した品質主義のワイン造りはもちろん、それに加え、現当主であるアンジェロ氏の行った様々な革新的な改革によって、イタリアワイン界に大きな影響を与え、現在もイタリアワイン界を牽引する存在であり続けていることによります。アンジェロ氏は「最高のワインにしか興味がない」と断言し、一切の妥協を許さない独自の哲学を持って臨み、イタリアワインの地位の向上に最も貢献した人物の一人とされています。

かつて、バローロとバルバレスコで造られるネッビオーロ種のワインは、強固なタンニンと強い酸があり、長期熟成を必要とした堅牢なワインでした。ガヤはこのネッビオーロに、バリック(小樽)による熟成によってタンニンを柔らかくする方法を採用。発酵温度を管理し余分なタンニンの抽出を抑えることで、早くからでも楽しめ、バランスの取れた味わいのワインを造ることに成功。昔からのやり方を守り続ける伝統派とバリック派の対立もありましたが、それを乗り越え、バルバレスコやバローロの新しいスタイルは受け入れられ、ガヤはイタリア最高峰と賞賛を浴びることとなりました。

アンジェロ氏は、バルバレスコにある最高の区画からブルゴーニュのグラン・クリュ、プルミエ・クリュのワインように、単一畑のワインを造り始めました。1967年に初めて、バルバレスコ最高の区画から単一畑のソリ・サン・ロレンツォをリリース。続いてソリ・ティルディン、コスタ・ルッシと3種類の単一畑を造り始めました。その後、バローロでも同様、コンテイザとスペルスという2種類の単一畑キュヴェをリリース。ブルゴーニュのようなガヤの単一畑のワインは世界中で大人気となり、大変高い評判を得ました。

「ブドウが何であれ、土壌が良ければ質の高いブドウが育つ。世間の目をバルバレスコに向かせるためには、まず、よく知られているカベルネ・ソーヴィニヨンで注目させねばならない。」との考えの下、アンジェロ氏はネッビオーロが植えられていたピエモンテの優良な畑でカベルネ・ソーヴィニヨンをはじめとする国際品種のブドウを育て始めました。その目論見は見事成功し、「ダルマージ」が高い評価を受けたことで、ガヤの世界的名声を高めることとなりました。

ガヤでは、最高の場所で最高のワインを造ることしか考えていません。下から上までのラインナップというよりも、"常に最高の品質を造る&ワールドクラス"がコンセプト。ブドウはすべて自社畑で造られ、悪い年にはワイン自体を造りません。これはピエモンテ、ボルゲリ、モンタルチーノ、3つのワイナリーすべてにこのポリシーが貫かれています。これだけ徹底しているからこそ、ガンベロロッソでもイタリアで最高に評価されているワイナリーとしての地位を築きあげました。
世界でも強い影響力を持つ、イタリアワイン専門のガイドブック、ヴィニ・ディタリア(通称ガンベロロッソ)の最新2014年版では、過去10年間で51のトレ・ビッキエリを獲得。これは2,000以上あるワイナリーの中で最も多くの獲得数であり、イタリアのあまたあるワイナリーを差しおいて、ガンベロロッソ史上一番多くトレ・ビッキエリを獲得し、「帝王」の名をほしいままにしています。

ガヤが造る唯一のバルバレスコ。14もの畑を別々に醸し、緻密にブレンドして造られており、アンジェロ氏いわく「伝統的でもなく、モダンでもない、完全なるガヤスタイル」。バラやスミレ、トリュフなどの美しく華やかな香りに引き締まった酸を感じます。ガヤがワイナリーのフラッグシップはこれだけであるとし、今日の世界的地位を確立したワインは、ネッビオーロの美しさと帝王の品格を完璧に体現しています。

1995年までD.O.C.G.バルバレスコを名乗っていましたが、「ガヤのフラッグシップワインはあくまでもバルバレスコだ。単一畑のワインはその土地を表現しているにすぎない。」という考えの下、D.O.C.G.バルバレスコと比較されるのを避けるため、D.O.Cランゲとしてリリースするようになりました。

標高約230mに位置する南西向きの5haの畑。主に粘土、沈泥、石灰が混ざり合った土壌。ガヤが造るバルバレスコの単一畑の中では最も標高が低く、最もエレガントなスタイルとなります。ビロードのような質感が特徴です。

単一畑の中で最も暖かい場所にあり、「ソリ」は太陽が降り注ぐ南向きの斜面、ティルディンはアンジェロ氏の祖母の名を取って名づけられています。標高270mの9haの、コスタ・ルッシに隣接する畑で、バランスがとれた秀逸な出来となります。

この地区にあるアルバ大聖堂の守護聖人にちなんで命名されたワイン。バルバレスコの中央に位置する畑で、標高260mの泥灰質の土壌で造られるワインは、単一畑の中で一番力強い造りとなっており、豊富なミネラルのある奥深い味わいが特徴です。

ネッビオーロが植えられていたピエモンテの優良な畑で育てられている国際品種のワイン。カベルネ・ソーヴィニヨンを中心として、ボルドースタイルのワインが造られており、ネッビオーロと同様、高い評価を受けています。

バルバレスコの単一畑同様、1995年までD.O.C.G.バローロを名乗っていましたが、D.O.Cランゲとしてリリースされるようになりました。

コンテイザの畑はバローロの中でもバルバレスコ寄りに位置しており、造られるワインもバルバレスコ的な性格を持った比較的柔らかな味わいとなります。華やかなアロマとシルキーで洗練された果実味、ピュアでエレガントな仕上がりのバローロです。

バローロの中でも最も良いと言われる「セッラルンガ」の最上の区画にある畑、スペルス。その特徴は何といっても力強さで、濃厚で酸がしっかりとしたクラシックなバローロのスタイルを見事に体現しており、長期の熟成が期待できる硬派なワインです。

バローロ地区で造られる単一畑のワイン「コンテイザ」と「スペルス」のブドウをブレンドして造られている、ガヤで唯一「バローロ」を名乗るワインです。味わいは、「コンテイザ」の美しくバランスの取れたシルキーな舌触りと、「スペルス」のしっかりとした骨格と力強さが、見事に融合した秀逸な仕上がり。世界的評価誌には一切出品されず、宣伝もされないガヤの秘蔵バローロです。


アンジェロ氏の娘ガヤと祖母のレイに捧げて名付けられた白ワイン。エレガントな酸とミネラル感、濃厚な果実味。「イタリアのモンラッシェ」と称される、間違いなくイタリアトップクラスのシャルドネです。

「ロッシィ」と「バス」を含む3つの畑から採れるシャルドネ100%で造られ、それぞれの畑の良さを上手に引き出して造られています。フローラルなアロマと柑橘類のようなさわやかな甘み、エレガントさが特徴の白ワインです。

ピエモンテのソーヴィニヨン・ブラン100%で造られ、ガヤの中で、最も生産量が少ない貴重なワイン。とろけるような完熟果実の風味に、スパイス、ハーブ、オークのニュアンスを纏い、洗練された究極のソーヴィニヨン・ブランです。



『ピエーヴェ・サンタ・レスティトゥータ』は、1994年、ガヤがピエモンテ以外の土地で初めて、トスカーナ州でモンタルチーノ地区に手に入れたワイナリー。モンタルチーノのテロワールとサンジョヴェーゼの魅力が最大限に引き出されたクラシックなスタイルのブルネッロを造っています。



『カ・マルカンダ』とは、ピエモンテ方言で「望みのない交渉」という意味。18回に及ぶ交渉の末、やっとこの土地に畑を取得したことに由来しています。サッシカイアと同じタイプの個性的なテロワールですが、特にメルロを主体としたワイン造りを行うことで、サッシカイアとは違うボルゲリのワインの新しいスタイルを確立させています。

不定期入荷の稀少な蔵出しバックヴィンテージ!

「イタリアワインの帝王」との異名を持つ、ガヤ。イタリアのソムリエのバイブルとも言われる評価誌ガンベロ・ロッソにおいて、最新2016年版では過去10年間で50以上という史上一番多くのトレ・ビッキエリ(最高賞)を獲得し、名実ともにイタリアでは他を寄せ付けない圧倒的な地位を確立。さらに世界の名だたる評論家が、
「イタリアワインにとどまらず世界最高峰のワインに数えられる。」 /ワイン評論家 マット・クレイマー
「一貫して傑出しており、深遠である。」 /ワイン評論家 ロバート・パーカー
と賛辞を贈っています。
今回は、ネッビオーロの美しさと帝王の品格を完璧に体現したフラッグシップワイン、「バルバレスコ」の蔵出しバックヴィンテージ1995年、1996年、2000年が入荷いたしました。バルバレスコはインディペンデント紙にも「シャトー・ラフィットあるいはクリュッグと同じくステータス・シンボルである」と賞される至高の逸品。しかも、今回入荷したのは1996年から2001年まで続いた1990年代黄金のヴィンテージを含む、いずれも入手困難な稀少品となっております。不定期入荷の貴重な蔵出しバックヴィンテージは入荷の度に即完売しておりますので、気になる銘柄はお早目にお求めください。


イタリアワインの帝王、ガヤの原点

常にイタリアワインを牽引する存在であり世界のトップワインに挙げられる、ガヤ。1859年に創業したガヤは、もともとトラットリア(タベルナ)を営んでいた創業者ジョヴァンニ・ガヤがお店でサービスするためのワインを造っていたのが歴史の始まりです。ジョヴァンニはワイナリー設立当初から、当時では分業制であったブドウ栽培と醸造及びネゴシアンの全てを自社で一貫して行い、自社畑を買い増ししていったため、ガヤ家は今日バルバレスコ随一の素晴らしい立地の古い畑を広く所有することになりました。
そして二代目アンジェロ・ガヤの妻クロチルド・レイは、ガヤ家に嫁いだ時の持参金を畑やワイン醸造用の樽を購入するなど、一族の将来に投資。さらには「ワイナリーを常に清潔に」、「組織立てたワイナリー経営を」、「良いブドウだけを使うこと」といった精神性を息子である3代目ジョバンニ・ガヤに叩き込みました。バルバレスコ市長を25年務めた3代目のジョヴァンニ・ガヤは、母クロチルド・レイの影響を大いに受け、ガヤ・ワインのブランド価値を高めることに成功します。ジョヴァンニは良いブドウを生産できる畑を選別し、新たな畑を次々と購入したことに加え「不作の年にはワインを造らない」というポリシーを貫き「最高のワインしか造らない」というガヤの名声を高めました。
そして現当主、5代目のアンジェロ・ガヤの時代。アンジェロは、初めて発酵にバリックを使用し、また、グリーンハーベストや発酵時の温度コントロールも導入し、それまで以上にワインの品質を高めました。そして1964年には世界で初めて単一畑のバルバレスコをリリースし、そのワインは世界を席巻することとなります。
こうして創立当初より、ガヤ・ファミリーの偉大な祖先達の先見の明によって少しずつ集めてきた素晴らしい畑の集大成がバルバレスコなのです。だからこそ、バルバレスコは、ガヤ・ファミリーの原点であり、彼らが最も大切にしているワインであり続けるのです。

伝統的な3つの単一畑

こうして5世代にわたって続くガヤ・ファミリーが大切に守り続けるバルバレスコの畑。その広大な畑の中には、明確な個性をもつ畑があることに気が付いた4代目のアンジェロ・ガヤは、1960年代以降、特に個性的な3つの畑「ソリ・サン・ロレンツォ」「ソリ・ティルディン」「コスタ・ルッシ」をそれぞれ単一畑としてリリースします。これらのワインは世界で初めて単一畑としてリリースされたバルバレスコであり、その圧倒的なクオリティの高さは世界中で熱狂的に支持されることとなりました。

【3つのバルバレスコ単一畑】
ソリ・サン・ロレンツォ・・この地区にあるアルバ大聖堂の守護聖人にちなんで命名されたワイン。バルバレスコの中央に位置する畑で、標高260mの泥灰質の土壌で造られるワインは、単一畑の中で一番力強い造りとなっており、豊富なミネラルのある奥深い味わいが特徴です。
ソリ・ティルディン・・単一畑の中で最も暖かい場所にあり、「ソリ」は太陽が降り注ぐ南向きの斜面、ティルディンはアンジェロ氏の祖母の名を取って名づけられています。標高270mの9haの、コスタ・ルッシに隣接する畑で、バランスがとれた秀逸な出来となります。
コスタ・ルッシ・・標高約230mに位置する南西向きの5haの畑。主に粘土、沈泥、石灰が混ざり合った土壌。ガヤが造るバルバレスコの単一畑の中では最も標高が低く、最もエレガントなスタイルとなります。ビロードのような質感が特徴です。

しかし、単一畑のワインがもてはやされ、スタンダードのバルバレスコが軽んじられることを憂慮したアンジェロ・ガヤは、1995年に3つの単一畑をD.O.C.ランゲに格下げし、リリースする唯一のバルバレスコを1銘柄に定めるという決断をします。
14区画の畑のブドウをブレンドすることで「バルバレスコ」のテロワールを体現した、ガヤが唯一リリースするこちらのバルバレスコは、ガヤの妥協のないワイン造りの姿勢が見事に表現された、ガヤの原点にして「真のバルバレスコ」と言える逸品なのです。


PAGE TOP

竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (712 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (324 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (324 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)