ラ・フォルジュ・ド・タール プルミエ・クリュ ラ・フォルジュ・ド・タール プルミエ・クリュ ラ・フォルジュ・ド・タール プルミエ・クリュ
※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。


ラ・フォルジュ・ド・タール プルミエ・クリュ

LA FORGE DE TART 1ER CRU

価格:23,000 円 (24,840 円 税込) ~

総合評価:

クロ・ド・タールの若樹のブドウを用いて造られる
セカンドワイン的キュヴェ。
しっかりとした骨格の中に感じる親しみやすさが魅力。

  • 01

    2014 750ml

    23,000 円 (24,840 円 税込)

    230 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    ブルゴーニュの2014年は、理想的な天候に恵まれた春と、乾燥した初夏で始まったヴィンテージ。収穫の3週間前から申し分ない天候が続き、生産者が安心して収穫時期を見極めることができました。整ったストラクチャー、テロワールを讃えるかのような美しい果実味を湛えた、バランスに富んだクラシカルなスタイルのワインが造られました。
    ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン女史は、 「表現力豊かで飲みやすい赤、そして果実味が凝縮した白を求める人にとって素晴らしいヴィンテージである。」と語り、デカンタ誌では「このヴィンテージの多くが早くから愉しめ、そして我々を心躍らせる。」と称賛。ワイン・アドヴォケイト誌のヴィンテージチャートにおいても赤ワインは、コート・ド・ニュイが92点、コート・ド・ボーヌが91点と、全体としてもすべて90点以上を獲得しており、ブルゴーニュワインを飲み尽くしてきた方にこそ是非飲んでいただきたい魅力溢れるヴィンテージとなっています。

    やや濃密なルビー色。赤系果実と黒系果実のアロマが混ざり合った、非常に豊かなブーケ。空気に触れることで、ベルガモットやジャスミンティーのニュアンスがかじられるでしょう。口当たりから、しっかりと整った構造が感じられます。ピュアでジューシーなブラックチェリーの風味に、強いミネラル感が口内を満たします。後味には、乾燥スパイスがわずかに香ります。

    ピノ・ノワール(100%)

    数量:

    残りあと5本

  • 02

    2011 750ml

    23,000 円 (24,840 円 税込)

    230 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    2011年のブルゴーニュ地方は年始から雨量が少なく乾燥が続き、かつ春からとても暖かい日が続いたため収穫は例年より少し早い8月下旬と予想されていました。しかし、夏に気温が上がらず、短時間雨が降る日々が続きました。その結果、個々のテロワールが充分に反映された、クラシックな仕上がりに。長期熟成を経ずとも早い段階で楽しめるヴィンテージです。

    明るい透明のルビー色の外観。クランベリー、ダークチェリーのバラの花びらの魅惑的なアロマにベルガモットやジャスミンティーなどのヒントが加わり、時間とともにどんどん香りが広がり出します。赤系果実の甘みある味わいを、いきいきとした酸が一層引き立て、クロ・ド・タールと共通するしっかりとした骨格をもちながらも、全体的にコンパクトに仕上げられています。ソフトで近づきやすい印象が余韻に残る、エレガントな味わいです。

    ピノ・ノワール(100%)

    数量:

    残りあと4本

  • 03

    1999 750ml

    48,000 円 (51,840 円 税込)

    480 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて



    ブドウにとって理想的な天候だった1999年。たっぷりと日光を浴び、よく乾燥して実がギュッと詰まり、晴天の中で収穫されたブドウは健全そのもの。豊作だったこともあり値上がりすることもなく、素晴らしいワインが出来上がったという、ワインラヴァーにとって嬉しいヴィンテージとなりました。

    フランボワーズやカシスなどの熟した赤・黒系果実味の香りに、様々なスパイスや紅茶、なめし革のような熟成のニュアンス、樽由来の微かに焦げたようなアロマ。若い頃に感じられていた酸味や果実味が、熟成により穏やでより複雑みを増しており、ワインにより奥行きを与えています。素晴らしいフィネスやアロマから、クロ・ド・タールの雰囲気を十分に感じることのできる洗練された1本です

    数量:

    残りあと1本

クロ・ド・タールの若樹のブドウを用いて造られる
セカンドワイン的キュヴェ。
しっかりとした骨格の中に感じる親しみやすさが魅力。

クロ・ド・タールの若樹のブドウで造られるセカンドワイン的キュヴェ。
しっかりとした骨格の中に感じる可憐さが魅力。

モレ・サン・ドニに位置する、偉大な畑クロ・ド・タール。
約900年にも及ぶ歴史の間、 単独所有が続き
これまでのこの畑を所有となったのはたったの3人という稀有な畑です。
シトー修道会から派生した、ベネディクト派のタール修道院が
単独所有を開始し、クロ・ド・タール=タール修道院の畑という名の由来
にもなりました。
1932年からは、一世紀以上の歴史を誇る名門、
ボジョレーのトップ生産者であるモメサン家が所有
しています。

クロ・ド・タールは、モメサンの経営や理念とは切り離され、
あくまでクロ・ドータールとして独自のワイン造りが行われいます。
ワイン造りの指揮を執るのは、1995年に支配人に着任したシルヴァン・ピティオ氏。
区画の整理やセレクションの見直しなどの様々な改革を行い、
近年、クロ・ド・タールの名声をより一層高めた実力者です。

クロ・ド・タールは、古くから大切の歴史を感じさせるクロ(石で造った塀)に囲まれ、
標高は270m~300m、面積はわずか7.53ha。完全な東南東向きの畑で、土壌は粘土と石灰質。
絶好の立地条件と優れた土壌から引き出される、
濃厚な果実味および繊細なタンニンが特徴で、

凝縮感、余韻、類稀なストラクチャー、複雑さなど、
偉大なグラン・クリュとはかくありなんともいうべき要素が全て備わっています。

石灰岩のタイプによってさらに6つの区画に細分化され、別々に収穫。
平均樹齢60年、一部は100年越えのブドウ樹も存在し、
斜面に対し垂直になるように南北に植樹されており、
再植樹の際には自社で育てた苗木を使用。
現在では主流となっているクローン苗の使用は全く行っていません。
1999年に建てられた最新設備を備えたドメーヌは、すべてステンレス製の醸造設備を採用。
果梗の質や成熟度に応じて、除梗の範囲を決め、温度調整機能付きタンクで発酵。
17世紀から続く石造りのセラーでは、ピエスと呼ばれる228Lのオークの新樽で16カ月半
マロラクティック発酵が行われています。

また、ピティオ氏の指揮の下、多くの新しい試みも行われ、
テロワールごとの電気抵抗率の測定、
高性能の噴霧機を使用したセラー内の湿度管理などを採用。
ピティオ氏のたゆまぬ努力によって、今後、更なる品質の向上が期待できます。

こちらのラ・フォルジュ・ド・タールは、クロ・ド・タールのセカンドワイン的キュヴェ。
クロ・ド・タールの畑の樹齢25年以下の若樹のブドウが使用されおり、
醸造のプロセスはクロ・ド・タールと全く同様に行われ、
一級畑、ラ・フォルジュ・ド・タールの名を冠しリリース
されます。
グラン・クリュのスタイルを感じとることができ、
かつ比較的早いうちから堪能できるとして人気なアイテムです。

コルクにカビが生えているワインは保管の良い証 ワインの理想的な保管条件は温度が15℃前後、湿度が75%前後です。この条件はカビが発生しやすい状態で、ワインセラーで長期間保管していると、キャップシールの中、コルクの上部にカビがつくことが多くあります。もしコルクにカビがついていた場合はしっかり拭き取っていただければ問題はありませんのでご安心下さい。
ラベルの汚れはオールド・ヴィンテージならば避けられないもの 長く保管されればされるほど、外見は完全な状態ではなくなります。長期間理想的な状態で保管されていたワインの多くは、高い湿度によってラベルにシワやシミができます。
シャトーによっては、蔵出し直前にラベルを張り付ける場合があり、オールド・ヴィンテージのワインでも綺麗なラベルのワインもあります。シワ・シミがあるからといって、保管状態をご心配される必要はありません。
液面が下がっているのは、熟成の結果です オールド・ヴィンテージのワインには、しばしば漏れた形跡が無いにも関わらず、ワインの量が目減する不思議な現象が起きます。これはコルクの絶妙な弾力性が関係しています。コルク栓で閉めたワインボトルは完全密閉ではなく、ワインは空気と触れ合っていることで、少しずつ科学変化が起き、ゆっくりと熟成していきます。 このような熟成中の変化を指して、ワインは呼吸していると表現されています。
飲む前は最低一週間はボトルを立てておきましょう ワインは熟成の過程で、長い時間をかけて不溶性の沈殿物が発生します。これが澱(オリ)と呼ばれるものです。澱は元々ワインに溶け込んでいた自然の成分が固形化したものなのでお飲みいただいても問題はありません。しかし口当たりが悪く、強い渋味を感じるため、できるだけ飲みたくないものです。
そうは言っても配送や持ち運びによってボトルが振動すると、澱が舞ってボトル全体に浮遊しまいます。そこでオールド・ヴィンテージのワインを飲む前は、ボトルを立てて澱を瓶底にためるようにしましょう。
目安としては、一週間ほど立てて保管することをおすすめします。
コルクはゆっくり丁寧に抜きます 熟成を重ねると、コルクが柔らかく脆くなります。そのため若いワインのように勢いよく抜くのではなく、ゆっくりと丁寧に引き上げるように抜栓します。もしコルクが折れてボトルの中に落ちてしまったら、デキャンタに移して飲む方法がベストです。
ゆっくり丁寧にグラスに注ぎます オールド・ヴィンテージのワインを飲む時は、勢いよく注がずに澱が舞いあがらないようにゆっくりと注ぎます。
そうすることで、最後までボトルの底に澱をためておくことができます。ためておいた澱は勿体ないですが、飲まずに捨ててしまいましょう。目安として瓶底1cm残しておくと良いとされています。
一本丸ごと味わいましょう ボトルを立てておいたオールド・ヴィンテージのワインは、同じ1本でも上部と下部では味わいが異なります。
ボトルの下部ほど濃度が濃くなります。一本のワインで違った味わいを楽しみたい場合にはボトルから直接グラスに注ぎ、味を均一化するにはデキャンタに移すことをおすすめします。

すべて表示する

関連情報

買い物カゴ_2

▲ページ上部に戻る

クチコミ

買い物カゴ_3

全てのカテゴリー
↑PAGETOP
お届けについて

●毎日出荷、即日出荷可能!

完全温度・湿度管理のワイン専用倉庫から、毎日出荷しています。 午前9:00までのご注文に限り、即日出荷可能!

お届け日数はこちら

●配送料金

配送料660円 (712円 税込)
クール代300円 (324円 税込)
代引き手数料300円 (324円 税込)
税抜き10,000円以上お買い上げの方は送料無料

お支払い方法について

●クレジットカード払い

ご利用頂けるクレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICANEXPRESS、DINERS CLUBとなります。
VISA/Master Card/JCB/American Express/Diners Club 楽天ペイ
ほか、代金引換、楽天ペイ、ECON、コンビニ後払い、銀行振り込みでのお支払いが可能です。

クラブエノテカVISAカードならとってもお得!
よくあるご質問

エノテカでのお買い物について、よくあるご質問とその答えをご用意しました。

よくあるご質問
お問い合わせ

0120-81-3634
[ 受付時間 10:00-18:00 ] (年中無休)

メールでのお問い合わせ