<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
ヴォルネイ プルミエ・クリュ クロ・デ・ザングレ-0
ヴォルネイ プルミエ・クリュ クロ・デ・ザングレ-1

ヴォルネイ プルミエ・クリュ クロ・デ・ザングレ VOLNAY 1ER CRU CLOS DES ANGLES

750ml

2017年

テロワールを知り尽くし、旨味を引き出す実力派。ピュアで旨味溢れる果実味を備えた、ヴォルネイの中で最も親しみやすい一級畑。

14,850

(税抜価格13,500円)

135pt

進呈

4.6

(5)

変更・返品について

※画像はイメージのため、実際の商品と若干異なる場合がございます。

テロワールを素直に表現し、エレガンスと旨味溢れるワインを仕立てる造り手。こちらのクロ・デ・ザングレは、造り手の求める親しみやすさが全面に表現されたキュヴェ。ソフトな果実味とデリケートな余韻が特徴で、ブルゴーニュワインに慣れていない方でも美味しく飲んでいただける、開放的なスタイルが魅力です。

商品情報



在庫一覧

  • 2017

    14,850

    (税抜価格13,500円)

    • V 90
    • WA 92

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2017年のブルゴーニュはどの生産者に聞いても素晴らしいヴィンテージと言うほど、ブドウの出来が良く、2011年以降低下していた収穫量も平年並みを取り戻した年。春は寒暖の差が激しかったものの、ブドウは例年よりも早くに成長しました。開花が始まった6月の気候条件は完璧で、ブドウは順調に結実。凝縮した果実味を備え、糖度、酸度、タンニンにおいても申し分のないブドウが収穫されました。みずみずしくも熟度の高い注目のヴィンテージです。

    味わい

    イチゴやラズベリー、プラムのオープンなアロマが印象的。徐々にクローブや白胡椒のようなスパイス、バラ、ダークチョコレート、ローストした樽の香ばしいニュアンスが折り重なります。口当たりはなめらかなミディアムからフルボディ。ピュアな果実味と活気のある酸が調和し、ジューシーな飲み口を演出します。洗練された長く美しい余韻から熟成ポテンシャルを感じさせつつ、今からでも愉しむことのできる秀逸な仕上がりの1本です。

    飲み頃

    ~2031年

商品の紹介

ヴォルネイ プルミエ・クリュ クロ・デ・ザングレ
背景

ヴォルネイ プルミエ・クリュ クロ・デ・ザングレ

VOLNAY 1ER CRU CLOS DES ANGLES

ニコラ・ロシニョール

フランス
  • フランス
  • ブルゴーニュ
  • コート・ド・ボーヌ
  • ヴォルネイ

世界各地で習得した技術を昇華し貫かれるこだわりのワイン造り

ニコラ・ロシニョールは、1997年に設立された比較的若いドメーヌ。当主二コラ氏はヴォルネイで5世代に渡ってワイン造りをしているロシニョール家に生まれ、祖父と父に習い16歳でワイン造りの道に進むことを志しました。 ボーヌの大学でブドウ栽培学とワイン醸造学を学んだ後、自身の故郷であるヴォルネイのテロワールを学ぶため、ジョセフ・ボワイヨにて修業したのです。


当時ブルゴーニュでは、長期熟成のためには酸が高い造りである必要性を唱える生産者が多かった中、より親しみやすい味わいを求めた彼は、その後ローヌのヴュー・テレグラフにて若くして愉しめ、且つ熟成能力を備えたワインを仕立てる方法を学びました。 その後、シャトー・ラフィット・ロスチャイルドのグループワイナリーにおいては新樽を使用しつつも樽香の強すぎないエレガントなワイン造りを、更に南アフリカのワイナリーにおいては大規模な畑の管理方法を学ぶなど、世界各地で様々な栽培や醸造の技術を習得しました。その後はヴォルネイに帰郷し、父親のドメーヌで醸造責任者として活躍した後に、本人名義のワインをリリースするに至ります。

設立当初3haだった所有面積は翌年には約16haに拡大。所有するアペラシオンが増える中でより大きな醸造施設を必要としたニコラ氏は2011年にヴォルネイからボーヌに拠点を移動。そして5年後の2016年、遂に自身の新たな醸造セラーを設立し、2016年ヴィンテージからワイン造りをスタートさせます。 現在、ワイン・アドヴォケイトにおいて「羨ましいほど贅沢な造り」と絶賛されるように、彼の醸造セラーにおいてはブルゴーニュでも類を見ない、まるでレストランの厨房のように清潔に保たれた環境でワイン造りが行われています。


過去にはデキャンタ(2009年)でアルマン・ルソーやコント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエなどの一流生産者と並び、最高評価の5ツ星を獲得するなど、すでに高い評価を受けていたニコラ・ロシニョールですが、新たなステージに立った今、「コート・ド・ボーヌ最高峰生産者の1人である彼の、明るい未来が見える。」と、さらなる飛躍に注目が集まっているのです。

長年の経験と最新鋭の設備により、ますます磨きがかかるクオリティ

「かつては細かな醸造技術によりワインのスタイルを縛っていた」と語る二コラ氏。2002年まではパワーのあるワインを求めて、色調やタンニンの抽出度合いを高くしていました。


しかし、経験を重ねて少しずつブドウの質が向上するにつれ、「醸造テクニックに頼らず自然な形でワインを仕立てた方が、ブドウの品質の高さが際立ち、良いワイン造りに繋がる」ということに気づかされたと言います。それ以来、各工程において無駄な作業をそぎ落し、果実の純粋な味わいを引き出すことに注力。旨味を最大限に生かした、エレガントなスタイルにシフトしていったのです。

2016年に新設した醸造セラーは、二コラ氏の強いこだわりが節々に見受けられる造りになっています。まず建物内は、工程ごとに作業部屋を完全区分。発酵や熟成など、ブドウを扱う部屋には土やほこりなどが入り込まないよう、ブドウの搬入、洗浄場所、除梗する場所、発酵を行う場所、樽を置くセラー、ボトリングを行う部屋に至るまで細かく部屋を分けており、庫内は塵一つない清潔な環境に保たれています。


石造りの壁や天井の内部にはパイプを挿入。パイプ内に水を通すことで外部の熱を遮断し、エアコンの使用は酷暑の時期のみに留めると同時に、洞窟のカーヴのような冷涼な空間を造り出しています。そして熟成庫内の樽を支える土台にもこだわりが。金属製の土台を使用する生産者が多い中、熱の遮断のため石の土台を誂え、さらにその下には砂利を敷き詰めることで地面から気化する湿度を利用。涼しく湿度が保たれた、まさにワイン造りに最適な環境を自然に近い形で実現しているのです。

新しいセラーにて醸造を開始したのは2016年ヴィンテージからですが、その年はブルゴーニュ全体で雹害に見舞われ、生産量は例年の約10分の1に留まりました。それに対し2017年ヴィンテージは、ブルゴーニュのどの生産者に聞いても「素晴らしいヴィンテージ」と評されるほど、質、量ともに恵まれた素晴らしい年。ニコラ・ロシニョールにとっても、二コラ氏曰く「思い描いていた理想のワインに最も近づけた初のヴィンテージ」となったのです。

このように長い経験とこだわり抜いた最新設備によって、旧来のセラーで仕立てていた頃と比べ生み出されるワインの味わいもブドウのピュアな魅力が引き出された雑味がなくエレガントに。純度の高い澄んだ果実味と溢れ出すような旨味が、開けたてから愉しめるスタイルになっています。

じっくりと時間をかけて引き出される、果実味の旨味が魅力

二コラ氏はテロワールを素直に生かすことを重視しており、彼曰く「ルロワのようなテロワールを反映した豊かな味わいが好き」、「土はブドウ、ワインをリードしてくれる。そして、優雅さを与えてくれる。」とのことです。


また、全房発酵については、フレッシュさを引き出す反面、熟度の低いブドウ樹では、茎から青臭さが出てしまうこともあるため、「全房発酵は低温調理と似ていて、素材をよく知った料理人でなければ上手く使いこなせない。畑とブドウに20年以上関わってきて、どのように用いるのが良いのかつかめてきた。」と語っています。 こちらのクロ・デ・ザングレは、ヴォルネイ村の中央、一級畑クロ・ド・ラ・バールの隣りに位置する一級畑。小石が混ざった灰褐色の粘土白亜質土壌で、樹齢約65年のブドウ樹と、樹齢約15~20年のブドウ樹を育てています。


二コラ氏曰く「このテロワールには、ブドウを破砕せずに全房を用いて、ブドウの中身までゆっくり発酵を進める手法が適している。」とのことで、クロ・デ・ザングレは全房発酵を用いることが多いそう。今回入荷した最新2017年ヴィンテージでは、全体の50%が全房発酵されています。こうしてゆっくりと発酵を進めることで、ブドウからじっくりと旨味が引き出されるのに加えて、フレッシュさも備えたワインが生み出されるのです。

造りだされるワインは、ニコラ・ロシニョールが手掛けるヴォルネイの中で最も親しみやすく、そして繊細なスタイルが特徴。二コラ氏の求める親しみやすさが全面に表現されており、やわらかい口当たりながら熟成も愉しめる「典型的なヴォルネイのエッセンスが詰まったキュヴェ」だと太鼓判を押しています。

若いうちからでも愉しめて、熟成ポテンシャルにも優れた仕上がり

クロ・デ・ザングレの最新2017年ヴィンテージは、二コラ氏曰く「柔らかいタンニンと果実味からとても親しみやすく、若くから楽しみやすい。もちろん長期熟成も見込めるよ!好みの味で楽しんで欲しい。」とのこと。まさにニコラ・ロシニョールが思い描いてきたピュアなブドウとバランスの良さを表現した、開放的ながらも旨味を備えた仕上がりとなりました。

イチゴやラズベリー、プラムのオープンなアロマが印象的。徐々にクローブや白胡椒のようなスパイス、バラ、ダークチョコレート、ローストした樽の香ばしいニュアンスが折り重なります。口当たりはなめらかなミディアムからフルボディ。ピュアな果実味と活気のある酸が調和し、ジューシーな飲み口を演出します。洗練された長く美しい余韻から熟成ポテンシャルを感じさせつつ、今からでも愉しむことのできる秀逸な仕上がりの1本です。



クチコミ

全て見る

4.6

5 件のクチコミ

  • 間違いなし

    0人の役に立ちました

    2021.05.27

  • 最高のコスパ、エレガントなワインです

    0人の役に立ちました

    2021.04.24

  • 期待に応えてくれます

    0人の役に立ちました

    2021.03.14

  • 鴨のローストに合います

    0人の役に立ちました

    2019.07.13


スタッフレビュー

全て見る
  • お花畑

    「エレガント」という言葉がこんなにぴったりの飲み物があるのか!と大げさではなく思いました。 まさにちょうど良いタイミングで抜栓できたのでしょうか、コルクを抜ききる前から、これは美味しいワインだ!と感じる華やかかつ複雑な香りがブワッ。 何もとんがっておらず、親しみやすい柔らかな口当たりと甘み♪そしてなんとも繊細で伸びの良い余韻。お花畑の中でお上品なブルーベリー系の果実をお口に入れた妄想が広がりました♪

    レビュー全文を見る
    • エレガンスの極み
    • ゆっくり楽しみたい
    • ワインだけでも楽しめる

    2020.12.25

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

  • 木箱:1本用 1,320円(税込) / 2本用 1,650円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.