<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
ブラックフライデー
サヴィニー・シャン・シュヴレ プルミエ・クリュ-0
サヴィニー・シャン・シュヴレ プルミエ・クリュ-1

サヴィニー・シャン・シュヴレ プルミエ・クリュ SAVIGNY CHAMP CHEVREY 1ER CRU

750ml

2018年

三ツ星レストランのソムリエをも魅了する名門ドメーヌ。モノポールの一級畑から造られる、豊かな果実味が魅力の赤ワイン。

8,580

(税抜価格7,800円)

78pt

進呈

5

(1)

ショレイ・レ・ボーヌに本拠地を置き、19世紀から続く由緒正しい家族経営のドメーヌ。一級畑シャン・シュヴレは、トロ・ボーが単独所有しています。優しい果実味と滑らかなタンニンが魅力のスタイル。トロ・ボーのスタイルの神髄を味わうことのできるお値打ちなキュヴェです。

5

コスパが高いプルミエクリュ

トロ・ボーはACブルゴーニュもよかったですが、やはりプルミエクリュクラスは香りや凝縮感、複雑さのグレードがまた別格ですね。バランスもとれていて、ブルゴーニュの中で、このお値段はとても良心的に感じます。この造り手さんのはどれを選んでも外れがないのではないでしょうか。

商品情報

ボディ

2

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

美しい酸を感じる滑らかな赤ワイン

  • 渋味

  • 果実味

  • 酸味



在庫一覧

  • 2018

    8,580

    (税抜価格7,800円)

    • V 88-90

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2018年のブルゴーニュは生産者の力量が大きく影響した年です。夏は例年より高温な日が続き、収穫期も温暖な気候でした。そのため、収穫のタイミングの判断を失敗してしまうと、よりアルコール度数の高いワインに仕上がってしまいます。醸造においても、ゆっくり抽出をするなど丁寧な造りを要求されます。しかし、確かな醸造家たちの手にかかると、ふくよかなボディや豊かな果実味を持ったワインに仕上がり、高いクオリティを持つこととなりました。

    味わい

    外観は深みのあるルビーレッド。イチゴやフランボワーズなどの赤系果実のアロマに、ハーブやスミレ、スパイスの香りが感じられます。味わいは濃厚でありながら優しい果実味と滑らかなタンニンが魅力。フレッシュな酸と上質なミネラルが、心地よい余韻に続きます。トロ・ボーならではのしなやかさと純粋さをお愉しみ頂けるワインです。

    飲み頃

    ~2029年

    コルク

商品の紹介

一級畑シャン・シュヴレは、一級畑レ・ラヴィエールとオー・フルノーの間に位置。サヴィニー・レ・ボーヌでは特級畑が存在しない為、一級畑こそがトップクラスです。こちらは、トロ・ボーが単独所有するモノ・ポールで、平均樹齢60年のピノ・ノワールが栽培されています。だからこそ、ブドウの栽培から醸造まで全てにおいて、トロ・ボーのスタイルが100%表現されています。 収穫は手摘みで行い、基本的に100%除梗します。発酵には、コンクリートタンク、またはステンレスタンクを使用。最初の数日はルモンタージュを行い、その後は日に2回ピジャージュします。自然な味わいを引き出したいという考えから、低温マセラシオンはせずに、10日間発酵。熟成は木樽で16~18ヵ月間させた後に瓶詰します。こうして造られるのは、濃厚でありながら優しい果実味と滑らかなタンニンが魅力の赤ワインです。

生産者について

トロ・ボー

トロ・ボー TOLLOT BEAUT

多くのワインラヴァーを虜にする、由緒正しい家族経営ドメーヌ

ショレイ・レ・ボーヌに本拠地を置き、代々続く由緒正しい家族経営のドメーヌ・トロ・ボー。トロ・ボーの歴史は、1880年にまで遡ります。現在5代目当主のナタリー女史の曽祖父にあたるアレクサンドル・トロ氏がショレイ・レ・ボーヌに畑を購入したことが始まり。アレクサンドル氏の妻の名字が「ボー」といい、両家の姓が合わさりトロ・ボーとなりました。トロ・ボーはジュヴレ・シャンベルタンのアルマン・ルソーやニュイ・サン・ジョルジュのアンリ・グージュ、ヴォルネイのマルキ・ダンジェルヴィーユらとともに、ブルゴーニュで最も早くドメーヌ元詰めのワインを出荷し始めた造り手の1つでもあります。
ナタリー女史は、「私たちのワイン造りは心からその土地を愛し、ブドウの魅力を的確に伝えていくこと。仕事の8割は畑で最高のブドウを育てることに尽きます」と語ります。ブドウ栽培では除草剤などの化学肥料は一切使用しないリュット・レゾネを実践。ブドウは全て手摘みで収穫され、静浄な醸造室での発酵は伝統的な手法で行われます。熟成時の新樽率はA.C.ブルゴーニュとA.C.村名で20%~30%、特級畑でも60%以下と低いのが特徴。樽香が強く出すぎないよう、ブドウの果実味を重視しています。また、骨格がしっかりとした造りで、長期熟成へ耐え得るポテンシャルの高さも特徴の1つ。ぽってりと重量感のあるシルエットのボトルは、ラベルを貼りやすくする為だけでなく、熟成させることを前提として造られており、コルクとの密着性を高めるため、首の部分はキュッと細くなっています。果実味が豊かでタンニンが丸く、身体に自然と溶け込むようなブドウの旨味を引き出した上品な味わいと、熟成を経て変化する複雑味を兼ね備えた力強くエレガントなスタイルは、多くのワインラヴァーの心を虜にしています

生産地について

フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ サヴィニー・レ・ボーヌ

フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ サヴィニー・レ・ボーヌ

繊細さで上品なピノ・ノワールを生む銘醸地。

サヴィニー・レ・ボーヌは「ボーヌの傍ら」という意味を持ち、コード・ド・ボーヌ地区の北部に位置する産地。ワイン造りは10世紀頃から始まっていたと言われ、中世にシトー派修道会が大規模に開拓したことで盛んとなりましたになった。全生産量の9割を赤ワインが占め、繊細さと果実感の調和が取れた上品さが特徴のピノ・ノワールが造られています。白ワインは少量ながらも、豊かなミネラル感と口当りの爽やかさが魅力です。


クチコミ

全て見る

5

1 件のクチコミ

  • はやけんさん

    コスパが高いプルミエクリュ

    トロ・ボーはACブルゴーニュもよかったですが、やはりプルミエクリュクラスは香りや凝縮感、複雑さのグレードがまた別格ですね。バランスもとれていて、ブルゴーニュの中で、このお値段はとても良心的に感じます。この造り手さんのはどれを選んでも外れがないのではないでしょうか。

    2017.12.06

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.