<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
シャトー・ペイムートン-0
シャトー・ペイムートン-1

シャトー・ペイムートン CH. PEYMOUTON

750ml

2018年

ムエックス社が新たに取り扱う注目シャトー。フレッシュかつ軽やかな味わいのグレートヴィンテージ。

3,850

(税抜価格3,500円)

35pt

進呈

4.5

(2)

変更・返品について

シャトー・ペイムートンは、ペトリュスをはじめとした数々のプレミアムワインを育て上げたボルドー有数のワイン商、ジャン・ピエール・ムエックス社(JPM社)が、2018年ヴィンテージより新たに取り扱いを始めたシャトー。今回入荷した2018年ヴィンテージは、JPM社のオーナー兼醸造家クリスチャン・ムエックス氏もキャリアの中でベストヴィンテージだと大絶賛した、ボルドー右岸における超優良年です。エレガントな赤系果実が感じられるサン・テミリオンらしい味わいを是非お試しください。

右岸らしい芳醇リッチなボルドーワイン

商品情報

カテゴリ

タイプ

容量

750ml

原産地呼称

おすすめ料理

チキンのトマト煮込み、白カビチーズ

ボディ

4

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

豊かな果実味が主役の濃厚な赤ワイン

  • 渋味

  • 酸味

  • 果実味



在庫一覧

  • 2018

    3,850

    (税抜価格3,500円)


    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2018年のボルドー地方は、春の長雨により一部のシャトーではべと病が広がった一方で、夏から収穫期にかけては温暖な気候と好天に恵まれ、ブドウは凝縮度を高めました。難しい気候の中、最新鋭の技術とボルドーならではの人智、恵まれたテロワールが掛け合わされた結果、2018年は多くのシャトーにとって、2009年や2015年を彷彿とさせるグレートヴィンテージとなりました。その中でも特に右岸の出来栄えは素晴らしく、今日のペトリュスのスタイルを確立させた名醸造家、クリスチャン・ムエックス氏曰く、「2018年は、私自身のキャリアの中で“ベストヴィンテージ”。若くして愉しむことができるのはもちろん、熟成のポテンシャルは永遠でしょう。」と大絶賛しています。

    味わい

    外観は輝きのあるルビーの色調。グラスに注ぐと、レッドチェリーやブラックベリーのフレッシュな果実のアロマ、クローヴのようなスパイス、黒鉛の複雑な香り。口に含むと活き活きとした酸味が弾け、程よいタンニンが感じられます。果実味と酸味が美しく調和し、余韻は軽快に感じられるためお食事とも合わせやすい1本です。

    飲み頃

    ~2030年

    コルク

    品種

    • メルロ(78%)
    • カベルネ・フラン(18%)
    • カベルネ・ソーヴィニヨン(4%)

商品の紹介

シャトー・ペイムートン
背景

シャトー・ペイムートン

CH. PEYMOUTON

シャトー・ペイムートン

フランス
  • フランス
  • ボルドー
  • サン・テミリオン

ペトリュスをはじめとした、名だたるシャトーを多数育て上げたボルドー有数のワイン商、ジャン・ピエール・ムエックス社(JPM社)。彼らは偉大なワインを自ら手掛けていますが、その確かな審美眼によってワインを見極め、流通させるワイン商でもあります。そんなJPM社が新たに取り扱いを始めたのが、シャトー・ペイムートンです。


今回は、JPM社が取り扱う最初のヴィンテージである2018年のペイムートンが新たに入荷いたしました!2018年のボルドー右岸は特に素晴らしい仕上がりとして各ワイン評価誌にて絶賛され、JPM社のオーナー兼醸造家クリスチャン・ムエックス氏もキャリアの中でも秀逸なヴィンテージだと大絶賛しています。新たにJPM社の仲間入りを果たしたシャトーの実力を是非お試しください。

サン・テミリオンで長い歴史を持つ、JPM社ゆかりのシャトー

シャトー・ペイムートンは、サン・テミリオン特別級に格付けされているシャトー・ラロックの醸造チームが手掛けており、かつてその畑もラロックが所有していた畑の一部でした。

シャトー・ラロック

ラロックはワイン・アドヴォケイトをはじめとして数々のワイン評価誌で90点台後半の高評価を獲得している実力派シャトー。現在のオーナーであるボーマルタン家が1935年にシャトーを取得し、1960年代にはブドウ畑と醸造設備の近代化のために更なる改修を実施。1996年に所有畑のうちの27haがサン・テミリオン特別級に認定されましたが、その後特別級以外の畑から造られるようになったのがこのシャトー・ペイムートンだったのです。


また、ラロックとペイムートンを所有するボーマルタン家は、ペトリュスをはじめとした名だたるシャトーを多数育て上げたジャン・ピエール・ムエックス社(JPM社)のオーナーファミリー、エドアルド・ムエックス氏の母方のファミリーでもあります。JPM社は偉大なワインを自ら手掛けていますが、その確かな審美眼によってワインを見極め、流通させるワイン商でもあり、ペイムートンの実力を認めたエドアルド氏の交渉により、2018年からJPM社が独占的に販売権を取得することとなりました。

エドアルド・ムエックス氏

テロワールの個性を反映した、フレッシュな果実味溢れる味わい

サン・テミリオンはローマ時代からのワイン造りの歴史があり、メルロを主体にした銘醸地。右岸地域で唯一の公式格付けを設けています。メドック地区と違い、約5,000haの土地に約1,000ものシャトーが密集し、複雑で変化に富んだ土壌が特徴です。


ペイムートンの畑が位置するのは、サン・テミリオンの村から3.5km東、村の中でも標高が高い約80~100mの区画。土壌は石灰岩の上に広がる薄い粘土層、一部は深く厚い赤粘土層で構成され、これらのテロワールはワインに瑞々しい酸味と豊かな果実味、輪郭のあるミネラル感を与えます。

収穫は区画ごとに分け、ブドウの成熟度合いによって手摘みで実施。ラロックと同じ醸造チームによって厳しく選果されたブドウは、温度管理されたステンレスタンクで発酵させ、その後一部をフレンチオーク樽で熟成させます。こうして出来上がるワインは、レッドチェリーなどのエレガントな赤系果実のニュアンスがフレッシュかつ豊かに感じられる、サン・テミリオンらしい味わい。エドアルド氏は「ペイムートンは非常にフレッシュで軽やか、一口飲むともっと飲みたくなる。」とコメントしています。

名匠がキャリア最高の年と語る、グレートヴィンテージ2018年

2018年のボルドー地方は、春の長雨により一部のシャトーではベト病が広がった一方で、夏から収穫期にかけては温暖な気候と好天に恵まれ、ブドウは順調に成熟。難しい気候の中、最新鋭の技術とボルドーならではの人智と恵まれたテロワールが掛け合わされた結果、2018年は多くのシャトーにとって2009年や2015年を彷彿とさせるグレートヴィンテージとなりました。

クリスチャン・ムエックス氏

その中でも特に右岸の出来栄えは素晴らしく、名匠として世界に名を轟かせるJPM社のオーナー兼醸造家、クリスチャン・ムエックス氏曰く、「2018年ヴィンテージは、私自身のキャリアの中で“ベストヴィンテージ”。私が愛するスタイルで、品格があり、赤系、黒系果実の層もとても豊かで、深み、奥行きがある。そして、エレガント。若くして楽しむことができるのはもちろん、熟成のポテンシャルは永遠でしょう。」と大絶賛しています。


外観は輝きのあるルビーレッドの色調。グラスに注ぐと、レッドチェリーやブラックベリーのフレッシュな果実のアロマ、クローヴなどのスパイス、黒鉛の複雑な香り。口に含むと活き活きとした酸味が弾け、程よいタンニンが感じられます。果実味と酸味が美しく調和し、余韻が軽やかなため自然とグラスに手が伸びるほどすいすいと飲み進められる味わいです。お食事と合わせるならチキンのトマト煮込みやボロネーゼ、白カビのチーズなどがおすすめです。


右岸ボルドーのグレートヴィンテージかつ、JPM社がエクスクルーシヴで販売を始めた記念すべき2018年ヴィンテージのペイムートン。そのエレガントなサン・テミリオンらしい味わいを、新たに入荷したこの機会に是非お試しください。



クチコミ

全て見る

4.5

2 件のクチコミ

  • 2016年

    う〜ん、思ったよりいい!

    0人の役に立ちました

    2022.04.06

  • 2018年

    軽い飲み口

    0人の役に立ちました

    2022.03.26


スタッフレビュー

全て見る
  • 右岸らしい芳醇リッチなボルドーワイン

    ボルドー左岸は力強さ、そして右岸は芳醇さがやっぱり魅力ですよね!このワインは右岸を代表する生産者が手掛けるだけあって、その特徴が良く表現されています! 香りはカシス系の濃厚な華やかさで、程よく心地よい酸味があり、果実味がしっかりしています。果実味が強い分、あまり酸味を感じなくてまろやかに感じられます。 渋みはシルキーなので、濃厚なのにスイスイ飲んでしまうような味わいです。 ボルドー右岸好きの方にはぜひ試していただきたい味わいです!!

    レビュー全文を見る
    • グッドバランス
    • ボルドー好き必見
    • シルクのような舌触り

    2022.05.09

  • 右岸好き必見!良年ボルドー

    さすがムエックス社と言いたくなるようなワインです。ブラックチェリー、カシス、レッドチェリー、スミレ、バニラ、タバコなどの香り。メルローの良い香りがよく出ています。味わいはエレガントでバランス良くまとまっています。私はトマト煮やキノコのクリームパスタと合わせましたが、見事にマリアージュしてました。ぜひお試し下さい。

    レビュー全文を見る
    • やっぱりボルドー
    • ボルドー好き必見
    • 今飲んで美味しい

    2022.03.25

  • 華やかさ、味わいの調和、まさにサン・テミリオン!

    グラスに注ぐとレッドチェリーやクローヴのアロマがフワッと広がり、その華やかさはまさにサン・テミリオン。フルーティーでなめらか、タンニンも程よく、活き活きした酸とのバランスもしっかり取れています。右岸ボルドー好きにとってはたまらない、それでいて比較的手に取りやすい価格ですから、気兼ねなく飲んでも良いでしょう。メルロ主体で造られているので、メルロがお好きな方や、右岸ボルドーをこれから探求されたい方、まずはこちらのワインをお試し頂いてみてはいかがでしょうか?

    レビュー全文を見る
    • グッドバランス
    • 我が家のハウスワイン
    • 肉ワイン

    2022.03.15

  • 今注目のボルドー右岸ワイン

    ペトリュスを擁するムエックス社が新たに手がけるシャトーということで、早速テイスティングしてみました。初めに感じるのはチェリーやスミレのような華やかな香り。口当たりはとてもスムースでタンニンも大人しく、適度な酸もあってとてもフレンドリーな印象でした。グラスと向き合う内にスモーキーなニュアンスやスパイス感が現れ、複雑さと奥行きを持ち合わせています。味わいはタンニンや酸よりもフルーティさが全面に感じられるため、トマトベースのパスタや煮込み料理と合わせたい赤ワインです。ついついグラスに手が伸びる、飲み飽きしない1本です。

    レビュー全文を見る
    • やっぱりボルドー
    • グッドバランス
    • 飲み飽きしない

    2022.03.15

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

  • 木箱:1本用 1,320円(税込) / 2本用 1,650円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.