<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
シャトー・ラ・コンセイヤント-0
シャトー・ラ・コンセイヤント-1

シャトー・ラ・コンセイヤント CH.LA CONSEILLANTE

750ml

ポムロルを代表するシャトーの1つ。「ブルゴーニュのグラン・クリュ」と例えられるほど、香り高くしなやかで妖艶な味わいが魅力。

本数限定

33,000~

(税抜価格30,000円)

300pt

進呈

4.8

(4)

変更・返品について

最新2019年ヴィンテージ入荷!

「まるでブルゴーニュのグラン・クリュのよう」と例えられる、希有なボルドー右岸シャトー。1871年から現在に至るまで、ニコラス家がオーナーとして代々受け継がれているため、品質が安定しており、どのヴィンテージでも一貫したスタイルを保っています。ピュアな果実味が際立つ、造り込まないナチュラルでエレガントなスタイルです。

5

さすがのラ・コンセイヤント2006

クロード・モネ「ジヴェルニーの庭」

商品情報



在庫一覧

  • 本数限定

    限定30本!

    2019

    35,200

    (税抜価格32,000円)

    • JS 99
    • V 98
    • WA 99
    • WE 96

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    素晴らしい収穫条件が整った2019年のボルドー地方。昼夜の寒暖差がブドウに鮮度をもたらし、恵みの雨がブドウの過熟を防ぎ完熟を助け、テロワールに祝福されたヴィンテージとなりました。凝縮したブドウより生み出されたワインは、ボルドーらしい品格に、生き生きとした鮮度が加わった驚くべきバランスを兼備。クラシック&モダンが融合したような新たな魅力をもつワインが数多く誕生した、比類なきグレートヴィンテージです。その中でも、冬から春にかけての降雨が少なく、保水力の高い粘土質があるかで品質に差が出る結果に。2018年ほどではないものの、粘土質の多い右岸にとって有利なヴィンテージと言われています。

    2019年のラ・コンセイヤントは、醸造責任者を務めるマリエル・カゾー女史が「これまでで最も素晴らしいヴィンテージとして、2016年に匹敵する出来」と絶賛するヴィンテージです。

    味わい

    外観は深みのあるガーネットパープルの色合い。ブラックプラムなどの黒系果実のアロマに、バラやスミレ、ラベンダー、チョコレート、シガー、チェリーの焼き菓子、土などのニュアンスが複雑に折り重なります。新鮮かつエネルギッシュな果実味と、絶妙にきめ細かいタンニンが感じられ、非常に洗練された味わいが印象的。ミネラリーな風味を纏いながら、長い余韻が続いていきます。長期熟成のポテンシャルに優れている1本です。

    熟成方法

    全体の70%をオーク新樽、27%をオーク古樽、3%をアンフォラで18ヵ月間熟成

    飲み頃

    ~2065年

    品種

    • メルロ(84%)
    • カベルネ・フラン(16%)
  • 在庫僅か

    残りあと4本

    2018

    40,700

    (税抜価格37,000円)

    • D 96
    • JS 97
    • V 98
    • WA 98
    • WE 95
    • WS 93

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2018年のボルドー地方は、春の長雨により一部のシャトーではべと病が広がった一方で、夏から収穫期にかけては温暖な気候と好天に恵まれ、ブドウは凝縮度を高めました。難しい気候の中、最新鋭の技術とボルドーならではの人智、恵まれたテロワールが掛け合わされた結果、2018年は多くのシャトーにとって、2009年や2015年を彷彿とさせるグレートヴィンテージとなりました。その中でも特に右岸の出来栄えは素晴らしく、今日のペトリュスのスタイルを確立させた名醸造家、クリスチャン・ムエックス氏曰く、「2018年は、私自身のキャリアの中で“ベストヴィンテージ”。若くして愉しむことができるのはもちろん、熟成のポテンシャルは永遠でしょう。」と大絶賛しています。

    味わい

    外観は紫がかったルビーレッド。グラスから熟したレッドチェリーやブラックベリーなど赤系・黒系果実のアロマと、シナモンやアニスなどスパイスの香りが漂います。口に含むと豊かな果実味が広がり、滑らかなタンニンが心地よい飲み口を形成。酸味は果実味と絶妙なバランスを保持しており、緩やかに溶け合います。余韻にはラズベリーやカシスなどの風味に加えて、黒鉛のような深みのあるニュアンス。熟成ポテンシャルを十分に感じられる仕上がりです。

    熟成方法

    70%をフレンチオークの新樽、3%をアンフォラにて熟成

    飲み頃

    ~2056年

    コルク

  • 在庫僅か

    残りあと1本

    2017

    33,000

    (税抜価格30,000円)

    • D 96
    • JS 95
    • V 96
    • WA 97
    • WE 94
    • WS 95

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2017年のボルドーは、例年よりもテロワールの輪郭が鮮明に感じられる“フレッシュ”で“純粋”なヴィンテージ。ボルドー全体では春先の霜害によって収量は減少しましたが、石灰岩土壌を有し高台に位置するサン・テミリオンのシャトーは被害が少なく、上質な酸と穏やかなタンニンが特徴の素晴らしい仕上がり。ポムロルは肉厚なスタイルが魅力です。

    味わい

    外観はやや深みのある紫がかったガーネットの色合い。グラスからは、熟したプラムやブラックラズベリー、ブルーベリーなどの果実のアロマが立ち上ります。さらに、スミレやリコリス、メントール、ダークチョコレートのニュアンスが重なり、濃厚で奥行きのある印象。口に含むと、ビロードのように滑らかなタンニンに支えられた、豊かな黒系の果実味が感じられます。しっかりとしたボディに活き活きとした酸が重なることで、エレガントな味わいを演出。シナモンスティックの香りを纏い、余韻は長く続きます。

    熟成方法

    新樽比率70%のオーク樽で熟成

    飲み頃

    ~2053年

    コルク

商品の紹介

右岸は左岸と比べると生産量が圧倒的に少なく、 いわゆるシンデレラワインと呼ばれるような一晩にして名声があがり、一挙に手に入りにくくなったワインが沢山あります。そのような右岸のスターワインたちである、プティ・ヴィラージュ、ヴュー・シャトー・セルタンと隣接しているシャトーが、こちらのコンセイヤント。サン・テミリオンとポムロルの丁度境目に位置する粘土質土壌から成る畑は、味わいに厚みや豊かさを与え、より複雑な味わいが醸し出されます。


ブドウは収穫後、低温浸漬を行うことで果汁や色素を抽出します。温度管理されたコンクリートタンクで発酵を行った後、新樽比率50~80%のフレンチオーク樽で約18ヵ月熟成。香りの華やかさと複雑さが見事にコントロールされることで、「まるでブルゴーニュのグラン・クリュのよう」と例えられる、しなやかで奥行きある妖艶なスタイルに仕上がります。

生産者について

シャトー・ラ・コンセイヤント

シャトー・ラ・コンセイヤント CH. LA CONSEILLANTE

ブルゴーニュの特級畑と例えられる、妖艶な右岸シャトー

ラ・コンセイヤントは古くから名高く、1871年から現在に至るまで、ニコラス家がオーナーとして代々受け継がれている老舗シャトー。そのため品質が安定しており、どのヴィンテージでも一貫したスタイルを保っています。また長い歴史を持つ一方、ポムロルではステンレスタンクを導入するなど、最先端の技術を一早く取り入れる柔軟性も備えており、レヴァンジル、ヴュー・シャトー・セルタンと並び称される、ポムロルを代表するシャトーの一つです。

ラ・コンセイヤントの名前の由来は、18世紀にこのシャトーを継いだ、画家のロートレックに縁のある、ルペルシュ・ブランストー家出身のコンセイヤント夫人から付けられたとのこと。夫人は気性の激しい方だったとのことですが、ワイン自体はピュアな果実味が際立つ、造り込まないナチュラルでエレガントなスタイル。香りの華やかさと複雑さが見事にコントロールされ、しなやかで奥行きある妖艶なスタイルは「まるでブルゴーニュのグラン・クリュのよう」と例えられるほどです。

生産地について

フランス ボルドー ポムロル

フランス ボルドー ポムロル

愛好家垂涎のシャトーがひしめく高級ワイン産地

ポムロルは、ボルドーで最も小さな地区ながらも、全世界で認められるリッチで濃密なワインを生み出す銘醸地として有名です。 土壌は大きく「粘土質」「砂利質」「砂質」の3つに分類され、粘土質では、ペトリュスなどタンニンが強く構造が大きいパワフルなワイン、砂利質ではラフルールなど壮麗な香りの果実味溢れるワイン、砂質からは香りがよく滑らかでソフトなワインが造られている産地です。 公式格付けはありませんが、それに匹敵する素晴らしいシャトーがひしめいています。


クチコミ

全て見る

4.8

4 件のクチコミ

  • 深い味わいと優しさが同居してる

    0人の役に立ちました

    2021.07.14

  • さすがのラ・コンセイヤント2006

    0人の役に立ちました

    2016.10.15

  • 1986年

    なかなか美味しいワイン

    0人の役に立ちました

    2015.05.02

  • 1986年

    このワインのおかげで

    0人の役に立ちました

    2015.04.06


スタッフレビュー

全て見る
  • クロード・モネ「ジヴェルニーの庭」

    ボルドーを愛する私にとって、こちらは同地区でも屈指のお気に入りシャトーの1つです。ポムロルらしい濃密な黒系果実の味わいは勿論のこと、特筆すべきはその艶やかで多層的な花々の香り。赤や紫など色とりどりの植物が咲き乱れるようなフローラルなアロマと深い土のニュアンスは、美しいガーデンに足を踏み入れたかのような素晴らしい情景を与えてくれます。様々なヴィンテージをこれまでテイスティングしてきましたが、毎回私を自然と人の力が調和した庭園へと誘ってくれるグランヴァンであることに変わりはありません。巨匠モネが愛したジヴェルニーの庭を散策するように、是非皆様もこの美しき花園に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

    レビュー全文を見る
    • 熟成させたい
    • エレガンスの極み
    • シルクのような舌触り

    2022.05.23

  • 熟成させずともその妖艶さに魅了されてしまう。

    こちらはブルゴーニュのグラン・クリュのよう、と喩えられるほど妖艶でかつ純粋、エレガントなボルドー右岸のシャトー、ラ・コンセイヤント。2018年はまだまだ若く、青みが残っているかと思いきや、そんなことは一切なく滑らかで濃密な果実味がゆっくり、ゆっくりと口の中で広がり、優美な時の流れを感じるほど。渋味、酸味、果実味が三位一体となっていて、熟成を経てよりバランス良く溶け合い、開いてくると、まさにブルゴーニュのグラン・クリュのような華麗さを感じられるのではないかと今から期待しています!

    レビュー全文を見る
    • エレガンスの極み
    • まるで香水
    • 大き目のグラスで

    2022.02.04

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

  • 木箱:1本用 1,320円(税込) / 2本用 1,650円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.