ボジョレー2017先行予約
ル・プティ・シュヴァル ル・プティ・シュヴァル ル・プティ・シュヴァル
※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。


ル・プティ・シュヴァル

LE PETIT CHEVAL

価格:24,000 円 (25,920 円 税込) ~

総合評価:

3.0
サン・テミリオンの頂点に君臨する、
シュヴァル・ブランのセカンドワイン。
リッチな果実味に溢れた、若いうちから愉しめる仕上がり。
  • 01

    2014 750ml

    34,500 円 (37,260 円 税込)

    WA 91WS 91

    345 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    2014年のボルドー地方は、温暖な5月のおかげ例年よりも早い芽吹きを迎えました。8月以降は気温が上がらない涼しい日が続き、ブドウはゆっくりと成長。収穫期前の9月、10月はここ10年で最も温暖で、穏やかな日和であったため果実は完璧に成熟し、収量も十分に確保することができました。 多くの造り手が天候に翻弄され、思慮と技巧を試された直近のヴィンテージに対し、自然の恩恵とテロワールのポテンシャルがより一層輝きを増して感じられる2014年。生産者たちはこの恩恵に感謝するとともに、“ボルドーらしさ”を高らかに謳い上げたかのようなワインを生産しており、その出来栄えは私たちの想像を上回る“Good Surprise”に溢れています。

    メルローとカベルネ・フランをほぼ1対1でブレンドした本ヴィンテージ。 非常にしなやかで、流れるような味わいが特徴です。 香りはいきいきとしたブラックベリーのアロマに白コショウやクローブ、八角のような乾燥させたスパイスのニュアンスが香りに奥行きを与えています。

    ミディアムボディの味わいは、とても滑らか。口に含むと赤い果実の豊かな風味に加え、若いながらとても緻密で滑らかなタンニンが広がります。後半には酸やタンニンがゆっくりと調和し、魅力的な余韻を形作ります。 既に十分お楽しみいただけますが、今後の熟成も楽しみなヴィンテージです。

    飲み頃:2018~2028年

    メルロ52%、カベルネ・フラン48%

    数量:
    買い物カゴ_1
  • 02

    2013 750ml

    25,000 円 (27,000 円 税込)

    250 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    2013年は、変わりやすく気まぐれな天候が記憶に残る年となりました。冬と春の気温の低さによる開花の遅れ、暑く雨の少ない夏、9月は湿気による灰色カビ病に悩まされたりと、生産者にとって困難の多い年でしたが、収穫を一気に行い、例年以上に厳しい選果を行った生産者は、宝石のように磨かれたワインを造り上げました。特に苦境を生き抜いたカベルネ・ソーヴィ二ヨンはしっかりと熟し、赤ワインに関しては、赤系の鮮やかなアロマとフレッシュな酸が特徴の早くから楽しめる味わいに仕上がっています。

    紫色を帯びた濃いガーネット色。ブラックカラントやブラックチェリーの黒系果実のアロマに、白コショウや甘草の繊細な香りが感じられます。芯のある酸と濃密なタンニンが絶妙なバランスを成しており、長く残る余韻は風格を感じさせてくれます。

    飲み頃:~2022年

    メルロ85%、カベルネ・フラン15%

    数量:
    買い物カゴ_1

    残りあと5本

  • 03

    2012 750ml

    24,000 円 (25,920 円 税込)

    WS 91

    240 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    2012年のボルドーは、夏は乾燥し、9月後半から10月にも予期せぬ雨が降ったりと 2011年に続き、生産者にとって決して平坦ではない年となりました。 しかし出来上がったワインは、しっかりと抽出された果実味が豊かで 驚くほどソフトで丸みのある出来ばえ。 2009年に通じる豊かな果実味とバランスに秀でたヴィンテージと言えます。

    紫色を帯びた濃いガーネット色。ブラックカラントやブラックチェリーなどの黒系果実のアロマに、後からミント、天草の繊細な香りが感じられ、力強く滑らかなタンニンと心地よい酸味はまさに絶妙なバランス。長く残る余韻はサン・テミリオンの頂点に君臨するシュヴァル・ブランの風格を感じさせてくれます。セカンドワインとは思えないほどのクオリティの高い逸品です

    メルロ75%、カベルネ・フラン25%

    数量:
    買い物カゴ_1
  • 04

    限定6本!

    2000 750ml

    38,600 円 (41,688 円 税込)

    386 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    2000年のボルドーは、記念すべきミレニアムヴィンテージ。 ボルドー全域が素晴らしい天候に恵まれ、どの品種のブドウも非常に素晴らしい出来に仕上がりました。格付けシャトー以外の比較的無名のシャトーも偉大なワインを誕生させており、ロバート・パーカー氏が90点以上と評価したワインが100以上もある、まさに奇跡のグレートヴィンテージと言えます。

    外観は深みのある紫色の色調。グラスに注ぐとすぐに、ブラックベリーやチェリーを思わせる赤・黒系果実やスパイスのアロマが広がります。既に20年近くもの熟成を経たグレートヴィンテージならではの、奥深さと柔らかく熟した果実味が魅力的。ファーストラベルのシュヴァル・ブランを彷彿させる完熟した果実味やリッチネスな印象がありつつも、若いうちから愉しめるのが特徴です。

    もはや市場ではなかなか出会う事の出来ない、格付けシャトーのミレニアムヴィンテージ。今飲んで楽しめる熟成した味わいを、是非この機会にご堪能ください。

    メルロ、カベルネ・フラン

    数量:
    買い物カゴ_1

    残りあと5本

サン・テミリオンの頂点に君臨する、
シュヴァル・ブランのセカンドワイン。
リッチな果実味に溢れた、若いうちから愉しめる仕上がり。

サン・テミリオンの格付けでトップに君臨する、第一特別級A。
2012年に、シャトー・パヴィとシャトー・アンジェリュスが特別級Aに加わりますが、
それまではシュヴァル・ブランとオーゾンヌの2つのシャトーだけが認められていました。

まさに右岸シャトーの頂点と言えるシュヴァル・ブランとオーゾンヌ。
ともにサン・テミリオンの二翼として存在していますが、両者の性格は明らかに異なります。

そもそもサン・テミリオンの地域は土壌の異なる二つの地域で大きく二つに分類されます。
ひとつはコート(台地の意)地域と呼ばれ、粘土石灰質の土壌でメルロの栽培に適しており、
シャトー・オーゾンヌを含む第一特別級のほとんどのシャトーがこちらに属します。
もう一つはグラーヴ(砂利の意)地域と呼ばれ、砂利質のためカベルネ・フランがよく栽培されています。
シュヴァル・ブランはこちらに属します。

カベルネ・フランを多く使用したことによって現れる、コクと力強い味わいがこのシャトーの真骨頂。
さらにポムロルのレヴァンジルコンセイヤントと溝一つの距離のため、
ポムロルに近い、リッチでねっとりとした酒質。
こうした個性がシュヴァル・ブランにしか出せない独特な味わいを生み出します。
多くのワイン愛好家がシュヴァル・ブランをNO.1に選ぶのもこの辺りが関係しているのかもしれません。

そして飲み頃の期間が最も長いワインともいえます。
通常、シュヴァル・ブランは瓶詰めされた時点で既に美味しいのですが、
年を追うごとに更に調和がとれ風格を増します。
メドック1級シャトーやポムロルの宝石「ペトリュス」にも、これほどの柔軟性はありません。

そのサン・テミリオンの頂点に君臨するシュヴァル・ブランのセカンドワインが
こちらのル・プティ・シュヴァル

ファーストは、カベルネ・フラン主体で造られますが、
セカンドのル・プティ・シュヴァルは、メルロ主体で造られています。

ファーストより少しばかり熟成が早いため、若いうちから愉しめる魅力的なワイン。
飲み頃を迎えているため、シュヴァル・ブランを彷彿とさせる
エレガントさと繊細さが既に感じられます。

コルクにカビが生えているワインは保管の良い証 ワインの理想的な保管条件は温度が15℃前後、湿度が75%前後です。この条件はカビが発生しやすい状態で、ワインセラーで長期間保管していると、キャップシールの中、コルクの上部にカビがつくことが多くあります。もしコルクにカビがついていた場合はしっかり拭き取っていただければ問題はありませんのでご安心下さい。
ラベルの汚れはオールド・ヴィンテージならば避けられないもの 長く保管されればされるほど、外見は完全な状態ではなくなります。長期間理想的な状態で保管されていたワインの多くは、高い湿度によってラベルにシワやシミができます。
シャトーによっては、蔵出し直前にラベルを張り付ける場合があり、オールド・ヴィンテージのワインでも綺麗なラベルのワインもあります。シワ・シミがあるからといって、保管状態をご心配される必要はありません。
液面が下がっているのは、熟成の結果です オールド・ヴィンテージのワインには、しばしば漏れた形跡が無いにも関わらず、ワインの量が目減する不思議な現象が起きます。これはコルクの絶妙な弾力性が関係しています。コルク栓で閉めたワインボトルは完全密閉ではなく、ワインは空気と触れ合っていることで、少しずつ科学変化が起き、ゆっくりと熟成していきます。 このような熟成中の変化を指して、ワインは呼吸していると表現されています。
飲む前は最低一週間はボトルを立てておきましょう ワインは熟成の過程で、長い時間をかけて不溶性の沈殿物が発生します。これが澱(オリ)と呼ばれるものです。澱は元々ワインに溶け込んでいた自然の成分が固形化したものなのでお飲みいただいても問題はありません。しかし口当たりが悪く、強い渋味を感じるため、できるだけ飲みたくないものです。
そうは言っても配送や持ち運びによってボトルが振動すると、澱が舞ってボトル全体に浮遊しまいます。そこでオールド・ヴィンテージのワインを飲む前は、ボトルを立てて澱を瓶底にためるようにしましょう。
目安としては、一週間ほど立てて保管することをおすすめします。
コルクはゆっくり丁寧に抜きます 熟成を重ねると、コルクが柔らかく脆くなります。そのため若いワインのように勢いよく抜くのではなく、ゆっくりと丁寧に引き上げるように抜栓します。もしコルクが折れてボトルの中に落ちてしまったら、デキャンタに移して飲む方法がベストです。
ゆっくり丁寧にグラスに注ぎます オールド・ヴィンテージのワインを飲む時は、勢いよく注がずに澱が舞いあがらないようにゆっくりと注ぎます。
そうすることで、最後までボトルの底に澱をためておくことができます。ためておいた澱は勿体ないですが、飲まずに捨ててしまいましょう。目安として瓶底1cm残しておくと良いとされています。
一本丸ごと味わいましょう ボトルを立てておいたオールド・ヴィンテージのワインは、同じ1本でも上部と下部では味わいが異なります。
ボトルの下部ほど濃度が濃くなります。一本のワインで違った味わいを楽しみたい場合にはボトルから直接グラスに注ぎ、味を均一化するにはデキャンタに移すことをおすすめします。

すべて表示する

関連情報

買い物カゴ_2

▲ページ上部に戻る

クチコミ

カスタマー評価の平均値

3.0
星5つ 0
星4つ 0
星3つ 1
星2つ 0
星1つ 0
コスパ 3.0
香り 4.0
ボリューム 4.0
余韻の長さ 4.0

クチコミ件数:1

egoist さん

2件のクチコミ

投稿者情報:ワインが趣味

2016/2/19

  • コスパ

  • 香り

  • ボリューム

  • 余韻の長さ

変化していくのを楽しめる

CH.CHEVAL BLANCと飲み比べ用に購入しました。が、LE PETIT CHEVALだけで充分に満足できるほどの実力でした。抜栓直後から飲み終える3時間後までの変化を満喫出来ました。

すべて表示する

買い物カゴ_3

全てのカテゴリー
↑PAGETOP
お届けについて

●毎日出荷、即日出荷可能!

完全温度・湿度管理のワイン専用倉庫から、毎日出荷しています。 午前9:00までのご注文に限り、即日出荷可能!

お届け日数はこちら

●配送料金

配送料600円 (648円 税込)
クール代200円 (216円 税込)
代引き手数料300円 (324円 税込)
税抜き10,000円以上お買い上げの方は送料無料

お支払い方法について

●クレジットカード払い

ご利用頂けるクレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICANEXPRESS、DINERS CLUBとなります。
VISA/Master Card/JCB/American Express/Diners Club 楽天ペイ
ほか、代金引換、楽天ペイ、ECON、コンビニ後払い、銀行振り込みでのお支払いが可能です。

クラブエノテカVISAカードならとってもお得!
よくあるご質問

エノテカでのお買い物について、よくあるご質問とその答えをご用意しました。

よくあるご質問
お問い合わせ

0120-81-3634
[ 受付時間 10:00-18:00 ] (年中無休)

メールでのお問い合わせ