シャトー・クリマン シャトー・クリマン シャトー・クリマン
※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。


シャトー・クリマン

CH.CLIMENS

価格:14,400 円 (15,552 円 税込) ~

総合評価:

世界中のワイン愛好家が渇望してやまない
素晴らしい気品を湛えた、甘口ワインの最高峰。
飲む者を魅了し続ける甘美な味わい。
タイプ ワイン > 甘口白
品種 セミヨン
生産地 > フランス > ボルドー > ソーテルヌ & バルサック
  • 01

    限定12本

    2008 750ml

    14,400 円 (15,552 円 税込)

    WA 93WS 91

    144 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    2008年のソーテルヌは、熟成のポテンシャルと果実味豊かなアロマを備えています。春には雨や雹の影響で開花が難しく収量は少ないものの、夏は好天に恵まれ健全なブドウが収穫できました。砂糖漬けの果実香のまろやかでバランスのよいワインが多く造られています。

    ドライパイナップル、杏子や花梨、バニラ、アーモンドのアロマが重なり合った洗練された豪華な香り。口に含むと、オイリーなテクスチャーに溶け込んだ樽の風味が心地よく感じられ、長い余韻がいつまでも続きます。甘美な味わいを愉しめる見事な甘口ワインです。

    セミヨン100%

    数量:
    買い物カゴ_1
  • 02

    限定6本!

    2001 750ml

    42,000 円 (45,360 円 税込)

    WA 99WS 97

    420 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    2001年のソーテルヌ、バルサック地方は、ワインアドヴォケイト誌のヴィンテージチャートにて93点、ワインスペクテーター誌のヴィンテージチャートにて97点という、1970年以降の最高得点を獲得した素晴らしいヴィンテージです。天候に恵まれたおかげでブドウは完熟し、非常にリッチでコクのある、またバランスに優れたワインが多く産出されています。シャトー・クリマンではこのヴィンテージを「頂点」と表現しており、それを裏付けるかのようにこのワイン自体にもパーカーポイント、スペクテーター共に高得点を獲得。間違いなく今手に入れて絶対に損のないヴィンテージのひとつです。

    グラスに注ぐと、オレンジピールやドライアプリコット、マルメロなどの果実や甘やかな蜂蜜のような、繊細かつ複雑性のあるアロマが感じられます。口に含むとふくよかで厚みのあるボディが現れ、フローラルのニュアンスやマーマレードを思わせる綿密な果実味があり、上品さを感じつつもどこかワイルドな印象。余韻は長く、熟した柑橘系果実の風味を伴う奥深い味わいが堪能できる至極の1本です。

    飲み頃を迎えたばかりの超優良ヴィンテージ。今飲んで美味しいのはもちろん、熟成させてこのワインの真骨頂でもある円熟した味わいを、ワイン愛好家の方にこそ是非ご堪能いただきたい1本です。

    飲み頃:現在~2040年

    セミヨン100%

    数量:
    買い物カゴ_1

    残りあと3本

  • 03

    限定6本!

    1997 750ml

    21,300 円 (23,004 円 税込)

    WA 94WS 94

    213 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    1997年は収穫前の好天に恵まれた、豊作の年となりました。暑い日が多かったためにブドウの成熟が早く、穏やかな酸が特徴の、優しく柔らかい味わいのワインが多く造られたヴィンテージ。またこの年のソーテルヌ、バルサック地区は、ワインスペクテーター誌のヴィンテージチャートにて92点を獲得、素晴らしいストラクチャとバランスを備えた優良ヴィンテージと言われています。

    熟したパイナップルや蜂蜜、バターなど甘やかでコクのある濃密なアロマに、レモンなど柑橘系果実の爽やかさ、スパイシーなニュアンスが層を成して現れます。厚みのあるボディで、濃厚な果実味が余韻まで長く続きます。熟成により、そのポテンシャルの高さを証明するかのような円熟した味わいを開花させた、極上のエレガンスが堪能できる1本です。

    今まさに飲み頃の絶頂を迎えている至極の味わいを、是非出会ったこの機会に手に入れてみてはいかがでしょうか。

    飲み頃:現在~2025年

    セミヨン100%

    数量:
    買い物カゴ_1

    残りあと4本

  • 04

    限定4本!

    1970 750ml

    28,700 円 (30,996 円 税込)

    287 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    1970年のフランス・ボルドー地方は、戦後最初の高品質で収穫量も莫大だった記録的なヴィンテージです。ボディーのしっかりとした濃厚なワインが多く産出。大柄な風格のためワインはゆっくりと熟成し、魅力的でバランスのとれた高品質なワインが多く存在しています。

    長い年月を経てようやく辿り着いた、どこまでも深みのある色調と非常に複雑性のあるアロマ。ドライアプリコットやマーマレード、上品なフローラルのニュアンスが感じられます。マンダリンオレンジやマンゴーを思わせる熟度の高い果実味がありますが、活発な酸が味わいをシャープにまとめている印象。永続的にすら感じる長い余韻では、このワインの真髄を表すかのような複雑さとフィネス、エレガンスがご堪能いただけます。

    現在では世界的にも市場で見かける事がほとんど無い希少なバックヴィンテージ。ワイン愛好家の方にこそ手に入れていただきたい、珠玉の1本です。

    セミヨン100%

    数量:
    買い物カゴ_1

    残りあと2本

世界中のワイン愛好家が渇望してやまない
素晴らしい気品を湛えた、甘口ワインの最高峰。
飲む者を魅了し続ける甘美な味わい。

シャトー・クリマンはボルドーの南東、ガロンヌ河の左岸に位置するワイナリー。
先祖代々、数百年にも渡り受け継いできた卓越性と並はずれた気品は、
「バルサックの領主」と称えられ、テロワールの奥深さを引き立てた
世界一の名声を誇る甘口白ワインを丹念に造っています。

メドックと同じく1855年に格付けを行い、
高い品質を誇るクリマンは当然の如くプルミエ・クリュに格付けされました。

クリマンとは、フランス語で「不毛の土地、痩せた土地」という意味。
偉大なテロワールは土や水、空気、火という4つの要素のバランスによって
誕生するという考えを持つシャトー・クリマンでは、
火から生じて豊かさを保証する赤色土が注目されています。
粘土質による水の要素は、ワインに滑らかさやフレッシュさを与えながら
自然の豊かさを見事に調和。
雨や暑さなどの気候の変化に伴い、水や火の配分が毎年変わるため
それぞれヴィンテージの特徴が良く表現されたワインが出来上がります。

「完璧な調和」を手に入れるために、シャトー・クリマンでは
土の要素を持つ典型的な品種を用いて
この地の主な土壌である石灰質を理解する必要があると考えました。
そして研究を重ねた後、セミヨン種がこの素晴らしいテロワールを表現するための、
類稀なる可能性を秘めている
事が分かったのです。

シャトーが所有する畑は、僅か約2,000ha程度の小さな面積。
石灰質に占められたこのテロワールからは、
世界でもトップクラスのワインを生み出しています。
ソーテルヌ地区のような豪華さにはやや欠けるものの、
優れたバタンスと芳醇なアロマ、フレッシュ感のある味わいから醸し出す
他のどのワインにも似ることのない繊細さ
が魅力的。
独自のテロワールによる輝きや深みを最大限生かした
ワイン造りを行っています。

2010年より、シャトーのテクニカルディレクターを務める
フレデリック・ニヴェル氏とともにブドウ畑全体をバイオダイナミック農法へと転向。
ブドウの栽培から醸造まで一切の手を抜く事はありません。
気まぐれでデリケートなボトリティス菌は、
特別な気象条件だけでなく、とても正確な作業が必要なのです。
ブドウの収穫は9月~11月に始まり、3週間から2ヵ月間続き
収穫期間中は休みなく作業が続けられ、中断することはできません。
ブドウの樹を何度もチェックをし、細密に選別をしていく事で
完全に貴腐化した、濃縮に理想的な段階の果粒だけを収穫することが出来るのです。
収量は非常に低く抑えているため、市場に出回る数はおろか
日本に入ってくる数も限られています。
見つけたらすぐにでも手に入れていただきたい極上の逸品です。

クリマンが醸すワイン独特の気品は、
土壌由来のぴんと張ったようなミネラル感、
そしてフローラルや果実、スパイス、ミントのような爽やかさが
混ざり合った素晴らしいアロマ
から成ります。
若いうちはレモンやグレープフルーツなど柑橘系果実や白い花のアロマが、
熟成させると甘やかなスパイスやフルーツコンフィを思わせる
深みのあるアロマへと変化していきます。
どのヴィンテージであっても、ゆっくりと年を重ねて
他に比喩のないまろやかさとフレッシュさのハーモニーを奏でるのです。

「まるで魔法のよう」と称される極上のエレガンスを湛えた
卓越した味わいを、是非この機会にご堪能ください。

コルクにカビが生えているワインは保管の良い証 ワインの理想的な保管条件は温度が15℃前後、湿度が75%前後です。この条件はカビが発生しやすい状態で、ワインセラーで長期間保管していると、キャップシールの中、コルクの上部にカビがつくことが多くあります。もしコルクにカビがついていた場合はしっかり拭き取っていただければ問題はありませんのでご安心下さい。
ラベルの汚れはオールド・ヴィンテージならば避けられないもの 長く保管されればされるほど、外見は完全な状態ではなくなります。長期間理想的な状態で保管されていたワインの多くは、高い湿度によってラベルにシワやシミができます。
シャトーによっては、蔵出し直前にラベルを張り付ける場合があり、オールド・ヴィンテージのワインでも綺麗なラベルのワインもあります。シワ・シミがあるからといって、保管状態をご心配される必要はありません。
液面が下がっているのは、熟成の結果です オールド・ヴィンテージのワインには、しばしば漏れた形跡が無いにも関わらず、ワインの量が目減する不思議な現象が起きます。これはコルクの絶妙な弾力性が関係しています。コルク栓で閉めたワインボトルは完全密閉ではなく、ワインは空気と触れ合っていることで、少しずつ科学変化が起き、ゆっくりと熟成していきます。 このような熟成中の変化を指して、ワインは呼吸していると表現されています。
飲む前は最低一週間はボトルを立てておきましょう ワインは熟成の過程で、長い時間をかけて不溶性の沈殿物が発生します。これが澱(オリ)と呼ばれるものです。澱は元々ワインに溶け込んでいた自然の成分が固形化したものなのでお飲みいただいても問題はありません。しかし口当たりが悪く、強い渋味を感じるため、できるだけ飲みたくないものです。
そうは言っても配送や持ち運びによってボトルが振動すると、澱が舞ってボトル全体に浮遊しまいます。そこでオールド・ヴィンテージのワインを飲む前は、ボトルを立てて澱を瓶底にためるようにしましょう。
目安としては、一週間ほど立てて保管することをおすすめします。
コルクはゆっくり丁寧に抜きます 熟成を重ねると、コルクが柔らかく脆くなります。そのため若いワインのように勢いよく抜くのではなく、ゆっくりと丁寧に引き上げるように抜栓します。もしコルクが折れてボトルの中に落ちてしまったら、デキャンタに移して飲む方法がベストです。
ゆっくり丁寧にグラスに注ぎます オールド・ヴィンテージのワインを飲む時は、勢いよく注がずに澱が舞いあがらないようにゆっくりと注ぎます。
そうすることで、最後までボトルの底に澱をためておくことができます。ためておいた澱は勿体ないですが、飲まずに捨ててしまいましょう。目安として瓶底1cm残しておくと良いとされています。
一本丸ごと味わいましょう ボトルを立てておいたオールド・ヴィンテージのワインは、同じ1本でも上部と下部では味わいが異なります。
ボトルの下部ほど濃度が濃くなります。一本のワインで違った味わいを楽しみたい場合にはボトルから直接グラスに注ぎ、味を均一化するにはデキャンタに移すことをおすすめします。

すべて表示する

関連情報

買い物カゴ_2

▲ページ上部に戻る

クチコミ

買い物カゴ_3

全てのカテゴリー
↑PAGETOP
お届けについて

●毎日出荷、即日出荷可能!

完全温度・湿度管理のワイン専用倉庫から、毎日出荷しています。 午前9:00までのご注文に限り、即日出荷可能!

お届け日数はこちら

●配送料金

配送料600円 (648円 税込)
クール代200円 (216円 税込)
代引き手数料300円 (324円 税込)
税抜き10,000円以上お買い上げの方は送料無料

お支払い方法について

●クレジットカード払い

ご利用頂けるクレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICANEXPRESS、DINERS CLUBとなります。
VISA/Master Card/JCB/American Express/Diners Club 楽天ペイ
ほか、代金引換、楽天ペイ、ECON、コンビニ後払い、銀行振り込みでのお支払いが可能です。

クラブエノテカVISAカードならとってもお得!
よくあるご質問

エノテカでのお買い物について、よくあるご質問とその答えをご用意しました。

よくあるご質問
お問い合わせ

0120-81-3634
[ 受付時間 10:00-18:00 ] (年中無休)

メールでのお問い合わせ