<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
モンテスキャンペーン
シャトー・クーアン・ブラン-0
シャトー・クーアン・ブラン-1

シャトー・クーアン・ブラン CH.COUHINS BLANC

750ml

2015年

フランス国立農業研究所(INRA)の技術による、最適な栽培が特徴のグラーブ格付けシャトー。品種の個性が活きた、フレッシュかつ優雅なスタイル。

本数限定
オンライン限定商品

5,500

(税抜価格5,000円)

50pt

進呈

変更・返品について

こちらはグラ―ヴ格付けに含まれる、シャトー・クーアンの白ワイン。<!--シャトーの歴史が長いことに加え、-->フランス国立農業研究所(INRA)所有となって以降、更なる発展を遂げる注目シャトーです。最新の研究を取り入れることで、最適に栽培を管理。ソーヴィニヨン・ブラン種の華やかさが活きた、フレッシュかつ優雅なスタイルをお愉しみいただけます。

商品情報

カテゴリ

タイプ

容量

750ml

原産地呼称

おすすめ料理

舌平目のムニエル、甲殻類のバターソース

ボディ

2

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

上品な果実味と伸びやかな酸を備えたエレガントな白ワイン

  • コク

  • 果実味

  • 酸味



在庫一覧

  • 本数限定

    2015

    5,500

    (税抜価格5,000円)

    • D 91
    • JS 92
    • WE 92

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2015年のボルドーの白ワインは、力強さ、芳醇さ、緻密さを備えた偉大なヴィンテージとなりました。初夏は雨が少なく水分不足となりましたが、ボルドー特有の秋雨はブドウ樹にとって潤いの雨となり、健全で適熟な状態でのブドウを収穫。例年以上の豊かな果実味と酸味の卓越したバランスが感じられます。

    味わい

    外観はレモンイエローの色調。グラスからはレモンやグレープフルーツなどの柑橘類と熟した洋梨や白桃などの果実、花のアロマが漂います。口に含むと豊かな果実味が勢いよく広がり、爽快な酸味が心地よく流れる印象。トロピカルフルーツなどのジューシーな風味も感じられる、優美なスタイルの1本です。

    コルク

商品の紹介

こちらはグラ―ヴ格付けに名を連ねる、シャトー・クーアンの白ワイン。シャトー・クーアンは、長年の間、ガスクトン家とアナピエ家が所有していましたが、1968年にシャトーは2分割にされた後、売却され、小さな区画はアンドレ・リュルトン氏が取得。現在、その小区画は「シャトー・クーアン・リュルトン」となっています。大区画である、「シャトー・クーアン」側は、ヨーロッパではトップ、世界でも二番目に格付けされている研究機関、フランス国立農業研究所(INRA)が買収。最新の研究が栽培や醸造に活かされ、更なる発展が期待されています。 ペサック・レオニャンのいくつかのワイナリーと同様に、クーアンのテロワールは、地形の特徴と土壌の多様な組成のために複雑。このような異質な環境の中では、樹々が異なる成長を遂げ、統一性なく樹勢を変化させてしまいます。そこでINRAは2007年から、GPSと組み合わせたセンサー("GreenSeeker")を使って、ブドウの木の樹勢を1平方メートルの精度でマッピング。葉が反射した光を近赤外線で分析し、樹勢と相関関係のある植生指標(NDVI)を算出。この数値を参考にエリアごとのキャノピーを管理することで、最適な栽培が行われています。 白ブドウ用の約6haの畑はヴィルナーヴ・ドルノン村の小高い丘に位置。シャトーの所有する畑の中でも北側の斜面に位置しているため、気候はやや冷涼でブドウをじっくりと成熟させます。土壌は石灰岩をベースにした粘土質で構成。程よく水を蓄えるため、乾燥した時期にはその水で樹々を潤します。この環境はソーヴィニヨン・ブラン種にとって最適なため、高品質なブドウを育てる事ができます。 収穫後、低温空気圧プレスでゆっくりと圧搾。一部はスキン・コンタクトすることで、ソーヴィニヨン・ブラン種の華やかさをより抽出します。樽・槽・桶での発酵後、澱の上で攪拌しながら約9ヵ月間熟成。こうして、春の花を連想させる繊細なブーケが特徴の、活き活きとした味わいへと仕上がります。

生産者について

シャトー・クーアン

シャトー・クーアン CHATEAU COUHINS

フランス国立農業研究所(INRA)の研究により、更なる発展が期待される格付けシャトー

シャトー・クーアンはぺサック・レオニャン地区、ヴィルナーヴ・ドルノン村の小高い丘に位置する、歴史あるシャトーの1つ。1760年以前からの歴史があり、当時の地図にはその敷地が記されています。詳細な面積は明記されていませんでしたが、文献から赤ワインが生産されていたことが分かっています。長いシャトーの歴史の中でも大きな変化点だったのが、1880年代の頃。当時、メドック格付け3級のシャトー・カロン・セギュールやシャトー・カプベルンを所持していた、ガスクトン家へと所有が移りました。当主であったエドワード・ガスクトン氏の優れたリーダーシップの下、隣接するブドウ畑が買い足され、面積が60haに拡大。それと同時に白ワインの生産が始まります。

1950年代になると、クーアンのワインはその知名度を著しく高め、グラーヴ地区で生産されるワインの中ではトップクラスに位置。1959年には、グラ―ヴの格付けである"Cru Classé de Graves"へと昇格します。

しかし1960年代に入ると、エドワード・ガスクトン氏の死去とブドウの不作に見舞われ、非常に苦しい時期へと突入。この時、ペサック・レオニャンを代表する大手ワイン商のワイナリー、アンドレ・リュルトン社へ敷地の小地区を賃借します。残りは1968年にフランス国立農業研究所、INRAへと売却。こうして、シャトー・クーアン・リュルトンと現在のシャトー・クーアンが誕生しました。当時クーアンのブドウ畑は事実上放棄され大部分が荒廃していましたが、1979年にINRAの新しい区画整備システムに基づいて再編成。1981年には最新の醸造施設が建設されています。

現在は約25haのブドウ畑を所持し、伝統的な手法に加えてINRAの研究結果に基づいた技術が惜しみなく注がれています。これらINRAのプロジェクトの実施により、シャトーは見事な復活を果たし、更なる発展が期待されています。

生産地について

フランス ボルドー ペサック・レオニャン

フランス ボルドー ペサック・レオニャン

スモーキーなニュアンスを備えたワインを生むアペラシオン

ペサック・レオニャンはボルドー市の南側に位置する地区で、5大シャトーの一つ、シャトー・オーブリオンを擁します。低い丘が連なった地形で、砂利質の土壌が多いためスケールが大きくミネラリーな味わい。さらにややメドックより温暖な気候のため、全体的に柔らかなで厚みのある質感が特徴です。スモーキーなニュアンスがメドックにはない優美さと落ち着きを感じさせます。


クチコミ

クチコミ投稿がありません。

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

  • 木箱:1本用 1,320円(税込) / 2本用 1,650円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.