<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
よりどり5本11,000円 2022年8月
ジェ・デストゥルネル-0
ジェ・デストゥルネル-1

ジェ・デストゥルネル G D’ESTOURNEL

750ml

2019年

格付け第一級シャトーに迫る品質と名高い、シャトー・コス・デストゥルネルの入門編キュヴェ。熟した果実のアロマと芳醇な果実味が魅力。

本数限定

6,380

(税抜価格5,800円)

58pt

進呈

4

(2)

変更・返品について

※画像はイメージのため、実際の商品と若干異なる場合がございます。

最新2019年ヴィンテージ入荷!

格付け第一級シャトーに迫る名門と名高い、シャトー・コス・デストゥルネル。こちらは、そんなコス・デストゥルネルと同じ醸造チームがメドック北部のブドウを使って造る赤ワインです。2019年ヴィンテージよりグレ・バイ・コス・デストゥルネルから、ジェ・デストゥルネルに名称が変更されました。熟度の高い豊かな果実味と凝縮感のあるストラクチャーをお愉しみいただけます。

4

素晴らしいバランス

圧倒的エレガンス!コスらしい華やかでスパイシーな素晴らしい赤ワイン!

商品情報

商品仕様

2019年ヴィンテージよりグレ・バイ・コス・デストゥルネルから、ジェ・デストゥルネルに名称が変更されました。

ボディ

4

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

果実味と酸を兼ね備えた上品な赤ワイン

  • 果実味

  • 酸味

  • 渋味



在庫一覧

  • 本数限定

    2019

    6,380

    (税抜価格5,800円)

    • D 92
    • JS 92
    • V 90

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    素晴らしい収穫条件が整った2019年のボルドー地方。昼夜の寒暖差がブドウに鮮度をもたらし、恵みの雨がブドウの過熟を防ぎ完熟を助け、テロワールに祝福されたヴィンテージとなりました。凝縮したブドウより生み出されたワインは、ボルドーらしい品格に、生き生きとした鮮度が加わった驚くべきバランスを兼備。クラシック&モダンが融合したような新たな魅力をもつワインが数多く誕生した、比類なきグレートヴィンテージです。

    味わい

    外観は輝きのあるダークチェリーレッド色。カシスやプラム、ブラックベリーなどの黒系果実のアロマに、タバコやチョコレートのニュアンスが立ち上ります。口に含むと広がる、凝縮した黒系果実味とメルロ由来のシルキーなタンニン。美しい酸が絡み合い、味わいをエレガントに演出してくれます。余韻に感じられるコーヒーやミントのような風味を伴う複雑なニュアンスを、最後まで愉しめる1本です。

    飲み頃

    ~2036年

    品種

    • メルロ(86%)
    • カベルネ・ソーヴィニヨン(13%)
    • カベルネ・フラン(1%)

商品の紹介

ジェ・デストゥルネル
背景

ジェ・デストゥルネル

G D’ESTOURNEL

シャトー・コス・デストゥルネル

フランス
  • フランス
  • ボルドー
  • メドック

5大シャトーと肩を並べると称されるスーパーセカンドの筆頭、コス・デストゥルネル。2009年にはワイン・アドヴォケイトにて100点満点を獲得。その後も高評価を連発し、2016年でも再び100点満点を獲得するなど、常に進化し続けるサン・テステフのトップシャトーとしてその地位を確立しています。


エノテカ・オンラインには現在、そんなコス・デストゥルネルがメドックで手掛ける、ジェ・デストゥルネルの最新2019年ヴィテージが入荷中。ジェ・デストゥルネルは、2018年ヴィンテージまでグレ・バイ・コス・デストゥルネルという名前でリリースされていましたが、2019年ヴィンテージより名称と共に、心機一転ラベルデザインも変更となりました。コス・デストゥルネルと同じチームによって丁寧に造られており、コス・デストゥルネルの世界観を手軽に味わうことができる1本を、最新ヴィンテージ入荷のこの機会に是非お愉しみください。

5大シャトーに比肩する、サン・テステフの最上級シャトーの一つ

ボルドー、メドック格付け第ニ級、シャトー・コス・デストゥルネル。シャトーが位置するのはサン・テステフの南端、この地方の古い言葉で"砂利の丘"を意味する 「コス」という丘の上で、格付け第一級シャトー・ラフィット・ロスチャイルドを見下ろす絶好の立地にあります。


その歴史は初代オーナー、ルイ・ガスパール氏が「コス」と呼ばれていたいくつかのブドウ畑を相続したのが始まり。革新者でもあり、商売の天才でもあったガスパール氏は、生産量の大部分をインドに輸出し、巨大な販売網を築き上げます。


彼は、そのインドで大成功を収め、「サン・テステフのマハラジャ(偉大な王)」となり、その象徴として、自らの醸造所にオリエンタル調のパゴダ(仏塔)を建立。現在でも彼の造ったパゴダは、西洋風シャトーが立ち並ぶメドックにおいて、異質の存在感を放っています。

2000年より経営を引き継いだスイスの実業家ミシェル・レィビエ氏は、莫大な設備投資で発酵室や冷却システムを一新し、シャトーを超近代的施設に生まれ変わらせました。脈々と受け継ぐコス・デストゥルネルのDNAを継承しながら、革新的な醸造手法を取り入れてそのクオリティに磨きをかけ、名声を確固たるものとしています。


コス・デストゥルネルについて、著名なワイン評論家ロバート・パーカー氏は「格付け第ニ級の王様で、限りなく第一級に近いスーパーセカンド」、ヒュー・ジョンソン氏は「サン・テステフのワインの中で最も洗練されたもの」と称賛しており、その高い品質は常にボルドーファンを魅了してやみません。

古樹のメルロによる、独特の優雅さを備えた力強く華やかな味わい

シャトーが所有する畑は91ha。そのうちの約60%を占める丘の上部は、表土の砂利層が厚く水捌けが良いのが特徴で、カベルネ・ソーヴィニヨンの栽培に最適な土壌です。そして、約40%を占める粘土質の多い丘の下部には、メルロが植えられています。


ボルドーでは古樹のメルロをカベルネ・ソーヴィニヨンに植え替えるシャトーが多い中、コス・デストゥルネルではこの古樹のメルロを非常に大切にしています。コス・デストゥルネルのスタイルは、サン・テステフの他の格付けシャトーに比べ、メルロのブレンド比率が高いのが特徴。この古樹のメルロを用いることで、土壌の栄養分が全てワインの中に凝縮され、味わいに深みが加わります。


カベルネ・ソーヴィニヨンの力強い骨格に、メルロの醸し出すエキゾチックなアロマと果実味が加わり、コス・デストゥルネルならではの独特の優雅さを生み出しているのです。

コス・デストゥルネルの世界観を体感できる入門編キュヴェ

ジェ・デストゥルネルは、シャトー・コス・デストゥルネルがメドック北部の地で手掛けるワインで、コス・デストゥルネルの世界観を体感できる入門的なキュヴェ。前身であるグレ・バイ・コス・デストゥルネルは、2005年ヴィンテージがファーストリリース。その際、新たな試みとして目を向けたのが、伝統あるボルドーの地で「ニュー ワールド スタイルのワインを造り出す」というものでした。ニューワールドの中でも著しい発展を見せる南アフリカの若手醸造家トレザンバンセキュー氏と組み、ボルドーの北部メドックにある「グレ」という港の近くにある畑を購入。近代的な設備を備えた醸造所を新設するなどし、グレ・バイ・コス・デストゥルネルをリリースしました。


畑は、メドック北部ジロンド河の河口にほど近い砂利質の土壌で、冷涼で風通しが良く、フレッシュでフルーティーなワインを造るのに適しています。シャトーでは、卓越した品質を追求するため過去数年に渡り植え替えや接ぎ木を行うなど、持続可能な方法で最高品質のブドウを栽培する努力を怠りません。発酵はグラン・ヴァンと同じチームにより丁寧に実施。海からもたらされる自然の風通しの良さにより、生き生きとしていて寛大なスタイルのワインが造られています。


ジェ・デストゥルネルは、2019年ヴィンテージよりグレ・バイ・コス・デストゥルネルからラベルデザインと共に名称を変更しました。ゴールド色のラベルに、コス・デストゥルネルの伝統的シンボルであるゾウをあしらったデザインに変更。コスに広がる東洋のインスピレーションと、当時「サンテステフのマハラジャ」と呼ばれた創業者が愛したゾウを堂々と体現しています。

フレッシュでありながらリッチな仕上がりの最新2019年ヴィンテージ

素晴らしい収穫条件が整った2019年のボルドー地方。昼夜の寒暖差がブドウに鮮度をもたらし、恵みの雨がブドウの過熟を防ぎ完熟を助け、テロワールに祝福されたヴィンテージとなりました。凝縮したブドウより生み出されたワインは、ボルドーらしい品格に、生き生きとした鮮度が加わった驚くべきバランスを兼備。クラシック&モダンが融合したような新たな魅力をもつワインが数多く誕生した、比類なきグレートヴィンテージです。


プラムやチェリーの爽やかなアロマに、チョコレートやドライベリー、バニラビーンズのようなリッチで濃厚なニュアンス。夏の暑さによるしっかりと完熟したメルロの厚みのあるニュアンスもありながら、畑が位置する冷涼な気候によるフレッシュさも同時に感じることができます。今からでもお飲みいただけますが、今後10年は飲み頃が続くでしょう。


グレートヴィンテージとなった2019年。ジェ・デストゥルネルはジェームス・サックリング、デキャンタで92点を獲得、またファーストのコス・デストゥルネルも、ジェームス・サックリングで99点、デキャンタ、ヴィノスで98点を獲得した、コス・デストゥルネルにとっても間違うことなき優良年となりました。コス・デストゥルネルのエッセンスを手軽な価格で愉しめる入門編の1本を、ぜひこの機会にご賞味ください。



クチコミ

全て見る

4

2 件のクチコミ


スタッフレビュー

全て見る
  • 圧倒的エレガンス!コスらしい華やかでスパイシーな素晴らしい赤ワイン!

    こちらは2級格付の王、コス・デストュルネルの入門ワインですが、コスらしい素晴らしいアロマは見事に表現されていて、とても美味しいです! 2019年のヴィンテージを頂きましたが、開けてからすぐ開いていて、スミレやクローヴ、カカオなど華やかでスパイシーなアロマは、余韻が長く素晴らしいです。 味わいも最初は少し酸味が強いですが、時間が経つとシルキーになりとてもまろやかで、うっとりする美味しさです。 コスの素晴らしさを味わいたい方、または見た目のゴージャスと美味しさがプレゼントにもピッタリです! 是非お試し下さいませ。

    レビュー全文を見る
    • やっぱりボルドー
    • グッドバランス
    • ボルドー好き必見

    2022.08.12

  • パォ〜ンな味わい( ´∀`)

    こちらは某有名格付けシャトーと同じ醸造チームが造るワインだそうで、エチケットは“GOLD”で“GORGEOUS”な“G”と大きく刻まれており、G!G!G!とまさに「じぇじぇじぇ!!」なワインです。品種比率はメルロが主体となっており、開けたてからすぐに愉しめるよう造られています。ボルドーワインが苦手という方にも、是非一度試して頂きたい1本です。

    レビュー全文を見る
    • ゴージャス系
    • ボルドー好き必見
    • 王道フレンチと

    2022.07.26

  • 暑い日にも愉しめるボルドーワイン

    コス・デストゥルネルの系譜で、仄かにオリエンタルスパイスのような芳しさがあり、香辛料を使用したお食事との相性が良さそうで、さらに赤系果実のトーンも強めなので、暑い日に冷やしても愉しめそうな、夏にも適したボルドーワインです。

    レビュー全文を見る
    • ちょっと冷やし目で
    • 大き目のグラスで
    • グッドバランス

    2022.06.13

  • 山登り、sous-bois(スーボワ)の魅力

    森の下草という意味のフランス語。趣味で山に登ると、春は木々に咲く花、夏は新緑、秋は落ち葉の香り…と四季折々の香りの移り変わりにワインの一生との共通性を感じるのですが、ボルドーの赤を頂く時にはこの言葉を特に意識してしまいます。さて2015年を頂きました。熟したブラックベリー、チェリーなどの黒系フルーツに甘草やシガーの葉の甘く複雑な香り。落ち着いた酸、タンニンは丸みを帯び滑らかな口当たり。若さを保ちつつも青々しさは抜け、からりと晴れた気持ちの良い晴れた秋の森の中、フカフカ堆積した落ち葉の中を歩いているというイメージでしょうか。ジロンド川の河口近く、グレ地区の卓越したテロワールが生かされた逸品です。

    レビュー全文を見る
    • やっぱりボルドー
    • 飲み飽きしない
    • グッドバランス

    2022.06.04

ギフトサービスについて


ギフトボックス

こちらは特殊な形状のためギフトボックス、およびラッピング(リボン・熨斗)をご指定いただけません。

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.