<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
モンテスキャンペーン
シャトー・マレスカス-0
シャトー・マレスカス-1

シャトー・マレスカス CH.MALESCASSE

750ml

2006年

素晴らしいテロワールが生み出す、お値打ち熟成ボルドー。何層にも重なるアロマと円熟した味わい。

本数限定

3,520

(税抜価格3,200円)

32pt

進呈

4.2

(58)

変更・返品について

ボルドーのオー・メドック地区において、1824年から歴史を刻むシャトー。派手さは無いものの、丁寧に造られたクオリティの高いワインには定評のある、クリュ・ブルジョワにおいてトップクラスに位置する造り手です。テロワールをしっかりと表現したオー・メドックらしいクラシカルなスタイルです。

5

リピート確定です

気軽に熟成感を楽しめる掘り出し物ボルドー

商品情報

カテゴリ

タイプ

容量

750ml

原産地呼称

おすすめ料理

トマト系パスタ、ビーフシチュー

ボディ

4

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

果実味と酸を兼ね備えた上品な赤ワイン

  • 果実味

  • 酸味

  • 渋味



在庫一覧

  • 本数限定

    2006

    3,520

    (税抜価格3,200円)


    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    2006年のボルドーは、7月の猛暑による影響でブドウの粒は小さく、8月は糖度とフェノール化合物が増加するのに適した穏やかで乾燥した天候でした。9月中旬の降雨の頃には、すでにリッチで凝縮した果実が実り、ワインは豊かな果実味と繊細なアロマを持ったクラシカルなスタイルに仕上がりました。

    味わい

    リリース直後はフレッシュな果実味やチャーミングな味わいが特徴だったマレスカスですが、15年を超える熟成を経て、滑らかで柔らかい雰囲気が備わりました。プラムなどの黒系果実のニュアンスや紅茶などのアロマ、しっかりとした果実の甘味と苦み。シルクのようなタンニンと程よい酸味、新樽からくるバニラの風味もアクセントとなっており、バランスがよく取れた仕上がりです。長く上質な余韻を愉しむことが出来、時間とともにまとまりが出てきて、深みが増していくよう。ぜひ熟成ワイン好きな方に飲んでいただきたい1本です。

    熟成方法

    新樽比率35%のオーク樽で14ヵ月間熟成

    コルク

商品の紹介

シャトー・マレスカス
背景

シャトー・マレスカス

CH.MALESCASSE

シャトー・マレスカス

フランス
  • フランス
  • ボルドー
  • オー・メドック

クリュ・ブルジョワクラスの優良シャトー

ボルドー、オー・メドック地区において、1824年から歴史を刻むシャトー・マレスカス。2020年に改めて制定された、メドック地区の格付け「クリュ・ブルジョワ」においては、最高位の「クリュ・ブルジョワ・エクセプショネル」に認定。優良シャトーとして国内外から高く評価されています。

著名なワイン評論家であるロバート・パーカー氏は「真面目に経営されているブルジョワ級シャトー」 と評価しており、英国のワイン評論家デイビット・ペッパーコーン氏も「この手のアペラシオンの中で最上の買い得ワインのひとつであることは間違いない。」と称賛。派手さは無いものの、丁寧に造られたクオリティの高いワインに定評のある、クリュ・ブルジョワトップクラスの造り手です。

理想的なテロワールが生み出す、クラシックなボルドースタイル

シャトー・マレスカスが所有するブドウ畑は、ボルドーの中でも特に名高いマルゴーとサン・ジュリアンの間に位置しています。ラマルクの街にほど近い丘の頂上に広がっており、この辺りでも水はけの良い砂利と粘土質の深い土壌など、ブドウ栽培にとって素晴らしく理想的なテロワールを有しています。


約40haの畑のうち、半分以上はカベルネ・ソーヴィニヨン、残りの30%にメルロ、10%にカベルネ・フランを栽培。1970年代の初めに、畑の広範囲に渡ってブドウ樹の植替えを行ったため、平均樹齢35年~45年程のブドウから造られるワインは果実味が豊かでイキイキとしたアロマが特徴。また植替えによって、よりラマルクのテロワールをしっかりと表現したオー・メドックらしいクラシカルなスタイルになっています。

醸造においてはブドウ本来の風味を活かすため、ポンプなどは使用せず重力を用いた、なるべくブドウに負荷を掛けない丁寧なワイン造りを行っています。異なる区画から収穫したブドウは、その個性に合わせてステンレス、コンクリート、木材と様々な容量の樽を使い分けて醸造。ワインに複雑性を与えるためにしっかりと温度管理されたタンクで発酵を行った後、程よくローストされた樽を用いて熟成します。

飲み手を魅了する、優しく深い円熟した味わい

リリース直後はフレッシュな果実味やチャーミングな味わいが特徴だったマレスカスですが、10年を超える熟成を経て、滑らかで柔らかい雰囲気が備わりました。

プラムなどの黒系果実のニュアンスや紅茶などのアロマ、しっかりとした果実の甘味と苦み。シルクのようなタンニンと程よい酸味、新樽からくるバニラの風味もアクセントとなっており、バランスがよく取れた仕上がりです。長く上質な余韻を愉しむことが出来、時間とともにまとまりが出てきて、深みが増していくよう。しっとりとした熟成感とちょうど良くこなれた味わいは、まさに飲み頃の熟成ボルドーといった趣です。


お料理と合わせるなら、ローストチキンや熟成したブリ・ド・モー、赤身肉のステーキなどが好相性。この柔らかく、深みのある味わいは見事に寄り添ってくれるでしょう。

オールドヴィンテージをお楽しみいただくために

詳しく見る

コルクにカビが生えているワインは保管の良い証

ワインの理想的な保管条件は温度が15℃前後、湿度が75%前後です。この条件はカビが発生しやすい状態で、ワインセラーで長期間保管していると、キャッ プシールの中、コルクの上部にカビがつくことが多くあります。もしコルクにカビがついていた場合はしっかり拭き取っていただければ問題はありませんのでご 安心下さい。

ラベルの汚れはオールド・ヴィンテージならば避けられないもの

長く保管されればされるほど、外見は完全な状態ではなくなります。長期間理想的な状態で保管されていたワインの多くは、高い湿度によってラベルにシワやシミができます。 シャトーによっては、蔵出し直前にラベルを張り付ける場合があり、オールド・ヴィンテージのワインでも綺麗なラベルのワインもありますが、シワ・シミがあるからといって、保管状態をご心配される必要はありません。

液面が下がっているのは、熟成の結果です

オールド・ヴィンテージのワインには、しばしば漏れた形跡が無いにも関わらず、ワインの量が目減する不思議な現象が起きます。これはコルクの絶妙な気密性が関係しています。コルク栓で閉めたワインボトルは完全密閉ではなく、僅かに空気を通すため、ワインは常に空気と触れ合い、少しずつ科学変化が起き、ゆっくりと熟成して いきます。 このような熟成中の変化を指して、ワインは呼吸していると表現されています。

コルクはゆっくり丁寧に抜きます

熟成を重ねると、コルクが柔らかく脆くなります。そのため若いワインのように勢いよく抜くのではなく、ゆっくりと丁寧に引き上げるように抜栓します。もしコルクが折れてボトルの中に落ちてしまったら、デキャンタに移して飲む方法がベストです。

ゆっくり丁寧にグラスに注ぎます

オールド・ヴィンテージのワインを飲む時は、勢いよく注がずに澱が舞いあがらないようにゆっくりと注ぎます。
そうすることで、最後までボトルの底に澱をためておくことができます。ためておいた澱は勿体ないですが、飲まずに捨ててしまいましょう。目安として瓶底1cm残しておくと良いとされています。

一本丸ごと味わいましょう

ボトルを立てておいたオールド・ヴィンテージのワインは、同じ1本でも上部と下部では味わいが異なります。
ボトルの下部ほど濃度が濃くなります。一本のワインで違った味わいを楽しみたい場合にはボトルから直接グラスに注ぎ、味を均一化するにはデキャンタに移すことをおすすめします。

コルクにカビが生えているワインは保管の良い証

ワインの理想的な保管条件は温度が15℃前後、湿度が75%前後です。この条件はカビが発生しやすい状態で、ワインセラーで長期間保管していると、キャッ プシールの中、コルクの上部にカビがつくことが多くあります。もしコルクにカビがついていた場合はしっかり拭き取っていただければ問題はありませんのでご 安心下さい。




クチコミ

全て見る

4.2

58 件のクチコミ

  • 1996年

    期待以上でした

    0人の役に立ちました

    2022.06.23

  • 2006年

    コスト良いヴィンテージ

    0人の役に立ちました

    2022.03.26

  • 2006年

    さらに女性らしい円熟を経た一品

    0人の役に立ちました

    2022.03.16

  • 2006年

    もう一度飲みたい赤

    0人の役に立ちました

    2022.02.12


スタッフレビュー

全て見る
  • 気軽に熟成感を楽しめる掘り出し物ボルドー

    ワインとは、年代が古くなるにつれ希少性が上がり、値段がお高くなってしまうもの。ことボルドーとなれば、長期熟成を経たワインは何万円、何十万円といった価格が付けられることも珍しくありません。そんな中、こちらのシャトー・マレスカスは16年の熟成期間を経ていながらもお手頃価格で手に入るまさに掘り出し物。「熟成ワインを試してみたい」、そんな方に是非ともオススメしたい1本です。丸みを帯び、やや線が細くなっていながらもまだまだ存在感を放つタンニンがあり、キノコや紅茶、土のような熟成香、しっかりとした酸や果実味も保たれています。バッチリ飲み頃を迎えた、まさに今飲んで頂きたいヴィンテージです。

    レビュー全文を見る
    • やっぱりボルドー
    • 超まろやか
    • 飲み頃ドンピシャ

    2022.02.25

  • 徒然草137段を読みながら飲んでください。

    黒胡椒、香木などのスパイスの印象に土、キノコ、根菜、スペアミントなどの風味。熟成香が印象的。まだまだタンニンを感じるものの壮年といった印象。熟成による詫びを感じる味わいで、ヴァニタス的で非常に好みです。 常に頂点の状態にあるものだけが素晴らしいというわけではなく、こういう味わいはエネルギッシュなボルドーとはまた違う良さがあると思うのです。

    レビュー全文を見る
    • 瞑想ワイン
    • 開けたてからおいしい
    • ワインだけでも楽しめる

    2022.02.20

  • 手軽に楽しめる熟成ボルドー!!

    これほど熟成したワインでこの金額、というのは大変お値打ちです!! 香りはトリュフやシナモン、紅茶のような熟成の風味にほのかにカシスやスミレの華やかさを感じます。 酸味の角はとれ、まろやかな口当たり。 果実味も甘すぎず、上品な味わいでシルキーな余韻がじわじわ〜と広がります。 まさに、熟成によるしなやかさを感じる味わいです。 少しフレッシュさもあるのでまだ5年ほど熟成できそうですが、この2006年の状態も非常に良いのでぜひ今飲みにオススメです!

    レビュー全文を見る
    • シルクのような舌触り
    • 後引く美味しさ
    • 底なしの深み

    2022.02.16

  • まあるい果実味が心地いい、お手頃ボルドー!

    プルーンやプラムなどの黒系果実の香りと樽由来のバニラやチョコレートの香りも感じられます!15年近く熟成しているとは思えないくらい、果実味がしっかり残っており、飲み心地がとても良く、しかもお値打ち! 豚の角煮と合わせてとてもいい感じだったのですが、食後に合わせたチョコレートがまた格別でした…!

    レビュー全文を見る
    • 超まろやか
    • やっぱりボルドー
    • 今飲んで美味しい

    2022.01.14

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

  • 木箱:1本用 1,320円(税込) / 2本用 1,650円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.