0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)
シャトー・セネジャック シャトー・セネジャック シャトー・セネジャック
※ 一部ワインショップでは商品のお取扱いがない場合もございます。
CH.SENEJAC

CH.SENEJAC

2013  750ml[Full]
2,800 Yen (3,024 Yen (Tax included))
28 Points!

総合評価:

4.5

Out of stock
  • 01

    2013 750ml[Full]

    2,800 Yen (3,024 Yen (Tax included))

    28 Points!

    About Vintage

    2013年は、変わりやすく気まぐれな天候が記憶に残る年となりました。
    冬と春の気温の低さによる開花の遅れ、暑く雨の少ない夏、9月は湿気による灰色カビ病に悩まされたりと、生産者にとって困難の多い年でしたが、収穫を一気に行い、例年以上に厳しい選果を行った生産者は、宝石のように磨かれたワインを造り上げました。特にカベルネ・ソーヴィ二ヨンはしっかりと熟し、赤ワインに関しては、赤系の鮮やかなアロマとフレッシュな酸が特徴の早くから楽しめる味わいに仕上がっています。

    Out of stock

セネジャック至上、最高評価を獲得した注目のヴィンテージ。
シャトー・タルボで培われた超一流の経験とノウハウを基に
自由なスタイルで造り上げられるハイコスパワイン。


シャトー・セネジャックは、シャトー・タルボのオーナーファミリーである
ティエリー・ルストマン氏が所有し、手掛けるシャトーです。

彼がセネジャックを所有してからは、ワインの品質がグンと向上。
2003年6月のクリュ・ブルジョワ格付け見直しの際には、
わずかに9シャトーというクリュ・ブルジョワ・エクセプショネルに次ぐ、
クリュ・ブルジョワ・シュペリュールに昇格されました。

本家タルボはサン・ジュリアンの格付けシャトーとしての期待に応えるよう、
そうそう気軽にスタイルやテイストを変えてしまう訳にはいきません。
シャトー・タルボではできないような色々な冒険ができる分、
ティエリー氏にとってシャトー・セネジャックは思い入れが強いとのこと。

どこかシャトー・タルボを思わせるクラシカルな雰囲気を持ちつつも、
柔らかさを取り込んだ優しいスタイル
なので、あまり
かしこまった場ではなく「気の置けない友人と良いボルドーワインを飲む」
そんなシチュエーションに、とってもおすすめです。
その扱いやすいテイストから、レストランでも重宝される銘柄。

安くて本当に美味しいボルドーワインを飲みたいならば、
迷わずセネジャックをおすすめします!


どのヴィンテージも、常に期待を裏切らない安定感のある味わいで
ボルドーワインファンを魅了してくれているこのシャトー・セネジャック。
なんとこの2009年は、ワインアドヴォケイト誌(パーカーポイント)で93点を獲得!
パーカー氏もセネジャック至上最高の出来と評価しています。

こんなお手頃のワインを見逃す手はありません!
今、召し上がって頂いても美味しいですし、数年は熟成も見込めますので
数本おまとめ買いされて、しばらく寝かせてみても将来が楽しみなワインです。

飲み頃:〜2022年

評価:
ワインアドヴォケイト誌(パーカー)にて93点獲得


※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

近年、飛躍的なクオリティの向上でクリュ・ブルジョワに昇格したシャトー。

オー・メドック地区南部のル・ピアン・メドックに佇むシャトー・セネジャック。16世紀から続く城館とポプラ並木が美しいこのシャトーは、現在サン・ジュリアンの格付けシャトー、タルボのオーナーとしても名高いコルディエ家が所有。タルボと言えば、著名な評論家、ロバート・パーカー氏が「あらゆる面から見て大変魅力的なワイン」と評価した正統派のボルドーワインを生み出すシャトーです。

こちらのセネジャックは、コルディエ家が管理するようになってからというもの、ワインの品質が飛躍的に向上、2003年6月のクリュ・ブルジョワ格付け見直しの際には、わずかに9シャトーというクリュ・ブルジョワ・エクセプショネルに次ぐ、クリュ・ブルジョワ・シュペリュールに昇格。ますます秀逸なワインを造り続けており、その安定感のある味わいからボルドーファンを魅了してやまないシャトーの一つとなっています。また、格付けシャトーである本家タルボとは異なり、自由にワインのスタイルやテイストを変えることができる分、セネジャックは、オーナーファミリーにとって思い入れの強いシャトーでもあるのです。

優秀な醸造チームと丁寧なワイン造りから誕生する、
親しみやすくもクラシックなボルドー。

シャトー・セネジャックのブドウ畑は39ヘクタール。メドック特有の砂まじりの砂利質土壌で、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、カベルネ・フラン、そしてプティ・ヴェルドを栽培しています。ポイヤックのシャトー・ポンテ・カネをトップシャトーにまで押し上げたオーナーのアルフレッド・テスロン氏とその技術チームが2008年からシャトー・セネジャックの畑の管理やワイン造りに参加したことで、シャトー・ポンテ・カネと同様にビオディナミ農法を取り入れたブドウ栽培を行っています。

ブドウの平均樹齢は35年。それぞれの果実を最も成熟した状態で収穫するため、複数回に分けて手摘みで実施。その後、専属の6人のスタッフによって綿密にブドウを選別し、合格した果実は発酵樽へと移されます。醸造は17の畑の区画ごとに分けて行っており、それらのキュヴェは、温度管理可能なステンレスタンクで、より甘美なタンニンを抽出するために発酵段階でルモンタージュ(液循環)を施します。そして、マロラクティック発酵と熟成のため1年ほど新樽に入れられ、最後は瓶内で12-15か月の熟成を経ます。こうして完成するワインはどこかシャトー・タルボを思わせるクラシカルなボルドーの雰囲気を持ちつつも、柔らかさも備えた優しいスタイル。そのバランスのとれた親しみやすくも上質な味わいは、日本においても一流のホテルや幅広いジャンルのレストランで採用されるなど、プロからも重宝されるワインとなっています。

華やかな果実味と程よいタンニン。
シチュエーションを選ばない気軽さが魅力のワイン。

2011年のボルドーは気温が高く、最近の40年間で最も乾燥した気候となりました。 夏に記録的な降雨をもたらすことなどもありましたが、9月以降晴天が続いたおかげで、ブドウは小粒になったもののしっかりと完熟。フレッシュさと適度な糖度を持った果実が実りました。難しい年だからこそ、造り手の判断がワインの品質に大きく影響した年で、造られたワインは総じて「シャトーらしさ」が顕著に表れたヴィンテージです。

グラスに注ぐと深いプラムの色合い。ブラックカラントやブラックチェリーなどの黒系果実のアロマにリコリスやヒマラヤ杉、スパイスのニュアンス が漂います。口に含むと驚くほど純粋な果実味に爽やかな酸、そして程よいタンニンが広がり、その調和のとれた味わいは心地良い余韻となって続きます。飲み飽きることのない柔らかな印象のワインで、今から飲んでも十分にお楽しみいただけます。

お料理と一緒に楽しむらなら、ローストチキンや赤身肉のステーキ、キノコを使ったお料理がこの華やかな果実味と好相性。シチュエーションを選ばないいつでも気軽に楽しめる1本を、様々な場面でお楽しみください。



※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

-->

シャトー・セネジャック
CH.SENEJAC

2013   750ml[Full]   2,800 Yen (3,024 Yen (Tax included))
Quantity: 
買い物カゴ_2

PAGE TOP

竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (712 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (324 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (324 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)