0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)
よりどり 3本1万円
ル・メドック・ド・コス ル・メドック・ド・コス ル・メドック・ド・コス
※ 一部ワインショップでは商品のお取扱いがない場合もございます。
LE MEDOC DE COS

LE MEDOC DE COS

2012  750ml[Full]
4,500 Yen (4,950 Yen (Tax included))
135 Points!

総合評価:

4.1

Quantity: 
  • 01

    2012 750ml[Full]

    4,500 Yen (4,950 Yen (Tax included))

    135 Points!

    About Vintage

    ボルドーのメドック格付け第2級、シャトー・コス・デストゥルネル。ヴィンテージに左右されず毎年安定したワインをリリースすることから、2級格付けシャトーの中でも常に品質はトップクラス。1級シャトーに比肩する「スーパーセカンド」の筆頭として、圧倒的な存在感を放っています。

    シャトーが位置するのはサン・テステフの南端、古い言葉で"砂利の丘"を意味する「コス」という丘の上で、ポイヤックの北境にある、格付け第1級シャトー・ラフィット・ロスチャイルドを見下ろす絶好の立地にあります。
    丘の上部は、表土の砂利層が厚く水捌けが良いのが特徴で、カベルネ・ソーヴィニヨンの栽培に最適。また、粘土質の多い丘の下部にはメルロが植えられています。
    そのため、コス・デストゥルネルのワインは、サン・テステフの他の格付けシャトーに比べ、メルロのブレンド比率が高いのが特徴。カベルネ・ソーヴィニヨンの力強い骨格に、メルロの持つ華やかさと果実味が加わり、見事な調和を生み出しています。
    現在シャトーを牽引するのは、2000年より経営権を引き継いだスイスの実業家ミシェル・レィビエ氏。莫大な設備投資で発酵室や冷却システムを一新し、シャトーを超近代的施設に生まれ変わらせました。脈々と受け継ぐコスのDNAを継承しながら、革新的な醸造手法を取り入れてそのクオリティに磨きをかけ、その名声を確固たるものとしています。

    ル・メドック・ド・コスとは、ずばり「手の届くコス・デストゥルネル」。 そのスタイルをより気軽に、若いうちから楽しんでもらいたいというコンセプトのもと、シャトーがメドック地区内に所有する畑のブドウを使用し、同じチームが醸造を手掛けるという条件のもと造られています。
    もともとル・メドック・ド・コスの畑は、希少な白ワイン、コス・デストゥルネル・ブランのために探してたどり着いた土地で、白ブドウを栽培し始めたところ、カベルネ・ソーヴィニヨンにも最適な土地であることが判明し、さっそく栽培を開始。
    時を経て、より品質の高いブドウが収穫できるようになり、90年代より販売を開始しました。
    そして2011年ヴィンテージよりラベルを一新してお披露目。日本はエノテカが独占輸入しています。
    また、2011年ヴィンテージはグラン・ヴァンであるコス・デストゥルネルと比べて、価格は4分の1。生産量は約4万本で、5分の1という稀少さ。そのうち日本への輸入は2,400本のみですから、間違いなく今、手に入れておきたい1本です。

    畑が位置するのは、シャトーから25kmほど北上したメドック地区の最北端。多くのシャトーが立ち並ぶサン・テステフに比べて森に囲まれた自然溢れる場所で、ジロンド川の河口に面した砂利質土壌の丘陵上に、20haの畑が広がります。
    ブレンドはカベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロ30%と、グラン・ヴァンに近い比率で、力強くかつ華やかなスタイルを踏襲。ただし新樽率はグラン・ヴァンの100%に対し、メドック・ド・コスは、20%に抑え、ブドウ本来の芳醇な果実味が最大限に引き出され、今すぐに楽しめる親しみやすい味わいに仕上がっています。

    2011年ヴィンテージは、温かい春に始まり総じて気温が高く、またここ最近の40年間で最も乾燥した気候でした。 1年を通して難しい天候でブドウは小粒になったものの、非常によく熟し、フレッシュさと適度な糖度を持った出来となりました。 色合いは深みのあるルビー色。ベリー系の熟した果実の風味に、新樽由来のほのかなバニラ香がアクセント。 コス・デストゥルネルらしさを感じさせる、上品で華やかな香りと深み、そして上質なタンニンを堪能することができます 。
    名門シャトーが手掛ける貴重な1本として、今後さらに注目を集めることでしょう。

    Quantity:

ボルドーのメドック格付け第2級、シャトー・コス・デストゥルネル。ヴィンテージに左右されず毎年安定したワインをリリースすることから、2級格付けシャトーの中でも常に品質はトップクラス。1級シャトーに比肩する「スーパーセカンド」の筆頭として、圧倒的な存在感を放っています。

シャトーが位置するのはサン・テステフの南端、古い言葉で"砂利の丘"を意味する「コス」という丘の上で、ポイヤックの北境にある、格付け第1級シャトー・ラフィット・ロスチャイルドを見下ろす絶好の立地にあります。
丘の上部は、表土の砂利層が厚く水捌けが良いのが特徴で、カベルネ・ソーヴィニヨンの栽培に最適。また、粘土質の多い丘の下部にはメルロが植えられています。
そのため、コス・デストゥルネルのワインは、サン・テステフの他の格付けシャトーに比べ、メルロのブレンド比率が高いのが特徴。カベルネ・ソーヴィニヨンの力強い骨格に、メルロの持つ華やかさと果実味が加わり、見事な調和を生み出しています。
現在シャトーを牽引するのは、2000年より経営権を引き継いだスイスの実業家ミシェル・レィビエ氏。莫大な設備投資で発酵室や冷却システムを一新し、シャトーを超近代的施設に生まれ変わらせました。脈々と受け継ぐコスのDNAを継承しながら、革新的な醸造手法を取り入れてそのクオリティに磨きをかけ、その名声を確固たるものとしています。

ル・メドック・ド・コスとは、ずばり「手の届くコス・デストゥルネル」。 そのスタイルをより気軽に、若いうちから楽しんでもらいたいというコンセプトのもと、シャトーがメドック地区内に所有する畑のブドウを使用し、同じチームが醸造を手掛けるという条件のもと造られています。
もともとル・メドック・ド・コスの畑は、希少な白ワイン、コス・デストゥルネル・ブランのために探してたどり着いた土地で、白ブドウを栽培し始めたところ、カベルネ・ソーヴィニヨンにも最適な土地であることが判明し、さっそく栽培を開始。
時を経て、より品質の高いブドウが収穫できるようになり、90年代より販売を開始しました。
そして2011年ヴィンテージよりラベルを一新してお披露目。日本はエノテカが独占輸入しています。
また、2011年ヴィンテージはグラン・ヴァンであるコス・デストゥルネルと比べて、価格は4分の1。生産量は約4万本で、5分の1という稀少さ。そのうち日本への輸入は2,400本のみですから、間違いなく今、手に入れておきたい1本です。

畑が位置するのは、シャトーから25kmほど北上したメドック地区の最北端。多くのシャトーが立ち並ぶサン・テステフに比べて森に囲まれた自然溢れる場所で、ジロンド川の河口に面した砂利質土壌の丘陵上に、20haの畑が広がります。
ブレンドはカベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロ30%と、グラン・ヴァンに近い比率で、力強くかつ華やかなスタイルを踏襲。ただし新樽率はグラン・ヴァンの100%に対し、メドック・ド・コスは、20%に抑え、ブドウ本来の芳醇な果実味が最大限に引き出され、今すぐに楽しめる親しみやすい味わいに仕上がっています。

2011年ヴィンテージは、温かい春に始まり総じて気温が高く、またここ最近の40年間で最も乾燥した気候でした。 1年を通して難しい天候でブドウは小粒になったものの、非常によく熟し、フレッシュさと適度な糖度を持った出来となりました。 色合いは深みのあるルビー色。ベリー系の熟した果実の風味に、新樽由来のほのかなバニラ香がアクセント。 コス・デストゥルネルらしさを感じさせる、上品で華やかな香りと深み、そして上質なタンニンを堪能することができます 。
名門シャトーが手掛ける貴重な1本として、今後さらに注目を集めることでしょう。

ボルドーのメドック格付け第2級、シャトー・コス・デストゥルネル。ヴィンテージに左右されず毎年安定したワインをリリースすることから、2級格付けシャトーの中でも常に品質はトップクラス。1級シャトーに比肩する「スーパーセカンド」の筆頭として、圧倒的な存在感を放っています。

シャトーが位置するのはサン・テステフの南端、古い言葉で"砂利の丘"を意味する「コス」という丘の上で、ポイヤックの北境にある、格付け第1級シャトー・ラフィット・ロスチャイルドを見下ろす絶好の立地にあります。
丘の上部は、表土の砂利層が厚く水捌けが良いのが特徴で、カベルネ・ソーヴィニヨンの栽培に最適。また、粘土質の多い丘の下部にはメルロが植えられています。
そのため、コス・デストゥルネルのワインは、サン・テステフの他の格付けシャトーに比べ、メルロのブレンド比率が高いのが特徴。カベルネ・ソーヴィニヨンの力強い骨格に、メルロの持つ華やかさと果実味が加わり、見事な調和を生み出しています。
現在シャトーを牽引するのは、2000年より経営権を引き継いだスイスの実業家ミシェル・レィビエ氏。莫大な設備投資で発酵室や冷却システムを一新し、シャトーを超近代的施設に生まれ変わらせました。脈々と受け継ぐコスのDNAを継承しながら、革新的な醸造手法を取り入れてそのクオリティに磨きをかけ、その名声を確固たるものとしています。

ル・メドック・ド・コスとは、ずばり「手の届くコス・デストゥルネル」。 そのスタイルをより気軽に、若いうちから楽しんでもらいたいというコンセプトのもと、シャトーがメドック地区内に所有する畑のブドウを使用し、同じチームが醸造を手掛けるという条件のもと造られています。
もともとル・メドック・ド・コスの畑は、希少な白ワイン、コス・デストゥルネル・ブランのために探してたどり着いた土地で、白ブドウを栽培し始めたところ、カベルネ・ソーヴィニヨンにも最適な土地であることが判明し、さっそく栽培を開始。
時を経て、より品質の高いブドウが収穫できるようになり、90年代より販売を開始しました。
そして2011年ヴィンテージよりラベルを一新してお披露目。日本はエノテカが独占輸入しています。
また、2011年ヴィンテージはグラン・ヴァンであるコス・デストゥルネルと比べて、価格は4分の1。生産量は約4万本で、5分の1という稀少さ。そのうち日本への輸入は2,400本のみですから、間違いなく今、手に入れておきたい1本です。

畑が位置するのは、シャトーから25kmほど北上したメドック地区の最北端。多くのシャトーが立ち並ぶサン・テステフに比べて森に囲まれた自然溢れる場所で、ジロンド川の河口に面した砂利質土壌の丘陵上に、20haの畑が広がります。
ブレンドはカベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロ30%と、グラン・ヴァンに近い比率で、力強くかつ華やかなスタイルを踏襲。ただし新樽率はグラン・ヴァンの100%に対し、メドック・ド・コスは、20%に抑え、ブドウ本来の芳醇な果実味が最大限に引き出され、今すぐに楽しめる親しみやすい味わいに仕上がっています。

2011年ヴィンテージは、温かい春に始まり総じて気温が高く、またここ最近の40年間で最も乾燥した気候でした。 1年を通して難しい天候でブドウは小粒になったものの、非常によく熟し、フレッシュさと適度な糖度を持った出来となりました。 色合いは深みのあるルビー色。ベリー系の熟した果実の風味に、新樽由来のほのかなバニラ香がアクセント。 コス・デストゥルネルらしさを感じさせる、上品で華やかな香りと深み、そして上質なタンニンを堪能することができます 。
名門シャトーが手掛ける貴重な1本として、今後さらに注目を集めることでしょう。

ル・メドック・ド・コス
LE MEDOC DE COS

2012   750ml[Full]   4,500 Yen (4,950 Yen (Tax included))
Quantity: 
買い物カゴ_2

PAGE TOP

竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (726 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (330 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (330 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)