お花見に行こう!桜と楽しむワイン&グッズ24選
シャトー・デュクリュ・ボーカイユ シャトー・デュクリュ・ボーカイユ シャトー・デュクリュ・ボーカイユ
※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。
「サン・ジュリアンのラフィット」とも称される、 スーパーセカンドの代表格。 複雑で華やかな香りと、円熟味のある味わいが魅力。


シャトー・デュクリュ・ボーカイユ

CH.DUCRU BEAUCAILLOU

価格:24,000 円 (25,920 円 税込) ~

総合評価:

4.1
  • 01

    限定12本!

    2013 750ml

    24,000 円 (25,920 円 税込)

    WA 92WS 92

    240 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    2013年は、変わりやすく気まぐれな天候が記憶に残る年となりました。冬と春の気温の低さによる開花の遅れ、暑く雨の少ない夏、9月は湿気による灰色カビ病に悩まされたりと、生産者にとって困難の多い年でしたが、収穫を一気に行い、例年以上に厳しい選果を行った生産者は、宝石のように磨かれたワインを造り上げました。特にカベルネ・ソーヴィ二ヨンはしっかりと熟し、赤ワインに関しては、赤系の鮮やかなアロマとフレッシュな酸が特徴の早くから楽しめる味わいに仕上がっています。

    外観は深みのあるガーネット色。カシス、チェリーなど幾層にも重なった果実の香りに、スミレなどの花のブーケが絡むエレガントな印象。口に含むと、豊かな果実味と酸、シルキーなタンニンがバランスよくまとまり、森の下生えなどの香りが口中を満たす非常に豊かな味わいです。上品かつ繊細さのある余韻が長く続く素晴らしい仕上がりです。

    飲み頃:~2028年

    カベルネ・ソーヴィニヨン(90%)

    メルロ(10%)

    数量:
  • 02

    限定8本!

    2011 750ml

    27,000 円 (29,160 円 税込)

    WA 92+WS 94

    270 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    ボルドーの2011年ヴィンテージは、2010年に引き続き気温が高く、またここ最近の40年間で最も乾燥した気候でした。 難しい天候であったため、 ボルドー全体で収穫量が少ない年となり、ブドウは小粒になったものの非常によく熟し、フレッシュさと適度な糖度を持った出来となりました。 グレートヴィンテージの2009年や2010年と異なり、 難しい年だからこそ、造り手の判断がワインの品質に大きく影響。造られたワインは総じて「シャトーらしさ」が顕著に表れた仕上がりです。

    綺麗なルビーの色合い。クレーム・ド・カシスやブラックベリーのジャムのような濃厚な黒系果実に、スミレの花やリコリス、ガナッシュなどの複雑なアロマに砕いた石のニュアンスが感じられます。カベルネ・ソーヴィニヨン由来のリッチで力強い味わいが特徴的で、力強さだけではなく、きめの細かいタンニンと酸があり、全ての要素がフィニッシュにかけて溶け合うように絡み合い長い余韻を演出しています。

    飲み頃:~2037年

    カベルネ・ソーヴィニヨン(90%)

    メルロ(10%)

    数量:
  • 03

    限定12本!

    2008 750ml

    36,000 円 (38,880 円 税込)

    WA 95+WS 92

    360 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    2008年のデュクリュ・ボーカイユはこのヴィンテージにおいて大成功を収めたシャトーの一つです。著名な評論家ロバート・パーカーも「This is a wine to buy ! (これは買うべきワインだ。)」と絶賛しています。通常のヴィンテージよりもカベルネ・ソーヴィニヨンの比率が高いのも特徴で、通常では70%のブレンドに対して、2008年ヴィンテージでは85%ものカベルネ・ソーヴィニヨンがブレンドされています。

    綺麗なルビー色の外観。プラムやブラックカラントなどの熟した黒系の果実に加え、オークやエスプレッソの香り。特に2008年ヴィンテージはカベルネ・ソーヴィニヨン由来のリッチで力強い味わいが特徴です。力強さだけではなく、きめの細かいタンニンと酸も感じられ、造りの良さを感じさせます。余韻は長く、最後にフレッシュでピュアな果実味が残ります。ロバート・パーカーも大絶賛する、2008年のデュクリュ・ボーカイユは「まさに今買うべきワイン」です。

    飲み頃:〜2035年

    カベルネ・ソーヴィニヨン(85%)

    メルロ(15%)

    数量:
  • 04

    2004 750ml

    37,000 円 (39,960 円 税込)

    WA 93WS 92

    370 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    2004年のボルドーは、世紀のグレートヴィンテージ、2005年の影に隠れがちなヴィンテージですが、実は豊作の年で、全般的に成熟したブドウを収穫することができました。特に左岸はメルロとカベルネ・ソーヴィニヨンが素晴らしい出来栄えで、よく熟した果実から造られる、丸みのあるスタイルが特徴的です。しっかりしたタンニンと酸を備えた、クラシックな出来栄えのワインが多く生産されたヴィンテージです。

    外観は縁が明るいルビーレッド。 熟した黒系果実の芳醇なアロマが漂います。クレーム・ド・カシスや花などの甘い芳香、 甘草や、タールを思わせるような深みのあるニュアンス。 しっかりと感じるにも関わらず、落ち着いていてシルキーなタンニンが心地良く、 ピュアで程良い果実の円熟味が感じられる仕上がりとなっています。

    飲み頃:~2034年

    カベルネ・ソーヴィニヨン(73%)

    メルロ(27%)

    数量:
  • 05

    限定6本!

    1989 750ml

    38,000 円 (41,040 円 税込)

    WS 92

    380 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    ボルドー史上最大とも言われる収穫量だった1989年ヴィンテージ。超グレートヴィンテージと言われる1995年や2000年が登場する前は、グレートヴィンテージとしてどの年より高値がついていたことも。酸は比較的弱めながら、豊富なタンニンと高いアルコール分があり、リッチでふっくらとした肉付きの良いワインが多く造られました。

    外観はガーネットの色合い。ブラックラズベリーやカシスの黒系果実の柔らかな香りに、ミネラルや芳しい花のニュアンスが漂います。干しブドウやプラムのような熟した果実の風味となめらかなタンニンの調和がとても素晴らしく、非常にエレガントな味わい。今まさに飲み頃を迎えた一本です。

    カベルネ・ソーヴィニヨン

    メルロ

    カベルネ・フラン

    数量:

    残りあと4本

  • 06

    限定12本!

    1988 750ml

    37,000 円 (39,960 円 税込)

    WS 92

    370 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    1988年はフランス・ボルドー地方にとって疑いなく素晴らしい年となりました。収穫量は大量で、ワインは色好きが良く、味わいの凝縮度も豊かでふくよか。タンニンが多く、キリッとしたキレの良い酸が印象的な長期熟成型のワインが多く生産されたヴィンテージです。

    色合いはオレンジがかったガーネット。ブラックベリーやカシスなどの柔らかな香りが漂い、紅茶やトリュフ、腐葉土のような熟成香をお楽しみ頂けます。口に含むと、奥深い果実の旨味に重なる、タンニンの角がとれたシルキーな味わいが魅力。30年以上もの長い年月を経て、果実味とタンニンがエレガントに調和した熟成ボルドーです。

    カベルネ・ソーヴィニヨン

    メルロ

    カベルネ・フラン

    数量:
  • 07

    1985 750ml

    39,000 円 (42,120 円 税込)

    WA 92

    390 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    1985年はフランス全土で赤白ともにワインの質・量共に申し分なく、どのアぺラシオンもすべて標準以上となる良好なブドウが栽培されました。古典的スタイルのワインが多く産出された魅力的な年です。

    暗いガーネット色に 花や西洋杉の香りにカシスのアロマ。約30年の時を経てもなお、どこか若々しさを感じさせます。エレガントさとフィネスの両方を持ち合わせた、理想的な熟成の形です。滑らかな親しみ易い飲み口でありながら、凝縮感はしっかりとあり、非常に調和の取れた素晴らしい味わいです。最高の状態で熟成を経た貴重な一本。スーパーセカンドの魅力を存分にお楽しみください。

    カベルネ・ソーヴィニヨン(85%)

    メルロ(15%)

    在庫がありません

「サン・ジュリアンのラフィット」とも称される、
スーパーセカンドの代表格。
複雑で華やかな香りと、円熟味のある味わいが魅力。

メドック格付け第二級

山吹色のエチケットがトレードマークのデュクリュ・ボーカイユ。
誰でも一度目にしたら忘れられない印象的なこのボトルは、
今昔問わずワイン通に愛されてきたシャトーです。
デュクリュ・ボーカイユはもともとは"ボーカイユ"として、定評があったシャトーですが、
1795年にベルトラン・デュクリュ氏が買い取り、品質が向上。
その際シャトーの名前は現在の"デュクリュ・ボーカイユ"へ変更となり、
1855年のメドック格付けの際には2級として扱われるようになりました
その後、相続や買収によりオーナーが何度か交替しましたが、
名声が落ちることはなく1941年に現在のオーナーであるボリー家の手に渡っています。
ボリー家は家族揃ってワイン造りの腕利き。
現在ではポイヤックの、シャトー・オー・バタイエ、シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト、
シャトー・ラグランジュの一部を買い取り醸造を始めています。
また、サン・ジュリアンのシャトー・ラランド・ボリー、
リストラック・メドックのシャトー・デュクリュゾーなど数多くのワイナリーを経営しています。

特筆すべきはテロワール。
レオヴィル・ラス・カーズやラトゥールなどに程近い畑は、
古ガロンヌ河によって運ばれた、5cm程の大きな砂利が表面を覆っており、その下は粘土質。
その名前の元になった「ボーカイユー(美しい砂利・小石、の意味)」という言葉のとおり、
多くの砂利が体積した、ワイン栽培には最適な土壌となっているのです。
ブドウの収穫は全て手摘みで行い、ブドウ畑の中で選果を行います。
畑で選果を行うのは、醸造所まで移動させているごく短い時間であっても、
状態の悪いブドウと健全なブドウを触れ合わすことが無いように、という配慮からだそう。

ロバート・パーカー氏は
「投資の対象というよりは、ワイン通が好んで買うワインなのである。
品質に対するコストパフォーマンスの点では、
ボルドーのスーパーセカンドで最も興味深いワインの1つだ。」(『ボルドー第四版』より)
と評価しています。

グラスに注ぐと、深みのあるガーネット色が輝きます。
幾層にも重なったベリーの香りに、花やミネラルのヒント。
華やかでアロマティックな印象です。
口に含むと、重みがあって力強いタンニンを感じ、
赤い果実とカプチーノのリッチで眩惑的な余韻が
何とも言えない幸福感
を与えてくれます。

スーパーセカンドの、卓越した華やかな味わいをお楽しみ頂けるワインです。

格付け22シャトーを石田博氏にテイスティングしていただきました。
【石田博氏テイスティングコメント(2012年ヴィンテージ)】

抜群の安定感を誇る貫禄ある造り。溶け合うように絡み合う妖艶なスタイル。
ピンと張りつめたテンション。ブラックチェリー、クローヴ、バニラ、黒土や松の木の香り。
気品を漂わせながら、全体はとてもフレッシュ。肉付きが良く、噛めるような質感。
全ての要素がフィニッシュにかけて溶け合うように絡み合い長い余韻を演出している。
控えめながらも気品を感じる、さすが格付け2級シャトー。

コルクにカビが生えているワインは保管の良い証 ワインの理想的な保管条件は温度が15℃前後、湿度が75%前後です。この条件はカビが発生しやすい状態で、ワインセラーで長期間保管していると、キャップシールの中、コルクの上部にカビがつくことが多くあります。もしコルクにカビがついていた場合はしっかり拭き取っていただければ問題はありませんのでご安心下さい。
ラベルの汚れはオールド・ヴィンテージならば避けられないもの 長く保管されればされるほど、外見は完全な状態ではなくなります。長期間理想的な状態で保管されていたワインの多くは、高い湿度によってラベルにシワやシミができます。
シャトーによっては、蔵出し直前にラベルを張り付ける場合があり、オールド・ヴィンテージのワインでも綺麗なラベルのワインもあります。シワ・シミがあるからといって、保管状態をご心配される必要はありません。
液面が下がっているのは、熟成の結果です オールド・ヴィンテージのワインには、しばしば漏れた形跡が無いにも関わらず、ワインの量が目減する不思議な現象が起きます。これはコルクの絶妙な弾力性が関係しています。コルク栓で閉めたワインボトルは完全密閉ではなく、ワインは空気と触れ合っていることで、少しずつ科学変化が起き、ゆっくりと熟成していきます。 このような熟成中の変化を指して、ワインは呼吸していると表現されています。
飲む前は最低一週間はボトルを立てておきましょう ワインは熟成の過程で、長い時間をかけて不溶性の沈殿物が発生します。これが澱(オリ)と呼ばれるものです。澱は元々ワインに溶け込んでいた自然の成分が固形化したものなのでお飲みいただいても問題はありません。しかし口当たりが悪く、強い渋味を感じるため、できるだけ飲みたくないものです。
そうは言っても配送や持ち運びによってボトルが振動すると、澱が舞ってボトル全体に浮遊しまいます。そこでオールド・ヴィンテージのワインを飲む前は、ボトルを立てて澱を瓶底にためるようにしましょう。
目安としては、一週間ほど立てて保管することをおすすめします。
コルクはゆっくり丁寧に抜きます 熟成を重ねると、コルクが柔らかく脆くなります。そのため若いワインのように勢いよく抜くのではなく、ゆっくりと丁寧に引き上げるように抜栓します。もしコルクが折れてボトルの中に落ちてしまったら、デキャンタに移して飲む方法がベストです。
ゆっくり丁寧にグラスに注ぎます オールド・ヴィンテージのワインを飲む時は、勢いよく注がずに澱が舞いあがらないようにゆっくりと注ぎます。
そうすることで、最後までボトルの底に澱をためておくことができます。ためておいた澱は勿体ないですが、飲まずに捨ててしまいましょう。目安として瓶底1cm残しておくと良いとされています。
一本丸ごと味わいましょう ボトルを立てておいたオールド・ヴィンテージのワインは、同じ1本でも上部と下部では味わいが異なります。
ボトルの下部ほど濃度が濃くなります。一本のワインで違った味わいを楽しみたい場合にはボトルから直接グラスに注ぎ、味を均一化するにはデキャンタに移すことをおすすめします。

すべて表示する

関連情報

買い物カゴ_2

▲ページ上部に戻る

クチコミ

カスタマー評価の平均値

4.1
星5つ 2
星4つ 4
星3つ 1
星2つ 0
星1つ 0
コスパ 1.6
香り 1.3
ボリューム 1.3
余韻の長さ 1.3

クチコミ件数:7

しげお さん

5件のクチコミ

投稿者情報:ワインが趣味

2016/5/18

  • コスパ

  • 香り

  • ボリューム

  • 余韻の長さ

とても奥深い味です。

ボーカイユは年代の違うものをいくつか飲みましたがどの年代も個人的には好きです。サンジュリアンらしい特性があり味わいについても柔らかく奥深い感じがします。個人的にはとても好きなワインです。

ワインは初心者 さん

14件のクチコミ

投稿者情報:初心者

2015/11/11

  • コスパ

  • 香り

  • ボリューム

  • 余韻の長さ

これからが楽しみ

以前お店で飲んでから好きになり、思い切って購入しました。
もう少しセラーでねかせてから飲もうと思ってます。

wineid さん

9件のクチコミ

投稿者情報:ワインが趣味

2015/3/8

  • コスパ

  • 香り

  • ボリューム

  • 余韻の長さ

輸入経路が気になります

商品写真は88のものですが、88~90は最近リコルク物が入ったはずですが、この85は普通のオールドですね。気になるのは、インポーター(つまりエノテカ)のラベルが、ラップの上から張られていること。個人のストックから買い取ったような気もします。液面はネックに掛かっており、ラベルも経年の腐食、キャップも経年の酸化がありまわりません。まぁ30年ですので正しい意味でのオールドビンテージですが、やはりこのラップが気になります。

購買の常連 さん

1件のクチコミ

投稿者情報:専門家

2014/11/7

  • コスパ

  • 香り

  • ボリューム

  • 余韻の長さ

良心的なコメント

パーカーの「ボルドー」第3版(15年前発刊)では、1966年は「過去25年で最も過大評価された「最高の」ヴィンテージ」と書かれていて、「最良の」はパーカー自信のコメントではない。また、88年は第3版で「飲み頃予想」が「現在」と書かれていて、2014年の現在が飲み頃というのは、ちょっと無理があるのでは?WSはパーカーの点数ではないし。

たかゆき さん

84件のクチコミ

投稿者情報:カジュアルドリンカー

2013/11/23

  • コスパ

  • 香り

  • ボリューム

  • 余韻の長さ

長期熟成させたいワイン

1級シャトーの同じぐらいの評価でこの価格に惹かれて購入しました。 最低でも10年は寝かせたいワインです。

ワイン大好き さん

1件のクチコミ

投稿者情報:

2013/3/12

  • コスパ

  • 香り

  • ボリューム

  • 余韻の長さ

しっかりした味わい

丁寧に保管されていたことで、開けた後の風味を長く楽しめました

さすけ さん

25件のクチコミ

投稿者情報:初心者

2012/9/23

  • コスパ

  • 香り

  • ボリューム

  • 余韻の長さ

おいしい温度帯を感じながら

まだよくわからないのですが、これがタンニンの味なのか、ワインの味が濃いわけではないのですが、タンニンの味が濃くておいしいと感じました。 適当な料理だと確実にワインに負けると感じました。 僕は、鉄板焼き店などで常温でワインが出てくると帰りたくなるくらい冷えた飲み物が好きだし、ビールやカクテルの冷え度にはうるさい方なのですが、こちらのワインは、冷蔵庫から出して飲み始め、そのままテーブルに放置しながら飲み、温度が上がって来るにしたがって、香り味わいとどんどん増していきます。 ワインってただ冷やせば良いんじゃないんだなー、適度な温度で飲むべきなんだと教えてもらったワインです。

すべて表示する

買い物カゴ_3

人気キーワード
↑PAGETOP
お届けについて

●毎日出荷、即日出荷可能!

完全温度・湿度管理のワイン専用倉庫から、毎日出荷しています。 午前9:00までのご注文に限り、即日出荷可能!

お届け日数はこちら

●配送料金

配送料660円 (712円 税込)
クール代300円 (324円 税込)
代引き手数料300円 (324円 税込)
税抜き10,000円以上お買い上げの方は送料無料

お支払い方法について

●クレジットカード払い

ご利用頂けるクレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICANEXPRESS、DINERS CLUBとなります。
VISA/Master Card/JCB/American Express/Diners Club
Amazon Pay 楽天ペイ
ほか、代金引換、Amazon Pay、楽天ペイ、ECON、コンビニ後払い、銀行振り込みでのお支払いが可能です。

クラブエノテカVISAカードならとってもお得!
よくあるご質問

エノテカでのお買い物について、よくあるご質問とその答えをご用意しました。

よくあるご質問
お問い合わせ

0120-81-3634
[ 受付時間 10:00-18:00 ] (年中無休)

メールでのお問い合わせ