0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)
ジー・ピー・エル ジー・ピー・エル ジー・ピー・エル
※ 一部ワインショップでは商品のお取扱いがない場合もございます。
G.P.L.

G.P.L.

総合評価:

4.0

ボルドーワイン通を唸らせるグラン・ピュイ・ラコストが
エノテカのためにリリースした特別なセカンドワイン。
ポイヤックらしい豪奢な雰囲気とスムーズな味わいが魅力。


グラン・ピュイ・ラコストは、ボルドーのワイン通たちの長年のお気に入りのワイン。
豊かで、熟した、フルーティで強烈、ひと言で言えば期待通りで、
期待を超えることも多く、しかも価格は極めてリーズナブルです。
ポイヤックのみならず、ボルドー全体でも最もお値打ちなワインの1つでもあります。

このシャトーはシャトー・グラン・ピュイ・ラコスト・サン・ギュイロンとも呼ばれていました。
その起源は16世紀初めまで遡ります。
ポイヤック村の南、“グラン・ピュイ”の丘に位置している事と、
それに昔の所有者の名“ラコスト”をつけ、現在のシャトー名となっています。

先オーナーの故レイモン・デュパン氏は、ボルドー史上最高の
グルメとして評判をとっていました。
そのデュパン氏は、1980年に亡くなる前の1978年に
シャトー・グラン・ピュイ・ラコストを人望の厚い現オーナー家の
故ジャン・ウジェーヌ・ボリーに売りました。
その後息子のフランソワ・グザヴィエ・ボリー氏が、現在後を継いでいます。

ロバート・パーカー氏も「ジロンド河からはずいぶん内陸に入った
バージュの丘にあるグラン・ピュイ・ラコストは
1kmほど離れた隣のランシュ・バージュと似ていなくもない、
大柄で耐久力のある、フルボディのポイヤックを生産することで
確固たる定評がある。

(中略)1990年代半ばまでは価格が品質に追いつけなかったため、
いまだに控えめな、いささか過小評価されているとさえ言える
価格がついている。」 (『ボルドー第四版』)と言っています。

こちらの「G.P.L」は、グラン・ピュイ・ラコストの頭文字をもじった
ユニークな名前がつけられたワイン。
グラン・ピュイ・ラコストのセカンドワインのラコスト・ボリーを、
エノテカのオリジナルラベルとして特別にリリース
していただきました。

2006年のG.P.L は、熟した赤系ベリーの香りに、バニラ、スパイスのニュアンス。
偉大なボルドーワインにみられる、クレーム・ド・カシスのような
甘やかな風味も感じられます。
熟した果実の豊潤さに加え、ポイヤックの格付けワインを思わせる
上品なタンニンが見事な複雑味と共に表れ
口当たりは滑らかで、抜群のバランス。

格付けボルドーワインの気難しさを感じさせない、
滑らかで親しみやすい口当たりが新鮮ですが、
同時にポイヤックらしい豪奢な風味を味わうことができます。
今すぐ楽しんでいただいても、あと後数年寝かせてもいいでしょう。


評価:シャトー・グラン・ピュイ・ラコストがワインアドヴォケイト誌(パーカーポイント)にて92点を獲得

※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

PAGE TOP

竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (712 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (324 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (324 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)