<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />
シャトー・ダルマイヤック-0
シャトー・ダルマイヤック-1

シャトー・ダルマイヤック CH.D’ARMAILHAC

750ml

2019年

「バロン・フィリップの三男」と呼ばれる、 シャトー・ムートン・ロスチャイルドの兄弟シャトー。芳醇でジューシーな果実味溢れるスタイルが魅力。

本数限定

8,250

(税抜価格7,500円)

75pt

進呈

4.1

(31)

変更・返品について

最新2019年ヴィンテージ入荷!

シャトー・ムートン・ロスチャイルドを手掛けるバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドが所有する第5級シャトー。その畑はムートン・ロスチャイルドとポンテ・カネに挟まれた素晴らしい立地です。ムートンファミリーの入門編に相応しいクオリティの高い味わいながら、1万円以下から手に入るお値打ちシャトーです。

飲んでわかる。コスパ良すぎるボルドーワイン。

商品情報

カテゴリ

タイプ

格付け

メドック格付け第5級

容量

750ml

原産地呼称

AOC. PAUILLAC

ボディ

4

ライトボディ

ミディアムボディ

フルボディ


味わい

果実味と酸を兼ね備えた上品な赤ワイン

  • 果実味

  • 酸味

  • 渋味



在庫一覧

  • 本数限定

    2019

    8,250

    (税抜価格7,500円)

    • D 94
    • JS 94
    • V 93
    • WA 93
    • WE 94
    • WS 94

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    素晴らしい収穫条件が整った2019年のボルドー地方。昼夜の寒暖差がブドウに鮮度をもたらし、恵みの雨がブドウの過熟を防ぎ完熟を助け、テロワールに祝福されたヴィンテージとなりました。凝縮したブドウより生み出されたワインは、ボルドーらしい品格に、生き生きとした鮮度が加わった驚くべきバランスを兼備。クラシック&モダンが融合したような新たな魅力をもつワインが数多く誕生した、比類なきグレートヴィンテージです。

    味わい

    外観はガーネット色の深みのある赤色。バニラやブラックペッパー、スパイスのニュアンスによって支えられたカシスやブラックベリーなどの黒系果実のアロマが香ります。骨格のしっかりしたアタックから、中盤はクリーミーでサテンのように滑らかなボディに、ブラックフルーツとチョコレートのフレーバーが広がるスタイル。ベルベットのように滑らかで均整のとれたタンニンは、心地よく長く続きます。スミレや甘草の余韻がエレガントなフィニッシュへと導く、優美な1本です。

    飲み頃

    ~2050年

    コルク

    品種

    • カベルネ・ソーヴィニヨン(62%)
    • メルロ(27%)
    • カベルネ・フラン(9%)
    • プティ・ヴェルド(2%)

商品の紹介

ムートン・ファミリーを知る入門編と言うべき、メドック格付け第5級のシャトー・ダルマイヤック。 畑はポイヤック村の内陸側に位置し、シャトー・ムートン・ロスチャイルドとシャトー・ポンテ・カネという、ボルドーワインを代表するともいえる2つのシャトーに囲まれた素晴らしい立地です。なだらかな丘陸の日当たりが良い、申し分ないテロワール。所有する約70haの畑は粘土石灰岩をベースとした非常に深い砂利土壌で、平均樹齢46年のカベルネ・ソーヴィニヨンやメルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルドを植樹しています。


収穫後は手作業にて選果。除梗・破砕を経てブドウはグラヴィティシステムでステンレスタンクに運ばれ、25℃を保ちながら15~20日間発酵。そして新樽比率約35%で約18ヵ月間熟成を行います。卵白による清澄と濾過を実施し、その後瓶詰。このように、バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド家の優れた醸造技術によって造られるワインは、クラシカルな味わいでありつつ、飲み口の柔らかい親しみやすいスタイルです。

生産者について

シャトー・ダルマイヤック

シャトー・ダルマイヤック CH. D'ARMAILHAC

ムートンファミリーの入門編に相応しいお値打ちシャトー

ムートン・ファミリーを知る入門編と言うべき、メドック格付け第5級のシャトー・ダルマイヤック。18世紀にはダルマイヤック家の所有でしたが、その後何度か所有者が変わり、1933年よりバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドが所有しています。その後、シャトー名は4回も変更。最初のダルマイヤックから、ムートン・ダルマイヤック、ムートン・バロン・フィリップ、ムートン・バロンヌ・フィリップと変わり、1989年からこのダルマイヤックに落ち着いています。

シャトー・ムートン・ロスチャイルドを長男とするなら、シャトー・ダルマイヤックは三男と称されています。早くから愉しめる溌剌として外交的なキャラクターに加え、1万円以下から手に入るお手頃なシャトーでもあります。

生産地について

フランス ボルドー ポイヤック

フランス ボルドー ポイヤック

出来の良いカベルネ・ソーヴィニヨンを生み出す随一の銘醸地

ポイヤックは、ジロンド河沿いから内陸まで競い合うようにシャトーがひしめく村です。5大シャトーのラフィットロスチャイルド、ムートンロスチャイルド、ラトゥールの3つが存在し、他にも格付けシャトー数が多く存在します。アペラシオン全体に存在する大きな砂利が水はけをよくし熱を蓄えるため、ブドウの果実がしっかりと成熟。そのため出来の良いカベルネ・ソーヴィニヨンが育つのです。出来上がるワインは、清涼感のある杉の木のヒントにスミレの香り、そして濃密なボディの気品ある味わいとなります。


クチコミ

全て見る

4.1

31 件のクチコミ


スタッフレビュー

全て見る
  • 飲んでわかる。コスパ良すぎるボルドーワイン。

    「バロン・フィリップの三男」と呼ばれているが、存在感では負けてない! ポイヤックらしいと言えるような、力強い味わい。 凛とした果実味としなやかな酸味がありつつ、しっかりとした渋味を兼ね備えた1本。 長期熟成を期待できる風味もありながら、いま開けても十分楽しめるポテンシャルを持っている…。 ボルドーワイン入門者から玄人までが、楽しめるワイン…。 このお値段で飲めるなんて、感動です! 「バロン・フィリップ」の名を抜きにしても、味わいだけで人気が取れるようなワインとなっています!

    レビュー全文を見る
    • やっぱりボルドー
    • 底なしの深み
    • ボルドー好き必見

    2022.01.05

  • これぞボルドー!芯はブレずにヴィンテージによって変わるスタイル!

    成城学園前のスタッフ全員で2017年と2018年を比較試飲しました。どちらも若さはあるものの、17年はフレッシュな青黒系のベリーに杉や針葉樹などスーッとしたアロマ、そして綺麗に伸びる酸が印象的。18年はより熟したベリーにフローラルな香り、ややスパイシーなニュアンスもあり、違ったキャラクターを楽しむことが出来ます。どちらも綺麗な木樽使いで、上品にカカオやダークチョコレート、シナモンのような甘苦い香りが広がります。 ヴィンテージによる個性が綺麗に出ており、やっぱりボルドーって面白いなと改めて感じました。

    レビュー全文を見る
    • 酸がたまらない
    • ボルドー好き必見
    • 熟成させたい

    2021.05.24

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各275円(税込)

  • 木箱:1本用 1,320円(税込) / 2本用 1,650円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.