スプリングワインセール
ラ・ダム・ド・モンローズ-0
ラ・ダム・ド・モンローズ-1

ラ・ダム・ド・モンローズ シャトー・モンローズ LA DAME DE MONTROSE CH.MONTROSE

「サン・テステフのラトゥール」の異名を持つ、格付け第ニ級モンローズのセカンドラベル。濃厚な果実味とタンニンが溶け合う魅惑的な味わい。

9,350

(税抜価格8,500円)

2020年

750ml

D 92

V 94

WS 92

amazon pay 楽天Pay Paidy

ご利用いただけます。

変更・返品について

タイプ・スタイル

赤ワイン

パワフル&ストラクチャー


ミディアムボディ+

ライト

フル

thumbnail
5

意外に軽くて、でも複雑なスパイスとベリー系のハーモニー。

若いうちから楽しめるお手本ボルドー

ヴィンテージに左右されない安定感と重厚なスタイルが昔風のクラレットと、特にボルドーワイン好きからの評価が高いモンローズのセカンドラベル。「モンローズの貴婦人」と名付けられ、ファーストに比べ新樽比率は低め、メルロ比率がより高いのが特徴で生産量もファーストの約半分という稀少なワインです。

商品情報

※画像はイメージのため、実際の商品と若干異なる場合がございます。



在庫一覧

  • 2020

    9,350

    (税抜価格8,500円)

    • D 92
    • V 94
    • WS 92

    詳しく見る

    ヴィンテージ情報

    異例づくめのヴィンテージとなった2020年。遅霜や雷雨など局地的な天候被害も発生した一方で、開花時期の好天、色付きから収穫までの時期の充分な日照量と、6月中旬から約50日ほぼ雨が降らず、1959年以来の雨の少なさにも恵まれました。収量は、べと病による選果や干ばつ、気温30度を超える9月の熱波も起きたことで、平均25~30%ほど少なくなったものの、ブドウは小粒で果皮が厚く、特に早熟のメルロは全体的に高い品質で収穫されました。生み出されたワインは、2018年、2019年に続くグレートヴィンテージとして期待されており、フレッシュさと凝縮感を併せ持っています。

    味わい

    外観はやや深みのある紫がかったガーネットの色合い。グラスからは、プラムやブラックベリー、レッドチェリーなどの果実のアロマが漂います。また紅茶やアーモンド、ダークチョコレートのニュアンスも感じられ、複雑で落ち着きのある印象。口に含むと、ビロードのようなタンニンと共に、ジューシーな果実味が広がります。新鮮な酸と仄かなミネラル感が、心地の良い余韻を導きます。

    飲み頃

    ~2040年

    コルク

商品の紹介

こちらのラ・ダム・ド・モンローズ(モンローズの貴婦人)と名付けられたこのワインは、モンローズのセカンドラベル。1986年からリリースされており、1944~1960年までシャトーの経営を一手に担っていたイヴォンヌ・シャルモリュー氏へのオマージュとして名づけられています。


ファーストラベルと同様の畑、醸造法で仕込まれるほか、ファーストが新樽比率60%で18ヵ月間熟成されるのに対し、セカンドワインのラ・ダム・ド・モンローズは新樽比率30%で12ヵ月間熟成されます。またメルロ比率がファーストラベルより高いことが特徴で、生産量もファーストの約半分という稀少なワインです。

生産者について

シャトー・モンローズ

シャトー・モンローズ CH.MONTROSE

サン・テステフのテロワールを見事に表現する、スーパーセカンド

格付け第二級シャトーの中でも特に素晴らしい品質を持つワイン、スーパーセカンド。同じ村のコス・デストゥルネルと常にライバルの関係にいるのが、このシャトー・モンローズです。モンローズはメドックでも地の利に恵まれたシャトーのひとつ。凝縮感たっぷりで濃密、非常にタンニックなワインが特徴。

鉄仮面のようなハードなカバーの中に様々な要素が閉じ込められ、一見して近づき難く、難解でもありますが、ゆっくりゆっくりと開かせていくと、花開くようなエレガントで奥ゆかしさのある味わいの虜になります。この辺りが「通好みのワイン」と呼ばれる由縁でしょう。

そのようなシャトー・モンローズのワインですが、1970年代後半から1980年代前半の間に関してはそのスタイルを明らかに軽くした時期がありました。しかし、シャトー・モンローズのファンはこの「新酒」のスタイルを否定。そこで1986年以降、モンローズは、より力強く筋肉質なスタイルに逆戻りしました。その中でも特にパワフルな造りにこだわったのは1953年から1971年までと、1989年から現在まで。この期間に造られたものは、メドックの中でも特筆したワインに数えられます。

最近モンローズではオーナーの交代劇があり、ペトリュスを育て上げたクリスチャン・ムエックス氏も一部を保有。ワイン造りはシャトー・オー・ブリオンを引退した、ジャン・ベルナール・デルマス氏がチームを率いるようになりました。これはまさしく、今後の一級昇格をも視野に入れた最強の布陣。今も尚、成長、そして革新し続けるスーパーセカンドと言えるでしょう。

生産地について

フランス ボルドー サン・テステフ

フランス ボルドー サン・テステフ

独特の香味と温かみがある堅牢なワインを生む銘醸地

サン・テステフはオー・メドックの最も北、ジロンド河の下流に位置する村で、海に近く涼しい気候がワインに引き締まった酸を蓄えさせます。さらに一部ポムロルにも共通する良質な粘土質土壌も多く、ワインに独特の土っぽさやスパイシーさがあり、メルロの栽培にも適した土地です。シャトーの数こそ少ないものの、ハートが描かれたカロン・セギュールやモンローズ2つのメドック格付け第二級シャトーを有する銘醸地です。独特の香味と温かみがある、堅牢な骨太のワインが生まれます。

クチコミ

全て見る

4.6

17 件のクチコミ


スタッフレビュー

全て見る
  • 若いうちから楽しめるお手本ボルドー

    グラスに鼻を近づけると直ぐに、カシスやブラックベリーのような黒系果実の香りがふわっと広がります。リリースしたての若いボルドーは、香りがなかなか開かないことがある為、こちらのワインの香りのヴォリューム感に驚かされました。味わいは、凝縮した果実味がとフレッシュな酸がしっかりと感じられ、タンニン滑らか。非常にバランスの取れた味わいだと感じました。飲み進めていくと、さらに、リコリスや丁子などの甘やかなスパイスの香り、腐葉土の香りが感じられ、ボルドーらしい香りの複雑味があります。親しみやすいだけでなく、複雑味のある香りが楽しめ、さすがモンローズだなと感じました。

    レビュー全文を見る
    • やっぱりボルドー
    • 教科書ワイン
    • ゆっくり楽しみたい

    2022.06.23

  • 現在から飲み頃!モンローズのセカンド。

    最近のスタイルかタンニンも柔らかくなっており、赤系果実を仄かに感じる親しみやすさが内在。サン・テステフらしい滑らかな舌触りとショコラのようなメルロの味わいが絶妙!

    レビュー全文を見る
    • やっぱりボルドー
    • 今飲んで美味しい
    • シルクのような舌触り

    2022.06.17

  • セカンドラベルと侮るなかれ

    ファーストラベルはヴィンテージによっては香りが開くまでに時間を要することがありますが、こちらのセカンドラベルは比較的抜栓してすぐ楽しめます。濃厚な果実味、じんわりと広がる旨味、この深みと懐の広さはファーストラベル譲り。パワフルながらもどこか漂う気品があります。セカンドラベルとはいえ、名門シャトーの造るワインに求められる並々ならぬ期待に応えた、シャトー・モンローズのプライドが詰まった1本です。

    レビュー全文を見る
    • やっぱりボルドー
    • 後引く美味しさ
    • 底なしの深み

    2022.03.09

ギフトサービスについて


ギフトボックス

ご購入手続き画面にてギフトボックスを追加して、セットするワインをご指定ください。
※375ml、1,500mlのボックスは1本用のみとなります

  • 紙箱:1本/2本/3本用 各330円(税込)

  • 木箱:1本用 1,430円(税込) / 2本用 1,980円(税込)

ラッピング・メッセージカード(無料)

ボックスを追加いただくとオプション(無料)を選択できます。リボン、熨斗についてはどちらかを選択できます。熨斗の表書き、名入れも承ります。ボックスを包装し、その上に熨斗をお掛けします。
メッセージカードはご自由にメッセージをご記入いただけます。

  • リボン

  • 熨斗

  • メッセージカード

紙袋(無料)

ご購入の商品数に応じて、紙袋を1本用、2〜3本用、ミニサイズの3種類からお選びいただけます。

もっと詳しく見る

公式SNS・APP

最新情報やワインの読み物を 毎週お届けします

line お友達登録

お買い物に便利! アプリ限定クーポンも随時配信

公式アプリ

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中及び授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。