モンテス30周年キャンペーン 未ログイン
シャトー・モンローズ シャトー・モンローズ シャトー・モンローズ
※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。


シャトー・モンローズ

CH.MONTROSE

価格:18,500 円 (19,980 円 税込) ~

総合評価:

4.9
サン・テステフのテロワールを見事に表現。
香りの深さと緻密なタンニンを備えた
オーセンティックなボルドー。
  • 01

    限定12本!

    2012 750ml

    18,500 円 (19,980 円 税込)

    WA 93WS 92

    185 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    2012年のボルドーは、夏は乾燥し、9月後半から10月にも予期せぬ雨が降ったりと 2011年に続き、生産者にとって決して平坦ではない年となりました。 しかし出来上がったワインは、しっかりと抽出された果実味が豊かで 驚くほどソフトで丸みのある出来ばえ。 2009年に通じる豊かな果実味とバランスに秀でたヴィンテージと言えます。

    ブラックベリーやラズベリー、プラムリキュールのアロマ。 非常に果実の凝縮感が高く、かつ力強さをそなえています。時間が経つにつれて、ハーブやミネラル、チョコレート、トリュフ、湿った土のニュアンスが重なります。甘いタンニンと驚くほどに凝縮されたが口の中を覆い、長い余韻となって続きます。

    カベルネ・ソーヴィニヨン(57%)

    メルロ(37%)

    カベルネ・フラン(5%)

    プティ・ヴェルド(1%)

    数量:

    残りあと5本

  • 02

    限定6本!

    1996 750ml

    44,000 円 (47,520 円 税込)

    WS 92

    440 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    1996年のボルドーは、この上なく天候に恵まれた秀逸なヴィンテージ。 夏には暑さと乾燥、適度な雨に恵まれ、9月には日中の晴天と夜の寒さにより完全に成熟しながらも、酸を残した上質なブドウが収穫されました。収穫量が非常に多く、特にカベルネ・ソーヴィニヨンの 出来が素晴らしく、長期熟成向きのワインが多く造られた年です。さらにこの年のポイヤック地区は、ワインアドヴォケイト誌のヴィンテージチャートにて96点、ワインスペクテーター誌のヴィンテージチャートでも91点と高得点を獲得している優良ヴィンテージです。

    カシスやブラックベリー、ブラックチェリーなどの黒系果実やスミレ、タバコ、スモーキーなニュアンスのあるアロマが感じられます。ビロードのようなタンニンと熟度のある果実味が溶け込んだ味わいが、余韻まで長く続く仕上がりです。

    飲み頃を迎えている円熟した味わいを堪能したいという方に、是非おすすめしたい1本。数量限定入荷につき、お見逃しのないようお求めいただきたいヴィンテージです。

    数量:

    残りあと5本

サン・テステフのテロワールを見事に表現。
香りの深さと緻密なタンニンを備えた
オーセンティックなボルドー。

メドック格付け 第二級

格付け二級シャトーの中でも特に素晴らしい品質を持つワイン、スーパーセカンド。
同じ村のコス・デストゥルネルと常にライバルの関係にいるのが、このシャトー・モンローズです。
モンローズはメドックで最も地の利に恵まれたシャトーのひとつであり、セラーに関しては
このコミューンで最も欠点がなく、清潔でよく管理されています。

モンローズと言えば、凝縮感たっぷりで濃密、非常にタンニックなワインが特徴。
鉄仮面のようなハードなカバーの中に様々な要素が閉じ込められ、
一見して近づき難く、難解でもあります。
しかし、ゆっくりゆっくりと開かせていくと、花開くようなエレガントで
奥ゆかしさのある圧倒的な魅力の虜になります。
この辺りが「通好みのワイン」と呼ばれる由縁でしょう。

そんなモンローズですが、1970年代後半から1980年代前半の間に
関してはそのスタイルを明らかに軽くした時期がありました。
しかし、モンローズのファンはこの「新酒」のスタイルを歓迎しませんでした。
そこで1986年以降、モンローズは、より力強い、筋肉質なスタイルに逆戻りしました。

モンローズのワインが特に力強かったのは1953年から1971年までと、1989年から現在まで。
この期間に造られたものは、メドックの中でも最上のワインの中に数えられます。

最近モンローズではオーナーの交代劇があり、
ペトリュスのクリスチャン・ムエックス氏も一部を保有するようになり、
ワインメイキングはオー・ブリオンを引退した
ジャン・ベルナール・デルマス氏がとりおこなうようになりました。
これはまさしく、今後の一級昇格をも視野に入れた最強の布陣。
今も尚、どんどん成長し続けているスーパーセカンド
と言えるでしょう。

コルクにカビが生えているワインは保管の良い証 ワインの理想的な保管条件は温度が15℃前後、湿度が75%前後です。この条件はカビが発生しやすい状態で、ワインセラーで長期間保管していると、キャップシールの中、コルクの上部にカビがつくことが多くあります。もしコルクにカビがついていた場合はしっかり拭き取っていただければ問題はありませんのでご安心下さい。
ラベルの汚れはオールド・ヴィンテージならば避けられないもの 長く保管されればされるほど、外見は完全な状態ではなくなります。長期間理想的な状態で保管されていたワインの多くは、高い湿度によってラベルにシワやシミができます。
シャトーによっては、蔵出し直前にラベルを張り付ける場合があり、オールド・ヴィンテージのワインでも綺麗なラベルのワインもあります。シワ・シミがあるからといって、保管状態をご心配される必要はありません。
液面が下がっているのは、熟成の結果です オールド・ヴィンテージのワインには、しばしば漏れた形跡が無いにも関わらず、ワインの量が目減する不思議な現象が起きます。これはコルクの絶妙な弾力性が関係しています。コルク栓で閉めたワインボトルは完全密閉ではなく、ワインは空気と触れ合っていることで、少しずつ科学変化が起き、ゆっくりと熟成していきます。 このような熟成中の変化を指して、ワインは呼吸していると表現されています。
飲む前は最低一週間はボトルを立てておきましょう ワインは熟成の過程で、長い時間をかけて不溶性の沈殿物が発生します。これが澱(オリ)と呼ばれるものです。澱は元々ワインに溶け込んでいた自然の成分が固形化したものなのでお飲みいただいても問題はありません。しかし口当たりが悪く、強い渋味を感じるため、できるだけ飲みたくないものです。
そうは言っても配送や持ち運びによってボトルが振動すると、澱が舞ってボトル全体に浮遊しまいます。そこでオールド・ヴィンテージのワインを飲む前は、ボトルを立てて澱を瓶底にためるようにしましょう。
目安としては、一週間ほど立てて保管することをおすすめします。
コルクはゆっくり丁寧に抜きます 熟成を重ねると、コルクが柔らかく脆くなります。そのため若いワインのように勢いよく抜くのではなく、ゆっくりと丁寧に引き上げるように抜栓します。もしコルクが折れてボトルの中に落ちてしまったら、デキャンタに移して飲む方法がベストです。
ゆっくり丁寧にグラスに注ぎます オールド・ヴィンテージのワインを飲む時は、勢いよく注がずに澱が舞いあがらないようにゆっくりと注ぎます。
そうすることで、最後までボトルの底に澱をためておくことができます。ためておいた澱は勿体ないですが、飲まずに捨ててしまいましょう。目安として瓶底1cm残しておくと良いとされています。
一本丸ごと味わいましょう ボトルを立てておいたオールド・ヴィンテージのワインは、同じ1本でも上部と下部では味わいが異なります。
ボトルの下部ほど濃度が濃くなります。一本のワインで違った味わいを楽しみたい場合にはボトルから直接グラスに注ぎ、味を均一化するにはデキャンタに移すことをおすすめします。

すべて表示する

関連情報

買い物カゴ_2

▲ページ上部に戻る

クチコミ

カスタマー評価の平均値

4.9
星5つ 6
星4つ 1
星3つ 0
星2つ 0
星1つ 0
コスパ 1.9
香り 2.0
ボリューム 1.9
余韻の長さ 1.7

クチコミ件数:7

オーパスワン好き さん

4件のクチコミ

投稿者情報:初心者

2017/11/24

  • コスパ

  • 香り

  • ボリューム

  • 余韻の長さ

特別な日のために

誕生日や記念日の特別な日のために、セラーコレクション用に購入。何年か寝かせた後、じっくり楽しみたいと思います!

t さん

1件のクチコミ

投稿者情報:カジュアルドリンカー

2016/11/8

  • コスパ

  • 香り

  • ボリューム

  • 余韻の長さ

特別な日のご褒美に

シャトー・モンローズ は大好きなワインの一つです。
バランスの良さは折り紙付き、口当たり、香りも最高。この価格で大満足です。

あきひろ さん

3件のクチコミ

投稿者情報:ワインが趣味

2016/5/30

  • コスパ

  • 香り

  • ボリューム

  • 余韻の長さ

重厚かつ繊細

1993年を購入しました。注文した翌日には配送されびっくり。
外観はヴィンテージを感じさせないまだまだ若々しい印象。ただし香りの量は多く、ドライフルーツ・ドライフラワー・ドライハーブに腐葉土、トリュフ、ジビエなど幾重にも重なりあう熟成を感じさせる香が舞います。果実味、タンニンともにまろやかで何とも味わい深く複雑な印象が余韻に長く続きます。古酒の魅力を十分に楽しむことができる一本。しかしながら更なる長期熟成十分に期待もできます。
さすがのモンスター級シャトー。さらに古いヴィンテージも試してみたいです。

とぅーりお さん

36件のクチコミ

投稿者情報:ワインが趣味

2015/12/5

  • コスパ

  • 香り

  • ボリューム

  • 余韻の長さ

素晴らしい

セカンドをよく飲むのですが、こちらはやはり別格ですね。
ただまだ若い印象はあるので、セラーに寝かせて数年後に愉しみたい。このクオリティを考えると、とってもお買い得感があるお気に入りの1本です♪

London さん

12件のクチコミ

投稿者情報:カジュアルドリンカー

2015/3/13

  • コスパ

  • 香り

  • ボリューム

  • 余韻の長さ

いつ飲むべきか?

2010年ヴィンテージを買いました。当然、すぐに飲めるような代物ではないので、セラーに寝かせていますが、シャトー・モンローズ社のウェブサイトを見れば、飲み頃は2020年以降で、熟成のポテンシャルは2100年まであるらしい。曾孫、玄孫に感謝されるより、自分で楽しむつもりですが、いつ飲むべきか、本当に悩ましい。

たかゆき さん

84件のクチコミ

投稿者情報:カジュアルドリンカー

2013/4/19

  • コスパ

  • 香り

  • ボリューム

  • 余韻の長さ

セラーコレクション用に購入

コレクション用に購入しました。開けるのが楽しみです。 1年は寝かせてから飲もうと思います

月下独酌 さん

22件のクチコミ

投稿者情報:カジュアルドリンカー

2013/3/21

  • コスパ

  • 香り

  • ボリューム

  • 余韻の長さ

ハズレ年のないワイン

しっかりしたボルドーが飲みたくて購入しました。 デキャンタージュして、一時間くらい置いてから飲み始めました。 最初はロースト香が強く感じましたが、香りが開いてくるとプラムなどのフルーツの香りが強くなり、何とも言えない快さに。 ボルドーワイン中でもトップクラスのボリューム感があります。 酸味が結構強いので、この辺りは好みが分かれるかもしれません。個人的には、全体を引き締める感じがして好ましく思いました。 ワインにうるさい友人たちと、あれこれ言いながら飲むのが一番いいかもしれません。

すべて表示する

買い物カゴ_3

全てのカテゴリー
↑PAGETOP
お届けについて

●毎日出荷、即日出荷可能!

完全温度・湿度管理のワイン専用倉庫から、毎日出荷しています。 午前9:00までのご注文に限り、即日出荷可能!

お届け日数はこちら

●配送料金

配送料660円 (712円 税込)
クール代300円 (324円 税込)
代引き手数料300円 (324円 税込)
税抜き10,000円以上お買い上げの方は送料無料

お支払い方法について

●クレジットカード払い

ご利用頂けるクレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICANEXPRESS、DINERS CLUBとなります。
VISA/Master Card/JCB/American Express/Diners Club 楽天ペイ
ほか、代金引換、楽天ペイ、ECON、コンビニ後払い、銀行振り込みでのお支払いが可能です。

クラブエノテカVISAカードならとってもお得!
よくあるご質問

エノテカでのお買い物について、よくあるご質問とその答えをご用意しました。

よくあるご質問
お問い合わせ

0120-81-3634
[ 受付時間 10:00-18:00 ] (年中無休)

メールでのお問い合わせ