<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

ワインショップ・エノテカ広尾本店

大塚 絃司


「セカンドラベル」とは何か考えさせられるワイン

2022.06.20

エコー・ド・ランシュ・バージュ
750ml
3.9 (29)
4

ライト

フル

  • 赤ワイン

エコー・ド・ランシュ・バージュ

人気スーパーセカンドとして名高いランシュ・バージュ。実力派シャトーの魅力を早くから愉しめる、親しみやすい味わいのセカンドラベル。

  • 2019

    7,150

    (税込)

  • 2015

    9,020

    (税込)

赤系果実の香りにランシュ・バージュ特有のボリューム感。それに付け加えられる若木由来のフレッシュな酸味がポジティブに作用しており、飲み手を最後まで飽きさせない仕上がりです。 確かにファーストラベルのシャトー・ランシュ・バージュと比べるとフレッシュさが際立っており、セカンド・ラベルということは分かるのですが、格付けシャトーの中に入っていたとしても違和感のないほどのクオリティです。

このレビューのヴィンテージ:2019年

スタイル
繊細
パワフル
テイスト
赤系果実
黒系果実
テクスチャ
マイルド
濃厚

※ 各レビューに表示されているスタッフの所属店舗はレビュー掲載当時のものです。

このワインに関連する他のレビュー

このスタッフの他のレビュー

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

エノテカ株式会社はアサヒグループです。
Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.