ボジョレー・ヌーヴォー2017 11月1日以降

RUBICON ESTATE 
ルビコン・エステート

『ゴッドファーザー』など数々の名作で知られる映画監督のフランシス・フォード・コッポラ氏がカリフォルニアで造るプレミアムワイン「ルビコン」。このたびエノテカが正規代理店として販売することとなりました。

ルビコン・エステートは、1880年に設立されたナパヴァレーで最も古いワイナリー「イングルヌック」の畑の一部を、コッポラ氏が1975年に購入したことから始まりました。フラッグシップのワインはワイナリー名ともなっている『ルビコン』。英語で「背水の陣」を表す「THE CROSSING OF THE RUBICON」(ルビコン川を渡る)」にちなんで名づけられ、クラシックボルドーを目指したスタイルです。

ルビコン・エステートは有機農法を取り入れ、畑を小ロットごとに管理、また醸造方法には伝統的な技法を用いるなど徹底したワイン造りによって、カリフォルニアのプレミアムワイナリーの地位を築きました。オーパス・ワンやドミナスなどと並ぶカベルネ・ソーヴィニヨンのカリフォルニア・プレミアムです。



ルビコンエステートはナパヴァレーのラザフォードというアペラシオンにあります。ラザフォードは地理的にも歴史的にもナパヴァレーの中心地。その土壌はカベルネ・ソーヴィニヨンに理想的な、小石や砂の多い沖積土と火山性の土のコンビネーションからなる独特のものです。

山間のこの地域はカリフォルニアにあっても冷涼な気候。北極やアラスカからの冷気が海洋を渡り、南の海から山間に吹き込むためです。とくに西側の斜面の土地は午前のうちは日を十分に浴びながら、夕方の強い西日は当たらず、夜は海からくる風が一帯を冷やします。カリフォルニアの特長である十分な日照量はもちろんのこと、この寒暖の差が葡萄の凝縮度を高めます。

また常に乾燥しているラザフォードでは病害虫の心配がなく、スタッフの丁寧な手入れによって栽培においてはオーガニック栽培を続けています。そのため、ルビコンのワインはラザフォードのテロワールそのものといえるのです。

この葡萄栽培に理想的な土地、ラザフォードで1981年、ナパでも初めてと言えるワイナリーを設立したのが、フィンランド人のグスタフ・ニーバムでした。海を渡ってカリフォルニアにたどり着いたグスタフ・ニーバムはラザフォードのイングルヌックという地域にフランスから持ち込んだカベルネ・ソーヴィニヨンを持ち込み、この地に植えました。後の研究によってこのカベルネのクローンはNO.29ということがわかっています。

1975年にコッポラが所有する以前から、イングルヌックのワインは世界に認められた最高品質のワインでした。グスタフ・ニーバムの後継者、ジョン・ダニエルが当主を務めていた時代には、「1941イングルヌック カベルネ・ソーヴィニヨン」が『世界のワインベスト10(WORLD’S TEN GREATEST WINES)』に選ばれるという栄誉を手にしています。こうしてイングルヌックの優れたカベルネ・ソーヴィニヨンが世界に知られることになったのです。

ワインメイキング(ワイン醸造)とフィルムメイキング(映画製作)はカリフォルニアの発展の中で生まれた2つの偉大な芸術の形だと思います。両者とも生の素材から始まります−ワインの場合は土地と葡萄、映画の場合は脚本と俳優の演技です。醸造家はこの生の素材を発酵させブレンドし、この樽はOK、あちらにはダメだしします。映画監督も同じとをします。キャスティングから衣装、編集、音楽までOKとダメだしを出し続けます。両方のケースに於いてスタートは最上級の素材から始めなければいけません。−それが土地であっても脚本であっても。 




APPELLATION

RUTHERFORD,CA

BLEND

95% CABERNET SAUVIGNON ,
2% CABERNET FRANC ,
2% MERLOT,
1% PETIT VERDOT

BARREL REGIMEN

FRENCH OAK
100% NEW BARREL


フラッグシップワインは、古代ローマ武将カエサルが「賽は投げられた」という言葉とともにルビコン川を渡った「THE CROSSING OF THE RUBICON」(ルビコン川を渡る)」にちなんで「RUBICON(ルビコン)」と名づけられました。このイディオムは英語で「もう後戻りはできない重要な決定を下す」「背水の陣」といった意味をもっており、名前からもコッポラのワイン造りに対する思い入れが伝わってきます。

コッポラの意向でクラシックなボルドー、特に一級のシャトー・マルゴーのようなエレガントなスタイルを目指して造られています。ルビコンはイングルヌック創設者のグスタフ・ニーバムが最初にフランスから持ち込み植樹した歴史的なカベルネ・ソーヴィニヨンのセレクションから造られます。このカベルネはシャトー・マルゴーを起源としているとも言われています。

葡萄の収穫は早朝に人の手によって行われ、2度にわたる厳しい選別によってルビコンに用いられる最高ランクの葡萄が選り分けられます。その後葡萄を低温浸漬して自然発酵させ、伝統的な上部開放式の木製発酵槽でアルコール発酵が行われます。マセレーションの期間は葡萄樹齢やタンニンのクオリティーによって1〜3週間と細かく分類。100%フレンチオークの新樽で熟成させます。このような丁寧で贅沢な工程を経ることによって、ルビコンは濃く分厚く、そしてしなやかなタンニンをもつ極上のワインになっていくのです。




APPELLATION

RUTHERFORD,CA

BLEND

100%
CABERNET SAUVIGNON

BARREL REGIMEN

AMERICAN OAK
28MONTH


カスクはイングルヌック全盛期を築き上げ、さらに最後の所有者でもあったジョン・ダニエルに敬意を表して作られました。ジョン・ダニエルが1949年にリリースしたカベルネ・ソーヴィニヨンの「カスク」を模してかつての製法にのっとり、カリフォルニアらしいワインを追求しています。

カスクはカベルネ・ソーヴィニヨン100%。すべての葡萄はルビコンエステートに植わっている最上のカベルネ「ウルトラ・プレミアム・カベルネ・ソーヴィニヨン」です。ルビコン・エステートは235エーカーの畑を所有していますが、ウルトラ・プレミアム・カベルネ・ソーヴィニヨンが育つのは130エーカーの畑です。毎年10月頃、果実が完全に熟すまで待ち、収穫されます。

醸造においては伝統的なアメリカ産のオーク大樽で28ヶ月熟成させています。このオーク樽は木の面が粗く、液体とよく接触するため、ワインの角がとれて柔らかくなります。フレンチ・オークの小樽を用いるボルドースタイルのルビコンとは対照的。

ルビコンがカベルネの聖地ボルドーのシャトー・マルゴーを手本としたのに対し、カリフォルニアのカベルネらしさを追求し、かつてのイングルヌックをオマージュしたカスク。

これはセカンドキュヴェではなく、全く別のコンセプトを持ったまた一つのトップキュヴェなのです。


指定した条件に該当する商品はありませんでした。検索条件を変更の上、再度ご検索ください。

関連リンク

現在の絞り込み条件
  • 生産者:ルビコン・エステート
さらに絞り込み
戻る(エノテカトップへ)
全てのカテゴリー
↑PAGETOP
お届けについて

●毎日出荷、即日出荷可能!

完全温度・湿度管理のワイン専用倉庫から、毎日出荷しています。 午前9:00までのご注文に限り、即日出荷可能!

お届け日数はこちら

●配送料金

配送料600円 (648円 税込)
クール代200円 (216円 税込)
代引き手数料300円 (324円 税込)
税抜き10,000円以上お買い上げの方は送料無料

お支払い方法について

●クレジットカード払い

ご利用頂けるクレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICANEXPRESS、DINERS CLUBとなります。
VISA/Master Card/JCB/American Express/Diners Club 楽天ペイ
ほか、代金引換、楽天ペイ、ECON、コンビニ後払い、銀行振り込みでのお支払いが可能です。

クラブエノテカVISAカードならとってもお得!
よくあるご質問

エノテカでのお買い物について、よくあるご質問とその答えをご用意しました。

よくあるご質問
お問い合わせ

0120-81-3634
[ 受付時間 10:00-18:00 ] (年中無休)

メールでのお問い合わせ