2017年9月 よりどり6本1万円

SILVER OAK / TWOMEYシルヴァー・オーク / トゥーミー

          

稀少なバックヴィンテージが数量限定入荷!

テロワールと最高級アメリカン・オークにこだわり造られた究極のカベルネ・ソーヴィニヨン、シルヴァー・オーク。ワインスペクター誌から「優雅さと繊細さがありながら、まばゆいばかりの明るさがある」と称賛される上品な味わいが支持され、多くの高級レストランにオンリストされています。

今回は、そのシルヴァー・オークの稀少なバックヴィンテージ2銘柄が数量限定入荷いたしました。この度入荷した2006年と2007年は、ペトリュスとドミナスの醸造家として活躍し、シルヴァー・オークの屋台骨を長年に渡って支えた敏腕醸造家ダニエル・バロン氏が手掛けた逸品。彼は2016年に引退しているため、彼の造るワインは今後入手困難になること必須です。是非、この貴重な入荷の機会に、カリフォルニアが誇る究極のカベルネをご堪能ください。

アメリカで最も支持を受ける、アメリカン・カベルネの象徴。

全米で最も支持を受けるカベルネ・ソーヴィニヨンと名高い、シルヴァー・オーク。創業者のレイ・ダンカン氏は1960年代後半にカリフォルニアを訪れた際、その土地の美しさに感動し、当時のワインブームの潮流を敏感に察知し、ナパ・ヴァレーとアレキサンダー・ヴァレーにいち早く土地を購入しました。ワイン造りの技術を持たない彼は知人のつてを頼り、「ミスター・カベルネ・ソーヴィニヨン」と称される醸造家ジャスティン・メイヤー氏と出会い、ともに1972年にシルヴァー・オークを設立しました。

シルヴァー・オークにまつわるあまりにも有名な言葉が「Life is a Cabernet!」 。このレイ・ダンカン氏の言葉は、「いくつものワインを造るのではなく、テロワールに則った、ただ1つのワイン」、「リッチで複雑。エイジングも可能だが、リリースしたてでも充分に楽しめる、そんな新しいカベルネ・ソーヴィニヨン」を造るという理念を元にカベルネ一筋に独自のスタイルを築いた彼の姿勢を象徴しています。
現在でも造るワインはナパ・ヴァレー・カベルネ・ソーヴィニヨンとアレキサンダーヴァレー・カベルネ・ソーヴィニヨンの2つだけ。1970年代以降、カリフォルニアのプレミアムワイナリーの多くがフレンチオークのバリック熟成に代表されるボルドースタイルに傾倒する中、あえてアメリカン・オークによる熟成を貫いてきました。

ジャスティン・メイヤー氏の後を継ぎワイン造りを担ったのは、ダニエル・バロン氏。1982年からフランスのペトリュス、カリフォルニアのドミナスというジャン・ピエール・ムエックス社が擁する仏米トップ・ワイナリーの醸造担当として活躍した輝かしいキャリアを持つ偉大な人物です。彼は1994年からシルヴァーオークでワイン造りに携わり、念願であったメルロのワインを造るべく、1999年には新たなブランド、トゥーミーを立ち上げ。いまではソノマにも所有畑を拡大し、ピノ・ノワールやソーヴィニヨン・ブランなどバラエティ豊かなワインを生み出しています。彼は惜しまれつつ2016年に引退しましたが、その技術は彼の右腕であり、イタリアの名門アンティノリ傘下のアンティカ・ナパ・ヴァレーで修業したネイト・ワイスが醸造家を務めています。

スクリーミング・イーグル、オーパスワン、ハーランと肩を並べる知名度と人気を誇るカリフォルニア屈指のワイナリーですが、圧倒的にアメリカ国内のファンが多いのがシルヴァー・オークの特徴。全米のありとあらゆるステーキハウスのワインリストに採用されており、「アメリカン・クラシック」とも言うべきテイストを守り続けています。

絶妙な樽使いによって生み出される、華やかかつ上品な味わい。

「リッチで複雑。エイジングも可能だが、リリースしたてでも充分に楽しめる」そんな新しいカベルネ・ソーヴィニヨンを造り上げるシルヴァー・オークのこだわりのひとつは、テロワールです。ナパ・ヴァレー、アレキサンダー・ヴァレーのそれぞれの畑には、同じエリアにありながら標高、地形、気候により全く特徴の異なる区画が3種類ずつ存在。その各区画から、果実味やアロマ、酸、エレガントな質感など別々の個性を引き出しブレンドすることで、豊かな果実味溢れる、複雑で奥行きのあるワインを生み出しています。

もうひとつが、アメリカン・オークによる熟成。アメリカン・オークとは、その名の通り、アメリカ産の木材で造られる樽のこと。フレンチ・オークと比較され、「安物」「低品質」などのマイナスなイメージが先行していますが、それはヨーロッパやニューワールドで使用されているアメリカン・オークの多くがコストダウンを目的とした低品質品であるため。シルヴァー・オークは、最上級のホワイトオークの樽にこだわり、ミズーリ州にて30年以上家族経営を続けるバレルメーカー、A&Kクーパレッジ社とのパートナーシップを結び、専用の木樽を調達しています。使用する楢の木は樹齢80年。その木の木材を2年間は乾燥させてから樽に仕立てるという、実に時間と労力が掛けられたオーク樽から、他のどこにもない華やかで甘い樽香のニュアンスをプラスしています。また、オーク樽からは香りとともに、木に由来する渋味、タンニンも加わりますが、シルヴァー・オークの場合、香りもタンニンも非常に上品で目立ちすぎることなく、よくワインに溶け込んでいます。醸造過程では、オーク熟成の前にワインのブレンドを完成させ、オークのニュアンスでワインをドレスアップさせるように考えられています。

そのスタイルと人気の秘密について、ワイン・エンスージアスト誌は 「多くのナパ・ヴァレー産のカベルネに比べて、オークの風味があくまで控えめに造られている。木の香りだけでなく、それを支えるようにハーブやタバコなどその他の要素がしっかり備わっている。その香り以上に果実味はたっぷりとあり、優雅さと繊細さがありながらまばゆいばかりの明るさがある。」と絶賛。アメリカン・オークを使用した他のワインと一線を画す、この華やかかつ上品な心地よいオークの風味が支持され、シルヴァー・オークはアメリカ中の高級レストランにオンリストされています。

シルヴァー・オークを生み出す3人のキーマン。

[創業者] レイ・ダンカン(ダンカン・ファミリー)
コロラド州出身。1960年代後半にカリフォルニアを訪れた際、その土地の美しさに感動。当時のワインブームの潮流を敏感に察知し、ナパ・ヴァレーとアレキサンダー・ヴァレーにいち早く土地を購入し、ワイナリーを設立。設立当初より明確なワインのコンセプトを持った優れたリーダー。現在は2人の息子デヴィットとティムにワイナリー経営を譲っています。

[初代醸造家]ジャスティン・メイヤー氏
「ミスター・カベルネ」呼ばれるほどに、カベルネソーヴィニヨンを愛し、情熱を注いできた、ナパ ヴァレーのカベルネソーヴィニヨンを語る上で、外すことの出来ない人物。

[醸造家]ダニエル・バロン氏(1994年-2016年)
1994年からワイン造りに携わり、シルヴァー・オーク、トゥーミー両者の醸造責任者を務める。1981年からフランスのシャトー・ペトリュスに参加。帰国後、1994年まで12年間ドミナスで、ジャン・ピエール・ムエックスの仏米トップ・ワイナリーの醸造担当として活躍した輝かしいキャリアを持つ偉大な人物。
*現在、シルヴァー・オークではバロン氏の右腕であり。アンティノリ傘下のアンティカ・ナパ・ヴァレーで修業したネイト・ワイス氏が醸造家を務めています。

シルヴァー・オークが造られる代表的な2つのエリア。

稀少なバックヴィンテージが2銘柄入荷▼

ソノマきっての名産地で手掛けられるカベルネ。
10年の時を経て見事に円熟し、
偉大なボルドーの様な趣きをみせる優良年。

限定36本 2007年
シルヴァー・オーク アレキサンダー・ヴァレー
カベルネ・ソーヴィニヨン

17,200 円 (18,576 円 税込)

この商品はこちら≫

ソノマの北部に位置するアレキサンダー・ヴァレーはソノマきってのカベルネ・ソーヴィニヨンの名産地。レイ・ダンカン氏がいち早く注目した最初の畑です。大昔に劇的な地殻変動によって隆起したことによって出来た地形は、実に多様な土壌と微気候を成しています。その地形の多様性が素晴らしい複雑味とフィネスを生み出し、 冷涼な気候が充分な酸としなやかなタンニンを育みます。ブドウは100%カベルネ・ソーヴィニヨン。区画ごとに分けて収穫したブドウを仕込み、それぞれのキュヴェの資質を見極めブレンドを決定してから、樽熟成へ。樽新樽比率は50%、残りは1年落ちのアメリカン・オーク樽にて24ヶ月間熟成。さらに15ヶ月間の瓶内熟成を経てリリース。2008年ヴィンテージでは、米誌ワイン&スピリッツの 「年間ベスト·カベルネ・ソーヴィニヨン」に選ばれています。

2007年はワインアドヴォケイト誌にてカリフォルニアのカベルネ・ソーヴィニヨンが96点を獲得したグレートヴィンテージ。カシスリキュールのアロマを中心に、タバコやタールが絡み合う香りはまさにボルドーのグラン・ヴァン。10年をの時を経てアルコール感も馴染み、鋭角な質感は皆無の継ぎ目のない滑らかな口当たりとなり、スパイスやドライフルーツ、皮などの円熟した佇まいが感じられる見事な仕上がりです。

ナパ・カベルネの理想郷で収穫された
3種類の畑のブドウをブレンド。
スパイスが香る妖艶な味わいに魅了される逸品。

限定60本 2006年
シルヴァー・オーク ナパ・ヴァレー
カベルネ・ソーヴィニヨン

22,000 円 (23,760 円 税込)

この商品はこちら≫

アレキサンダー・ヴァレーに続き、着手したナパ・ヴァレーのカベルネ。実際には3種類の畑があります。オーパス・ワンやロバート・モンダヴィなど超一流のワイナリーが軒を連ねる、オークヴィル地区の単一畑ソーダ・キャニオン・ランチは、谷の中の谷と言われるほど見渡す限り傾斜が続き、気候は暖かく乾燥。ボルドー品種の理想郷と称えられるエリア。さらにジャンプ・ロックは、岩山の裾野にあり強烈な果実の風味、ナヴォーネは砂が多く水はけがよい土壌で、しなやかでフェミニンな雰囲気をもたらしてくれます。 アレキサンダー・ヴァレーとは異なり100%新樽のアメリカン・オークを使用し、24カ月熟成。さらに20カ月の瓶熟成を経てリリースされます。

2006年は平年より冷涼な気候であったため、開花、結実は例年よりも遅かったものの、5月から収穫期まで理想的な天候に恵まれました。降り注ぐ太陽と風によって、ブドウはバランスを保ちつつ成熟。肉厚でリッチな味わいながら、口当たりはスムースでエレガント。見事に溶け込んだタンニンが心地よく、スパイスの風味がほのかに漂う妖艶な雰囲気に仕上がっています

並べ替え:
在庫:

2 件中 1~2 件を表示

関連リンク

現在の絞り込み条件
  • 生産者:シルヴァー・オーク / トゥーミー
さらに絞り込み
全てのカテゴリー
↑PAGETOP
お届けについて

●毎日出荷、即日出荷可能!

完全温度・湿度管理のワイン専用倉庫から、毎日出荷しています。 午前9:00までのご注文に限り、即日出荷可能!

お届け日数はこちら

●配送料金

配送料600円 (648円 税込)
クール代200円 (216円 税込)
代引き手数料300円 (324円 税込)
税抜き10,000円以上お買い上げの方は送料無料

お支払い方法について

●クレジットカード払い

ご利用頂けるクレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICANEXPRESS、DINERS CLUBとなります。
VISA/Master Card/JCB/American Express/Diners Club 楽天ペイ
ほか、代金引換、楽天ペイ、ECON、コンビニ後払い、銀行振り込みでのお支払いが可能です。

クラブエノテカVISAカードならとってもお得!
よくあるご質問

エノテカでのお買い物について、よくあるご質問とその答えをご用意しました。

よくあるご質問
お問い合わせ

0120-81-3634
[ 受付時間 10:00-18:00 ] (年中無休)

メールでのお問い合わせ