よりどり三本一万円

エノテカ・オンラインきっての "ワイン男子" 3人が
テーマ毎に一押しのワインをご紹介。

2016年以来、日本の国別輸入量首位を独走するチリワインですが、近年では評価誌で高評価を獲得するアイテムも多数。世界的なワイン評論家ジェームス・サックリング氏が選ぶ「2017年TOP100」においては、1位を含む3銘柄のチリワインが満点獲得で10位以内に入賞するという快挙を成し遂げ、話題になりました。
さらに、近年は土着品種で仕立てたワインも高い評価を獲得していることにも注目。今回は、チリの新たなスタンダードになりうる土着品種パイスで仕立てるスパークリングワインと赤ワイン、そして国際品種の王道カベルネ・ソーヴィニヨンを飲み比べて、その魅力を徹底解剖します。

僕たち3人が、飲みたいワインを徹底解剖!

白石

■ 白石
2015年入社。大学時代にブドウ栽培学・ワイン醸造学に触れ、ワインに興味を持つ。二子玉川店、池袋東武店に勤務後、通販事業部にて企画制作を担当。好きな生産者はコーニョやブラン・ガニャール。WSET LEVEL3、J.S.A.認定ワインエキスパート、利き酒師。

松永

■ 松永
2015年入社。学生時代にワインのもつ奥深さに興味を持つ。札幌円山店、札幌ステラプレイス店に勤務後、通販事業部を経て、現在は商品部のブランドマネージャーとして活躍中。好きな生産国はチリ、好きな生産者はモンテス。WSET LEVEL3、J.S.A.認定ソムリエ。第7回J.S.Aソムリエ・スカラシップ受賞。

井出

■ 井出
2016年入社。大学時代、フランス留学中にワインに興味を持つ。成城学園前店に勤務後、通販事業部で企画制作を担当。好きなワインはバローロとブルゴーニュ白。マイナー品種や自然派に特に詳しい。WSET LEVEL3、J.S.A.認定ワインエキスパート。

いざ、テイスティングスタート!

白 石チリワインがポピュラーになって久しいけど、皆は普段どんなチリワイン飲むの?

松 永僕はカベルネ・ソーヴィニヨンとかシラーとかフランス系品種かな。

井 出白ならソーヴィニヨン(・ブラン)やシャルドネを選ぶことが多いですね。

白 石やっぱり国際品種のイメージが強いよね。でも今回、まず「チリ再発見」と題して始めるにあたり、皆と飲みたいのが土着品種パイスを使ったスパークリング、エステラード・ブリュット・ロゼ。チリ進出の先駆者トーレスがタルカ大学、チリ政府と3者共同で3年がかりで研究して誕生したワインで、2016年にはなんとシャンパーニュ&スパークリング世界選手権にて「ベスト・チリ・スパークリング」「伝統品種以外のスパークリング部門ワールドチャンピオン」の同時受賞を果たした注目の1本なんだ!

松永パイスって、チリのワイン作りの原点となったブドウだよね。高い繁殖力でチリの地に根付いたとはいえ、長期熟成に向かないから安いバルクワインに回されることが主流だったという・・・。でも近年、チリ政府がそのパイスの名誉挽回の為に研究開発していることも知られているし、政府肝いりのブドウ品種とも言えるかも!そもそもパイスで造るスパークリングワイン自体非常に珍しいから、興味深いよね。

土着品種パイスで仕立てるスパークリング

白 石このロゼスパークリング、なんと「ベスト・チリ・スパークリング」2年連続受賞しているんだよね。そもそもパイスという品種でロゼスパークリングを作ろうと思ったこと自体も驚きだけど、その評価にさらにびっくりさせられる。醸造方法としては、シャンパーニュと同様、瓶内2次発酵で9ヶ月間澱と共に熟成させて造っているというのも、こだわりを感じるよね!

井 出実際飲んでみるとチェリーやブラックベリーのようなチャーミングな香りがありつつも、スパイスやトーストなどの香りも感じられ複雑。口当たりも非常に優しく芳醇で、スペインのカヴァに通ずるところがありますね。

松 永確かに。普段スパークリングワインを飲み慣れている人や、ワイン通の人でも満足出来る複雑性がありながらも、アタックは限りなく華やかで親しみやすい。通にも初心者にも、どちらにもウケそうな感じ。有名なワイン評論家のジャンシス・ロビンソン女史も「この価格にしては価値ある1本」と評価しているのもうなずけるなぁ。

  

白 石香りがとても豊かなのが魅力だね!シャンパーニュはリザーヴワインや複数のブドウ品種をアッサンブラージュして複雑さを出すけれど、パイス100%で仕立てていながらここまで洗練されているのは意外。トーレスの高い技術力を感じるところだね。

松 永そもそもパイス自体がタンニンが荒々しい品種であることや、今までの歴史でもほとんどバルクワインとして販売されている事を考えると、これは常識を覆すクオリティだね!

白 石ではでは、同じパイス100%で造られた赤はどうでしょう。

土着品種パイスで仕立てる赤ワイン

井 出香りがいいですね。キルシュやイチゴ、キャンディーの甘い香りが主体。口当たりがとても柔らかくて適度な酸もあるので、分かりやすい美味しさがあるというか、とても飲み心地が良いです。ボリューム感はグルナッシュ主体のコート・デュ・ローヌ、香りはブルゴーニュ・ルージュみたいなイメージですね。

白 石これも先ほどのスパークリング同様パイス100%な訳だけど、皮革、キノコそしてスパイスなどパイス本来の風味がより感じられるね。独特な香りだけど、ワインを飲み慣れていない方も嫌な感じはしないと思うな。華やかな香りにまとめることで、野性的な側面を上手くマスキングして、複雑さへと昇華している。ロゼやバルクの印象が強いパイスがここまでの赤ワインになるとは!新たな道を造り上げたのは、流石名門、トーレス!といった感じかな。

松 永ちなみに、このワイン、少し冷やしてたこ焼きと合わせるとめちゃ旨いよ(笑)このカツサンドやジンジャーソースを合わせたローストビーフにも相性がいいでしょ?

白 石おー、確かに美味しいっ!僕はたこ焼きやソース焼きそばには酸化のニュアンスがあるシェリーを合わせるんだけど、これもアリだね。この赤ワインの甘美でソフトな雰囲気が、砂糖や醤油を使った甘辛い味付けの料理が多いの日本独自の食文化にはピッタリかも!

井 出2本パイスを飲みましたが、非常に面白かったです。パイスは16世紀にスペインから持ち込まれた、チリワインの原点とも言えるブドウ。長く不遇の時代がありましたが、1994年にパイスのみに許されたD.O.も認められましたしね(D.O.セカノ・インテリオル)。

松 永パイスのポテンシャルが認められた産地は、世界広しといえどチリだけだし、改めてそれを実感できたね!チリの人々が大切にパイスという品種を育て続けたからこそ、今に繋がったんだと思った。

井 出トーレスが造るこれら二つのワインは、まさに【古い品種×新しい技術】の融合!トーレスが、パイスとその品質向上へ関わった先人たちに送る、大いなる賛辞でもあるんですね。。。

白 石さて、ここでチリワインの王道、カベルネ・ソーヴィニヨンの登場!お肉料理との相性を比べる為に鴨肉の燻製も用意したよ。召し上がれ♪

チリの王道、カベルネソーヴィニヨン

白 石松 永井 出ゴクッ、、、、、、うまい(笑)

松 永このクオリティで千円台って驚きなんだけど!

井 出ブルーベリーやブラックベリーなどしっかりした果実感もありますが、カベルネ・ソーヴィニヨンの魅力であるフレッシュさというか、ハーブなどの絶妙なグリーンノートがアクセントになっていますね。

松 永アルコール感、タンニン、酸も充実していて、やはり熟成ポテンシャルのある品種であることが実感できる。赤身肉の香りや燻製香とも合うから、鴨肉の燻製ともよく合うね。

  

白 石赤同士で醸造法を比べると、対照的で面白い。パイスにはボジョレーに用いられるような、マセラシオン・カルボニック法を用い、発酵も低めの温度で行うことで、パイス特有の荒々しさをコントロールし、フレッシュかつフルーティーなワインに仕上げている。

井 出かたや、カベルネは圧搾した後に果汁に果皮を浸漬して、しっかりとした渋みと色味を抽出。比較的低温で発酵させることで重たすぎない、フレッシュな味わいにコントロールしているのが、比べてみるとわかりますね。フレンチオークで熟成されているので「ザ・チリのカベルネ」といった感じの本格的な味わいが楽しめるのは嬉しいです!

松 永チリといえばカベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネと国際品種ばかり選びがち。それは、国際品種を選べば間違いない感もあるし、産地として成熟してきたからこそでもあるけど、こんなに美味しいワインがあるんじゃあ、チリならではの品種もどんどん飲まなきゃね!

白 石3本飲み比べてみると、今まで知ってたようで知らなかったチリの"懐の深さ"が感じられた。さすが、2年連続輸入量No.1も伊達じゃないってことが良くわかったね。

今回ご紹介した"チリの懐の深さ"が分かる3銘柄はこちら▼

サンタ・ディグナ エステラード・ブリュット・ロゼ
/ミゲル・トーレス・チリ

1,900円(2,052円 税込)

この商品はこちら≫

2015年
レゼルヴァ・デ・プエブロ
/ミゲル・トーレス・チリ

1,800円(1,944円 税込)

この商品はこちら≫

2015年
サンタ・ディグナ カベルネ・ソーヴィニヨン・レゼルヴァ
/ミゲル・トーレス・チリ

1,800円(1,944円 税込)

この商品はこちら≫
並べ替え:
在庫状況:

3 件中 1~3 件を表示

[4.3]
SANTA DIGNA ESTELADO BRUT ROSE
ミゲル・トーレス・チリ
タイプ:ロゼスパークリング サイズ: 750ml ~
生産地: > チリ > セカノ・インテリオル
説明: 2016年シャンパーニュ&スパークリング世界選手権にて2部門のチャンピオンに! チリの土着品種を活かし、瓶内2次発酵で仕上げた注目のスパークリング。 チャーミングなアロマとまろやかな赤系果実の風味が魅力。
1,900 円 ~
[4.7]
RESERVA DE PUEBLO
ミゲル・トーレス・チリ
タイプ:赤ワイン サイズ: 750ml ~
生産地: > チリ > セカノ・インテリオル
説明: チリの伝統品種、パイス種への情熱を注いだ 名門トーレス社が手掛ける赤ワイン。 甘やかなアロマとフレッシュな果実味が魅力。
1,800 円 ~
2016年 1,800円
[4.0]
SANTA DIGNA CABERNET SAUVIGNON RESERVA
ミゲル・トーレス・チリ
タイプ:赤ワイン サイズ: 750ml ~
生産地: > チリ > セントラル・ヴァレー
説明: 自然環境への配慮や、働く人々を大切にする取り組みが評価され フェアトレード認証を取得するシリーズ。 力強い果実味と滑らかなタンニンが溶け合う上品な仕上がり。
1,800 円 ~
2016年 1,800円

3 件中 1~3 件を表示

関連リンク

人気キーワード
↑PAGETOP
お届けについて

●毎日出荷、即日出荷可能!

完全温度・湿度管理のワイン専用倉庫から、毎日出荷しています。 午前9:00までのご注文に限り、即日出荷可能!

お届け日数はこちら

●配送料金

配送料660円 (712円 税込)
クール代300円 (324円 税込)
代引き手数料300円 (324円 税込)
税抜き10,000円以上お買い上げの方は送料無料

お支払い方法について

●クレジットカード払い

ご利用頂けるクレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICANEXPRESS、DINERS CLUBとなります。
VISA/Master Card/JCB/American Express/Diners Club
Amazon Pay 楽天ペイ
ほか、代金引換、Amazon Pay、楽天ペイ、ECON、コンビニ後払い、銀行振り込みでのお支払いが可能です。

クラブエノテカVISAカードならとってもお得!
よくあるご質問

エノテカでのお買い物について、よくあるご質問とその答えをご用意しました。

よくあるご質問
お問い合わせ

0120-81-3634
[ 受付時間 10:00-18:00 ] (年中無休)

メールでのお問い合わせ